2013年12月24日

セッコク蘭

雨が当たる庭に置いてから元気になったセッコク蘭に、新しい芽が2ツできてました。futaba
これをどうすればいいのか分りません・・・。去年同様に保管するだけです。



  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年11月26日

富貴蘭

富貴蘭栽培初年度は、今年3月に爺ジが潅水してたことで越冬に失敗。枯れてしまいました。
生き残った鉢は直射日光が当たらない場所で世話をしてきましたが、今年は開花せず、生育も良くなかったです。
秋になり陽射しが弱まったので、陽当たりが良い場所に移したら、根は白く伸び、葉も広がってきました。
雨が多く当たったことが幸いしたとしか思えません。


「富貴蘭は空気中の水分だけでも育つのだから、あまり潅水しなくて良い。」
と聞いていたのですが、私の場合は潅水する量が少なかったようです。ようやく気づきました。  

タグ :富貴蘭

Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他13

2013年11月04日

飛島の海

珪化木が多く打ち上がり、タコも多い遠浅の岩床が広がる田の下海岸(たのしりかいがん)。
中村地区の古老が思い出したように語るには、此所は中村地区の田んぼの跡地で、
ゆえに田んぼの下の海岸という意味で、田の下(たのしり)という地名なのだそうです。
袖の浜の海岸は法木地区の田んぼが在ったそうです。
昔も今も、要事がない限りは地区外を出歩くことはないので詳しく覚えてないそうですが
「勝浦地区には『鈴木の田(鈴木さん宅の田んぼ)』が在ったはず。」と言ってました。


田の下地区は中村地区の住人の田んぼで、
下記画像左側=南側端が太田六ろえもんの田の下。
下記画像左側=北側端が屋号ひこざえもん=通称ふくぜんの田の下。
私に説明してくれている間に思い出すらしく、
「太田六ろえもんは太田家の分家だから、本家から分家するときに譲り受けたのだろう」とのこと。
六ろえもんとふくぜんの間に、2ツ3ツ屋号を話してくれましたが、私が聞き取れず記憶できませんでした。
田の下海岸に降りる道の所が六ろえもん。
現在通行不可能になっている道の左側=北側がふくぜんだそうで、
現在通行不可能になっている道の脇に在るコンクリートブロックの建物がスズメ番小屋。
稲を喰い荒らしに来るスズメを追い払う番をするための小屋だったそうです。
「今は、いつ誰が置いたか知らないけど仏像が置かれて奉られていて、いい迷惑だ。」とのこと。

勝浦地区で出逢った中村地区の50歳代の方いわく
「スズメ番小屋?! ああ、今はあそこさ仏像がある。行ってみろ、ジュース(お供え品)が飲めるぞ。
 あの仏像は大したもんだ。どんなに荒れても流れていかないもの。」と肯定的。
「勝浦地区に田んぼ?。そんなものは無いぞ。」と、話しすら知らないようでした。
ちなみにこの方も珪化木を知らないのでした。
日々の生活が忙しく、用も無く島を歩かない限りは、珪化木など気づきませんよね。
「木の化石?。そんなのあるのか。
 デカいのか?。小さいなら持て帰れば良い。お土産で持て行げ持て行げ。」とのこと。

田んぼまでは艪を漕いで舟で作業しに来ていたそうです。停泊できる場所は決まっていて
酒田市がNPOとボランティアでゴミ処理を行った時も漁船を乗り付け、ゴミを運びだしたそうです。
珪化木も舟に乗せて集落まで持ち帰ったのでしょうね。


袖の浜へ下りる遊歩道から眺める四爪島方向の景色はいつみても綺麗ですよ。
袖の浜へ下りる遊歩道から直ぐの場所にある渚の鐘から眺める荒崎と御積島。
袖の浜へ下りる遊歩道は急なので上りはきつい。
賽の河原から勝浦方面に歩く岩場の風景。長崎と呼ばれている所でしょうか。
岩と岩の間から鳥海山が望めるスポットもありましたよ。


中村地区の古老いわく「潮が引くとカジカ島まで渡れるんだけどなあ。」
その言葉とおり渡れた時のオバフトコロの浜。冬になると潮が引くようになるそうです。
賽の河原の沖に消波ブロック帯があり、そこから眺めたロウソク岩と磯。


実は40年ほど前に町内の子供会の旅行かなにかで母親と1度だけ飛島に渡ったことがあります。
子供でしたから何所に泊り何所の岩床帯を観たのか定かではありませんが、
真っすぐ急な坂で、段々畑?の脇をず〜っと上り、
目的もなく歩くわけはないので荒崎を目指したのかもしれませんが、草原の向こうに海が見えました。
私の記憶の中の飛島は、木が無い畑と草原の想い出があるのですが、
実際の飛島は大きな木々がうっそうと生い茂る暗い森を抜けて、海へ出るのでした。

黒松や杉が生えており、植林したのかと前出の古老に訊ねると、そうではないとのこと。
昔は全部が畑だったけど荒れてしまい、勝手に生えたのだ。
昔は薪で火を焚いていたいたから、松葉拾いの場所も家家で決まっていて
『誰それがウチの松葉を持っていった』とケンカになることもあり
木々の下は綺麗で草など生えていなかった。その時はキノコも良く生えた。
赤松の下ではマツタケも採れる場所もあったらしいが、教えないので伝わっていない。
今は下草が生い茂っているから、もう生えてないだろう。とのこと。
今は『森』という印象でしたが、昔は『林』程度だったようです。
木々の数より畑の数が少ないのが気になったのですが、耕作地が荒れたのですね。

50-60歳の島民の方に「昔は松茸も生えたんでしょ?」と訊ねたら
「松茸?。ああ、バカタケの。白マツタケで本物でね(本物ではない)。松山町さも生えている奴だ。」
と行ってました。一説では松林に生えるシメジの一種をさしているらしいです。

飛島には梨と栗とクルミ、タラとアケビ、ヤマイモ、柿がありました。
梨は野生?で島民に『山梨』と呼ばれており小さい実で、プリムみたいな味でした。
クルミは普通、栗は山栗なので小さかったです。
タラは西側の沢沿いにたくさん生えていましたが、
強風にさらされるからでしょうか、太い木は見かけませんでした。
アケビはたくさん生えているとそうですが、時期が遅く実はありませんでした。
「島に子供が居た時期は、みんなで採って食べていたんだ」と懐かしそうに話してくれました。
ヤマイモもあるようですが、掘り出してないのでどういう状態か不明です。
庄内浜の防風林内にも生えてますが、凸凹して砂を咬んでいて、食さないですよね。

柿はたくさん実ってました。
耕作者が歳を取ってしまい、剪定しないから伸びてしまい、採れないからカラスの餌になっているとか。
一応持ち主が居るけど採らないから、採る時に一声掛ければ採って良いんだ。そうです。
古い在来種があるか訊ねてみましたが、平種柿ばかりで、伝九郎や木ざわしは無いそうです。
(散策中、畑の奥に2本ほど木ざわしっぽいのが在ったように見えましたが、確認してません。)
飛島の柿をごちそうになりましたが、甘味が濃くてとても美味しくて驚きました。
柿をごちそうになりながら、ふと気になりました。
『こうして柿を採っているのだから、干し柿も作っているのだろうか?』
『温かい飛島で、干し柿は作れるのだろうか?』と。
そこで「干し柿は作ったりする?」と訊ねたら
「かっ(なんという愚問)、作てっぜ。(去年作ったのが)冷凍庫さいっぺある。」
と、わざわざ出してくれました。

これが大粒で真っ白!
食べてビックリ、異常な甘さ!!
まるでスニッカーズを喰っているかのような甘さで、1口毎にお茶を手放せません。
柿と干し柿は大好物で、各地の銘品も食べたことがありますが、こんなに甘味が強いのは初めてです。
普通に食べても濃厚な甘さなのですから、干し柿にすればこう成っても納得ですが
この甘さは飛島という気候ゆえではないのかと感じました。
柿は濃厚な甘さですし、干し柿は萎まず大きなままで真っ白で尋常じゃない甘さ。
飛島の柿はブランド出荷すれば名産になると感じました。


地形変化と珪化木のジオパークと飛島の柿。アジを餌にしたアオリイカのウキ釣りとタコ捕り。
これらを新しい飛島の名産として皆さんにお薦めして、飛島ネタを終わりたいと思います。face02 icon23  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年11月03日

飛島 珪化木.2

田の下地区などで見られる細い棒状の珪化木。


浅い岩床帯のスリットの中には、岩盤から剥がれ落ちたばかりの珪化木がありました。face05


備長炭のような珪化木もありましたよ♪



ビーチコーミングでは軽石を遂に発見。
ヤシの実とガラス玉は意外とありましたが、軽石はこれ1個♪


毎度産地不明なのが残念ですが、嬉しい出逢いです。  

タグ :化石珪化木

Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年11月02日

飛島 珪化木.1

今回は荒崎の南側でも岩盤に埋まった珪化木を発見、撮影してきました。↓


荒崎の北側の付け根で見つけた珪化木。↓


荒崎の南側の海岸には大きな珪化木が多く、手土産にするには荒崎の北側=田の下地区辺りが最適です。


前回紹介した田の下海岸へ降りて直ぐの場所にある珪化木。↓


田の下(スズメ番小屋の田の下)で見つけた珪化木。浜からもっとも高い場所にありました。


その他にもたくさん有りましたよ。


飛島には勝浦地区、中村地区、法木地区の3ツの集落が在り、
古老いわく、自分の地区外へ出掛けることはほとんど無いそうです。
それどころか島の西側へ行くこともまず無く、珪化木の存在も知らないのが普通のようです。
それなのに東側の旅館の玄関には大きな珪化木が積まれて居るので、その点を尋ねてみると
「木の化石?!。おう!、あれは医者と駐在(警察官)だ。」
「昔、診療所に居た医者と島の駐在員が西側から集めて持って来てたんだ。
 集めて置いていくから、それをもらって置いているだけだ。」とのこと。
西側へ行ったこともない人が多い島民が、珪化木を知らない事にも納得でした。

賽の河原の石は絶対に持ち出してはいけないのですが、他は問題無いそうです。
賽の河原の石の海岸で大きなタコを発見したのですが、捕らずに見逃したら旅館の人から
「もったいない。島の人にも良い漁場の一つになっているのに、遠慮しないで捕れば良かったんだ。」
と一笑されました。“呪い”とか面白がって語り気にするのは、島の圏外者ばかりのようです。

飛島の観光パンフレットに珪化木は載っていませんが、立派な見どころの一つです。
島の南側(勝浦側)から歩いて行くと磯が岩になり石になり、
ゴロタから砂利浜、砂浜に変化する様子や地質の変化が楽しめますよ!
観光パンフレットには飛島ジオパークとして紹介してほしいくらいです。face03  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年11月01日

飛島 カナヘビ

飛島のカナヘビをラッキーにも2匹撮ることができました。



飛島にトカゲが生息しているかは不明。

飛島にはシマヘビが生息しているそうで、たまに見かけるそうです。
「マムシも生息している。俺は見た。」という人も居るのですが、実際は・・・。
「俺は一度も見た事ないし、生息しているとは思えない。
 でも、飛島小学校に昔採捕されたホルマリン漬けがあるし、
 此所は島なので、流木などに乗って漂着することはあるだろう。」と古老の話しでした。

ネズミは大きいのと小さいのが生息しているそうで、大きい方のネズミの新しい死体は見ました。

「飛島のダムに鯉は居るか?」と古老に尋ねたら「鯉!? そんな話しは聞いたことがない」と即答。
「草魚は居るんでしょ?」と尋ねたら「おう! 草魚は居る。」そうです。
「カエルは居る?」と尋ねたら「居る」と答えてくれましたが、
小さいのが居るとのことでアマガエルのようです。ガマガエルは居ないみたいです。  


Posted by さくら at 19:00Comments(2)その他13

2013年10月31日

タコ捕り

飛島の西側は遠浅の岩盤になっており、
長靴で油断すると水没してしまう水深30〜40cmの浅い場所にタコがたくさん居ました。


タコは『岩陰に隠れているもの』と思っていたのですが、
普通に岩に張り付いていることが多く、容易に発見&手掴みが出来るのでした。face03


タコ捕りは干潮時刻が良く、タコ穴の周りには食べた貝殻が白くあるので見つけ易いそうです。
上画像と違い真っ赤に擬態しているケースが多かったです。
海藻の下いることもあり、海岸際の直ぐの場所から何所にでも居るという感じ。
浅いし見つけ易い、逃げるの遅いし、子供にも獲れますよ。face02
誰でも捕っていいそうですが、夏はおらず、9月から捕れ始めるそうです。  

タグ :タコ飛島

Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年10月22日

庄内の甘柿

知人が甘柿を持って来てくれました。
樹齢65年の古木で、これで最大サイズとのこと。皮ごとポリポリ食べられるそうです。
庄内に甘柿があるとは知らなかったのでネット検索すると、下記サイトを発見。
[PDF] 山形県庄内地方におけるカキの在来品種の分布と利用に関する調査
http://www2.lib.yamagata-u.ac.jp/kiyou/kiyoua/kiyoua-14-2/image/kiyoua-14-2-021to028.pdf

サイトをみてみると余目に豆柿という呼称があったので、それかなと思ったのですが、
「あれ懐かしいごど。木さわしだの。」と母親が一目見て同定しました。face08
「近所に伝九郎柿というのもあり、それはお湯に浸けると渋が抜けて甘くなるんだ。」
と話してくれて、小さい時には私も食べたことがあるようです。知りませんでした。face01

  

タグ :

Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年10月06日

飛島 イャッホー♪

ほんま食堂のラーメンはシンプルゆえにトビウオのダシが効いているスープと焼豚が美味しかったです。
飛島の男爵芋『ごどいも』は素直に美味しかったです。
山には梨と栗とクルミがあり、梨はビリヤードの球ほどの大きさで、パサついたスモモのような味でした。



勝浦地区から八幡浜まで海岸沿いに歩きましたが、海岸の地質変化が豊かで、飽きません。
田尻の浜へ降りると、目の前の波打ち際の岩盤に珪化木が埋まっていて
田尻から青石周辺に珪化木が打ち上がっていました。


私が物心着いた時からウチに有る鳥海軽石と、直感的に同じだと感じた飛島の軽石(荒崎北部)。
庄内地方で見て来た鳥海軽石とウチの軽石は何か違う気がしていましたが、
荒崎北部でコレを見つけた瞬間に、同じだ!と感じました。ウチのは飛島の軽石だったのかもしれません。



飛島の西側は遠浅ですがタコがたくさん居て、簡単に手掴みできました。
田尻から八幡浜までが良かったです(今が時期だそうです)。
勝浦地区から荒崎までは海水温が高過ぎて「ぬる!」かったので、潮通しが良く心地良い水温の場所に居ました。

アワビやサザエは見つけられませんでしたが、小さいウニ1個とアサリを1個見つけました。
小さいアワビと二枚貝(アサリ?)の貝殻は多く見かけましたが、サザエの貝殻は1個だけでした。
エビとカニ、ヤドカリ、小さい巻貝はたくさん居ました。
エギングは、豆アジと小アジで溢れている港内が間違いないです。

オオカマキリとコカマキリ、セミとトンボが居ました。アマガエルも鳴いていました。
今年の飛島は雨が多かったのか知りませんが、
西側には沢と呼べないような沢筋が何箇所もあり、
湿地で葦が生えグチョっとぬがる箇所もあり、意外でした。
カナヘビが多かったのは意外。浜は石でゴロゴロしており、
直ぐに石の下へ逃げ込まれて掴まえることが出来ませんでした。
私は視認できなかったけど、ヘビが2匹(品種不明)。

能登の「スーパーどんたく」の黄色い買い物カゴも漂着してました。
以前、十里塚の浜で石川県の道路標識を見つけたことがあり、海流で繋がっているかのようです。
漁具に関する漂着ゴミは韓国が多いようです。



  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年09月26日

ヒメカマキリ?

夜、片付けようとしたマグカップの中に落ちていた小さいカマキリ。
緑色したコカマキリかと思ったのですが、カマの部分に黒と白の斑点がありませんし
コカマキリほどスリムじゃないし、気持ち小さいような・・・。
それに、コマカキリはとても俊敏でジャンプ力があり、跳びますし飛びますから
この程度のマグカップからの脱出はお手の物のはず。・・・なぜマグカップから抜け出せない。
ステーキを焼いた時のグリル跡みたいな羽の紋様は、今まで見てきたカマキリにあったかな?
マグカップの底に残った染みの直径は3cmほどですから、小さいカマキリです。



日本のカマキリはカマキリ科とヒメカマキリ科に属する2科9種だそうで
大きさ的に小さいウスバカマキリのオス、ハラビロカマキリの小さいオスかメス。
しかしウスバカマキリと違って脚に斑紋があり、ウスバカマキリと違うような・・・。
またハラビロカマキリより首は細くトンガリも鋭いので、ハラビロカマキリではないようです。


ネット検索を続け、羽の部分の茶色の紋様が似たような画像をみつけました。ヒメカマキリだそうです。
しかしヒメカマキリは南方のカマキリだそうですから、山形に生息しているわけがありません。
でも温暖化でアオリイカも釣れるようになりましたし、ヤモリを生息範囲を広げていますから
ヒメカマキリは山形県に生息して居ないとは断言できません。
第一、カマキリの種類は2科9種しかないのですから、ネット検索すれば似た画像が見つかるはずです。

今度は「ヒメカマキリ」で検索していくと、高嶋清明さんが庄内のヒメカマキリを紹介していました。face08
というわけで、たぶんヒメカマキリでしょう。(^^;
高嶋清明さんとは面識はありませんが、永幡さんの同盟で昆虫の写真家です。face03
かがくナビ ヒメカマキリ 2008年11月14日
http://www.kagakunavi.jp/nature/show/2085

高嶋清明さんのBLOG 路傍の虫たちと
http://neptis.qee.jp/
永幡嘉之さんのBLOG 世界のブナの森
http://ameblo.jp/rosalia-coelestes/
  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年09月23日

カミキリムシ

家に飛び込んで来ました。
品種名をネットで調べてみましたが、特徴が薄くて同定できませんでした。
とにかくすばしっこい奴で、止まってくれないのでヒゲを抑えて撮影しました。

  

タグ :カミキリ

Posted by さくら at 19:00Comments(2)その他13

2013年09月22日

サツキ 盆栽に挑戦.3

2013年08月29日『サツキ 盆栽に挑戦.2』で紹介してから3週間。
気温も下がり日照時間も短くなったので、今期の生育はここまでかと。
今年は長雨で7-8月の日照不足もあり、昨年ほど生育しませんでしたが、
此処まで芽吹けば来年に繋がると思うので、まずまずかな。

  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他13

2013年08月29日

サツキ 盆栽に挑戦.2

2013年06月23日『サツキ 盆栽に挑戦』で紹介した、剪定したサツキの現状報告です。
前回は2013年08月04日『つるおか 盆栽展』で紹介してから3週間ほどしか経ってませんので大きな変化はないです。
8月も終わればこれ以上の生育は望めそうにありません。
昨年より新芽の生育が悪いように感じます。日照不足でしょうね。




  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年07月05日

ユリ 開花.2

2013年07月01日『ユリ 開花』で紹介した花2本は、
天気が雨模様なので切り花にして家の中に飾りました。
画像は昨日の様子です。雨が続くようなので、この花たちも切り花にする予定です。


根本で茎を切って、来年も咲くほど球根が肥えてくれるか、ちょっと心配。face06  

タグ :ユリ

Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年06月28日

ミチノクヒメユリ 開花.3

ユリの花の寿命も短いものですね。
2013年06月25日『ミチノクヒメユリ 開花.2』で紹介したように
開花にばらつきがあるとはいうものの、見頃を迎えたら既に散る花もあり、
パッと咲いてパッと散るのが日本の花なんですね。

  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他13

2013年06月23日

サツキ 盆栽に挑戦

爺婆たちがそのその昔に植木市で買ってきた植物を世話している私です。
植え替えの度に大きな鉢へ移してきて限界に達し、
『盆栽は、あんな小さな鉢に納まっていられるのだろう?』
と疑問に感じたことから盆栽に興味を持ち始めました。
サツキの鉢を小さくできれば、それだけ桜草を置くスペースが確保できるからです。face03

根を切ることで水を吸う細かい根が生え、それで小さい鉢に納まっていると知りました。
真似て根切りを行おうとしたら、根がサージングしていて駄目でした。
主幹を残して根を切り詰め、翌年主幹を切りました。
根の吸水力が弱まったら、それに合わせて葉も切らないといけないそうなので、枝を切り詰めました。
園芸店のオヤジに、「植木と盆栽は違うからな。face09」と薫陶を受け、
今年は更に小さい鉢へ移すことにしました。

サツキを育てて一番驚いたことは、アッと今に枝葉が伸びで葉が生い茂ることです。
たった1年で根鉢ができてました。


今回は一回り小さい鉢へ納めることを目標に切り詰めてみました。
花付きや樹形は今後の課題です。(^^;



これは一昨年婆バが水指から根付かせたサツキで、ひょろ〜っと1本の枝の状態でした。
このまま庭に置いていては忘れて枯らしてしまうと思い鉢植えしました。
ひょろ〜っと1本の枝のため、倒れないよう根本に石を置いて抑えました。
これも僅か一年で枝葉が伸びて、此所まで茂りました。


大きく生長させてしまうと、後から小さく抑えるのに苦労するので、こいつも詰めました。



これも一昨年と去年に婆バが水指から根付かせたサツキです。
あっという間に枝葉が伸びる様子をお伝えしたくて鉢植えにしてみました。乞うご期待。face02

  


Posted by さくら at 15:00Comments(0)その他13

2013年04月24日

珪化木?

珪化木らしい真っ黒い石を見つけた。真相は不明。でもワクワク♪ face03 icon14





  

タグ :化石珪化木

Posted by さくら at 04:24Comments(0)その他13

2013年03月25日

陸生ヨコエビ

陸生ヨコエビ=オカトビムシを捕まえました。face02
ぴょんぴょん跳ねるので撮影が出来ず、
面倒なので藁ごとバケツに入れてみると、居ました居ました♪


珍しい生き物ではありません。留意していると良く見かけられるのですが、小さく機敏なので、撮影は面倒です。(^^;


  


Posted by さくら at 19:00Comments(2)その他13

2013年03月02日

珪化木

「お〜い、僕は此処だよ〜。」
と語りかけられた気がして足元を見たら在りました、珪化木発見♪ face03


本物の木ではないのかと疑いましたが、中央が水晶で、年輪もバッチリです。
一度珪化木を見つけると、目が覚えてしまうのか、不意に出合っても気づけるようです。

  


Posted by さくら at 19:00Comments(2)その他13