2022年11月14日

モクズガニ

何かに触れていると安心するモクズガニ。
カニ同士が一番安心する見たい。動きません。face02


  


Posted by さくら at 21:32Comments(0)その他22

2022年11月11日

ヒメカマキリ

物干し場に現れてびっくり。まだ生きてるんですね。


  


Posted by さくら at 15:11Comments(0)その他22

2022年11月01日

キノコ図鑑 AとB

今までシロノハイイロシメジをお裾分けした友人にも
「ハイイロシメジと言ってたけど、どうやらシロノハイイロシメジだったようだ」
と伝えたところ、彼が所有している2冊のキノコ図鑑を見せてくれました。

一冊目の図鑑には『かごの中から、ぷう〜んと広がるニラのにおい』と書いてあり
彼も初めて香りを嗅いだ時に『ニラの香りがする』と感じていたそうで、これに違いないと思ったそうです。


もう一冊の図鑑に載っているシロノハイイロシメジは、私が採っているキノコと違います。
私が採ってるキノコは香りがとても良く、『淡い渋みと弱い異臭』はなく、お裾分けすると皆さんその香りの良さに驚きますからね。
キノコ図鑑の多くは地元のキノコ採り名人が監修するので、同名異種があるのかもしれません。
キノコ図鑑は1冊だけではなく、数冊所有するのが理想のようです。


  


Posted by さくら at 21:08Comments(0)その他22

2022年10月31日

シロノハイイロシメジ

25日(火)に最低気温が3度台まで下がり、
28日(金)の夜に少しだけですが雷が鳴り大粒の雨が激しく降りました。
雷は久しぶりの雷だったので、ひょっとしたらと思っており
今日様子を見に出かけたら、少しだけ生えていた次第です。
10月31日とは言え、10月中の収穫は初めてです。


シイタケの原木栽培では、原木を叩いて刺激を与えますが、
このキノコも同様で季節や気温の低下で生えてくるのではなく
雷が鳴ったり、地面を叩き付けるように大粒の雨やアラレが降った後に生えるようです。


今までこのキノコを『ハイイロシメジ』と紹介してきましたが、
言うほど灰色じゃないし、老菌となった状態では特に違和感を感じてました。
先日偶然『札幌キノコの会』のHPでハイイロシメジの紹介サイトを見つけた際に
〔似たキノコ〕 ⇒ シロノハイイロシメジ が載っており、見たところ、私のこのキノコはコレのようです。
ハイイロシメジ
シロノハイイロシメジ
  


Posted by さくら at 15:57Comments(0)その他22

2022年10月17日

アマガエル

枯れた南天の幹の先端が緑色になっていたので、
今になって復活して芽吹いたのかと思いきや、アマガエルでした。
今まで居なかったのに、どこからやってくるのやら。(^^)


  


Posted by さくら at 00:00Comments(0)その他22

2022年10月16日

モクズガニ 脱走

エアーポンプのホースを脚で挟んで容器の縁まで上ってきます。
重しがないと脱走されちゃいます。face02


  


Posted by さくら at 10:01Comments(0)その他22

2022年10月04日

さよなら夏の日♪

Tシャツ1枚で過ごせたのも今夜まで。
寒冷前線が通過した明日からレイヤー(重ね着)なんですね。


  


Posted by さくら at 20:56Comments(0)その他22

2022年09月26日

モクズガニ

台風14号通過で気温と水温が下がり、
台風15号の影響で雨が降り川の水位が上昇したことで、
ようやくモクズガニが採れ始めました。face02


  


Posted by さくら at 22:51Comments(0)その他22

2022年09月19日

ヒメかカマキリ

ヒメかカマキリが何かを捕らえて喰ってた!


  


Posted by さくら at 20:27Comments(0)その他22

2022年09月18日

生態系崩壊の予兆.3

2011年10月02日「生態系崩壊の予兆.1
2011年10月03日「生態系崩壊の予兆.2



2000年以降、最上川水系でブラックバスとブルーギルが増え始め、
今まで採れてなかった手のひらサイズのブルーギルばかり突然採れた2011年には 
最上川でブルーギルが大繁殖してしまったと思い、今後を危惧しましたが、
手のひらサイズのブルーギルを採捕したのはこの時だけで、その後は姿をみてませんし
2011年以降は徐々にブラックバスとブルーギルが減っていった気がします。

ウケクチウグイを最後に採捕したのは2009年だったか2010年の秋で
皮肉なことに今までで一番大きい20センチもの個体でした。

その後はウグイやオイカワ などの個体数が減っていき、代わりに現れたのがスモールマウスバス。
山形県で初めて確認されたのが2001年の川西町の最上川。
庄内では2007年赤川で。こちらは成魚なので、バス釣り愛好者による密放流。
「2007年12月12日「コクチバス
最上川からの取水された水が流れている用水路での初確認は2016年09月24日「酒田でコクチバス初採捕

一昨年辺りからガクン!とウグイやオイカワなどが減り、今年はオイカワ0尾。
小さいウグイは激減して、今まで余り採ったことがない20センチ前後の鯉とウグイ、ニゴイが採れました。
今日のガサガサでは、今まで採ったことがない60センチの鯉4尾と70センチのナマズが半月網に入りました。

2011年までは「ブラックバスが増えた」「ブルーギルが増えた」「今後が心配だ」でしたけど
今は「オイカワが消えた」「ギギも見ない」「小さいサイズの魚が居ない」状況です。
代わりに今まで採れてなかった(見かけない)若魚とでもいうべき20センチサイズのウグイやニゴイが用水路に現れました。
根拠はありませんが、スモールマウスバスに追われて水門から水路に取り込まれてしまったのではないでしょうか。

2011年 今まで見かけなかったサイズのブルーギルがたくさん現れた。
2022年 今まで見かけなかったサイズの鯉・ウグイ・ニゴイだけが現れた。
小さいサイズのウグイやニゴイが激減。オイカワに至っては確認出来ませんでした。
なんか生態系の崩壊が1段階進んだ気がします。
これらが来年以降、何かしら大きな動きにつながるのか留意して、観察していきたいと思います。

  


Posted by さくら at 15:49Comments(0)その他22

2022年09月17日

スモールマウスバス(コクチバス)駆除

稲刈りが始まり農閑期になると最上川からの取水が終わり、灌漑用水路の水が止まります。
このタイミングで毎年ガサガサをやっているわけで、今年も行ってきました。

今年の8月は雨が多く最上川の水位が高かったので、9月に一度水路をみて回ったのですが
この時は水路が大増水しており、ほとんど何も採れませんでした。
今日はしっかり水位が低く、水は今までにないほど澄んでいました。
そんな中で採れたのは20センチほどのコイとウグイとニゴイばかりで、オイカワがゼロ。
スモールマウスバスも20センチほどのが1尾だけで。酒田市内を流れる新田川水系で採れました。


今までたくさん採れたオイカワが0尾で、小さいウグイとニゴイが確認出来なかったことが気になります。
  


Posted by さくら at 14:31Comments(0)その他22

2022年09月13日

ヒメカマキリ

今宵も入ってきてました、ヒメカマキリ。
ヒメカマキリだけ今年の飛来数が多いです。


捕まえて窓の外へ放り出しました。  


Posted by さくら at 22:58Comments(0)その他22

2022年09月11日

キボシカミキリ

キボシカミキリが入ってきました。


今年は夜に部屋に飛び込んでくる虫が少ないと感じます。  


Posted by さくら at 19:51Comments(0)その他22

2022年09月07日

コカマキリ

障子の裏側でバタバタ暴れてました。
今年はコカマキリやヒメカマキリといった小さいカマキリの訪問が多いなあ。


  


Posted by さくら at 21:42Comments(0)その他22

2022年09月05日

鎌倉銘菓 半月

いただきました。
大変美味しゅうごましました。face03


  


Posted by さくら at 17:02Comments(0)その他22

2022年09月01日

ヒメカマキリ.2

今宵再びコカマキリが現れた。二夜連続は珍しいので、昨夜の個体かもしれない。


撮影して窓から放した1時間後、再び部屋に入ってきた。今夜は暑くないので、再び放した後に、窓を閉めた。  


Posted by さくら at 21:54Comments(0)その他22

2022年09月01日

ヒメカマキリ

「小さい」という意味での今年3匹目となりコカマキリを、パソコンに止まったので、スマホで撮影。
撮影後は直ぐに手で捕らえて、外に放ちました。



  


Posted by さくら at 00:06Comments(0)その他22

2022年08月30日

メダカの密放流

品種改良されたメダカの密放流が、第3の外来種として問題になっているそうです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/edb0834d4e3e2ce54446a60ac2d137f41841044a



メダカが絶滅危惧種ですが、そもそも絶滅危惧種には2種類があるのです。
1.生息個体数の減少。
2.生息地の減少。

生息個体数の減少による絶滅危惧種指定の生物は、例えばトキです。
メダカの場合は生息地の減少が理由となり絶滅危惧種に指定されたのであり
種の絶滅の危機にはありません。
ところが、これを理解できず、メダカの保全を理由に、
上記URLサイトの中でも語られていますが、メダカを密放流する輩(組織)が現れます。
山形県の場合は、山形城北高等学校の先生たちの山形メダカ情報センターです。
身勝手な自然保全活動が、生態系を危うくしているのです。

2007年05月29日『山形県メダカ情報センター

メダカを利用した身勝手な商売をする者も居ましたね。

2017年08月25日「悲惨 .動物虐待! 鳥海ボトルアクア
017年10月15日「マジな詐欺だった 鳥海ボトルアクア

NPO鶴岡淡水魚夢童の会の岡部夏雄さんは,
庄内の魚類が生息する、貴重な生息地の画像を残すべく、本を出版してます。

2017年07月28日「メダカの生息地
ちなみに、岡部さんが収集した庄内の魚類の標本の一部は、冒頭のURLニュースに登場する瀬能さんでが
勤務している神奈川県立生命の星・地球博物館は引き取り、貯蔵されています。
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2017:08:23:8062


メダカを絶滅危惧種として心配してくれるなら、生息地の減少が原因だと正しく理解し、
ペットショップや通販で購入したメダカ&増えたメダカの野外への放流はやめて下さい。







  


Posted by さくら at 00:07Comments(0)その他22

2022年08月10日

具が無い イタリアンポリス

地元スーパーで税抜き580円のピザ、マルゲリータを食った。
具は無く、伸びるチーズ感も無いマルゲリータだった。

象潟の道の駅のフードコートでピザとパスタを各3回ずつ食った。
ピザは営業しているのか?と思うほど照明が無く暗く、
6種類食ったけど、いずれにも具は無く、
薪窯で焼いた炭感はあっただけで、伸びるチーズ感もなかった。
パスタは、生パスタと唄ったいただけで味わいはなく
スープパスタっぽいだけでこちらも具は無かった。
カルボナーラを注文。
薄いスープにぺシャッとした平坦に守られたパスタ。
町の中華屋の五目あんかけ焼き蕎麦の方が厚みがあるぞ。
スープパスタか!?と思いつつフォークでパスタを巻くが
ベーコンが小さくてフォークに刺さらない。
こんなカルボナーラあるか!?

スーパーのピザといい象潟の道の駅といい、具が無く、フレーバーだけじゃないか。
ちょっと前に日本食の食文化を守るということで『SUSHI POLICE』なるモノが話題になったが
日本にはイタリアンポリスを作るべきだとつくづく思う。  

Posted by さくら at 00:00Comments(0)その他22

2022年07月21日

キボシカミキリ

今年も飛び込んできましたキボシカミキリ。
ただ・・・・年々サイズは小さくなっている気がします。


  


Posted by さくら at 00:00Comments(0)その他22