2008年01月24日

財布拾った

今日は大荒れの天気予報に今朝も除雪を覚悟していたら・・・暖気!
除雪しないで済むのは助かります。(^^)

昨日の夕方、財布を拾いました。
ドイツのスポーツメーカーのロゴ入りで、中学生が持つような財布。まだ新しくて、正月に購入した感じ。人気の野球アニメのキーホルダーが着いていたので、持ち主は小学生かな。財布の中身は1000円札×5枚と大型スポーツ店のメンバーズカードが1枚。メンバーズカードには齋藤○○と名前が書かれていた。

近くには小学校が在るので、取り合えず小学校へ電話して、齋藤○○君が在籍しているならそのまま置いていこうと考えた。

私の住所と氏名を自主的に詳しく話してから、用件を伝えたが、電話に出た男性教諭?は、名簿らしき何かを見ているような感じで「サイトウ○○・・・見当たりませんね。」と言った。「サイトウのサイの字は難しい方の齋で、○○の○は云々。居ませんか?」「○の字の○○君・・・・見当たりません。」とのこと。

「そうですか。お宅の学校の近くなもんで、そちらの生徒かと思ったのですが、分かりました。これから交番へ行って来ます。」と言って電話を切った。恐らく5分ほど要した。

交番へ行くと、交番が消えていた。(^^;
仕方ないので少し離れた交番へ行く。
交番も統合になったとのこと。

交番で経緯を話し、改めておまわりさんから小学校へ電話して貰うと、居るとのこと。自宅の電話番号も教えてもらい、電話を終えるのに2分と掛かってない。個人情報保護法により「第三者には教えないのが正しい対処方法の時代だから、気悪くしないでの。」とおまわりさんに言われたが、私が齋藤○○君宅へ届けようという分けでもなく、先生から生徒へ電話して翌日学校で渡せば済む話だと思うのだが・・・時代なんだろうか。

おまわりさんが齋藤○○君宅へ電話すると、○○君弟らしい子供が電話にでて、「○○はお母さんと警察に行った。」とのこと。どうやら落とし主の家で間違いないようで、ちょうどこちらへ向かっているらしい。

「落とし主もみつかって、こっちへ向かっているようなので、私これで帰ります。あとヨロシク。」と帰ろうとしたら「駄目だ、駄目だ。今来るというもの、までまで。」「これはの、齋藤○○君の教育にも通じるものだから、会っていてくれ。」と引き留められてしまう。落とし物の引き渡しなんか事務的に処理すれば良いものを『どっちが教育者なんだ』と思った。  
タグ :モラル

Posted by さくら at 06:42Comments(7)その他08

2008年01月06日

初めて見た(@@)/

んだ!ブログのみなさま、
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

新年早々飛び込んできたBlogネタ。酒田北港水路で捕れた、見たこともない魚です。触るとゼラチン質の肌触りで、深海魚っぽく、鍋で食べられそうでしたが、爺ジが「この模様、フグだんねあんが?!」と疑心暗鬼になってしまい、反論しても「正月早々腹壊しったくね!」と拒絶され・・・魚種が判明できなかった為に、処分されてしまいました。






あれこれネットで調べた結果、ようやく判りました。正体は後でお教えしますが、見た目はこんな感じの魚で、下図では背中の様子がとても良く表現されています。背中のシワ?が、ハリセンボンの針のようにも見えるし、腐敗してシワシワになってしまったようにも見えて・・・黒点と合わせて見られてしまうと、疑心暗鬼の心を解かせることができませんでした。私も正体を知らなかった分けですから、仕方なく諦めました。「正月早々腹壊しったくね!」の一言は効きました。



調べた結果、魚の正体はホテイウオ(ゴッコ)でした。
上図イラスト=ホテイウオ・川崎悟司イラスト集
http://kawa3104.at.infoseek.co.jp/hoteiuo.html


富戸の波より抜粋
『全長35cm・体重720gもありました。早速購入。¥1,980』
ウチへ持ち込まれたホテイウオは、大きさは30cmほどでしたが、重さは740gありましたので、メスだったのかもしれません。このサイトでは調理方法も紹介されており、早く出合えていたら、参考にして食べたのですが・・・残念なことをしました。勿体ない。
http://www.onsenmaru.com/topics/T-050/T-080-gokko.htm

近江屋web
『我が家の近所では、函館産ゴッコの鍋セット580円也、鮮魚1尾398円也でした。』
安いですね。(^^; 調理方が紹介されているサイトです。
http://www12.plala.or.jp/ohmiya/menu_gokkojiru.html

水生生物雑記帳
『大きさは25cmで、体は軟らかく、初めて見る人にはフグに吸盤がついたような形に見える。男鹿では、おもに味噌あえにして食べる。』
頭が四角で、フグのように見えるんです。更にあの体色と黒点が、フグへの連想を強めるんですよ。男鹿では食べ慣れた食材のようで、重ね重ね残念なことをしました。
http://www3.ocn.ne.jp/~kmitoh/zaturoku/kyuban2/kyuban2.html

三陸魚図鑑
『腹ビレは吸盤状になっています。以前、私はホテイウオが自分の長靴にくっつくのを楽しんでいました。』
まな板に載せて写真撮影して、腹を撮るために裏返そうとしたら、死んでいるのにくっついていて驚きました。このサイトの一番上の写真は、背中のシワ?が上手く撮れています。『これシワなのかなあ?』『ハリセンボンの針のように、何か仕込まれているのかな?』と、何度も触ってみましたが、何も無く、普通にシワ?でした。ツルンとした肌より、岩肌に溶け込むために、擬態用のシワなんでしょうかね。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~Fish-Fish/hotei-uo.html  


Posted by さくら at 19:59Comments(11)その他08