2014年06月30日

雨上がってキス釣り

午後から天気が回復したし、下げ潮だったのでキス釣りに行ってみました。
今回も餌が駄目ダメ状態。海岸に立つと、海に白波や潮目が見えない。期待薄。
が、反応は良い。1キャスト毎に1〜2尾釣れるんだけど、サイズが小さいのでリリース。
3〜5連掛かりでは優しくリリースできないのでキープ。
15〜16:30で餌半分使って尾数だけは釣りましたが、大物は1尾だけ。
1キャスト毎に1〜2尾以上、3〜5連掛かりで釣れるのですから、
ジャリメ500円分で100尾はいけそうなほど数は釣れています。
でも私は7月からはシーバスと鮎が始まるので、残っている餌を使って今期のキスは終了です


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年06月27日

振り向くと奴がいる スズメ

ヂュウ。ヂュウ。ヂュウ。ヂュウ。うるさいよ!
子育ての一番の厄介者は私ですか? (^^;


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年06月26日

賢いスズメ

スズメの親が私を覚えたようだ。
というか巣箱の周りに現れる警戒する生き物が現れる場所を覚えたようで、
庭で潅水していると私の頭上で、
家に居ると窓辺から中を覗きながら警戒音を発している。
餌やりに忙しく飛び交うシジュウカラとは大違いで、
いつまでも居て、ヂュウ。ヂュウ。ヂュウ。ヂュウ。ヂュ、ヂュ、ヂュ。と鳴いている。
何もしないから去れよ。(^^;


巣箱のヒナが大きく育っているようで、時々煩く鳴くようになった。
親スズメはメダカの水槽で水浴びするようにもなり、出入りする人ろ環境に慣れてきたのですね。  


Posted by さくら at 08:08Comments(0)その他14

2014年06月23日

白メダカの先祖返り

一昨年突然先祖返りした黒メダカが生まれた。
黒メダカとなった個体はメスだったので、昨年産卵したら、その中からまた先祖返りした黒メダカが1尾だけ生まれた。
その個体もまたメスだったので今年初産したのだが・・・、どうやら三たび先祖返りした黒メダカが生まれたようだ。

  


Posted by さくら at 04:00Comments(2)その他14

2014年06月22日

キス釣り 残り物には福がある

2014年06月18日「キス釣り再開
帰り際、爺さまが余った餌をくれたので、また行かないといけなくなった。

6月21日(土)、爺さまがくれたジャリメがあるので、キス釣りに出掛けてみた。
北北西の風、風速3〜4m。風で白波が発ち、短い周期で北西方向から波が打ち寄せてくる。風が強いので潮目がみえる。
海は澄んでおり、先日まで海底を漂っていたゴミ(砕けた腐葉)が溜まった場所が黒く見える。好い感じだ♪
流れが速く仕掛けが流される。ゴミを運んで来た潮筋に乗せると、ゴゴゴゴゴッといきなり5連でヒット。
潮通しが良い硬いバーンではゴツゴツした感触が強く、砂礫というより小石な感じでサイズは小さめ。
ふわっと柔らかいバーンの所は淀みのようで、柔い所で良型高反応。ゴゴゴゴゴッ〜ゴゴッと連でヒットが続く。絶好調!

後半は餌交換を渋りながら粘り、高活性に助けられ、釣果48尾と数を伸ばせた。
十分な餌があれば束釣りも出来たかもしれない。たらればたられば。(^^;


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年06月21日

スズメの子育て

スズメはとても静かに巣箱を使うから、シジュウカラと違ってワクワクしない。
観察して気づいたのだが、餌台にやってくる姿からは想像できないほど、とても警戒心が強い。

木の影に隠れている私に気づいているのか、屋根の上に止ってジッ。ジッ。ジッ。ジッ。と鳴いたまま動かない。


チチチチチッとヒナの鳴く声が聞こえたので巣箱をみると、もう一羽やってきていた。
こちらは鳴かず動かない。私も動かない。我慢比べだ。


屋根の上の鳴き声が移動して、雨樋に現れた。もう一羽もパラボラアンテナの上に移動してきた。


巣箱に入る時と出て来る時は瞬間なので、これが限界。(^^;


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年06月20日

ミチノクヒメユリ

壊れたデジカメを叩いたら起動してくれた。face02

開花したミチノクヒメユリだが、ヒヨドリに目をつけられているようだ。

  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他14

2014年06月19日

少し休憩

デジカメが壊れました。face07
といっても時々普通に動きます。急いで買いに走っても仕方ないので、少し休みます。
・ミチノクヒメユリが開花。直ぐにヒヨドリに食い荒らされました。face09
・スズメのヒナが誕生した気配がします。
・白メダカの孵化が進んでいます。face02
  

Posted by さくら at 12:00Comments(0)

2014年06月18日

キス釣り再開

餌が余っていたので偵察に。底濁りが取れず、ゴミが多い。
先行の爺さまがジャリメの1匹掛けでやっていて、2〜3投に1尾のペース。
私は離れてやってみましたが、駄目。
餌を小さくすると反応が無く、大きめにつけると当たるんだけど針掛かりしない。
ジャリメより太い青イソメの方が有効なのかな・・・。
話しをしていると、私のやった場所は爺さまにとっては浅い場所らしい。
私にとっては浅い場所とは思わないが、爺さまの場所は深い場所と言いそうだ。


帰り際、爺さまが余った餌をくれたので、また行かないといけなくなった。face03  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年06月16日

サツキ 盆栽に挑戦

2013年09月22日『サツキ 盆栽に挑戦.3

今年初めて開花しました。が、これから剪定とか枝作りとか、全く分りません。face03


  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他14

2014年06月15日

今期最後の花

二段咲きした緋の袴でした。

  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)日本桜草14

2014年06月15日

光岳キリンソウ

午後に陽が射し込む日陰で栽培しているが、茎は伸びてくれた。
でも花数が少ない。これは気温が低いことも影響しているのかな???


伸びた茎を切って挿し葉にすると簡単に増えるらしい。・・・・やらないよ!(^^)  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年06月14日

青虫駆除

青虫を見つけ次第潰しているが、葉が大きく喰われてしまう。
夜盗虫かもしれないので、オルトラン粒剤を散布する。


散布しながら葉をチェックしていくが、青虫しか発見できなかった。


久しぶりに雨が降り、湿度が高いと日中でも青虫と夜盗虫は活発に動く。居た!
まさかここまで大きく生長していたとは油断した。



  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他14

2014年06月14日

アシナガバチの巣作り.4

気温が一気にあがった5月下旬から、巣でアシナガバチを見なくなった。
巣を放棄したのか、外敵に襲われてしまったのか、
それとも私が気づかないだけで餌やりは続けているのかもしれない。


代りに最近は庭で大きなアシナガバチを見かけるようになった。
支柱の樹皮を剥いでいるようで、巣作りをしているようだ(白く囲った箇所は樹皮を剥がれた跡のようだ)。


アシナガバチ撮影のために支柱の後ろにまわったら、蛾が居た。サクラソウの鉢に産卵してないだろうな・・・。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(3)その他14

2014年06月13日

巣箱のスズメ

冬になると庭に餌台を設置するのですが、その時のスズメはちゅんちゅん煩いほど賑やかですが、
巣箱を利用しているスズメはとても警戒心が強くて、さえずりをせず静かで、シジュウカラとは大違いです。

シジュウカラは屋根の上から周囲を見渡して、素早く一気に巣箱に出入りしますが
スズメは巣箱より下の位置に止り、まるで敵を誘き寄せるかのように
ジジッ、ジジッ、ジジッ。と鳴いては待ち、鳴いては待ちを繰り返してから、静かに巣箱に入って行きます。
シジュウカラは猛禽類を、スズメは猫などを警戒しているかのようで、興味深いです。

シジュウカラは上空からやってくるので静かに下で待ち構えていれば撮影は容易でした。
スズメは巣箱より下に下り立って周囲を警戒するため人影に敏感で、撮影は困難でしたが、
今回カメラだけを突き出してやっと撮影することができました。
子育て時期のシジュウカラと比べたら出入りの回数が少ないので、ヒナが生まれたかどうかはまだ判りません。





  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他14

2014年06月13日

だし風&ベタ凪ぎ

昨日は餌の質が良かったのが幸いだった。雨&だし風&ベタ凪ぎだったが、18尾ほど釣れた。
仕掛けは砂ズリ1.8m+30cm毎に6本針=全長3.9m。
針は5号だが、小さい個体までも釣るための5号ではない。
大物を釣るために小針を使う鮎の友釣りみたいなもので、餌の漂いと吸い込みを意識してのこと。
オモリは抵抗が少ない8号にして、静かにサビく。
ベタ凪ぎなので海底の砂利or砂礫の感触が良く判ったので今後に役立てたい。
餌は未だたくさん残っている。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年06月12日

同定作業.51

取り置きの花の画像もこれが最後です。菱袴と舞姫です。
菱袴と舞姫は同じ花に見えますが、良く判りません。

ネット検索しますとウチの菱袴と出回っている菱袴は、違うように感じます。
園芸店の多くは鳥居恒夫氏の影響を受けているので、偽物である可能性も否定できないので調べてみると
日本桜草総銘鑑には『菱袴:藤色表曙白、桜弁抱咲き』とあり出典元は鳥居恒夫著であり、案の定という感じ。
ちなみに『舞姫:薄桃目白、桜弁平車咲き』で出典元は記載されていませんでした。



菱袴と舞姫の花の画像はネット上に少なく、参考になりませんでしたが、
驚いたことに私と同じ花を持ち、同じく菱袴と舞姫で悩まれている方のサイトもありました。
ウチは今期入手品種ですが、既にこれで出回っているということですよね。
http://blogs.yahoo.co.jp/newsaikai/25837121.html


  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草14

2014年06月12日

左ヒラメに右カレイ

昨日は餌の質が圧倒的に悪かった。腐りかけでウネウネ動き回る個体もない状態。
それでも太い餌と1匹掛けに反応が良くて、2連掛かり主で今回も入れ掛かり。
しかし、餌が悪いのでモチベーションが上がらず、最後は餌を捨てて納竿。それでも60余尾の釣果はラッキーだった。
他に外道が4尾=ウグイが2尾にカレイとヒラメ。
海のウグイを食べたことがないので興味あったが、カレイ以外はリリースした。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(2)その他14

2014年06月11日

白メダカ 今期初孵化

2014年06月03日『白メダカ包卵』の卵は
発泡スチロールの縁に産みつけられたので、隣りの水槽へ移しておいたところ、
取り敢えず今日は3尾生まれました(6月12日7尾に増えた)。


ウチでは発泡スチロール箱2個で白メダカを飼育していますが、
5月下旬に気温が上がり出したときから、原因は不明ですが、1つの水槽の水が緑色に濁り始めました。
緑色の濁りは植物性プランクトンが繁殖したからなので、
澄んだ状態の水槽へ親魚を全部移し、緑色に濁った方で卵を孵化させ、稚魚を育てることにしました。
いつまでも濁っていてくれると良いのですが、意外と澄んでしまうんですよね・・・。



  


Posted by さくら at 20:00Comments(0)その他14

2014年06月11日

同定作業.50

浜名の重、藤の里、若藤、春の苑、三田自慢、そよかぜ、御殿桜。

浜名の重:花保ちは良いです。


藤の里:花数が少なかったです。薄い紫から赤紫へ色変わりします。


若藤:風雨に花茎が倒れてしまい、本来の美しさを伝えられませんでした。毎年よく咲きます。


春の苑:大輪で見応えはありましたが、花数が少なく撮影タイミングを逃しました。


三田自慢:紫から赤紫へ色が褪せていきます。


そよかぜ:似た花が無く、個性的な花です。


御殿桜:散り際で花色が入ります。

  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草14