2013年09月29日

イワヒバ 植え替え 玉手箱 美薗の華

玉手箱と美薗ノ華を植え替えました。

玉手箱は生育が悪く、葉が枯れてきました。
安価な=柔い鹿沼土の保水力が強過ぎて、蒸れて根腐れを誘発させたようです。
本当ならワンサイズ上の鉢に植えるべきところですが、鉢号数がワンサイズダウンしました。


イワヒバはシダ類ですが、栽培のイメージは蘭に近いかも。
蘭のように根が空気中の水分を吸収することはありませんが、
土から水分を吸収しているいうより、石の湿気から水分を吸収してる感じ。
普通の植物よりも高い通気性を好むようなので用土は小粒より中粒を使用。
湿度が低い太平洋側だと鹿沼土で良いのかもしれませんが
湿度が高い日本海側だと、硬質鹿沼や軽石、ひゅうが土などが良いようです。

美薗ノ華はプラ鉢から駄温鉢へ、気持ち大きめの鉢へ植え替えました。
鉢を回さずに生育させてしまい、葉が手前に偏って伸びてしまいました。


イワヒバは簡単に芽吹きます。鉢の中に置いた葉から芽吹いていました。

  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)イワヒバ

2013年09月27日

週末開催 ドライブイン七ツ森 黒龍

9月29日(日) 09時〜
宮城県黒川郡富谷町三の関字東沖上32『ドライブイン七ツ森』にて
愛好者間の巻柏(イワヒバ)交換会が開催されます。
一般参加はできませんが、色々な巻柏が出品されるそうです。
成長した本来の葉容とイワヒバの紅葉が観られるかと。興味がある方は是非ご覧下さい。
(展示会ではありません。愛好者同士のイワヒバ交換会なので、お昼には終わるようです。)


もう直ぐ冬ということで、黒龍をホームセンターの半額セールで購入。


ひと夏売れ残った品なので、陽射しの方向へ葉の生育が偏ってます。来年修正ですね。 futaba
イワヒバは秋の紅葉を楽しめるのですが、これは通年暗緑色で紅葉はしないようです。

  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)イワヒバ

2013年09月26日

ヒメカマキリ?

夜、片付けようとしたマグカップの中に落ちていた小さいカマキリ。
緑色したコカマキリかと思ったのですが、カマの部分に黒と白の斑点がありませんし
コカマキリほどスリムじゃないし、気持ち小さいような・・・。
それに、コマカキリはとても俊敏でジャンプ力があり、跳びますし飛びますから
この程度のマグカップからの脱出はお手の物のはず。・・・なぜマグカップから抜け出せない。
ステーキを焼いた時のグリル跡みたいな羽の紋様は、今まで見てきたカマキリにあったかな?
マグカップの底に残った染みの直径は3cmほどですから、小さいカマキリです。



日本のカマキリはカマキリ科とヒメカマキリ科に属する2科9種だそうで
大きさ的に小さいウスバカマキリのオス、ハラビロカマキリの小さいオスかメス。
しかしウスバカマキリと違って脚に斑紋があり、ウスバカマキリと違うような・・・。
またハラビロカマキリより首は細くトンガリも鋭いので、ハラビロカマキリではないようです。


ネット検索を続け、羽の部分の茶色の紋様が似たような画像をみつけました。ヒメカマキリだそうです。
しかしヒメカマキリは南方のカマキリだそうですから、山形に生息しているわけがありません。
でも温暖化でアオリイカも釣れるようになりましたし、ヤモリを生息範囲を広げていますから
ヒメカマキリは山形県に生息して居ないとは断言できません。
第一、カマキリの種類は2科9種しかないのですから、ネット検索すれば似た画像が見つかるはずです。

今度は「ヒメカマキリ」で検索していくと、高嶋清明さんが庄内のヒメカマキリを紹介していました。face08
というわけで、たぶんヒメカマキリでしょう。(^^;
高嶋清明さんとは面識はありませんが、永幡さんの同盟で昆虫の写真家です。face03
かがくナビ ヒメカマキリ 2008年11月14日
http://www.kagakunavi.jp/nature/show/2085

高嶋清明さんのBLOG 路傍の虫たちと
http://neptis.qee.jp/
永幡嘉之さんのBLOG 世界のブナの森
http://ameblo.jp/rosalia-coelestes/
  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年09月23日

カミキリムシ

家に飛び込んで来ました。
品種名をネットで調べてみましたが、特徴が薄くて同定できませんでした。
とにかくすばしっこい奴で、止まってくれないのでヒゲを抑えて撮影しました。

  

タグ :カミキリ

Posted by さくら at 19:00Comments(2)その他13

2013年09月22日

サツキ 盆栽に挑戦.3

2013年08月29日『サツキ 盆栽に挑戦.2』で紹介してから3週間。
気温も下がり日照時間も短くなったので、今期の生育はここまでかと。
今年は長雨で7-8月の日照不足もあり、昨年ほど生育しませんでしたが、
此処まで芽吹けば来年に繋がると思うので、まずまずかな。

  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他13

2013年09月10日

13年 開花一覧表

2013年05月17日『開花状況 65型 庄内』:庄内白&姫桜。庄内白&#47月山=庄内赤。

2013年05月14日『花芽を上げてない鉢.1』:漁火、鶯宿梅、舞子の旭、乙女の袖、小町、旭鶴。
2013年05月14日『花芽を上げてない鉢.2』:残雪、興亜の春、中瀬紅、日暮、京霞、玉川染め。
2013年05月18日『開花状況 花茎無し』:玉川染 京霞 日暮。興亜の春 小町 中瀬紅。残雪 旭鶴 舞子の旭 鶯宿梅。芽分けの際に取りこぼした苗。

2013年05月14日『花茎1本だけの鉢.1』:寿絞り=絞りじゃないし。大江戸、欣喜、木枯し、駒止、紫雲竜。
2013年05月14日『花茎1本だけの鉢.2』:梅が枝、朝日潟、小桜源氏、喰裂紙、春湖。
2013年05月14日『花茎1本だけの鉢.3』:#99柳の雪、#109朝霧、千葉乙女、青葉の笛、有明。

2013年05月13日『品種混入!?.3』:#64西王母、#63田子の浦。
2013年05月15日『品種混入!?.4』:#45通小町。
2013年05月21日『混入種を移植
・大和神風の中の葉の色が違う個体は、隣りの若藤でした。
・#64西王母の中の白花は、隣りの#63田子の浦でした。
・2013年05月15日『品種混入!?.4』でで紹介した#45通小町の中の花は、隣りの#44宿木でした。
・2013年05月20日『開花状況 小プラ.4-2』で紹介した
  『大明錦 日の丸』の中から、大明錦を1ツ移しました。
  『#89獅子奮迅 #59前代未聞(無地)』の中から、前代未聞(無地)3ツを移しました。


2013年05月19日『開花状況 小プラ浦澤氏.2』:『次紫 紅梅』『緋乙女 秋の暮』『美芳野 白加賀』『雪撫子 青雲』『藤紫 雪見絵(花茎上げず)』『国見酔白 牡丹雪(八重)』
2013年05月19日『開花状況 小プラ山原氏.2』:『白鈴 手牡丹』『桃園蜃気楼 金田の夕』『群千鳥 空穂猿』『雪野山 名残雪』『標野行 花の司』『徐名燦 豊旗雲』『桃源境 武蔵』『本梅ケ枝』


2013年05月20日『開花状況 小プラ.1-2』:矢口さん前代未聞と無地、矢口さん品種不明の花径43mm&35mm。『心の光 由利浜』『登子 あかつき(八重) 喝采(八重)』『夕霧 望水』『久住山』
2013年05月20日『開花状況 小プラ.2-2』:山原さんの青柳染め+(#81国の光=#84青柳染め=青柳染め)、『緑竜 春の苑 石山寺 光栄』、『中尾の梅 夕暮れの星 福島県相馬市長谷堂 乙女の袖』『八雲(明治) 鹿島』『春告鳥 青葉の光』『白兎 静かの海』
2013年05月20日『開花状況 小プラ.3−2』:『真鶴 酒中花』『白妙 臥龍梅』『峯の雪 春日野』『鈴鹿山 大須磨』『そよ風 紅葉川』『墨染源氏 姫桜』
2013年05月20日『開花状況 小プラ.4-2』:『寿=#32赤トンボ #07寿絞り』『#77神代冠 夜光の玉』『大明錦 日の丸(#20青葉の笛は大明錦と日の丸)』『#74白トンボ #114楊柳の笛』『#89獅子奮迅 #59前代未聞(無地)』
2013年05月26日『大明錦と七賢人』:#20青葉の笛=大明錦と日の丸と#28入野の都=七賢人を並べて撮影しました。


2013年05月22日『開花状況 中プラ.1-2』:『宮城県遠田郡涌谷野生、宮城県柴田郡川崎釜房野生、雨乞岳野生、宮城県仙台市泉区南光台天ケ沢野生、御殿場産野生』『星の海 紅扇 濁り酒(のごりざけ) 』『松の位 鈴の音 千鳥貝』『千代の梅 匂う梅 東雲』『パンドラ 夢一夜 藤獅子(八重)』『瑞雲 ふくろう 桜桃 水の音』
2013年05月22日『開花状況 中プラ.2-2』:『紫羅 紅一点 独り舞台』『艶姿 #80美女の舞 吹上桜』『若藤 大和神風』『岩戸神楽 三保の古事』『但馬の舞 京の舞 飛天の舞』『笑布袋 浜名の重 初桜 東錦』
2013年05月22日『開花状況 中プラ.3-2』:『藤娘 稜雲 窈窕』『天晴 源氏鏡 紅児童』『紅女王 北天の星 石橋 鴨川踊』『聖火 秋茜 雅』『目白台 唐紅』『白羽の乱 満月 雪の空』


2013年05月17日『開花状況 伝市鉢.1』:#10隠れ蓑(プラ鉢#30岩戸神楽も隠れ蓑!?)、#13朱鷺の雛、#18銀孔雀、#25夕栄、#26白球(白珠)、#33玉孔雀、#39香炉峰、#40殿上人(「殿上人」は白色のはずなので、名称違い)、#44宿木(プラ鉢の美女の舞と似ている)、#45通小町。
2013年05月17日『開花状況 伝市鉢.2』:#50萩の上風(正しくは荻の上風。萩は間違い。荻が正解)、#52紫雲の重、#63田子の浦、#64西王母、#67鳥海(庄内白)、#69十六夜、#86宇治の都、#87志賀の都、#101東唄、#104佰美姿(正しくは優美姿)。
2013年05月17日『開花状況 伝市鉢.3』:#107汐煙、#108武蔵野、雪千代、鋸峰、薄桃重(八重品種)、有明、獅子頭、プラ鉢庄内白、『#109朝霧 花孔雀 漁火 乙女の袖』『#116花孔雀と花孔雀は同品種、#10隠れ蓑とは違う』


2013年05月17日『開花状況 プラ鉢.1』:#4富士越、#7大朝日、#19日の丸(日の丸ではなく、#27唐子遊)。#27唐子遊(唐子遊ではない)。#28入野の都(入野の都ではない正しくは七賢人。#73七賢人とは違う気がする。#78代々誉?)。#34京霞、#37勇獅子(日の丸ではなく、#2紅葉橋)。#42初桜、#46立田の夕、#58初衣、#76雲井。
2013年05月17日『開花状況 プラ鉢.2』:#82浜千鳥、#83藤の里、#92天ケ下(#58初衣か?)。#93大明錦:違う。#96雲井の鶴:#76雲井と似てる。#97妙智力、#106夕陽紅、#38天女&#41朱の玉垣は同じ品種不明だったので昨年一緒に植えたが、未だ品種不明。#113緋の司&#79楓狩は同じ品種不明だったので昨年一緒に植えたが、未だ品種不明。#105泥中の玉:間違い、十分に咲いていないが#113緋の司と#79楓狩と似ているような・・・。#102神通力&#91重遊の宴:#102神通力間違い。#91重遊の宴は正しい気がする。
2013年05月17日『開花状況 プラ鉢.3』:紫雲の望:#2紅葉橋と#71鏡帛は、高鴨神社より入手された紫雲の望と同じだった。紫雲の重。美女の舞。白鷹。静かな海。磯牡丹(八重品種)。寿絞り:絞りになってないので、寿です。紅葉川。花孔雀:もう一つの花孔雀も同じ状況。隠れ蓑と違って遅咲きなのでしょうか。浮間中州&浮間の光。田島&戸田&武尊。
2013年05月17日『開花状況 プラ鉢.4 同品』:#30岩戸神楽=隠れ蓑。百千鳥。#8十二単重=#31三顧庵=#35凱歌=#72大神楽。(#8十二単重=#31三顧庵=#35凱歌=#72大神楽)=百千鳥。


2013年05月18日『開花状況 駄温鉢 #1』:#1花車、#3京鹿の子、#6南京小桜、#8十二単重、#9神代の雪、#15秋の装、#17初姿、#21三田自慢:間違い。正しくは#23銀覆輪。#24月の都。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢 #2』:#47瑠璃殿、#48戦勝、#49千鳥遊、#55宇宙、#57白鷹、#61綾波、#65松の雪、#70玉の冠、#75明烏。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢 #3』:#78代々の誉、#85糸の綾は間違い、正しくは雪月花。#90折紙付、#94大杯、#95鞍馬、#99柳の雪:垂れ下がりで何か怪しい。#100濡れ燕、#117車白。

2013年05月18日『開花状況 駄温鉢.1』:千葉乙女、田島紅、久住山、雪車、青葉の笛、加茂了、梅ケ枝 天女、鳴海潟、春の雪。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢.2』:真如の月、誰が袖、泰山白、金子紫(宇宙と同品説有)、白蝶の契、銀世界。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢.3』:紫雲竜(浦澤さん)、流れ星、喰裂紙、白滝、初心、白髪獅子。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢.4』:浮線綾、錦鶏鳥、朝日、緋の袴、竜田姫、赤トンボ、北斗星、小桜源氏、駅路の鈴。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢.5』:朝日潟、華錦(#100濡れ燕と同品)、飛燕、母の恵、笹鳴、薄蛇の目、蛇の目傘。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢.6』:墨染源氏(墨漆源氏)、初日野、三国紅、玉珊瑚、夕陽紅、唐子遊、浜千鳥、お手玉、11秀美。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢.7』:凱歌、玉川、七賢人、欣喜、春湖、御殿桜、駒止(大滝ばあちゃん=新庄山野草会経由)、駒止(浦澤さん)。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢.8』:富士の雪、越路の雪:鳥居恒夫氏いわく「越路の雪と田子の浦と香炉峰は同品」、高根の雪、手弱女、三田自慢、羅生門、蜃気楼、大江戸。
2013年05月18日『開花状況 垂れ咲き』:#26白珠、#99柳の雪、越路の雪、高根の雪を見比べてみました。
2013年05月18日『開花状況 駄温鉢.9 木枯』:木枯(浦澤さん昭和50年代に鳥居恒夫氏とは関係ない所から入手)。
2013年05月25日『開花状況 駄温鉢 2回目』:梅ケ枝、鳴海潟、紫雲竜(浦澤さん)、流れ星、『喰裂紙 白滝 初心 白髪獅子』、浮線綾、竜田姫、夕陽紅、富士の雪。


2013年05月18日『開花状況 紫雲の重と獅子頭』:#52紫雲の重と、ウチの獅子頭。
2013年05月18日『開花状況 隠れ蓑 花孔雀』:#10隠れ蓑と#116花孔雀。
2013年05月18日『開花状況 同品 汐煙』:#107汐煙と#38天女&#41朱の玉垣は同品。
2013年05月18日『開花状況 同品 七賢人』:#73七賢人と#28入野の都は同品で七賢人。
2013年05月18日『開花状況 同品 百千鳥』:#72大神楽(& #8十二単重 #31三顧庵 #35凱歌)、#79楓狩(& #113緋の司)、#102神通力、#105泥中の玉は同品で、百千鳥。
2013年05月22日『開花状況 同品 笑布袋』:#37勇獅子は、#2紅葉橋ではなく笑布袋。
2013年05月23日『開花状況 同品 唐子遊』:#19日の丸は品種間違いで正しくは唐子遊。
2013年05月24日『開花状況 同品 朱鷺の雛』:#42初桜に、朱鷺の雛が混入。#42初桜同定できず。
2013年05月24日『開花状況 同品 武蔵野』:#93大明錦に、#108武蔵野が混入。#93大明錦同定できず。
2013年05月24日『開花状況 同品? #42と#93』:#42初桜と#93大明錦は同品なれど、同定できず。
2013年05月24日『混入種を移植.2』:#42初桜に混入していた朱鷺の雛。#93大明錦に混入していた#108武蔵野と#42初桜似を取り分け移植。残った#93大明錦2芽花茎上げず品種不明。


2013年05月21日『開花状況 65型.2-フラメンコ』:フラメンコのみ開花『ときめき・フラメンコ・甘えん坊・有頂天・以心伝心・昔の夢』
2013年05月21日『開花状況 65型.2-桃の舞』:『桃の舞・綾絣り・小桜重・舞紅葉』
2013年05月21日『開花状況 65型.2-里桜』:『里桜・磯牡丹・紅高尾・花小町』
2013年05月21日『開花状況 65型.2-若獅子』:『若獅子・春景・浜千景・白眉』
2013年05月21日『開花状況 65型.2-青空』:『青葉、桜の宮、白砂青松。花行脚』
2013年05月21日『開花状況 65型.2-藤文様』:『藤文様、花文様、花子、小紋』
2013年05月27日『本来の花色』:春景、桃の舞、花行脚、花文様。


2013年05月27日『球咲き桜草』:『#46立田の夕、#27唐子遊、北斗星、紫雲の望(高鴨神社)』『加茂荘、薄蛇の目、#15秋の装、御殿桜』『#41戦勝、#7大朝日、赤トンボ、#70玉の冠』『#104 佰美姿 =優美の姿』『#44宿木』

2013年05月14日『花壇の桜草 天晴』:近所の 天晴。
2013年05月19日『花壇の桜草 京鹿の子』:酒田市高見台の庄内白と京鹿の子。
2013年05月12日『緑斑入り白花桜草』:忘れ雪、雪の空、青葉の笛。画像のみ:雪姫、若葉の笛。
2013年05月11日『宮崎三千男作出 恋衣』:山原さん&浦澤さんの宮崎三千男氏の実生品種〈恋衣〉。




2013年度岩木桜 紛失
10月に芽分け作業を行うので、同定した花をチェックしやすいよう一覧にしてみたのですが
2013年度の画像に岩木桜がありません。並んでいる鉢を順番に撮影したので撮りこぼりはないはず。
実際「緑斑はウイルス」ということで1輪開花した時に撮影してネタにしたしね。
なのに開花後に撮影した記憶が無い。
好きな花でもあり、開花したを見た記憶がある気がするのですが・・・
並んでいる鉢を調べたら、岩木桜の鉢を探せませんでした。
岩木桜は明らかな品種間違いですが、我が家で唯一の3色の花。
そういえば開花間もない時期に、「あれ、誰か鉢を動かした?」と感じた瞬間が1度だけあったんですよね。
原因は分りませんが、岩木桜の鉢を紛失したようです。
2012年11月10日『中瀬紅と岩木桜
上画像、2012年5月19日撮影。
下画像、2012年11月10日撮影。



岩木桜は「業者が岩木山の野生種から生まれた変種」という名目で販売していた品だそうですが
野生種の変種であるわけはなく、明らかな取り間違いです。  


Posted by さくら at 23:59Comments(0)日本桜草13

2013年09月10日

12年 開花一覧表

2012年04月29日『開花同定.1』:#110大明錦、#55宇宙、#14駒止、#1花車、#85糸の綾、#20青葉の笛、白鈴。
2012年05月01日『開花同定.3』:#50萩の上風、#94大盃、#100濡れ燕、#70玉の冠、#95鞍馬、#57白鷹、#24月の都。
2012年05月01日『開花同定.4』:#97妙智力、#88翁遊び、#101東唄。
2012年05月01日『開花同定.5』:#98唐舟、#23銀覆輪、#14駒止、#41朱の玉垣。
2012年05月02日『開花同定.6』:#23銀覆輪=#98唐舟=#22花大将=#29寿=#103金綾台=同じ花車?
2012年05月02日『開花同定.7』:#14駒止=#11天の羽衣=#12竹取姫=同品。銀世界?
2012年05月02日『開花同定.8』:#10隠れ蓑は品種間違い?。
2012年05月02日『開花同定.9』:#65松の雪、#73七賢人、#13朱鷺の雛、#75明烏。#107汐煙、#77神代の冠、#80美女の舞。#61綾波。
2012年05月03日『開花同定.10』:#24夕栄、全然違う。#20青葉の笛、全然違う。
2012年05月05日『神代の雪という品種』:神代の雪
2012年05月05日『開花同定.11』:#67鳥海=庄内白、#6南京小桜、#101東唄、#24月の都、#18銀孔雀、#26白球、#3京鹿の子、#13朱鷺の雛、#48戦勝、#49千鳥遊び、#39香炉峰。
2012年05月05日『開花同定.12』:#1花車=(#22花大将=#23銀覆輪=#29寿=#66唐獅子)。#5枝珊瑚=(#35凱歌=#31三顧庵=#42初桜)。銀世界=(#11天の羽衣=#12竹取姫=#14駒止)。#20青葉の笛=大明錦。#21三田自慢=銀覆輪。#27唐子遊葉は紅葉橋?。#36羅生門=夕栄。#25夕栄=秋の装。#71鏡帛=紫雲の望。
2012年05月06日『開花状況 新規入手品』:『八重品種の有頂天と以心伝心』『春の苑、石山寺、春の波(芽吹かず)』『中瀬紅、緑竜、岩木桜』
2012年05月06日『開花同定.13』:#17初姿(?)、#50荻の上風(?)、『#10隠れ蓑(正)、#30岩戸神楽(誤)、#38天女(誤)=#41朱の玉垣(誤)』、#4富士越(?)。#34京霞:間違い、花車?。
2012年05月07日『花茎無く開花しない』:千葉乙女、#93大明錦、光栄(心の光、光る雪は芽吹かず)。芽吹かず=『故郷の空、紅獅子』『水の音、フルブレル、ピリカ、ツヅラ錦』『有頂天、濁り酒、瑞雲、パラダイス』
2012年05月07日『開花同定.14』:#15秋の装(正)=#25夕栄。#70玉の冠(正)、#45通小町(正)。
2012年05月07日『開花同定.15』:#59.前代未聞未?、#60.都桜?、#61.綾浪(正)、#63.田子の浦(正)、#64.西王母(正)、#65.松の雪(正)。
2012年05月13日『無いのに、在る』:#85糸の綾=雪月花。
2012年05月13日『仙台さくらそう展』:白篝、剣菱、花筏、武蔵嵐山。
2012年05月14日『花車と銀世界』:#1花車=(#22花大将、#23銀覆輪、#29寿、#98唐舟、#103金綾台)。#1花車と#34京霞は花びらと花央が違う。銀世界=(#11天の羽衣、#12竹取姫、#14駒止)。
2012年05月15日『故斎藤教頭先生の奥さんの弟さん』:#1花車と、品種不明の#34京霞と同じ花。
2012年05月14日『#109は朝霧で○』:#109は朝霧で正解。
2012年05月14日『#32赤トンボは寿』:#32赤トンボは誤り。正しくは寿でした。
2012年05月15日『#3京鹿の子に寿』:#3京鹿の子に寿が混入。混入していた寿2芽は、#2赤トンボ=寿と1鉢へ。#71.鏡帛は、#2紅葉橋と紫雲の望と同品で、絞り竜田の紅無地と思われるので、移しました。
2012年05月15日『#71と#2、紫雲の望は同品』:紫雲の望=(#71鏡帛、#2紅葉橋)=絞り竜田の紅無地。
2012年05月15日『#38と#41は同品』:#38天女と#41朱の玉垣は同品ですが同定できず。
2012年05月16日『#15と#5、#25は同品』:#5枝珊瑚の4芽の内の3芽と#25夕栄=#15秋の装(正)。
2012年05月16日『#5と#31、#35、#72、#8は同品』:#5枝珊瑚の4芽の内の1芽と#31三顧案、#35凱歌、#72大神楽、#8十二単重の4芽の内の2芽は同品なれど同定できず。枝珊瑚?
2012年05月16日『#8 十二単重』:#8十二単重の4芽の内の2芽は十二単重で正しいと思う。
2012年05月16日『#37勇獅子は品種不明』:2013年有明同様花茎低く開花。
2012年05月16日『#42と#4は別品種』:#42初桜と#4富士越は同品かと思ったが、良く観ると違う。
2012年05月16日『獅子奮迅は百千鳥』:高鴨神社購入獅子奮迅は、フリルが消えたので百千鳥。
2012年05月17日『宮城県の野生種』:亘理郡山元町の深山、釜房ダム建設現場救助苗=釜房。
2012年05月17日『品種紹介 石山寺』:夏越しに失敗して根腐れをおこし、2013年は貧相に1輪だけ開花。
2012年05月17日『八雲と天晴 抜き取り』:八雲の混入品を移植。
2012年05月26日『新庄市山野草展』:同定不能と風車と前代未聞。  

Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草12

2013年09月02日

2度目の植え替え 金牡丹 雲井鶴 玉手箱 黄金鶴

イワヒバは小さい鉢に入れて育て、年に2-3回植え替えすると良いらしいので、
今年2度目の植え替えを行いました。数日雨が降り続けるようなのでラッキーです。

苗が小さいのに用土の粒が大きいと感じるかもしれませんが
イワヒバに関しては、通気性が高い方が根張りが良いようなので、用土の粒が大きいのを使いました。
今回は鹿沼土の中粒よりも保水力が弱い=通気性が高い ひゅうが土の中粒を使ってみました。
ひゅうが土は硬質鹿沼みたいな感じで、潅水すると水が染み込んでぷくぷくと吸水する音は聞こえます。
イワヒバ栽培の方々は軽石のような上質な硬質鹿沼ですし、ひゅうが土でも大丈夫だと思います。

今まで知識もなく、用土の乾燥に対応させるべく密集して植えてしまったので、生育が悪かったようです。
根も混んでましたので、今回は極力個々に分けて植えてみました。



上が金牡丹。右端上の赤く囲った鉢だったり、丈夫で良く増え生育も早いです。


下の箱は主に雲井鶴ですが、上図右上端白く囲った鉢の苗は未だ小さ過ぎるので、今回植え替えせず。


下は上図左下端緑色で囲った玉手箱です。




下の箱は主に黄金鶴。上記右上端青く囲った鉢の苗です。



  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)イワヒバ