2014年11月14日

マリーゴールド

桜草の葉が消滅する7月中旬過ぎから、桜草の鉢に、毎年マリーゴールドの種を植えています。
・葉が消滅して土だけとなった桜草鉢に潅水しても家族の評判は良く無い。
・夏場、過水から鉢の中を蒸らしてしまなわないよう、何かを植えて水分を吸収させよう。
・葉が繁ることで日陰が生じ、鉢の中の温度上昇を防いでくれるかもしれない。
・鉢の中に養分が残っていると桜草は休眠しないので、潅水して養分を流しさるようにすると良い。
・マリーゴールドはネコブセンチュウの防除にもなるらしい。
そんな理由から4月末までに国華園から購入して蒔いてきたのですが、今年が種の質が余り良くありませんでした。
マリーゴールドの種は針のように鋭い硬いのですが、今年はスカスカで軽く、「これは芽吹かない」という予感がしました。
案の定何度蒔いても芽吹ぶきませんでしたし、種が余ってましたから、繰り返し大量に植え付けました。
最後に袋の下に沈んでいる重い種を蒔いた時は「今回は大丈夫だ」という確信があり・・・大量に芽吹きました。face03


大量に密植えしたせい、夏場暑くなかったせいか不明ですが、生育が遅いようで、今年は未だ種がついていません。
いつもなら花が終わって種ができているのんですけど、桜草の植え替えのため、刈り取りです。

  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他14

2014年11月14日

しめじ

今年はまとまった雨が降ってないので乾燥気味で、キノコの生育には今イチなようです。
しめじは線上に生えるので、以前採取できた線上を探ると、ポツポツと見つけることができます。


今回の雨と冷え込みで、また採取できると感じています。  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年11月12日

イカリソウ 植え替え.2

こちらは紫色の花を咲かすイカリソウ。これは両親が購入したもので昔からウチにありました。
以前株分けしようとしたけど既に大株に成長しており、2つにしか割れなかった内の小さい方。
いつかは小分けしないといけないので、今回挑戦してみましたが・・・。

表面を覆っていた苔を剥ぎ取り混んだ根をほぐしていくと、中央に凹みが出来ていました。
長く植え替えをしていなかったので新しい株が上に折り重なるように成長して、下の古い株が朽ちてできた空洞でしょうか!?


根をほぐしながら隙間を探り、半ば強引に株を割りました。
あまり細かく割っても良くない気がして、大きめのを2ツ合わせる形で植え替えました。余剰苗は譲渡にまわします。




  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年11月10日

しめじ

今まで広範囲に採取できたのに、今年は線上に生えるので、未だ採りこぼしがあるのではないかと見に行くと・・・ありました。face05
雨が少なく気温も高かめ、乾燥気味なので、いっきに生えてこないのだと思います。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年11月08日

イカリソウ 植え替え

園芸雑誌にイカリソウの植え替え記事が載っていたので、真似て植え替えしてみました。

今年、鉢とのバランス良く咲いてくれたクモイイカリソウは、根鉢になってました。
根が混んでいたのを強引に3分割。
ウオータースペースができるように大と小を組み合わせ、福寿草吉野を植えていた鉢へ植え替えました。



4号鉢に植えられていたトキワイカリソウ。こちらは未だやらなくても良かった感じですが、
クモイイカリソウを植えていたワンサイズ大きい鉢へ植え替えました。




  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年11月07日

しめじ

採りこぼしがないか様子見に行くと、前回採取した線上の外れに生えてました。face02


  


Posted by さくら at 04:00Comments(2)その他14

2014年11月06日

ハナアブの幼虫

気色悪いハナアブの幼虫が泳いでました。
画像はサムネイルでクリックするといつもの画像サイズになりますが、閲覧は要注意。(^^;


ハナアブ入門
・ハナアブとは、双翅目(ハエ目)ハナアブ科の昆虫をまとめた呼び名で、一部の幼虫はアブラムシを主食とする。
・アブと名前が付きますが、人を刺すアブとはグループが異なり、 ハエの仲間。
・英語で Hoverfly や Flower fly 。 ほとんどの仲間は花に集まって蜜をなめ、腹部には黄色と黒の縞があります。
・ 蜂と違って羽が2枚しかない。
  


Posted by さくら at 04:00Comments(2)その他14

2014年11月05日

有害駆除

<環境省>狩猟税廃止を要望へ 作物被害でハンター増狙う 毎日新聞
環境省は2015年度の税制改正で、都道府県がハンターから徴収する狩猟税の廃止を総務省に要望する方針を決めた。
野生鳥獣による農作物被害が全国で深刻化する一方、ハンターはこの40年間で激減し、高齢化も進んでいる。
金銭的負担を軽くすることでハンター増加につなげる狙いだ。
http://mainichi.jp/feature/news/20141105k0000e040251000c.html

シカやイノシシはそれで少しは駆除できるかもしれないが、
銃が使用できる狩猟区以外では銃を使った猟ができないのだから、効果は薄いと思う。
トキやコウノトリの天敵であるカラスの駆除や、川鵜の駆除などには
現在狩猟での使用が禁止されている22口径や222口径のライフルを使用できるよう法整備すると同時に
環境省職員が同行し、駆除すべき個体を指定すた上で発砲するようにしないと有効な駆除は無理だと思う。
有害駆除はしてもらいたい。日当は払わない、弾代も払わない。責任はハンター持ち。これではとても割りが合わない。


森林や植物、耕作物は被害が視認できるので有害駆除が問われるが、
被害を視認できず、被害額を算出できない河川のブラックバスやブルーギルは放置状態。
中国船が赤サンゴを密漁していると判断しても動かないのと同じ構造ですね。
  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他14

2014年11月04日

しめじ

香り最高。美味しいよ♪ face05 icon12icon14



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年10月31日

ヤモリ

ミチノクヒメユリの鉢を開けたら、中からヤモリの仔がでてきました。 face05


可愛くて飼いたい衝動に駆られましたが、家守ですからね。
子供達に気づかれる前に、そっと庭に放してやりました。 face02  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年10月30日

ミチノクヒメユリ

ミチノクヒメユリの球根の生育状況は良くありませんでした。
夏場に雨が続いたので、水気が多かったのかもしれません。
桜草と同じ場所に置いてあるので、つい潅水してしまう。それも良くないのだと思います。


真室川町と新庄市の方はたくさん増やしてましたから、
繁殖力は強く栽培も難しくはないはずなのですが・・・ユリは苦手です。
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年10月29日

カブトガニとメダカ

カブトガニ:大分県、生息地をパワーショベルで掘削 毎日新聞2014年10月26日08時55分
http://mainichi.jp/select/news/20141026k0000e040095000c.html

カブトガニという個体が大切な絶滅危惧種なだけであって、生息地とその環境は法的には対象外ですから
中津土木事務所は何も法律違反を犯しておりませんから、法的に問題は無く、「配慮が足りなかった」だけで済む問題。
それが日本。


田んぼの基盤整備や道路工事で、用水路が埋め立てられても、
生息地の消滅が要因となり絶滅危惧種に指定されているのがメダカなのに、
小学生を使ってメダカを救助したPRを行えば、問題解決。
移植放流された地でメダカが消滅しようが、移植放流とは別事案なので問題では無く、
田んぼの基盤整備や道路工事にも無関係な事案。
騒いだ者がクレーマーと陰口叩かれチェックされるだけのこと。それが庄内。

山形県とは無関係なのに山形県メダカ情報センターと名乗り、各地のメダカ生息情報を無償協力から収集して
得た情報は「貴重な情報なので、乱獲に悪用されかねませんので提供できません」として情報提供者にも教えず
情報を共有しないばかりか、どこのメダカか判らないメダカを自分勝手に内緒で密放流を続け、生息地が増えたと好評。
こういう組織と活動を山形新聞は明るいニュースとして報道する無知振りを発揮する。
騒いだ者がクレーマー。自然保護とは無力なり。

閑話
報告が遅れましたが、田沢川ダムまつりで催されていた魚の手掴み取り会場が、ようやく変更になりました。
田沢川ダム直下はサクラマスなど遡上魚の魚止めであり、産卵場であり、禁漁区なのに
河床を浅く平らに均して「魚の手掴み取り会場」として使われてきました。
相沢川を管轄する最上第八漁協の組合長は「地域のイベントに部外者が口をだすな!」と意見を無視し続けましたが
山形県内水面漁業組合連連合会と山形県水産室の県職員の集う席上で、あらためて問い詰めたところ
最上第八漁協の組合長は「催しの会場変更は無理」と言い張りましたが
水産室が「初めて知った事案だが、なんとかできることなので改善を検討する。」と言ってくれました。
ダムと河川管理は土木課。水産資源(漁業権)は水産室。イベントは地域と土木課。
地元の意向に沿って土木課は動くだけであり、河川管理と水産資源は別問題なので
禁漁区は土木課に関係ないことなので、そもそも水産室と協議する必要は無し。
なにより地元最上第八漁協の組合長が問題無しと後押ししているのだから、問題無いです。
その間に最上第八漁協にはサクラマス券が発行され、最上第八漁協が鑑札の有無を見回っていたけど
最上第八漁協はサクラマスの産卵場である田沢川ダム直下の禁漁区には無関心を装ってきたわけです。
クレーマーが改心しても陰口は消えないので、釣り人の1人として魚たちのために諦めずにクレーマーに徹して良かったです。

とはいえ、禁漁区には田沢川ダムから流下してきた鯉が10尾近く生息しているので、
産卵した卵と孵化した稚魚は鯉に喰われてしまうので、繁殖できない事に変わりはありません。
鯉を駆除すれば問題は解決するのですが、禁漁区ですから勝手に魚の採捕はできません。
あとは無関心を装ってきた最上第八漁協の努力に望みをつなぐだけです。

  


Posted by さくら at 00:00Comments(0)その他14

2014年10月25日

柿もぎ

柿もぎ2回目。
まだ葉が残ってましたが、熟す時は一気に熟してしまうので、採れるところのは採ってきました。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年10月23日

フランス人と韓国人 文化の違い


朝鮮日報/朝鮮日報日本語版  記事入力 : 2014/10/19 07:09
「第34回 日本の中の韓民族史探訪」に参加した300人の韓国人教師を連れて、この日広隆寺を訪れた鄭永鎬(チョン・ヨンホ)檀国大学名誉教授が、この仏像にまつわる劇的なエピソードを披露した。「仏像の微笑、仏像の姿に魅せられた大学生が、仏像を抱き締めた際、仏像の指を1本折ってしまった。国宝の損壊ということで大変な騒ぎになったが、ある歴史学者が、指が折れたときに落ちた木片を詳しく調べたところ、韓半島にしか生えていない赤松だということが明らかになった。日本の国宝に指定されたこの仏像が韓半島で作られたという、有力な根拠になった」

「日本の中の韓民族史探訪」は、日本の古代文明の中に刻まれた韓国文化の痕跡を訪ねるという趣旨で、1987年に第一歩を踏み出した。本紙が主催、新韓銀行とポスコが後援し、韓国各地の小・中・高校教師が参加する。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/18/2014101800834.html


蔵王で遭難の韓国人一行、捜索費用の支払い拒む:山形新聞 2005年03月15日
 山形市の蔵王温泉スキー場で韓国人客5人が遭難した事故をめぐり、一行が捜索費用の支払いを拒否していることが14日、分かった。一行は実名報道されたことを理由に、損害賠償を請求する姿勢もちらつかせている。文化の違いが根本にある問題とも言えそうだが、外国人誘致に力を入れている県や山形市を含め関係機関に波紋が広がっている。

 山岳遭難の捜索費は、救助のため出動した警察や消防署員ら以外の民間人に支払われる日当。今回のケースでは、同市山岳遭難対策委員会のメンバー6人が出動し、11万円かかった。

 関係者によると、一行が支払い拒否を告げたのは、5人全員が救助された12日当日。関係機関が宿泊先のホテルに集まり、ホテルからの通報や捜索の経過、費用などを説明した際、一行は「捜索依頼してない」「マスコミに名前を出された」と強く抗議した。

  県警は遭難時、家族らの強い要請を受け不明者の実名発表は避けたが、新聞やテレビで実際に報道されたことをめぐり、一行の警察に対する不信感は強く、本国に戻って損害賠償訴訟を起こす考えも示しているという。

 県によれば、韓国では事故・事件の際に当事者の実名は伏せるケースが多い上、スキー場側が捜索費を出す場合もあり「文化、国民性の違いが出た」(県観光振興課)と指摘。「韓国人客を積極誘致しながら、ハングルでの案内板や放送がないといった落ち度もあった」としている。関係機関はきょう15日、緊急対策会議を開き、安全対策を含めた協議を行う。

 一行はその後も、日韓両国の懸案でもある「竹島問題」を持ち出して、支払い拒否の姿勢を変えていない。

 山遭対事務局の市観光物産課は「捜索費は当事者から受け取るのが原則」として一行に請求し続ける方針だが、ホテル側は「温泉街の各施設が誘客に頑張っている矢先に、今回の問題で水をさしてはいけない」との判断から、肩代わりすることで問題収束を図ることを検討している。  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年10月22日

仏「YOUは何しに・・・」

植物検疫所の職員に、ふと思い出して尋ねてみました。
「TVで観たのですが、仏からの旅行者が盆栽を購入して、持ち帰ることは出来るのですか?」
「盆栽は土がついていますから、出来ないでしょうね。
 日本から持ち出しはできたとしてもフランスで入国の際に没収されているはずです。」


番組的には良い話しでしたが、追跡ができない結末を迎えていたかと思うと、笑うに笑えませんよね。
植物検疫所の職員は植物好きですから、盆栽を購入した外国人の気持ちも解るようで、
「植物検疫証明書が無くては、せっかく持ち込んでも最後の最後に・・・」と、同情されていました。(^^;

植物防疫所/ホーム - 農林水産省
http://www.maff.go.jp/pps/
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年10月21日

キタテハ

成虫のまま越冬するキタテハ。
夏型と秋型があるらしく、夏型は黄色っぽく、秋型は赤っぽいらしい。山形県の10月だから、秋型だよね。

  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年10月17日

干し柿

物干し場に干しました。face02


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年10月15日

柿もぎ

まだ早いと言ったのですが、せがまれて柿もぎに行ってきました。
葉が落ちた箇所だけ採ってきたので、葉が落ちた頃にまた行って来ます。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年10月14日

主犯はヤゴ!?

白メダカの飼育には、親水槽と、浮遊餌を捕食できる若魚水槽、孵化と幼魚の3ツの水槽で飼育していますが、
若魚水槽で個体数が思いの他に増えなくて不思議に感じてました。
糸のように細いヒルが浮遊しているので、そいつが原因だと考え、モエビを投入する計画でいたのですが、
その前に水換えを行ったらヤゴが4匹でてきました(モエビはヒルを喰うらしいで、駆除目的での投入計画でした)。

若魚水槽で個体数が思いの他に増えないと悩んでいた時は、糸のように細いヒルが原因だったかもしれませんが
夏を過ぎてヤゴが大きくなり、ふらふら頻繁に水中を浮遊していた糸のように細いヒルは、きっとヤゴに喰われたのでしょう。
ボウフラも沸かなかったのは、若魚が捕食したのではなく、ヤゴが喰っていたのでしょうね。こいつらは自然界へリリースです。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(2)その他14

2014年10月12日

白メダカ

毎年のことですが、今まで指先から餌を食べるほどなついていたメダカたちが
或る日突然警戒するようになり、寄ってこなくなります。その理由が先日やっと解りました。
メダカの水槽が、我が家の庭を徘徊する野良猫の水飲み場になっており、ネコパンチを喰らっていたのです。
一度身に付いた警戒心はなかなか融けず、もう指から餌を食べてくれません。残念です。


スズメやシジュウカラも水飲み場に使ってます。face02
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14