2017年04月25日

福寿草 蟻が種を運んで増える

今朝福寿草の種が実り、こぼれて地面に落ちた種を拾っていたら、福寿草の1年芽=双葉を今になって発見。face08
此処は掃いて掃除するし、雨水の通り道なのに、種が流されずに居残れたものだと驚きました。
移植してあげようと思い、土ごと掘り起こしたのですが、茎が根と離れてました。
発見が遅れて今期終了のようですから、来年本葉を伸ばしたら、移植してあげようと思います。


で、お昼に福寿草の種を1個発見。拾い損ねたようなので回収しようとしたら、蟻が巣穴に運んでいる処でした。
よく視ると、種が運び込まれている場所は、双葉を土ごと掘り起こした場所じゃないですかface08

観てる間に種は巣穴に運び込まれていきます。福寿草はこうして種で増えていくんだと感動
今朝の双葉は,昨年こうして運び込まれた種が、芽吹いたのでしょうね。来春,此処から芽吹くことを期待します。futabaface03




  


Posted by さくら at 17:00Comments(0)福寿草の勉強

2017年04月21日

リンカリ肥料

福寿草の花数が少なくはないのか、株で増える速度が遅くはないのか。
そんなことを気にしているので、肥料を与え方を考えてみようと思いました。
参考にしたのは「平成福寿草の会」のHP。

----------------------------------------------------------
福寿草栽培のポイント
※ 肥料について
福寿草は根を育てれば素晴らしい花が咲き、驚くほど増殖します。
したがって、肥料はチッ素分が少ないリンやカリ分の多い物を使用して下さい。
チッ素は3以内、リン・カリは5以上であればOKです。
花後にも置き肥、この1ヶ月後に又置きます。
これは10円玉くらいの油粕でメーカーは日清ガーデンメイト発売で固形骨粉と書いてある肥料を使用しています。
チッソ(2)リン(6)カリ(12)チッソ分が少ないので肥料当たりはしません。
目安は2〜3芽の5号鉢で1ヶ、花後は2ヶ施用。
液肥は国華園で販売している大菊液肥PK:チッソ(2)リン(8)カリ(12)1,000円前後。

福寿草の株分けと植え替え

※ 施肥の目安
12月中旬〜1月下旬の間と、3月中旬〜4月初旬の間に1回ずつ置肥します。(5号鉢で2〜3個)
開花前は地上部、つまり葉がないのでチッソ分の多い肥料は与えないで下さい。(チッソ分は3以内)
葉が展開してからはハイポネックスなどの液肥でも良いです。
この場合でも根張り優先ですからチッソ分は5以内の物を与えて下さい。
チッソ分が多いと葉ばかり繁り、根張りは悪くなります。
根張りが悪いと翌年の芽数も少なく、貧弱な芽ですと高温になる頃に灌水過多などによる蒸れで枯死してしまいます。
※ 灌水の目安
   9月〜2月(開花まで)4日〜7日に1回
   3月〜6月上旬(葉がある期間)3日〜5日に1回
   6月〜9月(休眠期)7日〜10日に1回
----------------------------------------------------------

上記で気になるのが赤文字にした「福寿草は根を育てれば素晴らしい花が咲き、驚くほど増殖します」という一文。
「素晴らしい♪」と言えるほど花数多くないし、なかなか増殖してませんからね。
私が愛用している肥料は2〜3ヶ月しか保たない小粒のマグアンプで、液肥は余り使いません。
なぜなら、これは太平洋側と日本海側の気象条件の違いなのかもしてませんが、理由は2つあります。
1つ目:こちらは雨が多いので液肥を定期的に与えられないので、肥料の効き目をイメージできないこと。
2つ目:平成福寿草の会さんでは、葉がある期間の潅水の目安として3〜5日に1回とされていますが、
こちらは気温が上がった暑い日に、葉がしおれてしまうことがあるので、毎朝欠かさず潅水しないといけません。
一度葉がしおれて茎が下がってしまうと、葉が開いたままで、元通りシャキ!とまで復活しません。
そうなると生育(光合成?)を阻害してしまうように感じるので、そうならないよう毎朝潅水しています。
そのため、液肥より固形肥料の方が肥料の効き目をイメージできるので、液肥を使っていません。

上記を読み、チッソ分が2以下の肥料を探しにホームセンターに行くと、チッソ0のリンカリ肥料を発見。
大菊液肥PKも1個ありましたが保留。これは以前からの売れ残りで1,270円。帰宅後に調べると今は1,400円のようです。
葉が枯れた後からは大菊液肥PKが使えそうですが、今回はリンカリ肥料を購入してみました。
『花・実を充実』を書いてありますが、根張りが充実してこそ花と実が充実する分けですよね。
一度与えると何ヶ月有効なのか記してありませんが、庭の木々にも、追々色々試してみようと思います。face01



  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)福寿草の勉強

2017年04月20日

福寿草 強風で折れる

18〜19日に掛けて吹き荒れた強風(最大風速16m)で、福寿草の茎が1本折れてしまいました(ねじ切れた感じ)。
福寿草の茎は一度折れると元に戻らず枯れてしまうので、切り取って、メガデールの溶液に注して置くことにしました。
種が実ってくれるのか、そのまま枯れてしまうのか、様子見ですね。


  


Posted by さくら at 17:00Comments(0)福寿草の勉強

2017年03月19日

福寿草が好む場所

福寿草自生地を見て回ると、周囲より高く水捌けが良い、角を好んでいるように感じます。
斜面は北斜面が多く、樹の根元だと朝日が当たる東側。
朝日が当たる北東〜東斜面だと、葦などの雑草が繁茂するので、負けてしまって駄目みたい。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草諸々

似た文言で整理していたのですが、これだけ残ってしまいました。
面倒なので『福寿草諸々』ということで掲載です。これで最後だ。・・・疲れた。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


早春、木々の芽が開く前に林床でいち早く花を咲かせ、春の陽光を利用してさかんに光合成をいとなみ、地下部に栄養を蓄え、木々の葉がしげって林内が暗くなる夏には地上部を枯らす植物を、一般に春植物とよんでいる。フクジュソウはカタクリやセツブンソウなどと同様に春植物を代表するキンポウゲ科の多年生草本で、日本のほか、東部シベリア、中国北部、朝鮮半島に広く分布する。縁起のよい名称と、花の少ない時期咲くのが珍重され、正月用の花として広く栽培される。太い根茎をもち、地上茎は高さ約二〇センチメートル。葉は羽状複葉。早春、葉に先立って径三~四センチメートルの黄色の美花を開く。花弁の数は二〇~三〇枚あって、日中開き、夜は閉じる。花弁の内側に蜜腺がないので、キンポウゲ属と区別される。

フクジュソウが咲くのは、林床【りんしょう】と呼ばれる場所です。林の下の地面です。林床には、初夏から秋にかけては日が当たりません。木々の葉があるからですね。早春、林床に日が当たるわずかな時期に、フクジュソウは花開きます。大急ぎで受粉して種子を作ります。木々の葉が茂る初夏には、さっさと枯れてしまいます。
フクジュソウのように、早春の林床に花咲く植物を、スプリング・エフェメラルspring ephemeral、または春植物と呼びます。エフェメラルephemeralとは、「カゲロウのようにはかない」という意味です。短い春に生き急ぎ、初夏には姿を消してしまうので、こう呼ばれます。はかなく可憐な春の妖精ですね。

主な自生地    明るい林
早春に咲く花の代表的な植物です。
日本では北日本に多く,東または北斜面の乾燥のひどくない落葉樹林を好む。  
自生地としては、南は阿蘇、五家荘、祖母山のような深山にみられるが 数は少ない。
北にいくにしたがって標高は低くなり、数も増えてくる。
フクジュソウの生育に適した本州北部〜北海道の方なら育てること自体はそう難しくないと思います。
自生地では雑木林の日だまりなどで群落をつくり、特に関東地方以北の低い山地に福寿草の群生地があります。

信州の山里には,フクジュソウの仲間が自生しているところが点々とある。
落葉樹林の中に完全な自生状態で生えているものもあるが,
田の土手で自生とも栽培ともつかぬような状態で生えていることが多い。
里によってフクジュソウかミチノクフクジュソウかはだいたい決まっているようだ。
岐阜県のある群生地では,武田信玄が薬草として持ち込んだという言い伝えが残っているところがあるが,
おそらく古い時代に人の手によって遠くの地域からもたらされたものも多いのではないだろうか。

フクジュソウ(福寿草)
で、正月にフクジュソウを飾るのは、病魔よけだけではなく、
黄金色の花を黄金(こがね)に見立てて、それにあやかり、
ことしもお金にあやかたりという気持ちを含めて飾るのが多いそうです。
フクジュソウは「元日草」ともいわれますが、一般に露地では旧暦の元日ごろに咲き始めます。

【生育地・特徴など】
山地の落葉樹林内に生える多年草。葉は細羽状に深裂する。
花は葉が展開する前に咲きだす。
1つの茎に1〜4個の花をつける。がく片は数個で花弁は20〜30個。
晴れた暖かい日に花は大きく開く。

鉢植えにして太陽暦の正月にも咲かせることができて、おめでたい時の花とされているが、やはり野の花は野で見るのがよい。咲きだしたばかりの花が雪から顔を出している写真を撮りたいのだが、まだそのような機会に恵まれていない。本州では見つかり次第盗掘されて絶滅寸前状態であるそうだが、北海道ではまだまだ多くの場所で見られる。東部にはキタミフクジュソウと呼ばれる種が分布するそうだが我々はまだ見たことがない。

札幌市内でもいろいろな場所で見られるが、決して安心できる状態ではない。北大構内では、咲き出したばかりの可愛らしい花(上の写真の花)をカメラに収めた後、しばらく別の場所を見てから戻ってみると、見事に掘り取られていた。我々が写真撮影していた時に、フキノトウがいっぱい入ったスーパー袋を手にした1人の老女が近くにいた。何することもなく、タバコを吸ったりしてなかなか立ち去ろうとしていなかった。おそらく我々が居なくなったのを見計らって盗掘したのであろう。

野幌森林公園では、早春の花の写真撮影を終えて駐車場に戻ると、大きなスーパー袋いっぱいにフクジュソウを摘んだ初老の男が遠くにいた。「あんなにフクジュソウを採って...」と唖然として見ていると、その男は花ママに「奥さん、フクジュソウはいかが」と声をかけた。「要りません。野の花は野で見るのが一番ですから!」と花ママが答えると、その男は無愛想に車に乗って去っていった。

もちろん、北大でも野幌でも植物の採取は禁止されている。「鉢植えなら100円ショップでも売っているのにね」とはHaseさん奥様の弁。もう2度とこのような場面に出会いたくない。また、(2002年4月20日記)

花期は初春であり、3-4cmの黄色い花を咲かせる。当初は茎が伸びず、包に包まれた短い茎の上に花だけがつくが、次第に茎や葉が伸び、いくつかの花を咲かせる。この花は太陽光に応じて開閉(日光が当たると開き、日が陰ると閉じる)する。葉は細かく分かれる。夏になると地上部が枯れる。つまり初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、それから春までを地下で過ごす、典型的なスプリング・エフェメラルである。

春を告げる花の代表である。福寿草という和名もまた新春を祝う意味がある。江戸時代より多数の園芸品種も作られている古典園芸植物で、緋色や緑色の花をつける品種もある。正月にはヤブコウジなどと寄せ植えにした植木鉢が販売される。ただし、フクジュソウは根がよく発達しているため、正月用の小さな化粧鉢にフクジュソウを植えようとすると根を大幅に切りつめる必要があり、開花後に衰弱してしまう。翌年も花を咲かせるためには不格好でもなるべく大きく深い鉢に植えられたフクジュソウを購入するとよい。露地植えでもよく育つ。

明るい落葉樹林の下などに生える多年草で,早春に菊の花に似た光沢のある黄金色の花を咲かせる。花冠は直径約3〜4cmで,花弁の数は図鑑の情報を総合すると10〜30枚と幅がある。日が陰ると花は閉じてしまう。
元は「福告ぐ草」と呼ばれていたが,「福寿草」となってからは「寿」が長寿をも示唆するので喜ばれ定着したという。

春を告げる花の代表である。そのため元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持つ。福寿草という和名もまた新春を祝う意味がある。
福と寿をつらねた縁起の良い文字づかいのため、正月のお飾りに欠かせませんが、実際の花期は2〜4月です。

福寿草の栽培の歴史は古く、江戸時代より多数の園芸品種も作られている古典園芸植物で、緋色や緑色の花をつける品種もある。桑畑で桑の木とともに栽培する方法がとられるようになったことから、養蚕農家の副業として広まり、養蚕が盛んであった埼玉県が福寿草の生産地として知られるようになりました。
日本では北海道から九州にかけて分布し山林に生育する。種名の amurensis は「アムール川流域の」という意味。花期は初春であり、3-4cmの黄色い花を咲かせる。当初は茎が伸びず、包に包まれた短い茎の上に花だけがつくが、次第に茎や葉が伸び、いくつかの花を咲かせる。葉は細かく分かれる。夏になると地上部が枯れる。つまり初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、それから春までを地下で過ごす、典型的なスプリング・エフェメラルである。
  

Posted by さくら at 23:04Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の参考サイト

たくさんのサイトを見て、栽培の様子や自生地の画像など
「参考になる。」「今ブックマークしておかないと、二度と探せない。」
と感じたサイトのURLです。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


栽培方法をイラストで紹介。露地栽培(畑の畝)もあり。
10芽の株は相当でかいよ。6-8号鉢に入るのだろうか? 
ちなみに私は10号鉢使用で、根の大きさに合わせて植え替えているので芽数は3-5くらい。

トヨシマリフォーム
http://www.toyoshima-g.co.jp/reformation/garden/garden0612.htm

宮城県の野生植物研究所 所長の「ながぐづ和吉」氏のサイト
お隣り宮城県の植物のことがたくさん紹介されています。

野生植物研究所だより第17号 『早春の花 フクジュソウ』2006年2月1日
http://www.wakichi.com/labo_newspaper/labo_news/labo_news060201.pdf
URL: http://www.wakichi.com/
Blog: http://plaza.rakuten.co.jp/wakichi/

福寿草を楽しむ
春を迎える縁起花
福寿草の仲間たち
福寿草の管理の仕方
福寿草の殖やし方
これから楽しむ方へ
http://allabout.co.jp/interest/gardening/closeup/CU20080105A/
http://allabout.co.jp/interest/gardening/closeup/CU20080105A/index2.htm


以前は日本に自生する福寿草は一つとされていましたが、今では次の4つに分類されるそうです
●Adonis amurensis (アドニス・アムレンシス)和名:キタミフクジュソウ/北見福寿草
シベリア東部〜北海道の一部に自生 
http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result17420.htm
●Adonis ramosa (アドニス・ラモサ)和名:フクジュソウ(エダウチフクジュソウ)/福寿草
北海道から九州に広く自生(日本固有種)
http://plantdb.ipc.miyakyo-u.ac.jp/php/view.php?plant_id=277&data_id=37914
●Adonis multiflora (アドニス・ムレチフローラ)和名:ミチノクフクジュソウ/陸奥福寿草
中国北部、朝鮮半島〜東北から九州の一部に自生
http://aodamo.web.infoseek.co.jp/mitinokufukujyusou.htm
●Adonis shikokuensis (アドニス・シコクエンシス)和名:シコクフクジュソウ/四国福寿草
四国、九州の一部に自生
http://aodamo.web.infoseek.co.jp/sikokufukujyusou.htm
●フクジュソウの育て方参考(ヤサシイエンゲイさんHPより)
http://www.yasashi.info/hu_00020g.htm
●福寿草‘福寿海’参考(埼玉県花と緑の振興センターさんHPより)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A06/BQ30/sub11/Adonis_amurensis_Fukujukai.htm
龍勢会館裏庭の福寿草 2009.2.10 [花]オレンジ色の福寿草が植栽されています。
http://todaysoze.blog.so-net.ne.jp/2009-02-10

ロシナンテの花散歩2009/02/17
シロバナタンポポ、福寿草咲き方3種
意外と日陰でも咲くんですね。
http://rosinante.blog.ocn.ne.jp/hanasanpo/2009/02/post_69af.html
ミニバラ写真館 2009.02.22 福寿草 紅撫子
20年以上前にフクジュソウ栽培にものめりこみ、
鉢を移動することや栽培の難しさから次々と姿を消してしまい、その存在すら忘れていました。
http://plaza.rakuten.co.jp/kiymagu/diary/200902220000/

素敵なセリフです。(^^)
福寿草群生地の松本市四賀村の福寿草まつり
お店のおじさんに育て方を尋ねると
「福寿草は雑草じゃけ・・神経質にならんで良い!!」と・・
http://akeskye.exblog.jp/10218444/

↓福寿草栽培のポイント:平成福寿草の会
http://www.geocities.jp/fukujusou2004/saibai/01Point/Point.html
↓インターネット園芸大事典 フクジュソウ
http://lining.kir.jp/flower/jiten/SANYASOU/fukujyuso.php
↓フクジュソウの育て方【ヤサシイエンゲイ】
http://www.yasashi.info/hu_00020g.htm
↓フクジュソウ:素人園芸解説
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/sanyasou/adonis.html
↓フクジュソウ:花調べ
http://keiko65.sakura.ne.jp/yamaaruki2/aso/aso01_06/fukuzyuso04.htm
↓フクジュソウ:広島工業大学
http://www.it-hiroshima.ac.jp/12serials/05kusabana_data/2007_03.htm...
↓フクジュソウの育て方【ヤサシイエンゲイ】
http://yasashi.info/hu_00020g.htm
↓フクジュソウ:素人園芸解説
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/sanyasou/adonis.html
↓インターネット園芸大事典 フクジュソウ
http://www.jiten8.com/flower/jiten/SANYASOU/fukujyuso.php
↓★福寿草(フクジュソウ)の育て方
http://xn--m9j881n25q.jp/cat11/post_119.html
↓フクジュソウ、フクジュソウ、、 - 園芸ナビ 植物図鑑
http://www.engeinavi.jp/db/view/link/1339.html

福寿草の花の写真
●古く珍しい福寿草、秘蔵の品種(群馬県・東邦植物園HP)
http://www.touhou-en.com/fuku_g.html
フクジュソウ「秩父真紅」: Hey々凡々
フクジュソウ「秩父真紅」 ― 2009年02月26日
http://hey.asablo.jp/blog/2009/02/26/4140600
珍しい品種を買うなら今からチェック
中村農園
※平成25年秋季より販売を予定しております。
http://www.nakamura-nouen.co.jp/mokuren.htm


小鹿野町フクジュソウ園
http://www.town.ogano.lg.jp/kakuka/hanajyouhou/fukuzyusou/fukuzyusou-top.htm
上野村 > 野栗前山の福寿草
http://www.gunma-west.jp/ueno/hukuzyusou.html
赤怒田のフクジュソウ群生地
http://takara.city.matsumoto.nagano.jp/city/201.html
為重自治振興区
http://www.tameshige-jichi.com/kotoba/aisatu1.html
2月5日 フクジュソウ 秩父紅 道の駅 龍勢会館
http://hananeko.exblog.jp/7908600/
2009・0208   武蔵丘陵森林公園
http://nonohanai2.exblog.jp/7988600/
2004年11月27日放送分「道の駅・はなぞの」
花園町の福寿草農家、福寿園二代目野辺勇さん
http://www.tbs.co.jp/radio/rokuchan/road/saitama/20041127.html
秩父市秩父巡礼巡り
黄色い畑の正体は福寿草でした♪
http://yamatakihana.fc2web.com/siyasin21.2fudasyo.htm
網走川・河畔の福寿草の群生
結構ヤブの中で咲いてますね。
http://www.tougewo-koete.jp/hana/fuku.html
白馬村姫川源流でフクジュソウの痩果が落下した後、どのように散布されるのか観察してみました。
アナグマに遭遇 H17.7.8 更新(桜草画像)
フクジュソウ −その後3−H19.4.15 更新
フクジュソウ−その後 2−H15.6.1 更新
フクジュソウ−その後−H14.4.26 更新
フクジュソウの開花特性H13..2.16 更新
http://www2.city.omachi.nagano.jp/sanpaku/gchiba.htm


用土は軽石? 鹿沼? ひゅうが土?
090307 福寿草 三段咲き-その後
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Photo/node/PhotoEntryFront/file_id/29470/user_id/740479
福寿草・三段咲きです。
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Photo/node/PhotoEntryFront/user_id/740479/file_id/17258

長野県上伊那地方における絶滅危惧種フクジュソウの自生地分布と群落特性
http://karamatsu.shinshu-u.ac.jp/lab/landscape/kenkyu%20yousi/arai%20rky.htm
北大植物園
ホーム>植物園だより>シリーズ16・日本の絶滅のおそれのある植物についてII  2008.1.6
7.フクジュソウ
http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/news/news/2006/2006-1.html

何気ない写真ですが、木の影が当たる所=北側に咲いています。
http://tyo-ma.at.webry.info/200604/article_3.html

福寿草 育て方 の検索結果 約 20,700 件中 241 - 250 件目
248件目にこういう面白いのがヒットする。
梅にあわせて福寿草を咲かすためにお風呂にいれて育てた画像

レッツエンジョイ東京 予定は未定。
2月1日「池上梅園」
http://www.enjoytokyo.jp/id/sugihasi/175916.html
庭に自生?して美しく咲いている福寿草。
2005年から2009年までの様子を見比べても、
ヤブランが増えただけで、福寿草は爆発的に増えていない気がしますよね。

http://akagiyama.lets-sports.net/kakatotodata/sub6-4.htm
株分けして順調に増えているお庭。
株分けした他の箇所も、全て開花し、緑モリモリ状態です。かなり適当に株分けしたんだけど、結構丈夫だったね。このまま、順調に株も増やしてもらえば、今年は実家にお裾分け予定です。
http://blog.minobu.org/?cid=27328
http://blog.minobu.org/?eid=796196
ヤブコウジと一緒に梅や松の根元に寄せ植えにした植木鉢。
http://tanjyoubana.jp/1_1.fukujyusou.html
コケの鉢へ植えた福寿草の画像ばかり。
福寿草松任芽展
http://www.satsukibonsaijp.net/fukujyusou/070105/fukujyusou.html
発芽後2年目の子苗画像。
十勝の自然とフライフィッシング
http://www.octv.ne.jp/~fly_fly/shizen2/fukujusou.html
海岸沿い?に咲く福寿草。
知床○花図鑑 キタミフクジュソウ
http://shiretoko.muratasystem.or.jp/05fieldguide/10plant/71130kitamihukujyusou.html
用土が砂利っぽいのですが、綺麗に元気に咲いてます。
つれづれ日記 03月10日『フクジュソウ』
http://plaza.rakuten.co.jp/kingorin/diary/200903100000/

岩場みたいな場所に自生
九州の山々 2008/02/27 岩宇土山-福寿草を求めて!-
http://plaza.rakuten.co.jp/19550315/diary/200802270000/

山梨県内のニュース(山梨日日新聞から)/主要
2009年02月12日(木)フクジュソウ春告げる
山梨市牧丘町倉科の自営業間瀬信茂さん(67)方の竹林で、
約2000輪のフクジュソウが見ごろを迎えた。
フクジュソウは50年以上前から同所に群生していて、間瀬さんが手入れを続けている。
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2009/02/12/3.html

知人に訊ねたら、軽い気持ちではマジに遭難するらしい。安易な気持ちと装備では行ってはいけない秩父大ドッケ福寿草群生地
やま旅・はな旅 北海道 大ドッケ フクジュソウ探訪記
http://www.ne.jp/asahi/yamatabi/hanatabi/honshu.html
すごい急斜面に群生しています。山形県でもそうですが、急斜面は陽当たり&水捌けが良いからでしょうか。
週間女神湖便り 
諏訪市城山福寿草園
http://plaza.rakuten.co.jp/weeklymegamiko/diary/200903100000/

どうして釜飯の器だったのか分りませんけど
釜飯の器でも育つんですね。北側へ移植されても、ちゃんと咲く。
この記事を読み(その後も元気に成長して増えたかは別にして)
『福寿草って丈夫だなあ』と思いました。

道草のベンチ 福寿草 2008年 03月 12日
http://tasogare78.exblog.jp/6891191/

ひょろっちい福寿草画像
http://niwasaki.fc2web.com/teire-n/03-03-2.html
髪処 禅 オーナーの日常 2009年03月07日 店内の花そんな中で
福寿草が店が暖かいのかどんどん茎が伸びている。
http://plaza.rakuten.co.jp/kamidokorozen/diary/200903070000/


↓ayamaderaの日記 2009-02-28 フクジュソウは移動する
http://d.hatena.ne.jp/ayamadera/20090228/1235821939
↓福寿草
http://ganshuku.cool.ne.jp/51_1fukujuso.html
↓モノトーンでのときめき フクジュソウ(福寿草)の花 2009-01-19 08:39:33
http://blog.goo.ne.jp/tetsuo_shiga/e/786e9b0029c6da5326bf510af9e7b7a2
↓mizuaoiの植物記
http://www48.tok2.com/home/mizubasyou/syokubutuki.htm
↓事典エイト - 園芸大事典 - 山野草 福寿草
http://www.jiten8.com/flower/jiten/SANYASOU/fukujyuso.php
↓葉のつき方のイラストあり。
http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/j/ikimono/syokubutu/17430.html

虻田福寿草を育てる会 下仁田町中小坂の虻田地区住民有志が手がけた「福寿草の里」
http://www.town.shimonita.gunma.jp/html/syoukou/hukujuso/hukujusou.html
福寿草栽培風景 必見
比企郡小川町中爪 ・ 同、下横田にて。桑畑。
県内では小川町のほか、花園町、川本町でも町の花に指定されています。
http://hiki-life.net/main/topics/topics02/020307/index.htm
http://hiki-life.net/sub/hikinosato/hiki-stock/ogawa/0203/pages/020310_067ogawa-nakatume-fukujyuso.htm
柿畑一面に福寿草  必見
房ちゃんの自然発見
http://www.townnavi.info/channels/husa/08/file/3-3.html
秋田県内の福寿草  必見
山釣りの世界
http://tokuzo.fc2web.com/2004/fukuju/fukuju.htm

2005年04月27日(水)
みちのくふくじゅそう みちのく福寿草 キンポウゲ科
木曽路は全て山の中、そのさらに奥深い山の奥、御嶽の麓の山里
http://blog.zaq.ne.jp/goma/article/135/

福寿草の用土も十人十色ですね。
http://clickuri.at.webry.info/200802/article_14.html
3-4年と育てても、増えないケースも。一度傷めると回復させるのは大変ですね。
福寿草が咲きました。やっと咲きました。
http://yk-mugen.at.webry.info/theme/f9149adb10.html
このURL他でもメモってるはず
http://www48.tok2.com/home/mizubasyou/syokubutuki.htm
栽培技術    平成福寿草の会編
http://www.geocities.jp/fukujusou2004/index.html

信州の花だより「畑一面にフクジュソウ 飯田で早くも満開」 信濃毎日新聞社
09年02月19日(木)掲載
飯田市上殿岡の兼業農家、矢沢正晴さん(58)の畑
「福寿海(ふくじゅかい)」という代表的な種類
25年ほど前に矢沢さんの父親が1株もらってきたのが始まり。
現在は上殿岡、鼎名古熊地区の畑3カ所で約1万1000株を栽培している。
http://www8.shinmai.co.jp/flower/2009/02/19_009243.php

田畑が山裾に移る斜面や,川の上流部の草地に多い。
過疎がすすみ,田や畑が放棄されると,まずフクジュソウがやってくる。
人がいなくなった廃村に黄金の群落がひろがっている。
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/kusabana/0010

阿寒神社そばで、早くもフクジュソウ咲く    2007/02/28
釧路市阿寒の阿寒神社駐車場に続く道路脇
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video-archive/?k=2007022801.html&_nva=23
春の息吹全国へ、福寿草鉢植えの出荷開始 三笠    2007/02/02
鉢植えのフクジュソウ(福寿草)を届ける「ふるさと小包」の発送が
三笠市の三笠岡山郵便局(横山繁好局長)で始まり、
生産する同市内の及川農場=及川善志さん(53)経営=では、
雪の下から掘り出しての鉢詰め作業に連日追われている。
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video-archive/?k=2007020201.html

↓フクジュソウ
http://www.nenv.k.u-tokyo.ac.jp/bis/kaji/doc1.html
↓広島工業大学 フクジュソウ
http://www.it-hiroshima.ac.jp/12serials/05kusabana_data/2007_03.html
↓国営武蔵丘陵森林公園公式サイト フクジュソウ
http://4travel.jp/traveler/traveler-mami/album/10311322/
レッドデーターやまぐち
県内では現在生育地が1ヶ所と限定されており、
個体数も観賞用に栽培されるため盗掘され数個体となっている。
http://eco.pref.yamaguchi.jp/rdb/html/10/100059.html
応用生態工学会
三春ダム試験湛水時に冠水したフクジュソウ群落の12年間の変遷
http://www.jstage.jst.go.jp/article/ece/12/1/12_13/_article/-char/ja

ヨーロッパの福寿草 近縁種のナツザキフクジュソウは一年草で、夏咲きの赤花です。

ナツザキフクジュソウ(夏咲き福寿草)
http://www2.tky.3web.ne.jp/~hidamari/photo086.html
ナツザキフクジュソウ
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/n/natu_fukujyusou.htm

白花姫福寿草。豆狸のマメマメ日記さんのは違うような・・・。
豆狸のマメマメ日記: 福寿草
黄色い?2009年03月18日
http://mameda.seesaa.net/article/115830026.html
日光種苗株式会社
白花姫福寿草(シロバナヒメフクジュソウ)
http://www.rakuten.co.jp/nikkoseed/525905/1903790/
List 福寿草のPAGE
http://www.arasawasanso-en.co.jp/subpage/syohin5-fukujyuso.html

福寿草の本
自然と野生ラン2005年3月号
【特集】よみがえる伝統園芸 福寿草 福寿草文化復活に挑む「平成福寿草の会」 ーフクジュソウの育て方ー
http://www.top-garden.com/book/sy/sy_0503.html
『山野草とミニ盆栽』VOL.65
◆特集1 早春を彩る花たち:フクジュソウとセツブンソウ 田島 實
http://www.bonsai.co.jp/bonsai_new/contents/info/sanyasou/docs/detail/vol65.html
自然と野生ラン 毎月6日発売  定価1,000円 B5判 138P
2005年3月号 早春の三名花特集
http://www.top-garden.com/book/sy/sy_0503.html
http://www.top-garden.com/book/sy/bnindex.html

鳩山町福寿草導入事業補助金交付要綱
(平成9年3月31日告示第33号)
改正
平成11年3月31日告示第17号
(趣旨)
第1条 町は、新規特産作物の振興と農家所得の向上及び農地の有効活用を図るため、福寿草の出荷栽培を目的とした苗の導入経費に対し、この要綱の定めるところにより予算の範囲内において、福寿草導入事業補助金(以下「補助金」という。)を交付する。
http://www.town.hatoyama.saitama.jp/reiki/act/content/content110000471.htm  

Posted by さくら at 23:03Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草は毒草

福寿草の芽はフキノトウと、葉をヨモギと間違えて食べてしまうケースがあるようです。でも、今時自生地は少ないのですから、間違って採取することもないと思うのですが・・・。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


フクジュソウは有毒です。
お目出度い福寿草だが有毒植物でもある。
フキノトウと間違えて食べ、中毒を起こす。
根・茎・葉などに毒成分がある。
花や葉にも毒性があり、死亡事故もあります。
花や葉にも毒性があり、死亡事故もあります。
毒性があります。食べてみてはいけません。
薬用・食用にはしないが,雪解けの頃一番に咲く花なので,アイヌは特に名前をつけてその花を愛でた。
有毒。
毒成分がある
アドニンという毒成分を含む。
アドニンという毒成分が含まれている
強心薬でもあるが、素人療法は厳禁。
薬事法で劇薬として指定されている。
毒性が強く素人の利用は死に至る危険な行為である。。。
悪心、嘔吐などを起こし中毒症状から心不全で死に至ります。

毒草なので注意。
すべて有毒で、根と根茎に有毒成分が多く含まれています。
全草、特に根茎に強い毒性があります。
全草が危険な有毒植物ですので、決して食べないように注意して下さい。
全草有毒。特に、根、根茎に強心配糖体のシマリンを多く含む。
福寿草には毒があるので、誤食に気をつけましょう。
誤って食べると中毒を起こすそうです。
普通に触ったりする分には、何も問題はありません。

Q:十数年前にいただいた福寿草を庭に植えて毎年花を楽しんでいましたが、
去年から花をつけなくなり葉先が茶色に変色して来ました。
どうしたら以前のように元気になるでしょうか?
ちなみにさざんかの根元に植えています。

A:福寿草には嫌地現象が起きるといわれています。
場所を代えるか、土を入れ替えるとよろしいと思います。
植え替えの際はできるだけ根を切らないように。
手袋着用。作業後は必ず手洗いするようにしてください。
(有毒です)


■□■ 福寿草根 ■□■
フクジュソウの根と根茎を薬用に用います。強心、利尿に用いられます。
■□■ 有毒植物 ■□■
全草が非常に危険な有毒植物でもありますので、決して食べないように注意して下さい。
開花前の地面から出てきたばかりの頃に、フキノトウと間違えて食し、中毒をおこす方がいるようです。
症状としては、嘔吐、呼吸困難、心臓麻痺などがあげられます。
ひどい場合には死に至るケースもあります。特に子供やペットが口にしないようにくれぐれもご注意下さい。
福寿草もまた毒性を含んでいますから、決して口に入れないように気をつけましょう!(`´)
全草が危険な有毒植物ですので、決して食べないように注意して下さい。

開花前の地面から出てきたばかりの頃に、フキノトウと間違えて中毒をおこす方がいるようです。
地面から芽を出したばかりの頃は、フキノトウとよく似ているそうで、間違えて食べて中毒を起こす。
開花前の地面から出てきたばかりの頃に、フキノトウと間違えて中毒をおこす方がいるようです。
地面から芽を出したばかりの頃は、フキノトウと間違えて食べ、中毒を起こす。
フキノトウと間違えて食べ、中毒を起こす。
福寿草が地面から芽を出したばかりの頃はフキノトウと似ている

福寿草の葉は、山菜の一種によく似ている
羽状複葉の葉は一見ニンジンに似ていますが、全草に毒があるので食用にはしないように注意しましょう。
花の時は背が低く、食べられるような気がしないが、花が終わるとニンジンのような葉を広げる。 花の咲いた後には金平糖のような実を付ける。この形は有毒植物のキツネノボタンと同じである。

根と茎は有毒です。食べないように。
根と茎は有毒なので食べないでください。
根には強心作用、利尿作用があるが、毒性が強く死に至る危険あり。
根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。
根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。
根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。
根には強心作用、利尿作用があるが、毒性が強く死に至る危険あり。
根を煎じて飲めば強心剤としての効果もあるといいます。
根を煎じて飲めば強心剤としての効果もあるといいます。
根は強心薬となる。
根は,強心剤に使用されているそうです。
強心・利尿の薬効があるとされる。
強心作用利尿作用があり民間薬として使われることがあります。
実はアセボトキシンなどを含む有害植物で、根は強心薬に使われるそうです。
実はアセボトキシンなどを含む有害植物で、根は強心薬に使われるそうです。
根はゴボウのようなまっすぐで太いものを多数持っていますが、根にはアドニンという毒成分を含んでいます。
毒性が強く素人の利用は死に至る危険な行為である。アドニンという毒成分を含む。
根に含むアドニンは、強心剤や利尿剤などの薬用に利用されているが、副作用が激しいので使用には注意がいる。
かわいらしい花姿をしていますが、その根茎には強い毒性を持っています。漢方薬として強心や利尿といった薬理効果もあるようですが、素人が手を出すべきでないことは言うまでもありません。

【ひとくちメモ】
フクジュソウが人の手によって運ばれたというのは,昔は花をめでる植物というより,むしろ薬草として利用される植物だったためではないかと考えるからである。
さまざまな薬効が伝えられるが,心臓疾患に効果があるともいわれている。劇薬なので民間薬としての利用は命に関ることがあるが,医療事情の悪いいにしえの里人たちは,こういった紙一重の薬草に命をゆだねていたにちがいない。
特に根に心臓に悪影響を及ぼす毒が含まれますので、注意して下さい。心臓の民間薬としても利用されてきましたが、不適切な用法で死亡事故もあったそうです。
多くの人々の心に残る花ですが、特に根に心臓に悪影響を及ぼす毒が含まれますので、注意して下さい。心臓の民間薬としても利用されてきましたが、不適切な用法で死亡事故もあったそうです。
有名な有毒植物で、死亡例もある。めでたい名前のせいか、誤って食べる人がいるらしい。強心薬でもあるが、素人療法は厳禁。
福寿草は漢方薬として取り上げられているが、全草、特に根茎、根には作用の激しいアドニトキシン(強心性配糖体)が含まれているので、家庭での薬用には危険性がある。
フクジョソウは全草に強心配糖体シマリン(cymarin)などを含み有毒です。
フクジュソウには全草、特に根や根茎にシマリンをはじめとするジギタリスの強心配糖体によく似た成分が含まれている。
ジギタリスのような強心作用があり、この性質を利用して強心利尿薬に用いることもある。

強心薬と早合点して、根茎をせんじて飲めば、心臓マヒを起こして死ぬ。
嘔吐、激しい痙攣、呼吸麻痺などの中毒症状を起こし、毒性が強く死に至ることもある劇薬。
民間での使用は絶対にしてはいけません。
誤用による事故の危険性があるので民間、家庭では使用してはならない。
毒性が強く素人の利用は死に至る危険な行為である。

全草にアドニトキシン(Adonitoxin)という強い有毒物質が含まれています。利尿作用や狭心症に効くといわれ、根を煎(せん)じて飲んだり、山菜と間違えて茎や葉を食べて、毎年、中毒事故が絶えず死者も出ています。
有毒部分:全草。 根茎を乾燥したものを生薬名で、福寿草根(ふくじゅそうこん)と呼ぶ
フクジョソウは、強心、利尿の薬効がありますが、劇薬で民間での使用は絶対に使用してはいけません
有毒部位:全草
有毒成分: ステロイド強心配糖体のシマリンほか。
中毒症状:嘔吐、激しい痙攣(けいれん)、呼吸麻痺(まひ)など。

フクジュソウは根を薬用に利用する。煎じて強心剤、利尿剤として使うそうだ。ただし毒は薬、薬は毒の言葉どおり、この花は全草が非常に危険な有毒植物である。殊に開花前、地面から出てきたばかりの新芽をフキノトウと間違えて食べ、中毒を起こす例がときたまあるという。嘔吐、呼吸困難、心臓麻痺などの症状に陥り、重傷の場合は死に至るケースもあるとか。くれぐれもご用心を。
http://www.geocities.jp/mr_keik/hana036.html

全草,特に根茎や根にシマリン(LD50 i.v. in rats: 24.8±1.8 mg/kg)やコンバラトキシン(LD50 i.p. in mice: 10.0 mg/kg, i.v. in rats: 16.0 mg/kg)などの強心配糖体を含有する。飲食すれば,嘔吐,不整脈,呼吸困難などが起こり,心臓麻痺にいたる。『心臓病によい』として根を煎じて飲み,死亡する事故が大阪や徳島県で起きている。

根や茎には強い毒性があるそうです。山菜と間違えて食中毒を起こす事故がありました。また、徳島県では、フクジュソウには強心作用があると聞いて老夫婦が根を煎じて飲んだところ、妻が死亡し、一口飲んだだけの夫は一命を取り留めたという事件がおきているそうです。フクジュソウに含まれるアドニトキシン(Adonitoxin)という物質による急性中毒といわれています。(参考:「福寿草(spring adonis)の毒性」など)

毒性が強く素人の利用は死に至る危険な行為である。アドニンという毒成分を含む。
テレビ信州で2007年3月30日放送の「情報ワイドゆうがたGet!」の特集コーナー「春うらら!花の里のんびり散歩!」で、テンプラを紹介し、女性リポーターが毒草と知らず食べてしまった。幸い事故に至らず。
有名な有毒植物で、死亡例もある。めでたい名前のせいか、誤って食べる人がいるらしい。

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 安全性研究チーム
早春雪解けとともに新芽を出し,何よりも先に光沢のある鮮黄色の花をつけて春の到来を知らせます.「福寿草」という名前が示すように,縁起の良い花として,鉢植えなどがお正月に飾られます.多くの園芸種があり栽培もされています.日本のフクジュソウの仲間にはこのほかにキタミフクジュソウ(A. amurensis)とエダウチフクジュソウ(A. multiflora)があります. フクジュソウの根は強心利尿薬として用いられます.しかし,新芽をフキノトウと間違えてヒトが中毒おこすことがあります.
http://www.niah.affrc.go.jp/disease/poisoning/plants/adonis.html  

Posted by さくら at 23:03Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草は傾熱性

『曇りや雨の日は、お花は開きません。つぼみのままです。光に敏感で、ちょっと暗くすると花を閉じます。』『ひとたび太陽の光を受けると10分ほどで開く』『光に敏感で、ちょっと暗くすると花を閉じます。』等とweb上にたくさん掲載されています。葛西臨海水族園飼育展示係まで『フクジュソウは光にとても敏感で、日があたらないと1〜2分でしぼみ、日がさすとふたたび花をひらく習性があります。』と書いていすが、そんな事はありません。

見てるそばから咲くなら、自然を題材にしたTV番組で報道しますし、そんな習性があるならカメラマンが見逃すはずありません。第一、育てていてそんなの見たことありません。そこで実験してみました。内と外に新聞紙をあてがい陽を通さないようにして、30分被せてみましたが、変化無しでした。


温度変化が刺激となって花びらが開閉することを傾熱性屈曲(温度傾性)という。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


日が当たっていないと花がしぼんでしまいます。でも大丈夫、日に当てればまた花が開きます。光に敏感で、ちょっと暗くすると花を閉じます。

花弁に見えるものは蕚ですが、メタリックな輝きを持ち、花はちょうどパラボラアンテナ状となり、太陽光線を中心に集める作用をします。そこに暖を求めて虫がやって来て、結果 受粉の仲立ちをするという、巧妙な生殖システムです。

花がパラボラアンテナのように開くのは光を集めてその中心温度を高め、花粉を運んでくれる虫たちを集めるためだとか。
日に当たると花が開き、暗い場所では花は開きません。

日が当たる昼間に開花し、夕方閉じる。フクジュソウは寒い時期に咲くので花の中の温度を下げないようにいつも太陽の光を集めその熱を貯めて虫たちを呼んだりもするそうです。寒い時期に咲くので、花の中の温度を下げないための工夫をしているらしい。

光や温度に非常に敏感で、昼間でも日がさえぎられるとすぐ花がしぼみ、 再び日があたるといつの間にか花が開く。寒い時期に咲くので、花の中の温度を下げないための工夫をしているようです。

福寿草の花は太陽が出ていない時、おしべやめしべを護るためにしぼんでいますが、ひとたび太陽の光を受けると10分ほどで開くことが出来ます。じっと見つめていると開いていくのが解るほどです。実は福寿草には蜜がありません。温度を上げることによって、まだしっかり活動出来ない昆虫を呼び寄せる必要があるのです。まわりの気温より10度も暖かい福寿草の花の中なら、昆虫たちも盛んに活動できるのです。温度を上げることは、虫媒花である福寿草にとって、この時期昆虫を呼び寄せる必殺技なのです。

花は日光に当たると開き弱光になると閉じる性質があります。
黄金色の花は日中開き、夕刻からつぼむ習性がある。
この花は向日性で、陽を追って朝から夕方まで40度も首をふる。
午前中の福寿草と午後の福寿草は、方向が違っています。絶えず太陽を追いかけ、少しずつ動いているのです。
福寿草の花びらが、太陽光を反射しやすいように出来ていて、本当にパラボラアンテナの働きをしているためです。
早春雪が消えて直ぐのころは温度も低いため、大切なおしべやめしべに太陽の熱を集中させる必要があるのです。中央部の温度は、気温より10度も高くなることもあります。
日の射す方向に花の顔を向け、日が陰ると花を閉じてしまいます。
朝は寒いし、お日様が射さないので、つぼみのままです。
日中にお日様が射し、自然光が差し込めると黄色い花を開きます。
夕方に、福寿草を観察しますと、またつぼみに戻っています。
曇りや雨の日は、お花は開きません。つぼみのままです。
光に敏感で、ちょっと暗くすると花を閉じます。
実はフクジュソウの花には蜜がありません。蜜がなければ虫にとっては魅力なく寄り付きません。
フクジュソウはパラボラアンテナのように太陽に向かって咲きます。従って太陽が見えないときはしぼみます。
アンテナのような花の中心部は周囲の温度より3℃は高い熱スポットになっています。
「おいらの花は暖かいよ」といって、ハモグリバエをおびき寄せて受粉させます。
花は形がパラボラアンテナにそっくりで、太陽の光を中央に集める造りになっている。
光を集めて温度を上げる。虫たちを居心地のよいホットカーペットへ誘う仕組みなのだ。
虫たちはおしべをかき分け、真ん中のめしべの元で暖まる。それで受粉が完了する。
従って蜜線をもたない。蜜のかわりにほかほかの安らぎを与えるのである。
昼間でも日が遮られて温度が低下すると、花びらを閉じてしまう。
日が差し始めると再び開花する。
このセンサーは、光ではなく熱に反応するということである。
日が差さなくても10℃以上になれば開き始めるという。
巧みな生き方をしているのである。


光や温度に非常に敏感で、昼間でも日がさえぎられると1〜2分で花がしぼみ、再び日があたるといつの間にか花が開くそうです。
福寿草は日が当たる昼間に開花し、夕方には花を閉じます。光や温度に非常に敏感で、昼間でも日がさえぎられると1〜2分で花がしぼみ、再び日があたるといつの間にか花が開きます。 寒い時期に咲くので、花の中の温度を下げないための工夫をしているそうです。
花は寒い時期でも日光に当ると花が開き、夕刻には閉じてしまう向日性の強い植物です。曇っているときや気温が低い場合は花が開きません。
福寿草の花は日があたると開き、日が沈むと閉じる性質があり、日陰では花が開きにくくなるので、できるだけ日のあたる場所に植えたり鉢を置きます。
福寿草の花は日光が当たると開き、日が沈むと閉じる性質があります。そのため、日の射さない場所では花が開きにくくなるので、福寿草の鉢植えは、できるだけ日の当たる窓辺などに置きます。
夜間や曇りの時には固く花弁を閉ざしていますが、太陽が顔を出して10分もすれば全開し、おまけに太陽の動きに合わせて花の向きを変えることができるとのことです。

陽射しを受けなければ開かない頑固さも持ち、寒い風が吹いても開く健気さ。
花は日に当たると開き、夜間や曇りの日は開きません。ですから開花時期はできるだけよく日の当たる場所で育てましょう。
この花は寒い時期でも日光に当ると花が開き、夕刻には閉じてしまう向日性の強い植物です。曇っているときや気温が低い場合は花が開きません。
光や温度に非常に敏感で、昼間でも日がさえぎられるとすぐ花がしぼみ、 再び日があたるといつの間にか花が開く。
光や温度に非常に敏感で、昼間でも日がさえぎられると1〜2分で花がしぼみ、再び日があたるといつの間にか花が開く。
この花ですが、朝開花し、夕方閉じ、1日中太陽の光に合わせて花の向きを変え、曇った日には花を閉じています。これは、太陽の光を花弁で受けて花の中心部に集光し、花の中心部の温度を高めて虫たちを集めて受粉を促すためだそうです。

福寿草咲いたぁ(´∀`●) アンビ場(ば) 。。oO 03月09日23時30分
しかも福寿草って太陽が出ていない時には、おしべ、めしべを護るためにしぼんでいますが、
ひとたび太陽の光を受けると10分ほどで開くことが出来るのです!!(゚∀゚*)
じっと見つめていると開いていくのが解るほど!!
また、午前中の福寿草と午後の福寿草は、方向が違っています。絶えず太陽を追いかけ、少しずつ動いているのですよ!!
http://plaza.rakuten.co.jp/izumigoazumino/diary/200903090000/

陽が当たると花を開き、陰ると閉じる性質があるとされますが、実際には、この花の開閉は、温度を感じて行われているそうです。暗黒下でも10℃あると開き始め、15〜20℃で完全に開くそうです。このような性質を傾熱性といいます。

この花ですが、朝開花し、夕方閉じ、1日中太陽の光に合わせて花の向きを変え、曇った日には花を閉じています。これは、太陽の光を花弁で受けて花の中心部に集光し、花の中心部の温度を高めて虫たちを集めて受粉を促すためだそうです。

パラボラアンテナの秘密
フクジュソウのパラボラアンテナは集熱装置として働いています。太陽を追いかけ熱を集めます。その結果、花の中は温度が上がり、花に来た昆虫の体を温め活動を活発にさせるそうです。なんと花びらを取ってしまうと種子を付ける割合が低下するという実験結果があるそうです。

フクジュソウに戻るフクジュソウ(キンポウゲ科)[福寿草]
明るい林内に生える早春を代表する花で、直径4㎝ほどの花は朝日が当たると開き、太陽を追いかけ、日が陰ると閉じる。パラボラアンテナのように開いた花は光沢があり、太陽から受けた光を花の中心に効率よく集め、温度を上げる。花の中心の温度は外気温より10度ほども高くなるという。蜜を持たないフクジュソウが、虫の少ない寒い時期に虫を誘い込む絶妙な仕掛けである。というより、この仕掛けによって蜜が不要となったのかもしれない。花の盛りを過ぎると葉を広げ、金平糖のような実をつける。

昆虫を引き寄せる魅力
フクジュソウは昆虫に花粉を運んでもらうが、蜜を持っていない。
その代わりに昆虫を引き寄せる手段として、暖かい部屋を用意している。
フクジュソウの花はおわんの形をしているが、それがちょうどパラボラアンテナの様な働きをすることになり、光を花の中央部に集めて保温している。
さらにフクジュソウの花は、太陽の動きに合わせて花の向きを変え、保温力を高めている。

気温がまだ低い時期に咲くため、太陽の動きにあわせて花が向きを変えて、いつも日が当たるようにして、花の温度を高く保って虫たちを呼び込みます。

花はパラボナアンテナ。
気温が低く、まだ花粉を運んでくれる昆虫が少ないこの季節、その虫たちを集めるために、この花はその形と色で太陽の光を集めます。
ある本によると花のなかの温度は周囲と比べて約6℃も高いそうです。そうして虫たちに心地よい環境を提供して訪問してくれるのを待つそうです。そういえば雨の日や朝早くまだ林の中に光が射し込まないときはしっかりと閉じています。決して無駄なことはしません。自然の知恵にはびっくりさせられます。

フクジュソウ(キンポウゲ科)[福寿草]
明るい林内に生える早春を代表する花で、直径4㎝ほどの花は朝日が当たると開き、太陽を追いかけ、日が陰ると閉じる。パラボラアンテナのように開いた花は光沢があり、太陽から受けた光を花の中心に効率よく集め、温度を上げる。花の中心の温度は外気温より10度ほども高くなるという。蜜を持たないフクジュソウが、虫の少ない寒い時期に虫を誘い込む絶妙な仕掛けである。というより、この仕掛けによって蜜が不要となったのかもしれない。花の盛りを過ぎると葉を広げ、金平糖のような実をつける。
http://www22.ocn.ne.jp/~tamukai/hukujuso.htm

フクジュソウは、陽があたると開き、暗くなると閉じると言われていたが、実際は温度を感じて開閉している事が分かった。
実際、フクジュソウは、小鉢に植えておくのは非常に難しい。植え替えてみると分かるが、よくぞ、こんな所に入っていたというほどに根が長大なのである。大きな鉢に植え替えるか、地面に降ろしてやりたい。
http://home.att.ne.jp/omega/HAL2000/hiyori/th010.html

明日も自然観察 2007年02月12日 フクジュソウのパラボラアンテナ 1
日が差しているときだけ花を開くので光を感じているのかと思っていたら、じつは開花は光の有無ではなくて温度で決まるのだそうです。
http://ashitamokansatsu.seesaa.net/article/33524855.html
http://ashitamokansatsu.seesaa.net/article/33563921.html

一花一葉 フクジュソウ(福寿草) 2007/01/03 20:22
光の所為ではなさそうだ。真っ暗にして置いても開き、このような性質を傾熱性と言うらしい。
http://annabelle.at.webry.info/200701/article_3.html

フクジュソウはキンポウゲ科に含まれ、学名はAdonis amurensis。Adonis
フクジュソウは光にとても敏感で、日があたらないと1〜2分でしぼみ、日がさすとふたたび花をひらく習性があります。咲いているすがたを探すなら、よく晴れた日の昼間、日の高い時間をおすすめします。
淡水生物館を出てすぐの橋の周辺で、日あたりのよさそうな場所を探すと、つつましげに咲いているすがたをごらんになれるでしょう。さわやかな冬晴れの日、「水辺の自然」エリアでのんびり探索してみてはいかがでしょうか。
〔葛西臨海水族園飼育展示係 飛田英一朗〕
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&link_num=5975

撮影開始後53分で花が十分に開きました。やっぱり開花速度は遅いよね。
↓フクジュソウの開花・温度傾性
http://www2.plala.or.jp/aki_ogawa/episode/fukujuso.html


  


Posted by さくら at 23:02Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の病気と害虫

web上で福寿草の病気や害虫被害を調べてみても、個々のblogの中に『病気や害虫で枯れてしまった』等の被害報告は無いので、あまり心配することはないようです。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


害虫・殺菌対策 特に必要なし
病気、特にないようです。

病気、虫
ほとんど問題なし

病気・害虫
病気:特になし
害虫:アブラムシ

[病気・害虫]
 生育期にアブラムシがつくことがあります。
 また、病気ではありませんがつぼみや新葉が腐ることがあります。これは、根茎を植え付けるときに長い時間乾燥されることが原因のようです。
[病気・害虫]
 生育期にアブラムシがつくことがあります。
 また、病気ではありませんがつぼみや新葉が腐ることがあります。これは、根茎を植え付けるときに長い時間乾燥されることが原因のようです。

白絹病、ナメクジ、ハダニに注意してください。見つけ次第駆除してください。
白絹病、ナメクジ、ハダニに注意してください。見つけ次第駆除してください。

連作を嫌う。地植えの株は、3〜4年をめどに場所を替える。放置すると、白絹病が発生して全滅することがある。
フクジュソウは夏場に白絹病が発生することがあります。 発生した株は抜き取って焼却してください。

病気 白絹病・ 害虫 ナメクジ ハダニ
白絹病は夏に発生しやすい病気です。発生すると株元が白い糸のようなもので覆われて株全体の生育が衰えてその後枯れてしまいます。土壌に繁殖する病原菌で鉢植えにする場合は清潔な土を使用する、庭植えにする場合はよく耕して日光消毒するなどの予防が大切です。発生してしまったら、かわいそうですがその株は抜いて処分してしまいましょう。
ナメクジは春先から発生し、大切な若芽を食害してしまいます。見つけ次第捕殺するか、薬剤をまいて駆除しましょう。

●消毒 4月〜6月
■病虫害の予防散布   4月~6月
○根腐れ病
水はけが悪かったり、水のやりすぎによる加湿状態で、根が窒息して傷み、腐ることが根腐れ病です。
根腐れ病にかかると、花芽が黒変して枯死したり、茎が地際から倒れて枯れてしまいます。
主にビシュウム菌とリゾクトニア菌の土壌伝染によって徐々に広がります。
株全体が侵されることはあまりありませんが、根腐れによって株は衰弱します。
根腐れ病になった根は指で取り除き、柔らかくなった根茎も切り取ります。
水はけのよい鹿沼土などに植えて、新しい根を出させて株を回復させます。

フクジュソウの萎縮症対策に関する技術
・フクジュソウの芽数は、定植後約1年半経過した調査で、2.5倍となった。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A06/BB00/gijutu-kokusai/hukuzyusou.htm

●萎縮病か根腐れ病の可能性
 フクジュソウ(Adonis amurensis)はキンポウゲ科の宿根草です。生育が悪くなった原因としては、萎縮病か根腐れ病が考えられます。
 萎縮病にかかると、生育期間が短くなり、細い芽しか出ず、葉が縮れ、花は小さくなって完全には開きません。株の栄養状態が悪化するため、数年のうちに枯死する株も出てきます。伝染力が強く、感染するとあっという間に症状が進行します。
 萎縮病は10年ほど前から広がり始めた比較的新しい病気で、ウイルス説が有力ですが、その正体は解明されていないため、対策が施せません。
 根腐れ病にかかると、花芽が黒変して枯死したり、茎が地際から倒れて枯れてしまいます。主にビシュウム菌とリゾクトニア菌の土壌伝染によって徐々に広がります。株全体が侵されることはあまりありませんが、根腐れによって株は衰弱します。

東京農工大学農学部 植物病理学研究室
ようこそ 有江 力 のホームページへ
フクジュソウ菌核病菌は、桑畑で発生する
http://www.tuat.ac.jp/~arie/ariejtop.html
http://www.tuat.ac.jp/~arie/Arieclasses/PPG06classQA.html  

Posted by さくら at 23:02Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草栽培は難しい

日本桜草も同じですが、ちょっとしたコツがあるようですね。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


自然の状態で生活しているものを栽培するのですから、それなりの気配りが必要になります。
一般的には、繁殖しにくい、正月に咲かない、根付かない、正月の彩りに欲しい。
1芽のものは少々栽培が難しいので、栽培に慣れていない方には2芽以上の株をおすすめしております。

秋に新芽が育ち春に開花、梅雨時に枯れて夏は休眠。
開花にはよく日に当てて、
休眠期には涼しい半日陰がよいわけですが…。
とすると、落葉樹の根元か鉢植えになります。
フクジュソウの根は太くて長いので大きめの鉢がいるし、
根の吸水力が弱いので乾燥に注意し多水やりが必要と。
けっこう手間がかかりますね。。

根が頑強で、太く地中深くまで伸びていきます。これを掘り上げて鉢に移したものが 売られているので、実際 家で育てるのは難しいです。ようするに鉢植えには不向きなのです。どおしても、と言う方は、深鉢に腐葉土をたっぷり入れた土を使い、砂を少々水はけのために混ぜておきます。夏は涼しい木陰で育てます。

【購入時の株の選び方】蕾数が多く、蕾の黄色味がよくでているものを選びます。
購入時のアドバイスは最初から、育てる為の株を手に入れる事です。花を買うと言うより、根を買う心算で身構える事を推奨します。
ずいぶん前、正月用に買ったフクジュソウの苗を庭の柿の木の下に植えたのですが、年々株数はあまり殖えないながら、忘れずにこの時期に咲いてくれます。
●松竹梅盆栽に寄せ植えされたフクジュソウの開花です。2000年の早春、梅花も散りフクジュソウだけが咲いていた本鉢を購入しました。その後2年間は茎葉だけでしたが今年3年目での開花です。毎年咲かせることの難しさを実感しています。
http://niwasaki.fc2web.com/teire-n/03-03-2.html

【相談内容】
フクジュソウを増やしたいと思うが、なかなか増えてくれない。
庭の東向きの、午前中のみ陽の当たる場所に植えている。
【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
家の東側で午前中はよく陽が当たり、午後からは日陰となるところで、水はけは良いとのこと。決して悪い条件ではありませんが、株分けを花後に行っているとのことなので、それが原因かもしれません。
フクジュソウは秋から生育が始まり、冬中花を咲かせ、5月頃まで育ちます。梅雨頃には地上部は枯れ、夏は完全に休眠してしまいます。
また、水やりは植え付け後たっぷり、あとは雨が少ないときにも十分に行うようにします。

ひろにっき(冒頭のみ抜粋)
私の好きな花の中に福寿草があります。
あの黄色が綺麗な花が大好きです。
決して簡単な花では無いと思います。
http://yaplog.jp/hironikki/archive/425
http://yaplog.jp/hironikki/archive/426

ヘレバカ実験隊が行く!! 福寿草の世界へようこそ・・・(冒頭のみ抜粋)
我が家では、翌年は絶対に咲かない福寿草・・・・
過去に何度トライしても駄目だった福寿草。
我が家で、育てるのをあきらめた花の一つです。
http://blog.livedoor.jp/hellebo/archives/50344194.html

今年も開花するにはしてくれたのですが、どうも生育度はよくありません。
昨年よりも1芽増えただけで、株自体はそう大きくなっていないようです。
たぶん、1芽くらいしか増えていないような・・・(;´▽`lllA``
お隣のオジサマのフクジュソウは、どんどん増えてゆくのになぁ〜
http://suesan.blog23.fc2.com/blog-entry-1615.html

フクジュソウが見ごろ 下呂の永田さん丹精 2009年3月5日
春本番を告げるように咲き誇るフクジュソウ=下呂市乗政で

 下呂市乗政の農業永田甚四郎さん(84)が自宅周辺で育てているフクジュソウが見ごろを迎え、黄色い花が春の訪れを告げるように咲き誇っている。
 20年ほど前から株分けをして増やしており、今年は昨年より約50株多い300株になった。暖冬の影響か、例年より早い1月下旬から咲き始め、先月の終わりごろには満開を迎えた。
 さまざまな花や木を家の周りに植えているが、フクジュソウは最も早い花。【堆肥(たいひ)を与え】、こまめに草取りをして愛情を注いでいる。「雪が少なかったせいか、今年は背丈が高い気がするね」と永田さん。花は、今月半ばごろまで楽しめそうという。
 (福本雅則)中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20090305/CK2009030502000009.html




野幌森林公園内では、春の初めに散策路沿いにたくさんのフクジュソウを見ることが出来ます。それこそ、どこででも見られる花なので、この花が『絶滅危惧種』に指定されていることを知ったときには、本当に驚いてしまいました。

近年は園芸用に採集されたり、草地の開発や森林の伐採などにより、個体数が減少し、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧II類(VU)に指定されています。(参考:フクジュソウ(絶滅危惧種情報・環境省))

環境省レッドリスト - 2000年版までは絶滅危惧II類(VU)であったが、2007年8月の見直しによって、ランク外となった。 近年は園芸用に採集されたり、草地の開発や森林の伐採などにより、個体数が減少し、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧II類(VU)に指定されています。(参考:フクジュソウ(絶滅危惧種情報・環境省))
環境省レッドリスト - 2000年版までは絶滅危惧II類(VU)であったが、2007年8月の見直しによって、ランク外となった。
レッドデータブックで危急種に指定されている。

乱獲によって自然のものは個体数を減らしている。
環境省のレッドデータブックでは、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
園芸用に山採りされたり森林の伐採などによって、個体数が年々減少し、フクジュソウの生育に適した環境も失われていることから、絶滅が心配されています。
初春の山歩きではなじみ深いフクジュソウですが、実は絶滅の恐れのある野生植物として環境省発表のレッドリストに掲載されています。
早春の野山や庭園で比較的簡単に見ることができる花だが、じつはそれらのほとんどは植栽されたもので、ほんとうの自生種は少なく、絶滅の恐れのある野生植物として環境省のレッドリストに掲載されている。よく目立つおめでたい花なので、本州ではほとんど盗掘されてしまったようだ。

新年を飾るめでたい花として、昔から寄せ植えや 鉢物で店頭に暮れからでまわります。今では、自生しているものはほとんど みられませんが、落葉樹等の下に生えます。根が頑強で、太く地中深くまで伸びていきます。これを掘り上げて鉢に移したものが 売られているので、実際 家で育てるのは難しいです。ようするに鉢植えには不向きなのです。どおしても、と言う方は、深鉢に腐葉土をたっぷり入れた土を使い、砂を少々水はけのために混ぜておきます。夏は涼しい木陰で育てます。
Q:『よく年末年始のシーズンに福寿草を購入するのですが、花が咲く前に枯らしてしまう事が多く、うまく育てられません。花を咲かせるコツや長生きさせるコツなど教えていただけますか?』
A:お正月のお花として、その名もおめでたい福寿草ですね。
年末から年始にかけて出回る福寿草は、地面から芽の部分を掘り起こした「地掘り」と呼ばれるものが多いんです。ポットの苗と違って根が張っていませんから、たしかに育てにくいかもしれませんね。
でも一度も咲かずに枯れてしまうとなると‥、湿度不足が原因として考えられます。
福寿草は本来外で育てるものなのですが、この季節は室内で育てる方が多く、室内だと湿度が不足して枯れてしまうことがあるんです。部屋の中に置いておくときは、時折霧吹きで水をあげて全体に潤いを与えてあげるとよいでしょう。
自然の中の福寿草は落ち葉がたくさん積もった、ふかふかで水はけの良いところに咲いています。
ですからおうちで育てるときも、土に腐葉土などを混ぜてあげるとよいですね。
直射日光にも弱いですから、特に夏場は風通しのよい日陰に移してあげてください。
反射光も無い薄ぐらい場所ですと花は難しいですね。
『ふかふかで水はけの良いところに咲いています。』と言われる一方で、山の自生地をみると、ガレた岩場っぽい所も多いし、庭でも砂利っぽい場所に地植えされても、育ってますよね。

一花一葉 フクジュソウ(福寿草)作成日時 : 2007/01/03
6年前に、庭に植えていたフクジュソウが年々細ってきて、
ついに一昨年から消えて出てこなくなってしまった。
http://annabelle.at.webry.info/200701/article_3.html

群落がある他の3か所を回りながら尾野さんの話を聞いた。「自生の福寿草は花が咲く時期には日が当たらなくてはならないが、夏に日差しを受けすぎてはだめ。水はけもほどほどでなければならないなど成育条件が難しい植物です。西吉野でも北側に川、南側に山を背負った津越が日照や水、土などの条件に合ったのでしょう。冬は葉が落ち、夏に日陰ができる落葉樹の近くでよく育つようです」。
戦前は檜川迫川から筏(いかだ)を組んで切り出した木を運んだ津越は70年代までは林業で生きてきた。その後は林業の不振が続き、戦前50あった戸数も減り続けている。自宅の周りで槙の木などを育てる尾野さんは20年ほど前、村興しに自生種の福寿草を増やせないかと試みたことがあったが、結局栽培は極めて難しいことが分かり、商品化は断念した。
しかし、「ここにしかない福寿草を生かして、むらを守っていきたい」というのは、ここに生きる人々に共通した思いだ。「地区で自生地の周囲の草刈をする時も、刈り過ぎて日が当たり過ぎないように、小さな草まで抜いて表土が流れてしまわないように時期や回数を考えています」と尾野さんは言う。
花を見に来てもらっても、人によっては花の周囲を歩き回って環境を荒らしてしまうのが悩み。地元産の梅で梅干を造っている大庭専治郎さん(60)らの要望で、自生地の一部では今年から村が遊歩道を設けることになった。「福寿草を大事に見てくれる人たちが、地元の園芸や農産物にも関心を寄せてもらえればうれしいですね」と大庭さんや尾野さんは期待する。
http://osaka.yomiuri.co.jp/flower/fl30205t.htm  

Posted by さくら at 23:01Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草栽培は簡単

育てるのは簡単ですが、増やすのはコツがあるようです。日本桜草は容易に増えるので、人へ譲渡するのも容易ですが、福寿草はなかなか増えないです。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


福寿草は丈夫で作りやすい植物です。
繁殖力が 旺盛で、たいへん育てやすい花です。
日の良く当たる庭植えならば増殖も容易です。
露地植えでもよく育つ。
鉢やプランターでも育ちます。
福寿草の育て方は少し気を使ってあげれば、簡単です。

日の良く当たる庭植えならば増殖も容易です。
もともと野草の花なので、なるべくそれに合った環境で育てると、キレイに、上手に育てて楽しむ事ができます
昔は山でよく見かけた福寿草。今はいろいろなおうちの庭でよく見かけます。
適応能力の高い野草です。とくに私の庭は自然に近い状態なので、福寿草は庭中に芽を出して繁殖しています。
適応能力の高い野草です。とくに私の庭は自然に近い状態なので、福寿草は庭中に芽を出して繁殖しています。

福寿草は自然の中では、春先の第一芽が開花した後ににんじんのような葉を出して、30cmくらいまで大きく育って春にさらに花を咲かせて、気温が上がる6月頃には地上部は枯れはじめ、土の下で翌年の芽を準備して夏越しします。秋になるとこの芽が膨らみ始めて、一旦冬の寒さに当たって、また2月頃に咲き始めるというサイクルです。自生地のように、明るく西日の当たらない、夏は木陰になり、腐蝕質に富んだ土壌と適湿が大切です。(過湿は禁物です。すぐに腐れがきます)そんな環境であれば良く育ちます。

 今現在、五種類何とか残り、十五年間、毎年咲いている。意外と育てやすい植物なのですが、幾らなんでも植え替えを一回もやらず放置したままでは徐々に消えてゆく。ほんの少しの注意で大変長持ちのする植物である。
 年の暮れになると売り出されるが、殆どが根を切り詰められ、お正月の床飾りとして使う目的のためであり、盆栽の世界では草物として扱われ、極薄鉢に植えられ鑑賞される。

赤帽を開業した年に近所の方がうちの屋号を見て福寿草の花をくださいました。
毎年、この時期に咲くのを楽しみにしています。最初は一株だけだったのですが増えてきました。
http://59103889.at.webry.info/200902/article_5.html
繁殖力が 旺盛で、たいへん育てやすい花です。
http://www.toyoshima-g.co.jp/reformation/garden/garden0612.htm
キッズgoo図鑑
お正月用として鉢(はち)で出回ります。庭などに植えておけば、来春かってに芽を出すのでそれほど手間がかかりません。
http://kids.goo.ne.jp/zukan/infoplant.php?id=217


デーリー東北:主なニュース:種差海岸にフクジュソウの群生〝復活 ...
種差海岸にフクジュソウの群生〝復活〟(2008/04/11)
国名勝に指定されている八戸市の種差海岸の「淀の松原」付近に今春、フクジュソウの群生地が出現した。三十年ほど前からやぶや低木が生い茂っていたが、多くの市民ボランティアによる地道な刈り払いや環境美化活動が群生地を“復活”させた形。今回の成果は、保存管理計画の見直し作業が進む種差海岸の在り方にも一石を投じそうだ。
種差海岸は、馬の放牧などの人為的圧力により景観の自然変化が抑えられ、特徴的な植生が保たれてきた。
しかし、放牧が途絶えた一九六〇年代以降は、芝生だった場所の多くがやぶなどに姿を変え、三七年の名勝指定当時の景観から大きく変ぼうしている。
フクジュソウの群生が確認されたのは、昨年十月、八戸信用金庫の全役職員約三百人が、大規模な刈り払いと清掃作業を実施した場所。先週末から咲き始め、現在ほぼ咲き終わっているが、短く刈り込まれた草地全体に株が広がっている。
同信金の小野■=(くさかんむりに隆)理事長は「復活を期待していたが、これほど早く効果が出るとは」と驚きの様子。「今後も里山と同じように、適切に手を掛けていきたい」と意欲を示す。
市教委は現在、九一年に策定した保存管理計画の見直しに着手。種差海岸の特徴に合った適切な管理規則の作成を目指している。
 工藤竹久市教委文化財課長は「自然保護団体を含め、多くの市民による継続した活動の成果が表れたのでは」、市文化財審議委員の高橋晃八戸東高校教諭も「適切な管理をすれば、かつての種差海岸の景観を取り戻せることが実証された」と高く評価する。
 一方、種差海岸では毎年のように貴重な山野草が盗掘被害に遭っている。柳沢卓美種差観光協会長は「訪れた人すべてが美しい花を楽しめるよう、静かに見守ってほしい」と訴えている。
【写真説明】
ボランティアによる刈り払いで復活した八戸市の種差海岸のフクジュソウ群生地  

Posted by さくら at 23:01Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の肥料

福寿草も日本桜草も山野草も、野山のモノには肥料は要らないと思っていましたが、良く考えたら野山は腐葉土やミネラル豊富な水で溢れているわけで、肥料は必要だと与えるべきだと考えるようになりました。肥料は与えるタイミングと成分が大切。

窒素。チッソ。
チッソ肥料は葉っぱをよく茂らせる(なので観葉植物や葉もの野菜向き)、
主に植物を大きく生長させる作用がある。特に葉を大きくさせやすく、葉肥(はごえ)と言われる。

リン酸。
花を咲かせるにはリン多め、
主に開花結実に関係する。花肥(はなごえ)または実肥(みごえ)と言われる。

カリウム。カリ。
主に根の発育と細胞内の浸透圧調整に関係する。根肥(ねごえ)と言われる。水溶性のため流亡しやすいので、追肥で小出しに与えるのがよい。根菜類にはカリ多め。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索



肥料はまったく要らないと言ってもよいほどで、多くなるよりはむしろあげないほうがよいくらいです。
あえてあげるとすれば、秋にほんの少しあげる程度です。
もうひとつ注意したいのは肥料です。肥料はまったく要らないと言ってもよいほどで、多くなるよりはむしろあげないほうがよいくらいです。あえてあげるとすれば、秋にほんの少しあげる程度です。ですから露地栽培の場合は、肥料を好む(多くあげる)植物の周りは避けたほうが無難です。
肥料は、それほど必要ではありません。秋に油カス主体の固形肥料を与えますが、量は控えめにします。
肥料は花後に薄い液肥と秋口に油粕を少々です。やり過ぎは絶対にダメです。
肥料もあまり必要とせず、秋にはほんの少々でよいでしょう。
葉があるうちに水肥等で肥培しますが肥料過多に注意しましょう。

肥料は土さえ肥えていれば特別にやらなくてもよいが、株を大きくしたいときは花の咲く頃から油粕と骨粉を半々にしたものを1株に握り程入れてやるとよい。
水切れに注意し、花後にお礼肥えを施したら、半日陰で水やりを続けます。
乾燥を嫌うため湿気の多い樹陰などに上、葉の間に十分肥料を施せば自然には開花します。
肥料は十一月からたくさん与えると、草丈が二十センチ以上になり、十分切り花として使用できる。
[肥料]:好肥性の植物ですから、生育期に2回くらいは多めに油カス等の有機質肥料を与えます。液肥の場合は、回数を多く与えるようにします。
[肥料]:好肥性の植物ですから、生育期に2回くらいは多めに油カス等の有機質肥料を与えます。液肥の場合は、回数を多く与えるようにします。
[肥料]:好肥性の植物ですから、生育期に2回くらいは多めに油カス等の有機質肥料を与えます。液肥の場合は、回数を多く与えるようにします。
結構、肥料食いらしいので、花が終わり葉っぱもなくなった頃に肥料(牛糞堆肥)を、たっぷり与えるようにしてます。
施肥 花後の株の成長が著しいことから、1㎡あたり300g〜500gの速効性肥料を施します。
肥料:花後即。咲いた花の数×小さじ一杯の化成肥料(出来れば油粕)
肥料はあらかじめ土にゆっくり効くものを混ぜ込んでおいてください。元気がなくなってきたら液体肥料を補助的に使いましょう。
4)肥料をまめに施すこと
植え替え1週間後から液体肥料の1000倍液を週に2回の割合で地上部が枯れた1ヶ月後まで与えます。
 肥効時期 2月~6月
  地植え:液肥、(固形有機、化成肥料も可)
  鉢植え:液肥、(固形有機、化成肥料も可)
4月下旬~5月中旬には葉が枯れますが、根は活動を続けて秋には翌春の花芽がつくられます。

3月に緩効性肥料を置肥します。
肥料は元肥に化成肥料を与えた後は、花が終わってから液体肥料を1日おきに与えてください。
葉が出てきたら、小粒の固形油粕肥料を置肥してください。
固形の肥料を使用します。
花が終わったら、化成肥料を 追肥しておきます。

●肥料
地植え:固形有機
鉢植え:固形有機、水肥
●肥効時期 2月〜6月

●肥料 地植え:固形有機
鉢植え:固形有機、水肥
●肥効時期 2月〜6月
固形の肥料を使用します。
植え付け後は、地上部が枯れるまで10日に1回液肥をやります。通常は花後にお礼肥(緩効性有機肥料)を置肥し日当たりのよい戸外に出します。(花後は日陰のはずなのに・・正月の話しかな;
肥料も休眠期の真夏を除き、秋から翌年の初夏まで、液肥の1000倍液を週に1回ずつ与えます。
肥料は、花後から6月頃まで月に一回くらい液肥を与えます。肥料は少なめでだいじょうぶです。
■施肥 植えつけるときに元肥をすき込みます。芽出し肥料とお礼肥えを忘れないようにします。
夏場意外は、定期的に緩効性の肥料を与えます。

米の研ぎ汁でも購入できる液肥でも構いませんので時々与えるようにしてください。
肥料はあらかじめ土にゆっくり効くものを混ぜ込んでおいてください。
元気がなくなってきたら液体肥料を補助的に使いましょう。
株を太らせるには、 花のころから、骨粉と油粕を半々に混ぜたものを一握り、株元にばら撒く。
【肥料】3月に緩効性肥料を置肥します。
肥料は、花後〜地上部がなくなる6月頃まで月に一回ほど1000倍液肥を与えましょう。
土には植え付ける前にあらかじめ長く効く粒状肥料などを混ぜ込んでおきます。
肥料は花が終わってから地上部が枯れる梅雨ごろまで、1000倍に薄めた液体肥料を週1回の割合で与えます。生育期時期の肥料不足は翌年の開花に影響します。

肥料 花後すぐと、11月に、固形肥料の置き肥、加えて、花後すぐ〜葉が枯れるまで、7〜10日に一度の液肥
肥料は元肥に化成肥料を与えた後は、花が終わってから液体肥料を1日おきに与えてください。
固形の肥料を使用します。
肥   料 化成肥料を施しましょう。薄い液肥を水やり代わりに与えます。
生長期には液体肥料を10日に1回の割合で施すようにします。
生長期には液体肥料を10日に1回の割合で施すようにします。
肥料は元肥に化成肥料を施し、花後と6月に化成肥料を与えます。
肥料は元肥に化成肥料を施し、花後と6月に化成肥料を与えます。
追肥は葉のある間だけ、薄めの液肥を週1回与えます。
緩効性化成肥料を規定量加えて植えます。
生長期には液体肥料を10日に1回の割合で施すようにします。
肥料をまめに施すこと
肥料は、花後に緩効性肥料を与えるか、花後〜地上部がなくなる6月頃まで7〜10日に一度の割合で1000倍に希釈した液肥を与えます。
◆肥料:花が終わってから地上部が枯れる梅雨ごろまで、1000倍に薄めた液体肥料を週1回の割合で与えます。
地上部が枯れた後の初夏までは、根が生きており、秋になると根が活動し始めます。よって、肥料も休眠期の真夏を除き、秋から翌年の初夏まで、液肥の1000倍液を週に1回ずつ与えます。
植え替え1週間後から液体肥料の1000倍液を週に2回の割合で地上部が枯れた1ヶ月後まで与えます。
 肥効時期 2月~6月
  地植え:液肥、(固形有機、化成肥料も可)
  鉢植え:液肥、(固形有機、化成肥料も可)


施肥の目安
植え替えや株分けをしなかった鉢には、12月中旬〜1月下旬の間と、3月中旬〜4月初旬の間に1回ずつ置肥します。(5号鉢で2〜3個 根は活動しています。)
植え替えた鉢は3月中旬頃に1回置肥します。
開花前は地上部、つまり葉がないのでチッソ分の多い肥料は与えないで下さい。(チッソ分は3以内)
葉が展開してからはハイポネックスなどの液肥でも良いです。
この場合でも根張り優先ですからチッソ分は5以内の物を与えて下さい。
チッソ分が多いと葉ばかり繁り、根張りは悪くなります。
根張りが悪いと翌年の芽数も少なく、貧弱な芽ですと高温になる頃に灌水過多などによる蒸れで枯死してしまいます。

肥料について
福寿草は根を育てれば素晴らしい花が咲き、驚くほど増殖します。
したがって、肥料はチッ素分が少ないリンやカリ分の多い物を使用して下さい。
チッ素は3以内、リン・カリは5以上であればOKです。
元肥は植え替え時、大粒用土の上にマグアンプKを小さじ1杯入れます(5号鉢で)。
夜温が10度以下になると根は活動しますので12月初旬に置き肥、1月初旬に又置き肥をする。
花後にも置き肥、この1ヶ月後に又置きます。
これは10円玉くらいの油粕でメーカーは日清ガーデンメイト発売で固形骨粉と書いてある肥料を使用しています。
チッソ(2)リン(6)カリ(12)チッソ分が少ないので肥料当たりはしません。
目安は2〜3芽の5号鉢で1ヶ、花後は2ヶ施用。
液肥は国華園で販売している大菊液肥PK、桃色の角ボトル(1リットル入り)チッソ(2)リン(8)カリ(12)1000円前後、
日清の固形骨粉5㎏入りで1500円前後で各地のホームセンターで販売しています。
全ての植物にこの2種類を使用していますが良く育ちます。
福寿草は葉も無くしかも寒い時期なので肥料の事は忘れがちですが大事な作業です。
※ 植え替えたものや小苗等は葉が展開する頃から与えて下さい。   

Posted by さくら at 23:00Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の水やり

福寿草には排水性と湿度=通気性が大切なようですし、根も張るというので、10号のプラ鉢に植えています。なので乾燥しすぎるということはないので、葉が枯れてからは日陰に置いて余り水は与えず、自然に任せています。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


■福寿草(フクジュソウ)の水やり
成長期、休眠期共に鉢土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
●水やり
成長期:表面が乾いたらたっぷり
休眠期:表面が乾いたら
◆福寿草の栽培管理◆
花が咲き終えると葉が茂ってきて、初夏には地上部分は枯れて休眠に入ります。風通しと水はけの良い日陰に置いておくとよいでしょう。普通6月頃から枯れてくる葉も、水遣りの量が多すぎると早めに枯れてしまいます。福寿草は水を極力控えて管理するのが一番のポイントといわれています。
◆水やり
土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与え、根を乾かしすぎないようにしましょう。生育期、地上部の枯れた休眠期であっても土の湿りけが必要ですので、乾かさないように水を与えるのを忘れないようにしましょう。開花時期は花に水をかけないようにしましょう。
●乾燥を嫌うので冬の休眠期にも水は必要
露地栽培の場合は潅水の必要はありません。よほどのことがない限り、自然の雨水で十分です。
潅水が多すぎるとすぐに腐れてしまいますので、極力水を控えめに管理してください。
特に地上部が枯れた後は注意が必要です。
カラカラにしてはいけませんが、絶対に水をかけすぎないでください。
■水やり
地植えの場合、不要です。
鉢植えの場合、乾いたらたっぷりと与え、地上部が枯れているときにも水遣りを忘れないようにします。
●水やり 成長期:表面が乾いたらたっぷり
休眠期:表面が乾いたら
●水やりは鉢土の表面が乾いたら与えます。晩春に落葉し夏に休眠しますが、休眠中も地下の根は生きていますので、水やりを忘れないようにしましょう。
■福寿草(フクジュソウ)の水やり
乾燥を嫌うので水を切らさないように気をつけてください。
乾燥を嫌うので水を切らさないように気をつけてください。
乾燥を嫌うので水を切らさないように気をつけてください。
水は与え過ぎないように又、表土を乾かさないように育ててください。
水は与え過ぎないように又、表土を乾かさないように育ててください。
根の吸水力が弱いので乾燥に注意し多水やりが必要と。けっこう手間がかかりますね。

灌水:土が乾いたら上げる程度です。
乾燥しない程度に水やりします。
土の表面が乾いたら水をあげてください。
鉢土が乾き始めたらたっぷりと水を与えるようにします。

成長期、休眠期共に鉢土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
成長期、休眠期共に鉢土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
水やり 土の表面が乾けば与える
水やり 土の表面が乾けば与える
水は土の表面が乾いたらしっかりと。
水は土の表面が乾いたらしっかりと。
水は、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
水は、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
水は、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
花が咲いたら、たっぷりの光に当て、土が乾いたら水を与えます。
花には水がかからないようにし、水はけの良い土を選んでください。
花には水がかからないようにし、水はけの良い土を選んでください。
開花時期は花に水をかけないようにしましょう。花が傷むおそれがあります。

福寿草は極端に多湿を嫌う植物です。
通常は6月頃に葉が枯れてきますが、潅水が多いと早い時期に枯れてしまいます。
潅水が多すぎるとすぐに腐れてしまいますので、極力水を控えめに管理してください。
特に地上部が枯れた後は注意が必要です。
カラカラにしてはいけませんが、絶対に水をかけすぎないでください。
露地栽培の場合は潅水の必要はありません。
よほどのことがない限り、自然の雨水で十分です。

【水やり】
 用土が乾いたら水を与えます。乾き過ぎると蕾のまま萎んで花が咲きません。空中湿度も必要で、葉水をまめに与えます。
【水やり】
 用土が乾いたら水を与えます。乾き過ぎると蕾のまま萎んで花が咲きません。空中湿度も必要で、葉水をまめに与えます。6月以後は地上部はなくても乾けば与えます。
[水やり]
 生育期は鉢の表面が乾いてきてから水をかけます。水が多くて過湿状態になると根腐れを起こすので注意します。
 休眠期は、地上部はなくとも根茎は生きていますので、一週間に一度くらいは水をかけましょう。この時期に強い乾燥をさせると枯れたり生育が悪くなります。
[水やり]
 生育期は鉢の表面が乾いてきてから水をかけます。水が多くて過湿状態になると根腐れを起こすので注意します。
 休眠期は、地上部はなくとも根茎は生きていますので、一週間に一度くらいは水をかけましょう。この時期に強い乾燥をさせると枯れたり生育が悪くなります。
[水やり]
 生育期は鉢の表面が乾いてきてから水をかけます。水が多くて過湿状態になると根腐れを起こすので注意します。
 休眠期は、地上部はなくとも根茎は生きていますので、一週間に一度くらいは水をかけましょう。この時期に強い乾燥をさせると枯れたり生育が悪くなります。
水やりは、用土が乾いたら水を与えます。夏も地上部がなくても、地下部は生きていますから、水やりは続けます。
休眠中、特に真夏の水分補給を忘れては枯れてしまう。地上部がなくても、水やりを忘れないようにしなくてはならない。
葉がなくなると水遣り忘れます。葉がなくなっても水遣りは絶対忘れてはダメです。

福寿草の水やりは、乾き気味に管理し鉢土が乾いたらたっぷり与えます。
フクジュソウの根は太くて長いので大きめの鉢がいるし、根の吸水力が弱いので乾燥に注意し多水やりが必要と。

6月ごろに葉は枯れてしまいますが、根が残っているので気がついた時に水をあげてください。
乾燥を嫌うので、表面が乾いたら、水をたっぷりと与えるようにします。地上部が枯れても水やりは忘れないようにします。

フクジュソウは、案外丈夫な花なんですが、水切れは、やばいですね。まあ、地上部がないときですから、しばらく見守ってやってください。

庭植えの場合は、水やりはほとんど要りません!!楽チンですね♪ですが、梅雨が終わり夏の気候になると乾燥する事があります。暑さが強そうな時は、敷きワラを厚く敷いて乾燥を防ぎましょう。
鉢植えの場合は、土の乾燥に気付いたら早目に水やりをします☆夏は、庭植え同様乾燥に注意 しましょう!
庭植えの場合は、水やりはほとんど要りません!!楽チンですね♪ですが、梅雨が終わり夏の気候になると乾燥する事があります。暑さが強そうな時は、敷きワラを厚く敷いて乾燥を防ぎましょう。
鉢植えの場合は、土の乾燥に気付いたら早目に水やりをします☆夏は、庭植え同様乾燥に注意 しましょう!

鉢土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。 夏には地上部は全て枯れますが、根は生きていますので、水やりを忘れないようにしてください。
水やりは、用土が乾いたら水を与えます。夏も地上部がなくても、地下部は生きていますから、水やりは続けます。
水やりは、鉢土が乾いたらたっぷり与えます。6月には葉が枯れますので日陰で管理します。このとき水やりを忘れがちになりますので1週間に一度は水やりを。
土の表面が乾いたら水をあげてください。6月ごろに葉は枯れてしまいますが、根が残っているので気がついた時に水をあげてください。
鉢植えの場合、つい水遣りを忘れがちになり枯らしてしまうことがあります。土の表面が乾いたら水をあげてください。6月ごろに葉は枯れてしまいますが、根が残っているので気がついた時に水をあげてください。
鉢植えの場合、地上部が枯れた後も水やりは続けます。ただし、高温多湿をきらいますので、地上部が枯れた後は極力力水を控えめに管理してください。

乾燥を嫌うので、表面が乾いたら、水をたっぷりと与えるようにします。地上部が枯れても水やりは忘れないようにします。
乾燥を嫌うので、表面が乾いたら、水をたっぷりと与えるようにします。地上部が枯れても水やりは忘れないようにします。
乾燥を嫌うため湿気の多い樹陰などに上、葉の間に十分肥料を施せば自然には開花します。水は与え過ぎないように又、表土を乾かさないように育ててください。

特に注意をして頂きたいのは夏の間の管理です。福寿草は花が終わった後に葉が茂りますが、その葉も夏には枯れてしまい、地上部には何も残らなくなってしまいます。庭植えならば問題ありませんが、鉢植えの場合、つい水遣りを忘れがちになり枯らしてしまうことがあります。
特に注意をして頂きたいのは夏の間の管理です。福寿草は花が終わった後に葉が茂りますが、その葉も夏には枯れてしまい、地上部には何も残らなくなってしまいます。庭植えならば問題ありませんが、鉢植えの場合、つい水遣りを忘れがちになり枯らしてしまうことがあります。  

Posted by さくら at 22:59Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の用土

web上で福寿草に適した用土を調べてみると、根が張るので腐葉土を使ったふかふかの用土が良いようですが、自生地の画像をみてみると、大木の根やガレた岩場などにも生えており、栽培には『排水性』『湿度』の管理の方が重要な要素になっている気がします。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


この花は、土地があわなければいくら移植しても根付きません。
福寿草は根が乾く事を嫌うので、
夏場に乾燥するような場所には植えられても上手く育ちません。同時に、過湿も嫌います。
福寿草は極端に多湿を嫌う植物です。
通常は6月頃に葉が枯れてきますが、潅水が多いと早い時期に枯れてしまいます。
水分の多い、有機質のたくさんはいっている肥えた土でよく育つ。
水はけの悪い湿地や日当たりの良すぎるところ、乾燥するところを嫌う。
落葉樹の下に育てるとよい。鉢やプランターなどの容器で育ててもよい。

栽培は、乾燥を嫌うため湿気の多い樹陰などに上、葉の間に十分肥料を施せば自然には開花します。
露地植えの場合は、夏場半日陰になる水はけのよい場所を選び、福寿草を植える部分だけを高にすると上手に栽培できます。高にすることにより余分な水分が溜まりませんので過湿にならず、福寿草には最適な環境といえます。用土はそのままの地の土で何も混ぜる必要はありませんが、大きめに掘って地面をやわらかくしてから植えてください。
用土は、庭土に腐葉土を混ぜます。
庭植えの場合は、冬季日光の当たる落葉樹の下などが適しています。
庭植えの場合は腐葉土を多めと緩効性の粒状肥料を土に混ぜ入れます。少なくとも30cmの株間をあけて植え付けしましょう☆
庭植えする場合は、広葉樹の下に植え付けると良いですよ。
もともと落葉広葉樹林の下草なので、地植えにする場合は、落葉樹の下を選び、土には、堆肥などの腐食質を多めに施しておく。やや石灰分を好む。
庭植えには、腐葉土を十分に土と混ぜ、やや高く盛り上げるようにして植え込みます。こうしますと水はけがよくなります。
土は堅くならないようにするため、腐葉土(ふ葉)、堆肥などの有機物をたくさん入れておかないと、1回植えると3年から4年そのままにしておくので、土が固くなってしまう。

用土に腐葉土は混入しない事。うまく行った時は素晴らしい作になるのですが赤花種のように雑菌に弱い種もあるので使用しないのが無難かと思います。地植えも同様です。

私は鉢植えの用土として鹿沼土を主体に使っていますが、特に問題はありません。

土は赤玉土5、腐葉土5の水はけの良い土が良いようです。
土は赤玉土5、腐葉土5の水はけの良い土が良いようです。
水はけの良いことが大切です。 
・赤玉土4:鹿沼土4:バーミキュライト2
・小粒赤玉土と腐葉土を等量混合した配合土
小粒赤玉土と腐葉土を等量混合した配合土で植えつけます。
根茎が地下6cmほどの所にあるように植え、年々1〜2cmの増土をする。
鉢は少し大きめ腐葉土中心水はけの良い鹿沼土と混ぜて植え付ける。
赤玉土小粒6、腐葉土4の混合土
硬質赤玉土と硬質鹿沼土の小粒を同割合で混合したものがよく育ちます。
赤玉土に腐葉土を混ぜた水はけのよい土を使い、芽が少し出る程度に土をかけます。
土は軟らかめのものを使うほうが育ちが良いでしょう。
軟質鹿沼土2 : 軽石砂1 の混合土 (5 mm以下の粒を使用)


鉢植えの手順
 1.一般用土を使用した方法

用土は簡単に入手でき、手頃な価格のものを使用してください。
写真は赤玉土50%、鹿沼土50%をブレンドしたもので、大、中、小を準備します。
用土は必ずフルイにかけ、微塵を除いて下さい。
用土は冬に凍結してもバラケない物を、自分の目で探して下さい。
袋に硬質と印刷してありますがアテにしない方がよいでしょう。
赤玉はコゲ茶色で砂質なものを、鹿沼土は白黄色を目安に選ぶと失敗しません。
北関東のホームセンターでは、赤玉土、鹿沼土14リットル入りで200円位です。
最近は赤玉単用植えや、鹿沼単用植えの方も多いですが、単用植えでも水加減が判れば良く出来ます。
2年位で植え替えになりますから、あれこれ混ぜないようにして下さい。
根張優先ですので硬い軽石類は多用しないで下さい。
鉢底に大粒30%、中粒20%入れたところで、元肥のマグアンプKを小さじ一杯、根先に触れない位置に入れます。
小粒を山型に入れます。
鉢に株を並べ花芽の向きを考え、配置を決めます。
この時用土が入りやすいように、根を広げておいて下さい。
根を広げて、鉢の横を叩きながら小粒を入れます。
根が多いとなかなか上手く入りません。
その場合は、根の部分だけに微塵抜きで落とした細粒(挿芽用土でもOK)を更に微塵抜き(アミ戸目)したものを使用すると根に隙間が無く植えられます。
その際、根の周囲や上部は小粒で植えて下さい。
この作業は新聞紙などを円筒にして根の部分を囲うと簡単に出来ます。


2.微粒用土を使用した植え替え方法

左が小粒、右が微粒です。微粒が無い場合、挿芽用の鹿沼土、赤玉土でも大丈夫です。
いずれも微塵抜きは行って下さい。
隙間無く植える為に、新聞紙などを鉢のサイズ等に合わせて円筒状に作成し、根の周りを囲います。
円筒の囲いの内側に微粒用土を入れてから、外側に小粒を入れます。
囲いを抜き取り、表面に小粒を入れて完了です。
ラベルを立てて灌水して下さい。
微粒ですので植え替え後、すぐに灌水をして下さい。
(微粒植えは根との隙間が無いので乾燥が速いため)
ラベルを立て植え替え完了です。灌水のスペースは2㎝位残して下さい。
たっぷりと灌水して微塵を流し、用土を落ち着かせます。
その後、明るい日陰で管理します。
灌水は4日〜7日に1回行ってください。

用土について(大、中、小、細粒、全てフルイに掛けミジンを抜く)
最近は手間の掛からない単用土植えが増えています。
鹿沼土、赤玉土の各単用で良く出来ます。これは仮植えではありませんのでシッカリと植え込む事。
殆どの用土は硬質と袋に印刷して有りますが色で見分けて下さい。
鹿沼土は赤味の少ない白黄色。赤玉土はコゲ茶色のものを選んで下さい。これら凍結してもバラケが少ないです。
用土に手間をかけるなら鹿沼土5割、赤玉土4割、軽石1割、又は鹿沼土5割、赤玉土5割が良く出来ます。
高価な用土を使用しても3年以内に必ず植え替えが必要です。
作落ち株や小苗は細粒で植えると根張りが良くなります。
植える時は必ず、大、中、小の順です。


●土/種類名 赤玉土、砂、腐葉土
用土は花用培養土が使いやすく、追肥に液肥を薄めに施して根を丈夫に育てます。
鉢植えの場合の用土は、硬質赤玉土と硬質鹿沼土の小粒を同割合で混合したものがよく育ちます。(本当かよ!?)
赤玉土(小粒)5:腐葉土3:桐生砂(もしくは軽石の小粒)2の割合で混ぜた土を使用します。もしくは鹿沼土の単用でも育てることができます。
山野草と同じ要領。保水や排水の良い土。腐葉土やミズゴケを多い目の土を使用。
土は赤玉土5、腐葉土5の水はけの良い土が良いようです。
腐葉土などを多く入れた排水のよい土に植えます。
腐葉土を混ぜた土に植え込む。
赤玉土(小粒)6:腐葉土4 と緩効性の粒状肥料を混ぜます。
・赤玉土4:鹿沼土4:バーミキュライト2
・小粒赤玉土と腐葉土を等量混合した配合土
赤玉土6、腐葉土4くらいの用土
鉢に植える場合の用土は、水はけを重視し鉢底に荒砂を多めに入れ、赤玉土、山砂または軽石砂の混合土に、1〜2割の腐葉土か堆肥を加えます。
腐葉土を混ぜた土に植え込む。
植え替えの用土は、赤玉土を7、腐葉土を2、川砂を1の割合に混ぜたものが適当です。人によっては、この用土にカキ殻をくだいて加えるようですが、これは、カキ殻によって、用土が極端に酸性にならないようにするためです。  

Posted by さくら at 22:59Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の増やし方

株で増やすのが一般的なようです。また、株が増えて円形状になったら、全部掘り出して植え替えた方が良いようです。
新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索



ずいぶん前、正月用に買ったフクジュソウの苗を庭の柿の木の下に植えたのですが、年々株数はあまり殖えないながら、忘れずにこの時期に咲いてくれます。

クーコの庭 2009年01月26日 フクジュソウ
http://coo-ko.sblo.jp/article/25955952.html
始めは、7・8年前にお正月用に買った寄せ植えの3株でした。一昨年の花後、陽だまりに植え替えました。今年は、こんなにいっぱい花芽が出てきました。夏の日差しはきつ過ぎるので、木漏れ日位に。

3株が、7-8年経って増えて、円形状の株になってますね。
ということは、下記一文に因ると植え替え&株分けの時期ですね。


株が充実すると枝咲きとなり花数が増える魅力的な品種です。
[その他]
フクジュソウは、畑や庭の同じ場所で長年栽培して株分けや植え替えを続けると、土中に古い根が残ります。こうなると連作障害が起きやすくなり、生育が悪くなってしまいますから、土を入れ替えるか場所の移動が必要になります。
[その他]
フクジュソウは、畑や庭の同じ場所で長年栽培して株分けや植え替えを続けると、土中に古い根が残ります。こうなると連作障害が起きやすくなり、生育が悪くなってしまいますから、土を入れ替えるか場所の移動が必要になります。
[株分け]:5年くらいおきの晩秋に株分けを行う
長年栽培していると円形状の株になり、中心に穴があいて空洞化し、株も老化してしまいます。そのため、大きくなった株は株分けをして株を若返らせましょう。
株分けする際、無理に1芽にすると根の数が少なくなりやすいので、2〜3芽くらいの群になるようにわけると良いでしょう。またこの時、極力根が切れたり折れたりするのを防ぎます。根を短く切ってしまうと、花は咲きますがその後の生育は悪くなり、小さな芽にしか育ちません。
[株分け]
長年栽培していると円形状の株になり、中心に穴があいて空洞化し、株も老化してしまいます。そのため、大きくなった株は株分けをして株を若返らせましょう。
株分けする際、無理に1芽にすると根の数が少なくなりやすいので、2〜3芽くらいの群になるようにわけると良いでしょう。またこの時、極力根が切れたり折れたりするのを防ぎます。根を短く切ってしまうと、花は咲きますがその後の生育は悪くなり、小さな芽にしか育ちません。
[株分け]
 長年栽培していると円形状の株になり、中心に穴があいて空洞化し、株も老化してしまいます。そのため、大きくなった株は株分けをして株を若返らせましょう。
 株分けする際、無理に1芽にすると根の数が少なくなりやすいので、2〜3芽くらいの群になるようにわけると良いでしょう。またこの時、極力根が切れたり折れたりするのを防ぎます。根を短く切ってしまうと、花は咲きますがその後の生育は悪くなり、小さな芽にしか育ちません。

Q:「生育がよくありません」
庭植えのフクジュソウ。よくふえるので4〜5年ごとに植え替え、株分けを行ってきましたが、ここ数年、生育がよくありません。どうしてでしょうか。
A:植え替えは新しい場所に
同じ場所で栽培し続けると連作障害によって生育が悪くなるので、植え替え、株分けの際は、できるだけ新しい場所に植えつけるようにします。

タネまき、株分けで増やすことができます。
タネで育てる場合は採りまきが基本です。
種と株分け絵で殖やす事が出来ます。
種と株分け絵で殖やす事が出来ます。
種と株分け絵で殖やす事が出来ます。

雌しべが熟すと全体がだ円形の果実(集合果という)になる。花が終わって樹林の芽ぶきがはじまると、葉は黄ばみ、新緑のころには果実を散らして地上からはすっかり姿を消す。
そう果(熟すと果皮が乾燥するが裂開しない果実のこと)は長さ4mm~5mm、白毛におおわれ曲がった短い柱頭がある。
花が終わったあと金平糖状の実をつけ、春の終わりころ種を落とし、6月頃には葉が枯れてしまいます。
花が終わったあと金平糖状の実をつけ、春の終わりころ種を落とし、6月頃には葉が枯れてしまいます。
花が終わったあと金平糖状の実をつけ、春の終わりころ種を落とし、6月頃には葉が枯れてしまいます。

園芸分類は多年草で、種からも育てられますが、開花するまで育てるには6年程度かかりますので、通常は鉢植えなどを購入して下さい。
種子が発芽して生長し花を咲かせるまでに5年もかかるといわれます。
種子が発芽して生長し花を咲かせるまでに5年もかかるといわれます。
種子から花を咲かせるのに5年以上かかり、繁殖するのは、なかなか難しい花です。
[殖やし方]
 一般的には株分けです。コンペイトウ状に結実したタネを採り蒔きするのも方法ですが、花が咲くまでに3〜4年くらいを要します。
[殖やし方]
 一般的には株分けです。コンペイトウ状に結実したタネを採り蒔きするのも方法ですが、花が咲くまでに3〜4年くらいを要します。
[殖やし方]
一般的には株分けです。コンペイトウ状に結実したタネを採り蒔きするのも方法ですが、花が咲くまでに3〜4年くらいを要します。

鮮やかな黄色の花は陽射しを受けて咲き、まぶしい明るさです。太陽の光を反射して、花の蕊に太陽熱を集めるパラボラアンテナのような役割をしている花の形ですが、まわりより温度を上げることで、気の早いハナアブなどを集めようとしているのだそうです。
大きく花を広げて早春の陽光を集め、虫たちに暖かい場所を提供して、受粉をしてもらう。虫媒花にもかかわらず、密を出さないめずらしい花だ。
http://www.geocities.jp/mr_keik/hana036.html
この植物は虫によって交配をするため大変な工夫がなされている。花びらを椀状にし、花びらが反射板となり、中央が温かくなるようになっている。つまり虫の日溜りを作っているのだ。そして遠くからでも輝いて見えるようになっている。
寒い時期に咲くので、花の中の温度を下げないための工夫をしているようです。
虫媒花であるが、蜜腺をもたないことや虫の活動が活発でない早春に開花するため、どのように虫を誘引するかが疑問であったが、凹面鏡ような形の花で効率よく陽光を集め、花の温度を高め、虫に休息場所を提供することで誘引しているものと考えられている。
受粉した花は六月に実を結び、それが地表に落下すると、アリがすぐに見つけ、巣に運ぶ。アリによって種子や果実が運ばれる植物はアリ散布植物といわれるが、フクジュソウなどの春植物やスミレやカンアオイの仲間の種子には、エライオソームとよばれるアリを誘引する物質を含んだ付属体がついている。巣に運ばれた種子は、エライオソームの部分だけが食べられ、種子自体は巣の中のごみ捨て場に捨てられたり、巣外にほうり出される。このようにして種子は発芽能力を失うことなく、親植物から離れたところに散布される。
受粉した花は六月に実を結び、それが地表に落下すると、アリがすぐに見つけ、巣に運ぶ。アリによって種子や果実が運ばれる植物はアリ散布植物といわれるが、フクジュソウなどの春植物やスミレやカンアオイの仲間の種子には、エライオソームとよばれるアリを誘引する物質を含んだ付属体がついている。巣に運ばれた種子は、エライオソームの部分だけが食べられ、種子自体は巣の中のごみ捨て場に捨てられたり、巣外にほうり出される。このようにして種子は発芽能力を失うことなく、親植物から離れたところに散布される。
●その他・雑学メモ●
種で別の場所に芽を出すのですが、この種を運んでせっせと繁殖に手を貸している者がいました。蟻です。
春も終わってこの花に種ができる初夏、蟻がこの種を巣に運び入れているのを見かけます。蟻が好きな匂いでもするのか、または甘いのか?
この種は蟻の大好物で、まわりの果肉の部分を食べます。蟻の活動範囲はそれほど広くありません。森の中の同じような生育環境にばら撒かれ、やがて芽を出します。蟻に運ばれた福寿草の種は翌年発芽します。
こんなずんぐりしたかたちで真冬を越えます。(前年2月撮影)
種で別の場所に芽を出すのですが、この種を運んでせっせと繁殖に手を貸している者がいました。蟻です。
春も終わってこの花に種ができる初夏、蟻がこの種を巣に運び入れているのを見かけます。蟻が好きな匂いでもするのか、または甘いのか?
こんなずんぐりしたかたちで真冬を越えます。(前年2月撮影)


繁殖は株分けによって行います。
鉢植えなら 花が終わった時点で鉢から抜いて土を全部落としてみてください。想像以上に立派な根が付いています。上から見ると新芽がでていますのでこれを付ける様に二つぐらいにハサミで切り分け小粒の赤玉と同量の腐葉土に8:8:8ぐらいの化成肥料を少量混ぜて植え込み寒い間は日当たりのよい所に置き4月半ばぐらいには半日陰に置きます。

鉢植えの場合、根の生育が早いので大きめの鉢に植えつけましょう。
大株になると生育が鈍るので、花芽が出る11月頃に4〜5株に分けて植え替えましょう。
大株になると生育が鈍るので、花芽が出る11月頃に4〜5株に分けて植え替えましょう。
大株になると生育が鈍るので、花芽が出る11月頃に4〜5株に分けて植え替えましょう。
大株になると生育が遅くなるので、花芽が出る11月頃に5株ほどに分けて植え替えましょう。
鉢で3年くらい楽しんでから株分けしながら、地植えで1~2年くらい栽培します。
鉢では3年くらい楽しめますが、根がはってきますので株分けしながら、地植えで1〜2年くらい栽培します。

株分方法は、花の後早めに(1週間以内)鉢から株を出し土を落とし良く水洗いします。すると根と茎、花との接続が良く解ります。といっても長い根が絡み合っているところもあります。その株の中で分けやすいところを選び分けます。
花の後、時間を置きますと、来年の花芽のために葉が成長してきます。その葉が成長してからでは葉が傷んでやりにくいです。この株分は秋にやることも出来ます。植木業者は秋が多いです。一般の愛好家の方は植え替え株分けは寒くなってからが良いと思います。
【殖やし方】
殖やすのは株分けです。植え替え時に株が大きくなっていれば株分けをしますが、2〜3年に一度が目安です。2〜4芽に分割して、露地に植えるか、5号深鉢に植えます。
株を分ける
3〜4年に1度、土から掘り上げ株分けをしましょう。1つの株をそれぞれに芽が付くように3〜4個に分けます。あとは、上記の【植え付け】と同様のやり方で植え付けをしたら完成です (*´∇`*)v

繁殖は株分けによって行います。
花の後、葉が成長して夏前には葉は枯れます。
蓄えられた養分により秋口に花芽が盛り上がってきます。
その花芽を分割して売りに出します。

■増やし方
株分けで殖やすことができます。ただ、根っこがかなり地中に深く伸びていますので、掘りおこすときには根っこを切らないように気をつけます。
株分けして植えると、新しい芽が冬の寒さに当たると花が咲く。
寒さに当てないと花が咲かなかったり、咲いてもいい花は望めない。
増やし方は株分けで増やす。
9月下旬から10月上旬頃までに株分けをする。移植もこの頃がよい。株を分けるときは、根が大きいので竹べらかナイフで芽を3〜4つ付けて分けるとよい。
●株分け●
芽が出る前の9〜10月に株分けで殖やします。
11月中〜下旬に芽や根を傷めないように注意して株を起こし、
鋭利な刃物で2〜3芽に小分け、または7〜10芽に大分けします。
植え替えは、休眠期の夏に行いますが、この時株が大きくなっていれば株分けで殖やします。
2〜3年に1度が目安で、2〜4芽に分割して、切った部分には墨汁を塗ります。
【殖やし方】
殖やすのは株分けです。植え替え時に株が大きくなっていれば株分けをしますが、2〜3年に一度が目安です。
2〜4芽に分割して、露地に植えるか、5号深鉢に植えます。

株分けで増やすことができます。
株分けは植え替えと同時に行います。
あまり細かく分けすぎると生育が衰えたり枯れてしまいますので、株は土をよく落とした後、地下茎と芽をちゃんと確認して分けます。目安として1株に5〜6芽が付くように分けます。
株分けは植え替えと同時に行います。
あまり細かく分けすぎると生育が衰えたり枯れてしまいますので、株は土をよく落とした後、地下茎と芽をちゃんと確認して分けます。目安として1株に5〜6芽が付くように分けます。

福寿草は株分けでも案外よく殖えます。
株分けだと得られる株の数では種まきに劣りますが、とにかく毎年花は見られます。
うちの福寿草は5年前ホームセンターで2芽付きのものを購入し、落葉樹の下に植えました。1度株分けして、今ではそれぞれが10芽ほどの株に成長しました。
ごくふつうの黄色い福寿草は、適地に植えれば丈夫によく育ち、1年で倍近く芽を増やします。はじめの1、2年はさみしいけれど、3年目くらいからはたくさん咲くようになります。
そのまま長く育てているとあまり芽が殖えなくなるようです。
うちではもう植えるところがないので放ってありますが、ときどき秋に株を分けてやるとまたよく殖えるようになります。
赤花系の福寿草は多少気難しくて、黄色花ほどは殖えません。それでも5年も経つと1芽の株が5〜6芽ほどには殖えてきます。
品種ものは種から育てると品種の特徴が出ないことが多いので、株分けで殖やす方が確実です。
株分けの際の注意としては、秋に行うこと、根が広く張っているので深く掘り取ってなるべく根を切らないようにすること、乾燥させないようにあまり土は落とさずにすぐに植え付けること、の3点です。土が落ちてしまった場合は根を大きく広げるように植え付けます。分ける際にはあまり小さく分けず、ひと株に3芽くらいはつけるようにします。





● 増やし方 ●
種子の場合、乾燥しすぎない日陰に採り播き。
普通は株分けで増やします。9〜10月までに株分け。
株を太らせるには、
花のころから、骨粉と油粕を半々に混ぜたものを一握り、株元にばら撒く。
● 増やし方 ●
種子の場合、乾燥しすぎない日陰に採り播き。
普通は株分けで増やします。9〜10月までに株分け。腐葉土を混ぜた土に植え込む。
株を太らせるには、
花のころから、骨粉と油粕を半々に混ぜたものを一握り、株元にばら撒く。
● 増やし方 ●
種子の場合、乾燥しすぎない日陰に採り播き。
普通は株分けで増やします。9〜10月までに株分け。

【タネまき】採ってすぐにまく(発芽は遅く、翌春以降)
【タネまき】採ってすぐにまく(発芽は遅く、翌春以降)
【タネまき】採ってすぐにまく(発芽は遅く、翌春以降)

おしべは多数あり、黄色です。めしべの 数も多くあり、種ぶくろは短く、緑色をしています。花が終わると、細い毛のある実ができます。実はかた まって、丸い卵のようになります。その一つ一つの種ぶくろに一つの種が入っています。

採りまき
タネを採取してすぐにまくこと。種を乾燥させると発芽率が低下する性質のものなどはこの方法でタネをまきます。

種からも育てられますが、開花するまで育てるには6年程度かかります
フクジュソウは、成長に時間がかかるので、花が咲くまで、種をまいてから4年ほどかかりました。

フクジュソウは実生でもどんどん増え ますので、種ができたら取り撒きにして増します。
タネで育てる場合は採りまきが基本です。
採りまき
タネを採取してすぐにまくこと。種を乾燥させると発芽率が低下する性質のものなどはこの方法でタネをまきます。
種子から花を咲かせるのに5年以上かかり、繁殖するのは、なかなか難しい花です。
福寿草は種で増えるそうですが、花をつけるまでに7年もかかるそうです。
種子から花を咲かせるのに五年以上かかり、繁殖は容易でない。
福寿草は種子を蒔いて花が咲くまで五年以上もかかる繁殖が難しい花
福寿草は種子から花を咲かせるのに五年以上かかる!?
種子から花を咲かせるのに、五年以上もかかると言われている多年草『福寿草』。
種子を播いてから開花するまでに、条件が整っているところで6〜7年、普通の場合だと10年以上かかります。
種子から花を咲かせるのに5年以上かかり、繁殖するのは、なかなか難しい花です。
1.フクジュソウをはじめ早春期植物と言われるものは、普通は採り播きした方が発芽率がよいです。そのため、フクジュソウも5月頃完熟した種子を採り播きします。(鉢や木箱などに) 
発芽は翌春となりますので、それまではミズゴケや切りワラなどを敷き乾燥を防ぎます。発芽しても3,4年はそのままで育てます。
結実させると株は相当に疲労しますので注意してください。
福寿草は芽が出て花を咲かせるまでいには、数年かかります。さらに、為重のようにたくさんの花を咲かせるような大きな株になるには10年くらいかかります。


http://www.engeinavi.jp/qa/html/11462.html
福寿草について (3)
名前:せいちゃん (05/10/13 11:12) 削除 
福寿草が好きで増やしたいのですが、株で購入すると高価で、出来ることなら種子から増やしたいと考えています。1.福寿草の発芽は何日か。2.福寿草の種子は販売されているのか。3.販売価格は?。4.申し込み先は。

名前:亜阿相界 (05/10/13 16:12) 削除 
せいちゃんさん、こんにちわ。
最近は自生のフクジュソウを見る機会が激減してしまいましたが、野山であの花にめぐり合うと幸せな気分になれますね。
お尋ねの実生による増殖の件ですが、フクジュソウの場合、種子を播いてから開花するまでに、条件が整っているところで6〜7年、普通の場合だと10年以上かかります。
それを知ったうえで、
1.フクジュソウをはじめとしてニリンソウやカタクリ、ショウジョウバカマなど早春期植物と言われるものは、貯蔵して後で播くより、普通は採り播きした方が発芽率がよいです。そのため、フクジュソウも5月頃完熟した種子を採り播きします。(鉢や木箱などに) 
発芽は翌春となりますので、それまではミズゴケや切りワラなどを敷き乾燥を防ぎます。発芽しても3,4年はそのままで育てます。(これについては、低温処理など別の方法があるかもしれません)

一番確実なのは、フクジュソウを育てていらっしゃる家の人にお願いして種子を分けていただくことだと思います。

自生するフクジュソウは、環境省をはじめとして自生のある各県でレッドデータブックに記載されており、多くは「絶滅危惧種」に指定されています。(環境省全国レッドデータでは絶滅危惧Ⅱ類)

はじめは株ものを買ってきて開花結実させ、その種子ではじめるという手もあります。ただし、結実させると株は相当に疲労しますので注意してください。
せいちゃんさんが、フクジュソウの生育に適した本州北部〜北海道の方なら育てること自体はそう難しくないと思います。頑張ってください。

名前:ぽん (05/10/14 20:41) 削除 
せいちゃんさん、亜阿相界さん、こんにちは!
わたしも福寿草が大好きで庭に植えています。
種から育てることもできるのですね! でも「開花まで10年」と聞いて驚きました。
ところで、福寿草は株分けでも案外よく殖えます。
「種から育てる」ご質問に対して「株分け」の横回答、思い切りトピずれなのですが、福寿草好きのお節介の言うことと思ってご容赦ください。
株分けだと得られる株の数では種まきに劣りますが、とにかく毎年花は見られます。
うちの福寿草は5年前ホームセンターで2芽付きのものを購入し、落葉樹の下に植えました。1度株分けして、今ではそれぞれが10芽ほどの株に成長しました。
ごくふつうの黄色い福寿草は、適地に植えれば丈夫によく育ち、1年で倍近く芽を増やします。はじめの1、2年はさみしいけれど、3年目くらいからはたくさん咲くようになります。
そのまま長く育てているとあまり芽が殖えなくなるようです。
うちではもう植えるところがないので放ってありますが、ときどき秋に株を分けてやるとまたよく殖えるようになります。
赤花系の福寿草は多少気難しくて、黄色花ほどは殖えません。それでも5年も経つと1芽の株が5〜6芽ほどには殖えてきます。
品種ものは種から育てると品種の特徴が出ないことが多いので、株分けで殖やす方が確実です。
株分けの際の注意としては、秋に行うこと、根が広く張っているので深く掘り取ってなるべく根を切らないようにすること、乾燥させないようにあまり土は落とさずにすぐに植え付けること、の3点です。土が落ちてしまった場合は根を大きく広げるように植え付けます。分ける際にはあまり小さく分けず、ひと株に3芽くらいはつけるようにします。


栽培技術    平成福寿草の会編
http://www.geocities.jp/fukujusou2004/index.html
福寿草栽培のポイント    平成福寿草の会編
株分けと植え替え(北関東での栽培例です。)
植え替えの適期ですが春は花後の新葉が展開する直前が最も失敗が少ないです。
株分け時、新根を切らないように十分に注意して下さい。根の少ない株は小分けにしない事。
秋の植え替えは8月下旬より10月中旬頃がベストです。
地植えする場合も花後が無難です。但し根が切られているポット苗などは1〜2作鉢作りをしてから地植えにします。。
力のない株や増殖しようとする場合は、見る花数を限定し(2花位)蕾の小さい時、又花後は種を付けないよう早めに花を摘み取ります。
鉢植えは5号鉢に2〜3芽を目安に小さ目の鉢に植えるのが上作のヒケツです。

3~4月または8~9月に種まき。苗床に湿らせた上培養土を入れ、うすく種を播く。そのまま、上からビニールで覆って15℃~18℃に保つ。芽が大きくなってきたら、ポットに1株ずつ植え替える。大きくなったら30cm離して植えつける。
http://www.flowercity.jp/flower_contents_sub1/contents_detail.htm?idx=2&menu=grow
  

Posted by さくら at 22:58Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の育て方

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


■福寿草(フクジュソウ)の育て方・管理
福寿草(フクジュソウ)の花を咲かせる栽培のポイント

日照:秋~春は日向、夏は半日陰
日照 日陰の涼しい場所を好みます。
日照:日当たり〜半日陰を好む
日当たりを好みますが、半日陰でも育ちます。
日当たりを好みますが、半日陰でも育ちます。鉢植えも夏は軒下などに移動し遮光します。
日当たりと風通しのよい場所で管理してください。12月に十分寒さにあてます。

日の当たるか明るい日かげで水はけのよい湿気分を含んだ腐葉土の場所で育てるのが良いでしょう。
鉢の底は、水切りのいいようにゴロ石を入れて培養土を入れてください。
半日陰と排水のよい土壌を好みます。
花は太陽の陽で開きます
この花は寒い時期でも日光に当ると花が開き、夕刻には閉じてしまう向日性の強い植物です。曇っているときや気温が低い場合は花が開きません。
日光が当たらないと花が開かないので、日陰に置いたりしない。
日に当たると花が開き、暗い場所では花は開きません。
日に当たると花が開き、暗い場所では花は開きません。
日光にあたると花が開き、日が当たらないと花は開きません。
日光の当たるところで管理してください。
日当たりのよい場所に置くとよいようです。
春は日向、夏は半日陰、排水良く、適当な湿り気。
早春に芽を出して、開花します。
暖地では2月に咲きます。
東北地方以北では3〜4月に開花します。
開花後は、葉が展開し、
晩春になると葉は枯れ、
夏は地下部だけが残って、休眠します。
地上部が活動するのは、2〜3ヵ月です。
地上部が活動するのは、2~3ヵ月です。
葉が展開するのはわずか3ヶ月あまりなので、この時期は日によく当てる。
葉が展開するのはわずか3ヶ月あまりなので、この時期は日によく当てる。
約三ヶ月、地上に姿を見せる植物なのだ。
短い生育期間でのしっかりした管理が勝負
芽出しから、地上部が枯れるまでは、日なたで育て、地上部が枯れた後は、日陰に置きます。
つぼみが伸びだして地上部が枯れるまでは、日光が当り風通しの良いところで管理します。
福寿草は日光をいっぱい浴びると、つやも増し美しい花を咲かせます。
福寿草の育て方のコツは、日に当てること。
開花までに日当たりのよい場所で栽培すると花色がよくなります。
開花までに日当たりのよい場所で栽培すると花色がよくなります。
開花後に強い日光に当てすぎると色が褪めます。
開花後に強い日光に当てすぎると色が褪めます。
芽出しから開花までの間、直射日光によく当てていただくと花色が良くなります。
逆に直射日光に当てないで栽培されると花色が薄くなることがございます。
【置き場所】観賞時は明るい室内に置きます。
福寿草の習性なんですが、曇りや日陰では咲きにくいのです。
フクジュソウはその花のメタリックな金色の輝きが春の光に映えるときが一番で、雨や曇りのときは閉じてしまう。
花が咲いたら、たっぷりの光に当て、土が乾いたら水を与えます。
鉢の場合も、芽出しから地上部が枯れるまでは、日なたで育て、地上部が枯れた後は、日陰に置きます。

福寿草は日光をいっぱい浴びると、つやも増し美しい花を咲かせます。
花期の時は、日当たりの良い場所で育ててください。
花期の時は、日当たりの良い場所で育ててください。
花期の時は、日当たりの良い場所で育ててください。
開花時期はできるだけよく日の当たる場所で育てましょう。
開花時期はできるだけよく日の当たる場所で育てましょう。
開花期以外は、日陰に置いてね!
観賞時は明るい室内に置きます。
花が咲き始めると茎が伸びだし葉も繁ります。
花が咲き終わり、葉が出てきたら、今度は日陰で管理します。
花が咲き終わり、葉が出てきたら、今度は日陰で管理します。
咲き終った花は順次摘み取ることで、花は次々に咲きます。
咲き終った花は順次摘み取ります。花は次々に咲きます。
咲き終わった花がらは摘み取ります。
花が終わったら明るい日陰で育てます。
花が終わったら明るい日陰で育てます。
花が終わったら明るい日陰で育てます。
福寿草の花がらは、こまめに摘み取りましょう。
咲き終った花は順次摘み取ることで、花は次々に咲きます。
咲き終った花は順次摘み取ります。花は次々に咲きます。
花が終わってきたら、葉がどんどん茂ります。
花が終わり葉が出てきましたら、逆に日陰が良いです
花が咲き始めると茎が伸びだし葉も繁ります。
花が咲き終わった頃から、鉢は半日陰へ移します。
花が終わると茎葉がぐんぐん伸びてきます。この頃(花後)から明るい日陰で育てます。
花が終わると茎葉がぐんぐん伸びてきます。この頃(花後)から明るい日陰で育てます。
花が終わったら鉢から抜いて落葉樹(夏、日陰の所)の根元に植え込めば毎年美しい花を咲かせます。
花後は半日陰になるような落葉樹の東側などが適地。
花後も葉のある間は日光に当て、5月末に葉が枯れたら木陰などに移して夏は涼しくすごさせます。
花後の葉を五月中頃までしっかりと育てる事である。この葉が翌年のための芽作りをする。
花後には金平糖状の果実をつけ,6月ころには葉が枯れて休眠する。
開花期以外は、日陰に置いてね!
水切れに注意し、花後にお礼肥えを施したら、半日陰で水やりを続けます。
晩春になると葉は枯れ、夏は地下部だけが残って、休眠します。
福寿草の花が終わった頃から、鉢は半日陰へ移動し梅雨の休眠期以降は日陰で育てます。
葉が茂るようになったら半日陰に移し、地上部が枯れて休眠期に入ったら風通しの良い北側に置いて管理します。
気温が上がって葉がなくなったら大事な品種は長雨を避けやや乾かし気味に管理した方が無難です。
地上部が枯れた後の初夏までは、根が生きており、秋になると根が活動し始めます。
休眠期の鉢は棚下や日陰に置いて管理します。
休眠期には涼しい半日陰がよいわけで、落葉樹の根元か鉢植えになります。
梅雨時期になると地上部が枯れます、それ以降は日陰で育てます。
梅雨時期になると地上部が枯れます、それ以降は日陰で育てます。
梅雨の時期になると地上部は枯れて、休眠に入るので、それ以降は日陰で育てます。
梅雨後の高温期は乾燥防止のため、厚く敷きワラを敷く。

3月迄日当り良く、
4月から、鉢植えを、草丈の高い、蓬・笹・寿洲貴等の草の中へ隠しておく。(水切れ・除草に注意・葉が出てから、夏に枯れるまでは液肥管理)。
3月中旬には日陰で育てます。
4月下旬~5月中旬には葉が枯れますが、根は活動を続けて秋には翌春の花芽がつくられます。
4月下旬~5月中旬には葉が枯れますが、根は活動を続けて秋には翌春の花芽がつくられます。
五月暖かくなると地上部が枯れて休眠に入る。
5月末から6月には 休眠状態になりますので、乾燥しない程度に 水やりをしながら 日陰で管理します。
6月になると地上部は枯れて休眠期に入ります。
6月頃から梅雨にかけて葉が枯れていきます。
6月頃から梅雨にかけて葉が枯れていきます。
6月から10月の間、葉が枯れたら根は休眠状態。
6月から10月の間、葉が枯れたら根は休眠状態。
6月には葉が枯れますので日陰で管理します。
6月くらいになると地上部が無くなり、休眠する期間の長い植物です。
6月になると地上部は枯れて休眠期に入ります。休眠期の鉢は棚下や日陰に置いて管理します。
初夏、葉が枯れてなくなります
夏の6月頃から地上部が枯れて11月頃から花芽が育ってきます。
夏は半日陰か明るい日陰が適しています♪
夏は半日陰か明るい日陰が適しています♪
夏は半日陰、それ以外の季節は日当たりで育ててください。
夏は半日陰、それ以外の季節は日当たりで育ててください。
夏は涼しい日陰で過ごし水やりを忘れずに行う。
夏場は、日陰で管理しましょう。
夏の高温多湿は苦手のようです。特に土中の温度が高くならないように気を付けて下さい。
夏の高温多湿は苦手。夏場は、日陰で管理しましょう。
日照 戸外の直射日光下(花後すぐ〜10月下旬は50〜70%遮光)
日照 戸外の直射日光下(花後すぐ〜10月下旬は50〜70%遮光)
秋に新芽が育ち春に開花、梅雨時に枯れて夏は休眠。開花にはよく日に当てて、
秋から活動をはじめ、花芽を肥大させます。
秋になると、根が動き始めて、晩秋に花芽ができます。
秋になると、根が動き始めて、晩秋に花芽ができます。
冬〜春は日当たりが良い所・・・たっぷり日光浴させましょう !!
冬に地上部は枯れますが、春にまた芽吹きます。
冬に地上部は枯れますが、春にまた芽吹きます。
冬から晩春までは日が当たり、夏から秋は半日陰になる場所が栽培に適します。
鉢植えの場合は、冬には明るい縁側などの暖かい場所に置きましょう。
晩秋に芽を出し、冬に花が咲き晩春には種を落とし枯れてしまう。
晩秋から早春の開花期にかけては日当たりがよく、晩春から初秋までは半日陰になる場所が適します。
晩秋から早春の開花期にかけては日当たりがよく、晩春から初秋までは半日陰になる場所が適します。
晩秋に芽が出てから、花が咲き終わるまでは日当たりの良いところに置きます。この時期日当たりが悪いと花が開かないことがあります。
冬〜春は日当たりがよく、夏〜秋に半日陰になる落葉樹の下などで栽培する。
冬〜春はよく日に当て、夏以降は日陰で。
冬〜春は日当たりが良い所・・・たっぷり日光浴させましょう !!
日光の当たるところで管理してください。
置き場所は十一月から翌年五月まで、日の当たる場所に置き、後は日陰に置き変える。
11月から花芽が育ち始め、1月〜3月の間のうち1ヶ月くらい咲きます。
11月から花芽が育ち始め、1月〜3月の間のうち1ヶ月くらい咲きます。
11月から翌年5月までは、日の当たる場所に置きます。
11月から翌年5月までは、日の当たる場所に置きます。
11月から翌年5月までは、日の当たる場所に置きます。
12月に取り出して、加温。
12月は、立春のころの庭を彩ってくれるフクジュソウの植えつけ時期になります。
近年の夏の異常な暑さには少し音を上げているようですが、耐寒性は抜群です。
寒さにはとても強いです
寒さにも大変強いので、冬も日中は屋外に出して、十分に日に当てます。
寒さに非常に強く、日光をいっぱい浴びると、つやも増し美しい花を咲かせます。
耐寒性の強い植物です。
耐暑性 わりと強いが、地上部がないので存在を忘れない
寒さに強く、暑さに弱い植物です。
耐寒性 強いが、凍らせない
耐寒性は強いはずです。
耐寒性はありますが、凍結には気を付けましょう
耐寒性はありますが、凍結には気を付けましょう。
耐寒性は強い植物ですが、凍らせないように注意しましょう。
耐寒性は強い植物ですが、凍結には弱いです。
耐寒性の強い植物です。
耐寒性 強いが、凍らせない
−15℃まで耐えられます。
−15℃まで耐えられます。
低温の刺激で花芽ができるので、必ず寒さに当てるようにします。
低温の刺激で花茎を伸ばすので、寒さに当てる。
(低温の刺激で花茎を伸ばすなら、高温の刺激で花を咲かすはず。太陽じゃない。)
※ 「紅花が弱い」は、寒さに弱い意味ではありません。
※ 12月中旬から開花の間の植え替えは厳禁です。
※ 2〜3月で溶ける凍結は問題ありません。
フクジュソウは寒さに強い植物ですから、寒冷地以外では特別な保護の必要はないでしょう((南方の方が書いたのかしら。)。
霜・凍結は問題ありませんので、必ずベランダや庭などの屋外で管理してください。
(ただし、屋内で栽培していたものを突然寒い屋外に出すのは避けましょう)
フクジュソウは寒さに強い植物ですから、寒冷地以外では特別な保護の必要はないでしょう。

雪が消えると畑の土手一面にフクジュソウが咲きだし、
桜が咲く頃になると土手を覆い尽くす群落になり、独特の香りが漂います。

遅咲き性で、2月頃に開花します。寒さにあったほうが色が鮮やかです。

福寿草は暖かい場所で管理すると芽が腐れる場合がございます。
福寿草は暖かい場所で管理すると芽が腐れる場合がございます。
加温された室内での栽培は厳禁です!!
加温された室内での栽培は厳禁です!!
ビニールハウスの場合は加温されていない場合のみOKです。
ビニールハウスの場合は加温されていない場合のみOKです。

乾燥に弱いので、乾燥すると外皮が固まって花が咲かない時は先を切って花を開かせてください。
蕾を包む薄い皮に切り込みを入れると、花が咲きやすくなるようです。
蕾の時の乾燥は禁物です。時々霧をかけてやって下さい。
つぼみの状態の鉢植えを購入した場合は、つぼみの乾燥は禁物です。
時々霧吹きなどで、つぼみにも水をかけてあげましょう。
また、つぼみを包む薄い皮に切り込みを入れると、花が咲きやすくなります。
乾燥に弱いので、乾燥すると外皮が固まって花が咲かない時は先を切って花を開かせてください。
霜・凍結は問題ありませんので、必ずベランダや庭などの屋外で管理してください。
(ただし、屋内で栽培していたものを突然寒い屋外に出すのは避けましょう)

福寿草 秩父紅
古くから知られたオレンジ色の花を付ける銘花です。
植え替え : 11月頃
用途 : 鉢植え・庭植えなど。
日照 : 日当たり及び半日陰
用土 : 適度な湿度
耐寒性 : 強

福寿草(フクジュソウ) 秩父真紅 苗
赤花系の珍しい福寿草。2月頃に開花します。秩父紅の選抜種。※5号鉢、枯れやすいので花後まで植え替えないでください、大小3芽程度。
遅咲き性で、2月頃に開花します。寒さにあったほうが色が鮮やかです。寒さに非常に強く、日光をいっぱい浴びると、つやも増し美しい花を咲かせます。
日光の当たるところで管理してください。陽の当たる軒下が最適です。
温室で加温しないでください。色が薄くなります。
夏は日かげの涼しい所に置いてください。花が終わったら鉢から抜いて落葉樹(夏、日陰の所)の根元に植え込めば毎年美しい花を咲かせます。

品種の性質により芽の太り具合大きさが違います。例えば三段咲などは秩父紅のような芽の太さにはなりません。
「花園」と「むさしの」は実生から生まれた新品種兄弟株です。三段咲きと咲き方が似ていますが関係ありません。
「秩父紅」は流通しているすべてが実生育生品です。花色に多少ばらつきがあります。

雪解けと同時に咲き始め、春を告げる花としてなじみの深い福寿草。
山地のやや明るい林内などに生える高さ10〜25cmの多年草。
日本全土の日のよく差し込む山地の林床や土手、丘陵に自生。
自生地は雑木林が多いです
自生地では雑木林の日だまりなどで群落をつくり、特に関東地方以北の低い山地に福寿草の群生地があります。
自生地では雑木林の日だまりなどで群落をつくり、特に関東地方以北の低い山地に福寿草の群生地があります。
福寿草の自生地が雑木林。真冬は枯れ木の下で育ち、花を咲かせますが、春以降は広葉樹の足元など、日陰で育つ植物なので、環境を同じように整えてあげると丈夫に育つのです。
全国の山地に生えるが、北地のほうが自生が多い。
福寿草は北海道から九州まで広く分布しますが、特に寒さに強くて寿命も長く、関東以北の自生の方が多いようです。
比較的北部に多く自生するが、自生地が激減している
里山の雑木林や低山のケヤキ林、ブナ林、ハンノキ林などの落葉広葉樹林の下や土手の草地に群生するので、ともかく木々の芽ぶきの前に探しに出かけること。今では全国的に少なくなった。自生地では方々で福寿草祭りが行われたりするので自生地を知るのはかんたんだ。
現在では自生地も減り、一部では絶滅危惧種指定となっています。
環境庁のレッドデータブックの絶滅危惧2類にランクされているのだとか。盗掘が問題になっているようですね〜

日本全国の落葉樹林下などに生える多年草。いわゆる春植物で、地上部は初夏まで枯れる。群生することが多く、茎先に見栄えのする頭花が1〜数個開花。山地では雪解けの頃、春を告げるように開花。我が庭先では、シバザクラ、クロッカスに次いで咲いた花である。


「分布」山地の林下に生える多年草 現在は栽培種多く
    正月前に球根が販売される。(h13.12購入)
「栽培」花後、晩春には葉も枯れ球根で夏を越す。
    初冬に花芽を出し葉より花から咲き、葉は春に茂る。
    少し日陰で栽培する。
「生態」2月の下旬になると花も多数になり葉も茂る。
    一芽から数個の花が咲きこの頃、初めの花は散る。

年中多少の湿り気があり、冬から春には日が当たり夏には陰になる場所、落葉樹の下などに植え込むのが最適。
つぼみが伸びだして地上部が枯れるまでは、日光が当り風通しの良いところで管理します。
暑さには弱いので、夏は日陰になる場所を選んでください。鉢植えも夏は軒下などに移動し遮光します。
水はけの良い場所で育ててください。鉢植えでも庭植えでもお楽しみいただけます。
水はけの良い土壌を好みます。根が広く張るので、鉢植えの場合は大きめの深鉢を用いるようにします。
栽培作業 冬に日当たりがよく夏日陰になるような、水はけの良い地を選びます。堆肥を混ぜた土に30cm間隔で植えつけます。5月〜9月は休眠します。乾燥しない程度に水やりします。
根茎が地下6cmほどの所にあるように植え、年々1〜2cmの増土をする。
我が家のフクジュソウは20数年前に購入、10年前に植え替えたままである。
水はけの良い土壌を好みます。
戸外の半日陰で管理します。
鉢植え、庭植えに適し、半日日陰で水はけの良い所を好む。

生育期には陽光を好みますから(休眠期は半日陰が望ましい)、
この時期に日陰になるような場所は、福寿草を植えるのには適していません。
生育期にはよく日が当たり、休眠期の夏場は半日陰になる場所。
年中多少の湿り気があり、冬から春には日が当たり夏には陰になる場所、落葉樹の下などに植え込むのが最適。

福寿草は早春、雪が消えるとすぐに地面からニョキっと生え出し、花を開きます。
この頃になると森の中は他の木々が新緑を開き始め、薄暗くなっています。
福寿草は、森の木々が葉を広げる6月頃には一年の活動を終えてしまうのです。「春の妖精」と言われる所以です。
この草は暑い夏を避けて夏眠するため、春にしか草姿を見ることが出来ない。

園芸品種によっては春咲きや遅咲きのものもあります。
日本の山地での自生も見られるので、山野草仕立てもできます。
正月頃に花を咲かせる植物と思われがちですが野生のものや自然の環境下では春3月〜4月を中心に花を咲かせます。 

福寿草の自生地が雑木林。真冬は枯れ木の下で育ち、花を咲かせますが、春以降は広葉樹の足元など、日陰で育つ植物なので、環境を同じように整えてあげると丈夫に育つのです。
福寿草は落葉樹の陰に育ち(落葉中なので陽当たりは良いはず)、冬から初夏にかけて葉を出して光合成を行い、夏から秋は休眠するという生活パターンをとります。だから今ごろ葉が枯れてくるのはかまいませんが、葉を切るのでは光合成が阻害されるだけです。
葉は自然に枯れるまでそのままにしておいてください。来春のための力を蓄えます。
完全に枯れたら屋外の明るい木陰に放置して、雨が当たるようにしておけば大丈夫です。  

Posted by さくら at 22:57Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の露地植え

福寿草は根が張り、根が大切なようで、栽培には露地植えが一番適しているみたいですが、お正月に根を切り詰められて浅い鉢に植えられた株を憂い、長く育ててほしいと願う気持ちから、「お正月に観賞したら露地植えしてあげましょう」という記述が多くありました。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索



【野草の花です・・・】
庭植えする場合は、広葉樹の下に植え付けると良いですよ。もともと野草の花なので、なるべくそれに合った環境で育てると、キレイに、上手に育てて楽しむ事ができます
日の当たるか明るい日かげで水はけのよい湿気分を含んだ腐葉土の場所で育てるのが良いでしょう。乾燥に弱いので、乾燥すると外皮が固まって花が咲かない時は先を切って花を開かせてください。

庭に植える場合でしたら夏は日陰になる落葉樹の下などが適しています。
地植えにしたままですと2~3月に開花する
1)露地植えにする場合は落ち葉が厚く積もったような水はけのよいところに植える。
2)夏は木の葉が茂って日陰になり、涼しくてしかも乾燥しない環境がベスト。
日の当たるか明るい日かげで水はけのよい湿気分を含んだ腐葉土の場所で育てるのが良いでしょう。
冬に日当たりがよく夏日陰になるような、水はけの良い地を選びます。
1)露地植えにする場合は落ち葉が厚く積もったような水はけのよいところに植える。
2)夏は木の葉が茂って日陰になり、涼しくてしかも乾燥しない環境がベスト。

冬は日当たりがよく、夏は半日陰になる落葉樹の下に育つ植物ですから、戸外でこの条件に合うような場所に植えます。
露地栽培の場合は、乾燥の予防と除草に、梅雨後に敷きワラをしておくとよいでしょう。
冬に日当たりがよく夏日陰になるような、水はけの良い地を選びます。堆肥を混ぜた土に30cm間隔で植えつけます。5月〜9月は休眠します。乾燥しない程度に水やりします。露地栽培の場合はシキワラをかけておくとよいでしょう。
露地栽培の場合はシキワラをかけておくとよいでしょう。
梅雨後の高温期は乾燥防止のため、厚く敷きワラをしきます。

フクジュソウを庭植えするには、排水のよいこと、西日を避けることが大切で、落葉樹の下などで夏は葉が茂って陰になるような場所を選びます。庭植えには、腐葉土を十分に土と混ぜ、やや高く盛り上げるようにして植え込みます。こうしますと水はけがよくなります。しかし、反対に乾きやすいので、特に夏は、葉が枯れてありませんけれども、株の上に落ち葉やわらをかぶせて、乾かないように注意し、土の下の芽を大切にします。このように庭植えにしておけば、冬を過ぎて春には、毎年のように花をつけます。3、4年もしますと、芽の数がふえますので、その時には、秋に3芽か4芽を1株にするように株分けをします。  フクジュソウの肥料は、強い化成肥料を与えるよりも、油カスや骨粉の玉肥を株元に埋める方法が適しています。  フクジュソウの栽培で大切なのは、葉を大切にすることで、翌年のためのよい芽をつくり、よい花を咲かすことにつながります。

フクジュソウは寒さに強く、暑さに弱い植物です。
一般にフクジュソウのように早春に開花する多年草は、冬に暖かくて日当たりが良く、5、6月からは半日陰の涼しい所が植えつけ適地です。よく利用されるのは、落葉樹の樹幹下です。ここなら冬は日当たりが良く、夏は木陰の涼しい環境が得られます。  
植えつける2週間ほど前に、30cm以上深く耕し、腐葉土と混ぜておきます。植えつけるときは、株の芽が少し隠れる程度(深さ10cmくらい)の広めの穴を掘り、根を傷めないように広げて置き、土を掛けます。根の間に土が入るように、軽く押しつけておきましょう。
植え付け場所は、夏涼しく、冬は日当たりの良い所が望まれます。一般にフクジュソウのように早春に開花する日陰の涼しい所が植え付け適地です。良く利用されるのは落葉樹の樹幹下です。ここなら冬は日当たりが良く、夏は木陰の涼しい環境が得られます。
植えつける2週間ほど前に、30cm以上深く耕し、腐葉土と混ぜておきます。植えつけるときは、株の芽が少し隠れる程度(深さ10cmくらい)の広めの穴を掘り、根を傷めないように広げて置き、土を掛けます。根の間に土が入るように、軽く押し付けておきましょう。

もともと落葉広葉樹林の下草なので、地植えにする場合は、落葉樹の下を選び、土には、堆肥などの腐食質を多めに施しておく。やや石灰分を好む。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/sanyasou/adonis.html

露地植えの場合は、用土はそのままの地の土で何も混ぜる必要はありませんが、大きめに掘って地面をやわらかくしてから植えてください。
露地栽培の場合は、肥料を好む(多くあげる)植物の周りは避けたほうが無難です。
根茎が地下6cmほどの所にあるように植え、年々1〜2cmの増土をする。
フクジュソウは、寒さに強く、暑さに弱い植物です。根は長く、それを切ると枯れたり、株が弱ったりします。こうした性質を損ねないようにするのが、栽培のこつになります。 
福寿草を地植えする場合は、腐葉土などを多く入れた排水のよい土に植えます。
露地植えの場合は、夏場半日陰になる水はけのよい場所を選び、福寿草を植える部分だけを高にすると上手に栽培できます。高にすることにより余分な水分が溜まりませんので過湿にならず、福寿草には最適な環境といえます。

鉢植えは、花が咲き終わった後に地植えにすると、数年後にはまた花を咲かせます。
花が終わったら鉢から抜いて落葉樹(夏、日陰の所)の根元に植え込めば毎年美しい花を咲かせます。
地植えにする場合も、普通の草花を育てるときよりは深めに、花壇を耕すといいでしょう。

フクジュソウの植えつけ 日当たりが良く、夏は木陰で涼しい落葉樹の樹幹下に。
植えつけ場所は、夏涼しく、冬は日当たりの良い所が望まれます。一般にフクジュソウのように早春に開花する多年草は、冬に暖かくて日当たりが良く、5、6月からは半日陰の涼しい所が植えつけ適地です。よく利用されるのは、落葉樹の樹幹下です。ここなら冬は日当たりが良く、夏は木陰の涼しい環境が得られます。 

自生地は、早春は日が当たり、初夏から日陰になる落葉樹林下の斜面などですから、地植えの場合はそのような場所に植え付けます。
植え場所 日当たりのよいところを好みます。
植えつけ場所は、夏涼しく、冬は日当たりの良い所が望まれます。
植え場所は、春にはよく日があたり、夏は日陰になる場所が最適。落葉樹の下など。
植え場所は、春にはよく日があたり、夏は日陰になる場所が適。落葉樹の下などが最適。
庭に植える場合でしたら夏は日陰になる落葉樹の下などが適しています。
花の咲く時期は主に春ですが、暖かい地方では早春から花を咲かせることも多いようです。
自生する環境は落葉樹林の中や、栄養豊富な雪解け水が流れるような場所に自生します。
露地植えにする場合は落ち葉が厚く積もったような水はけのよいところに植える。
庭に植えるのもいいです。落葉樹の下辺りが特にいいですね。
夏は木の葉が茂って日陰になり、涼しくてしかも乾燥しない環境がベスト。

自生する環境は落葉樹林の中や、栄養豊富な雪解け水が流れるような場所に自生します。
自生地は、早春は日が当たり、初夏から日陰になる落葉樹林下の斜面などですから、地植えの場合はそのような場所に植え付けます。
冬は日当たりがよく、夏は半日陰になる落葉樹の下に育つ植物ですから、戸外でこの条件に合うような場所に植えます。
福寿草を地植えする場合は、夏は日陰になるような場所を選びます。落葉樹の下などがよいでしょう。夏は地上部が消えてしまうので、植えた場所が分からなくなってしまわないよう、しるしをつけておきます。

露地植えにするといつの間にかなくなってしまいます。
福寿草(フクジュソウ)は同じ場所で栽培し続けると連作障害がおこります。
植え替え、株分けの際は、できるだけ新しい場所に植えつけるようにします。
連作を嫌う。地植えの株は、3〜4年をめどに場所を替える。
放置すると、白絹病が発生して全滅することがある。
地植えも3〜4年に1回は植え替えが必要になるみたい。芽が出る前の9〜10月に株分けで殖やします。
3〜4年に1度、土から掘り上げ株分けをしましょう。1つの株をそれぞれに芽が付くように3〜4個に分けます。

露地植えにすると案外早く消えてしまう。土が固くなったり、栄養不足になり勝ちだからかも、花後の葉を5月中頃までしっかり育てることが大切である。この葉が翌年のための芽作りをする。5月暖かくなると地上部が枯れて休眠に入る。約3ヶ月、地上に姿を見せる植物です!

Q:福寿草の培養土よりも、庭植の場合、植え場所はどんな所に植えられているのでしょうか?
A:福寿草は根が乾く事を嫌うので、夏場に乾燥するような場所には、植えられても上手く育ちません(同時に、過湿も嫌います)。
また、生育期には陽光を好みますから(休眠期は半日陰が望ましい)、この時期に日陰になるような場所は、福寿草を植えるのには適していません。よく、梅などの落葉樹の下に植えると、機嫌良く育ってくれる事が多いのですが、これは夏場に葉影ができて、土の乾燥が少しでも軽減されるからだと思います。用土も確かに大切ですが、植え場所を今一度点検してみて下さい。(生育期にはよく日が当たり、休眠期の夏場は半日陰になる場所)。


福寿草の管理
栽培のポイント - フクジュソウ〔福寿草〕
◇ 自生地では、落葉樹の下に群生する。
自生地に近い環境で育てるとよい。
◇ 地植えの場合は、特に手入れの必要ない。
花が咲き出すまで、霜や凍結を抑える為に、落ち葉などをかけてもよい。
フクジュソウ〔福寿草〕の 生育条件
落葉樹の下の比較的水はけのよい場所。
寒さには強いが、暑さと乾燥には弱い。
山の自生地では、東北側の斜面を好む。
用 土
排水のよい土。
腐葉土を施し、あらかじめ堆肥などの肥料を土にまぜて耕しておくとよい。
http://www.flowers-beauty.com/007_flowers/adonis/adonis_30.htm
福寿草の写真集
http://www.flowers-beauty.com/007_flowers/adonis/adonis_90.htm

栽培畑の風景
http://protist.i.hosei.ac.jp/pdb/Sampling/Organisms/Plants-2/Adonis_01.html
農業あれこれ/営農情報
集落営農組織による福寿草栽培の取り組み(大里農林振興センター普及部),
http://www.ja-fukaya.com/arekore/einou/0703-1.pdf

20年ほど前から家の裏庭にある斜面に植え、株分けや新たに種まきなどを繰り返してきた。赤みの強い花や黄と緑の混色の花、花びらの先がギザギザの種類など、フクジュソウだけで「約30種、7-800株ほど」(岩下さん)が植えてある。
http://www8.shinmai.co.jp/flower/2009/02/04_009162.php


●為重の福寿草は一切植えて増やしていません。(ただし一部、今回遊歩道の整備のため移動はしました)年2回草刈りなどをして、大切に育てています。花を咲かせるまでには大変時間がかかっています。絶対に掘って帰らないでください。
http://ww1.tiki.ne.jp/~k-inoki/tameshige.html  

Posted by さくら at 22:57Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の植え替え

福寿草の植え替えの記述には、お正月用に根と切り詰められた浅い鉢からの植え替えが多く紹介されていました。
新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


植え替え ■秋(11月下旬〜12月)
増やし方 ■株分け(植え替え時期)
場所 ■4月〜11月は半日陰、その他は日向(落葉樹の下がよい)
●植える時期 10月〜12月
●植え替え 秋
植え替え・株分け 10月上旬〜12月上旬(根はとても長いが、切り詰めないほうがよい)。
植え替え・株分けの適期は、秋やや遅く10月下旬~11月頃で、この頃になると地上には芽は見えないものの、活動が始まります。この頃に掘って株分け、植え替えを行うのが最もダメージが少なく、その後の生育もよくなります。
植え付け場所は、あらかじめ30cmくらいの深さに穴を掘って、土に腐葉土や堆肥を混ぜて、花つきのよくなるようリン酸の多い緩効性肥料などを混ぜたところに植えつけます。
植えつける2週間ほど前に、30cm以上深く耕し、腐葉土と混ぜておきます。
植えつけるときは、株の芽が少し隠れる程度(深さ10cmくらい)の広めの穴を掘り、根を傷めないように広げて置き、土を掛けます。根の間に土が入るように、軽く押しつけておきましょう。 
鉢植えは1年おきくらいで植え替えをします。
鉢植えは2年に1回、庭植えも3〜4年に1回は植え替えをすると綺麗に花が咲きます。
鉢植えは2年に1回、庭植えも3〜4年に1回は植え替えをすると綺麗に花が咲きます。
鉢植えは2年に1回、庭植えも3~4年に1回は植え替えをすると綺麗に花が咲きます。
2〜3年に一度行う
3年〜5年に1回は植え替えましょう。
3〜4年に1回、掘り上げて株分けします。
4年に1回は植え替えましょう。植え替えと株分け時期は11月です。株分けは一株に10芽が目安です。
大株になると生育が遅くなるので、花芽が出る11月頃に5株ほどに分けて植え替えましょう。
植え替えは葉が枯れてから行う。
植え替えと株分け時期は11月です。
12月は、フクジュソウの植えつけ時期になります。
根が広く張るので、鉢植えの場合は大きめの深鉢を用いるようにします。
根茎が地下6cmほどの所にあるように植え、年々1〜2cmの増土をする。
フクジュソウは根が長く伸びるので、平鉢には植えつけません。
株分けを行うときは、芽数をあまり細かく分けないよう、3芽くらいとし、根はできるだけ長くつけて掘り上げ、乾かさないよう手早く植えつけます。
鉢植えの場合は、3芽につき5号鉢くらいの大きさのものに植えてください。
株分けは一株に10芽が目安です。(10芽は多過ぎると思います
3芽程度の株は5号鉢に、5芽以上の株は6〜7号鉢
毎年植え替えるならまだしも、5芽以上6〜7号鉢は小さいと思います
根の量が多いため、鉢植えにする場合は、5号くらいの深鉢を用いる。
6号(18cm)以上の大きめの鉢を使いましょう。
6号(直径18センチ)以上の大きさの深さのある鉢
福寿草は、根が張る(土中深く伸び、また横にも広がります)ので、鉢植えにする場合には、 下部の大きさに対して大き目の鉢に植えます。地植えにする場合も、普通の草花を育てるときよりは深めに、花壇を耕すといいでしょう。
福寿草は、根が張る(土中深く伸び、また横にも広がります)ので、鉢植えにする場合には、 下部の大きさに対して大き目の鉢に植えます。地植えにする場合も、普通の草花を育てるときよりは深めに、花壇を耕すといいでしょう。
鉢植えの場合、根の部分の生育が早いので大きめの鉢に植えつけましょう。
鉢植の場合は、結構根が張るタイプなので、大き目の鉢に植えて下さい。
福寿草は根が多い植物なので、浅鉢植えの市販品はほぼ花が終わったころ、鉢から抜いて露地に植えるのが無難です。あるいは、用土のたくさんはいる大きめの鉢に植え替えてもかまいません。
鉢植の場合は、結構根が張るタイプなので、大き目の鉢に植えて、特に土中の温度が高くならないように気を付けて下さい。
フクジュソウの根は太くて長いので大きめの鉢がいるし、
福寿草は、根が張る(土中深く伸び、また横にも広がります)ので、鉢植えにする場合には、 下部の大きさに対して大き目の鉢に植えます。
根が多い植物なので、用土のたくさんはいる大鉢に植えつけます。

フクジュソウは茎や葉に対して根の多さはその何倍かで、根の生育を阻害すると花が咲きません。鉢植えで毎年花を咲かせる難しさがここにあります。大鉢に植え替えるか庭植えにするかになります
通常は鉢植えなどを購入して下さい。
浅鉢植えの市販品は、花が終わったころ、鉢から抜いて露地か大鉢に植え替えます。

福寿草の植え替えの適期は、11月から12月です。それ以外の時期は植え替えはダメです。植え替え時の注意事項は、根が長いので切らないように注意することと、掘りあげた根は絶対に乾燥させないことの二点です。掘りあげた根は、植えるまでのわずかの間でも、濡れた新聞紙などに包んでおくことです。どの草花も原産地の土の状態を研究してください。山野草を持ち帰っても育ちません。

特に注意をして頂きたいのは夏の間の管理です。
寒さにはとても強い福寿草ですが、夏の高温多湿は苦手のようです。
暑さには弱いので、夏は日陰になる場所を選んでください。
耐暑性 わりと強いが、地上部がないので存在を忘れない
夏の暑さに大変弱いので、西日の当たらない場所で管理しましょう
夏の高温多湿は苦手。
夏の間は日陰に置く事で暑さを凌ぐ事が出来ます。
耐寒性の多年草で、暑さには弱いので、夏は木陰に置いた方がよいでしょう。

■福寿草(フクジュソウ)の植え替え
根がよくのびる植物です。
平鉢植えのものを購入した場合は、早めに深鉢に植え替えるとか、庭に植えつけてください。
福寿草(フクジュソウ)の植え替えは秋(11下旬ごろ) に行います。
3芽程度の株は5号鉢に、5芽以上の株は6~7号鉢に植えつけます。
一回り大きな鉢に鉢底石を入れ、根腐れ防止に炭のかけらなどを入れます。
古土を軽く落し、根は切らずに広げて植え、すき間ができないようにすることが大切です。
用土の例 ・赤玉土4:鹿沼土4:バーミキュライト2
       ・小粒赤玉土と腐葉土を等量混合した配合土

株を据えたら培養土を少しずつ入れ、培養土が根の隅々まで行き渡るようにハシなどを使って突きます。
お正月の飾りにする場合は上に化粧砂を深さ1cmぐらい敷きます。
最後にたっぷりと水やりをします。

根が多い植物なので、用土のたくさんはいる大鉢に植えつけます。ですから、浅鉢植えの市販品は、花が終わったころ、鉢から抜いて露地か大鉢に植え替えます。

4年に1回は植え替えましょう。植え替えと株分け時期は11月です。株分けは一株に10芽が目安です。
害虫・殺菌対策 特に必要なし
肥   料 化成肥料を施しましょう。薄い液肥を水やり代わりに与えます。
灌   水 土が乾いたら上げる程度です。
植え場所 日当たりのよいところを好みます。
増やす場合は、夏に株分けをします。
フクジュソウは根が多いので、鉢植えの場合は深鉢を使用します。

鉢やプランターでも育ちます。
鉢植え、庭植えに適し、半日日陰で水はけの良い所を好みます。
植え場所は、春にはよく日があたり、夏は日陰になる場所が適。落葉樹の下などが最適。
鉢植えの場合、根の生育が早いので大きめの鉢に植えつけましょう。大株になると生育が鈍るので、花芽が出る11月頃に4〜5株に分けて植え替えましょう。
植え替えは、休眠期の夏に行いますが、この時株が大きくなっていれば株分けで殖やします。2~3年に1度が目安で、2~4芽に分割して、切った部分には墨汁を塗ります。
植え替えは二、三年に一度でも大丈夫。十一月に根を切らず大き目の鉢に植替えする。
適期は春または秋です。
腐葉土などを多く入れた排水のよい土に植えます。
来春、芽が出たら水遣りを始め、鉢植えなら日向にうつし、うすい液肥をときどきやればいいでしょう。

[植え替え時期]
6月くらいになると地上部が無くなり、休眠する期間の長い植物です。
休眠期ならいつでもかまいませんが、10月から12月頃が適期です。
[植木鉢・土]
 フクジュソウは浅植えをすると根が乾燥してしまい、上手に育てることが出来ません。やや深めの植木鉢を使用しましょう。お正月の寄せ植え等で浅い鉢に植え込んだ場合は、花を見た後で栽培する鉢に植え替えます。
 土は軟らかめのものを使うほうが育ちが良いでしょう。
使用例   軟質鹿沼土2 : 軽石砂1 の混合土 (5 mm以下の粒を使用)
[植え付け]
 ヒゲ根が放射状に伸びていますから、特に株元の根と根の間に土が良く入り込むように心がけます。根の間に土が入らないと生育不良を起こし、来年の花を望めなくなります。根茎が地上に露出しないように 5 cmくらいは土がかかるようにすると良いでしょう。

【花壇への植え付け】
お正月の寄せ植えで良く見かける福寿草ですが、お正月が過ぎたら、大きな鉢に移し替えるか、庭植えにして下さい。寄せ植えのまま、屋内に置いていると、株が弱って枯れてしまいます。これは、寄せ植えにする時に、福寿草の根を短く切ってしまうからです。ですから鉢植えにする時には1回り大き目の鉢にしてくださいね。
土は赤玉土5、腐葉土5の水はけの良い土が良いようです。

【植え替え】
10〜2月の間が植え替えのできる時期です。正月用には、12月上旬に植え替えますが、浅植え鉢に植えるにはかなり根を切らねばなりませんから、株が弱ります。したがって、株養成に2〜3年はかけるようにします。

植え付け
庭植えの場合は・・・ 腐葉土を多め と緩効性の粒状肥料を土に混ぜ入れます。少なくとも30cmの株間をあけて植え付けしましょう☆
鉢植えの場合は・・・ 赤玉土(小粒)6:腐葉土4 と緩効性の粒状肥料を混ぜます。新芽が付いている物を、5〜6号の鉢に植え付けましょう。

■植え付け
夏場は木陰になり、晩秋から春にかけてはお日様がたっぷり当たるような肥沃な場所を選びます。
暑さに弱いので、夏場には地上部は枯れますが、マルチングなどをして乾燥させないようにします。

[植え替え時期]
 6月くらいになると地上部が無くなり、休眠する期間の長い植物です。
休眠期ならいつでもかまいませんが、10月から12月頃が適期です。
[植木鉢・土]
フクジュソウは浅植えをすると根が乾燥してしまい、上手に育てることが出来ません。やや深めの植木鉢を使用しましょう。お正月の寄せ植え等で浅い鉢に植え込んだ場合は、花を見た後で栽培する鉢に植え替えます。  
[植え付け]
 ヒゲ根が放射状に伸びていますから、特に株元の根と根の間に土が良く入り込むように心がけます。根の間に土が入らないと生育不良を起こし、来年の花を望めなくなります。根茎が地上に露出しないように 5 cmくらいは土がかかるようにすると良いでしょう。
[置き場所]
 つぼみが伸びだして地上部が枯れるまでは、日光が当り風通しの良いところで管理します。早めに花を見たいときは、日中は日光に当てて夜は部屋の中に取り入れて保温すると良いでしょう。
 花が咲き始めると茎が伸びだし葉も繁りますが、6月になると地上部は枯れて休眠期に入ります。休眠期の鉢は棚下や日陰に置いて管理します。
 フクジュソウは寒さに強い植物ですから、寒冷地以外では特別な保護の必要はないでしょう。

[植え替え時期] 休眠期ならいつでもかまいませんが、10月から12月頃が適期です。
[植木鉢・土] フクジュソウは浅植えをすると根が乾燥してしまい、上手に育てることが出来ません。やや深めの植木鉢を使用しましょう。
[植え付け]
 ヒゲ根が放射状に伸びていますから、特に株元の根と根の間に土が良く入り込むように心がけます。根の間に土が入らないと生育不良を起こし、来年の花を望めなくなります。根茎が地上に露出しないように 5 cmくらいは土がかかるようにすると良いでしょう。

植え付けの適期はこの地上部が枯れているときです。
地上部が枯れているので、新芽や地下茎を痛めないよう注意深く掘り上げます。
根の生育が旺盛なので、夏には根が張れるような深さがある鉢に植え替えます。

一番心配なのは、庭に花が咲いた状態を見て、『終わったら株分けしてちょうだいね』という場合で、実は、これが一番多く、 失敗も多い実例なのです。
通常の植物は、花が終わったら、株分けするのが普通ですが、夏に休眠するものは、夏に向けて大きく根を切ると、 切り口から細菌が入って腐りやすくなったり、十分に株が充実せずに休眠するため、株が大きく、弱って花が咲かなくなってしまいます。 どうしてもやる場合には、根や地下茎を傷つけないように、出来るだけ丁寧に植え付け後は、殺菌剤を水に溶かして灌中しておくとよいでしょう。

お正月の寄せ植えに使われたものなどや、鉢に植わっていたものを植え替えたり、 地面に下ろしたりする程度なら問題なく行えます。
地植えにされる事をオススメします。多年草ですが手入れをしないと数年後には消えてしまう可能性があります。
福寿草は根の生育が非常に旺盛なので、浅鉢に植えられているものは、夏には根が充分張れるような深さがある鉢に植え替えたほうが、その後の生育がよいです。
植え替えや株分けなど根を大きく傷つける可能性のある作業は、花の前、秋~冬の初め、10月~1月くらいまでに行うのが一般的です。

■福寿草(フクジュソウ)の植え替え
平鉢植えのものを購入した場合は、早めに深鉢に植え替えるとか、庭に植えつけてください。
福寿草(フクジュソウ)の植え替えは秋(11下旬ごろ) に行います。
3芽程度の株は5号鉢に、5芽以上の株は6~7号鉢に植えつけます。
一回り大きな鉢に鉢底石を入れ、根腐れ防止に炭のかけらなどを入れます。
古土を軽く落し、根は切らずに広げて植え、すき間ができないようにすることが大切です。
株を据えたら培養土を少しずつ入れ、培養土が根の隅々まで行き渡るようにハシなどを使って突きます。
お正月の飾りにする場合は上に化粧砂を深さ1cmぐらい敷きます。最後にたっぷりと水やりをします。


鉢植えの場合、根の生育が早いので大きめの鉢に植えつけましょう。
●植える時期 10月〜12月
●植え替え 秋
●鉢植えの植え替えは、毎年または隔年に1回、時期は11月中旬〜12月上旬に行います。根は長いものでもなるべく切らず広げて土になじませるようにし、芽が半分ほど出る深さに植えます。

植え替え 10月上旬〜12月上旬
(根はとても長いが、切り詰めないほうがよい)
鉢植えの場合、根の生育が早いので大きめの鉢に植えつけましょう。
露地植えにするといつの間にかなくなってしまいます。
福寿草(フクジュソウ)は同じ場所で栽培し続けると連作障害がおこります。
植え替え、株分けの際は、できるだけ新しい場所に植えつけるようにします。

■購入株の管理
【花壇への植え付け】お正月の寄せ植えで良く見かける福寿草ですが、お正月が過ぎたら、大きな鉢に移し替えるか、庭植えにして下さい。寄せ植えのまま、屋内に置いていると、株が弱って枯れてしまいます。これは、寄せ植えにする時に、福寿草の根を短く切ってしまうからです。
鉢植えにする時には1回り大き目の鉢にしてくださいね。
適期は春または秋です。
【植え替え】10〜2月の間が植え替えのできる時期です。正月用には、12月上旬に植え替えますが、浅植え鉢に植えるにはかなり根を切らねばなりませんから、株が弱ります。したがって、株養成に2〜3年はかけるようにします。
【花壇への植え付け】 適期は春または秋です。腐葉土などを多く入れた排水のよい土に植えます。

植え替えのポイントは「根の扱い」です。
2年に1回程度株分けも兼ねて植え替えが必要となります。
植え替えは9月〜10月が適期です。
この時期は地上部が枯れてしまって土中の根だけの状態になっています。鉢から抜くと、順調に生育しているものなら長い根がたくさん生えているはずです。しかし、うっとうしいからといって根を切りつめてはいけません。前述したようにフクジュソウの根は水を吸う力が弱いので、根がそれだけ少なくなってしまうと充分に水を吸えなくなって、最悪の場合枯れることもあるからです。ですから植え替えるときはできるだけ根を大切に扱いましょう。
 6号鉢(直径18cm)以上の深さのある鉢を使い、根はできるだけ広げて植え付けるようにします。
正月に寄せ植えなどで購入したものは例外として花後すぐに大きな鉢に植え替えた方がよいでしょう。特に小さな鉢に植えられているものは根を切りつめてしまっているものが多いので、少しでも早く根を回復させるためにも大きな鉢に植え広げます。

■福寿草(フクジュソウ)の植え替え
平鉢植えのものを購入した場合は、早めに深鉢に植え替えるとか、庭に植えつけてください。
福寿草(フクジュソウ)の植え替えは秋(11下旬ごろ) に行います。
3芽程度の株は5号鉢に、5芽以上の株は6~7号鉢に植えつけます。
一回り大きな鉢に鉢底石を入れ、根腐れ防止に炭のかけらなどを入れます。
古土を軽く落し、根は切らずに広げて植え、すき間ができないようにすることが大切です。
株を据えたら培養土を少しずつ入れ、培養土が根の隅々まで行き渡るようにハシなどを使って突きます。
お正月の飾りにする場合は上に化粧砂を深さ1cmぐらい敷きます。
最後にたっぷりと水やりをします。

また、露地植えにするといつの間にかなくなってしまいます。
福寿草(フクジュソウ)は同じ場所で栽培し続けると連作障害がおこります。
植え替え、株分けの際は、できるだけ新しい場所に植えつけるようにします。
連作を嫌う。地植えの株は、3〜4年をめどに場所を替える。放置すると、白絹病が発生して全滅することがある。
連作を嫌う。地植えの株は、3〜4年をめどに場所を替える。放置すると、白絹病が発生して全滅することがある。



園芸相談_フクジュソウの植替えについて
【相談内容】
フクジュソウの植え替えは、いつがよいか。花のあとに行ってよいか。
【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子先生 (いわき市フラワーセンター園芸アドバイザー)
フクジュソウは、クリスマスローズなどと同じく、秋~冬~春が生長期で、夏に休眠する植物ですので、 植え替えや株分けなど根を大きく傷つける可能性のある作業は、花の前、秋~冬の初め、10月~1月くらいまでに行うのが一般的です。
ただし、もともとお正月の寄せ植えに使われたものなどや、鉢に植わっていたものを植え替えたり、 地面に下ろしたりする程度なら問題なく行えます。
一番心配なのは、庭に花が咲いた状態を見て、『終わったら株分けしてちょうだいね』という場合で、実は、これが一番多く、 失敗も多い実例なのです。
通常の植物は、花が終わったら、株分けするのが普通ですが、夏に休眠するものは、夏に向けて大きく根を切ると、 切り口から細菌が入って腐りやすくなったり、十分に株が充実せずに休眠するため、株が大きく、弱って花が咲かなくなってしまいます。 どうしてもやる場合には、根や地下茎を傷つけないように、出来るだけ丁寧に植え付け後は、殺菌剤を水に溶かして灌中しておくとよいでしょう。
http://www.iwakicity-park.or.jp/flower-center/archives/2009/02/post_586.php

園芸店などには12月頃にポット苗が売られているのを見かけますが、
一般的に植えつけは夏の休眠期がよいとされています。
花が終わったら鉢から抜いて落葉樹(夏、日陰の所)の根元に植え込めば毎年美しい花を咲かせます。
問題は夏越しで、「花後は落葉樹の根元に植え込むのがよい」

実際、フクジュソウは、小鉢に植えておくのは非常に難しい。植え替えてみると分かるが、よくぞ、こんな所に入っていたというほどに根が長大なのである。大きな鉢に植え替えるか、地面に降ろしてやりたい。
http://home.att.ne.jp/omega/HAL2000/hiyori/th010.html

日当たりの良い場所や涼しい場所を選んで移動できる点で、鉢植えも便利です。露地のように、長い根を広げるわけにはいかないので、巻くようにして植えつけ、短く切り詰めないようにします。
日当たりの良い場所や涼しい場所を選んで移動できる点で、鉢植えも便利です。6号(18cm)以上の大きめの鉢を使いましょう。用土は、庭土に腐葉土を混ぜます。露地のように、長い根を広げるわけにはいかないので、巻くようにして植えつけ、短く切り詰めないようにします。
日当たりの良い場所や涼しい場所を選んで移動できる点で、鉢植えも便利です。6号(18cm)以上の大きめの鉢を使いましょう。用土は、庭土に腐葉土を混ぜます。露地ように、長い根を広げるわけにはいかないので、巻くようにして植え付け、短く切り詰めないようにします。

フクジュソウは寒さに強い植物ですので、植え替えは冬の間に行いましょう。 通常は霜が降りてから12月に行います。 花が完全に枯れる前に鉢から抜き取り、根鉢を崩して用土を完全に取り除きます。
庭植えの場合は、落葉樹の下になる場所に腐葉土をかなり多めにすき込みます。 根を傷めない様にていねいに植えつけてから、たっぷり水やりしてください。 その後、腐葉土や落ち葉などを株元のまわりにたっぷり敷いてやりましょう。
庭植えの場合は、とくに水やりは必要ないですが、 真夏に乾きすぎる場合は、そばの落葉樹に水やりしてください。 夏には葉が枯れてわからなくなってしまいますが、 植えつけた場所を忘れないようにしてください。
フクジュソウは根が下に伸びますので、鉢植えの場合は深めのやや縦長の鉢を使いましょう。 底にゴロ土を入れて、用土は小玉の赤玉土:腐葉土=1:1で良いでしょう。 元肥としてマグアンプをスプーン2,3杯まぜておきます。
植え替え後は屋外の日当たりの良い場所で管理してください。 夏は苦手なので、落葉樹の葉が茂ってきたら、風通しの良い日陰に移してください。 落葉する頃にまた日向に戻します。
http://www.jiten8.com/flower/jiten/SANYASOU/fukujyuso.php  

Posted by さくら at 22:56Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草は正月の花

福寿草はお正月に関連した花として、浅い鉢に植えられ、年末年始に販売されていますが、根が切られているので、取り扱いには留意しましょう。
新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索



●フクジュソウは鉢植えや松竹梅と寄せ植えにして元日の花として愛でられてきました。
古くは江戸時代から正月の飾り花とされ大切にされ吉祥木として珍重されてきました。

寒い冬の中でも、緑を保つ松。竹。その冬に花を咲かせる梅。
 また、「松」は常緑であることから不老長寿につながるとして平安時代から吉祥の象徴とされるようになった。 竹は室町から。 「梅」は江戸時代から・・・のようです・・・。
私が昔聞いたのは 松は「不変」、竹は「健やか」、梅は「産め」。 これらに藪コウジなどの実物を入れて「実る」→「成就」。南天は「難」が「転」じる。だったような・・・。
http://kan1.at.webry.info/200712/article_2.html

関西は「梅」を主木ですが、関東は「松」を主木です。今回、関西バージョンの「梅」を主木とした「松竹梅の寄植」の仕方を説明します。
それぞれには、おせち同様、いろいろな意味(想い)がこめられています。地域により違うかも知れませんがご参考までに。
松  父親をあらわす
梅  母親をあらわす
竹  子供をあらわす
南天 難を転ずる
十両 金運を招く
http://www.meikoen.co.jp/page_7001.htm

早春の花フクジュソウは、漢字で「フク」は幸福の「福」、「ジュ」は「寿」、「ソウ」は「草」と書き、大変 おめでたい正月の花としても名高く、「元日草」の別名もあります。

暮れになると園芸店などの店頭に、正月用としてフクジュソウの鉢ものが並びます。これらのフクジュソウは、ほとんどがすぐにでも花が咲き始めるような状 態で売り出されますが、すべて正月に花が咲くように保温され、栽培された室咲きのものです。

【花の印象など】
 ガンジツソウという別名があるように、新年を飾るめでたい花として昔から栽培されています。ただし、元日というのは旧暦のことで、通常の栽培では正月頃には咲かず、暖地は2月、暖地以外では3月頃咲きます。
 やや暑さを嫌いますが、写真の株は午前中3時間程度日の当たるところに植えて数年たちますが、毎年、よく咲いてくれます。
【花の特徴と性質】
花の咲く頃は10㎝ほどですが、葉が伸びてくると30㎝ほどになります。
一般的には黄色の品種が多いですが、オレンジ色の花を咲かせる品種もあります。花径は3〜4㎝ほどです。
耐寒性は強いですが、夏の強い日射しと高温を嫌いますので、落葉樹の下などに植え込みます。

◇花後は大きな鉢に植え替え
花後、茎と葉が茂り、梅雨のころには地上部を枯らします。ですから置き場所は、葉がある間は明るい半日陰、夏は日陰、冬から春は日なたです。水やりは「鉢土が乾いたらたっぷり与える」基本を守ります。夏日陰となる落葉樹の下に植えてもよいでしょう。(園芸研究家)

フクジュソウ  (福寿草)
促成栽培されたものは,お正月に花屋さんの店先に見えましたね。
早春,落ち葉や雪の中から,葉に包まれた短い茎(くき)の先端に1つのつぼみをつけて顔を出します。
高さ10cmぐらいの茎になると,茎の頭に直径3cmぐらいのつやのある黄色い花を咲かせます。花は日が当たると開きます。1つの花には花びらが多くあり,またおしべ,めしべもたくさんあります。
花が終わると,20~40cmぐらいの高さまでのび,羽根のような葉を広げます。花の後は,小さな実が集まってたくさんできています(集合果といいます)。
早春に花が咲くのですから,寒さには強い植物ですが,逆に暑さには弱いのです。ですから,自生しているところは山の北東斜面の落葉樹林に多いのです。(南西面には夏の暑さと乾燥のためか見られない。)
ですから,庭では,夏に日陰となる落葉樹の下に植えるのがよい。もし,鉢植えで買われたなら,花が終わりしだい庭に植え替える必要があります。

鑑賞後すぐに植え替えをすることだ。思ったより根の多い植物なので庭で楽しむ時と同じく、深鉢で大き目の鉢に植える。
市販されているものは、平鉢に植えられているものが多いのですが、これは装飾効果と考えたほうがよく、鉢植えする場合は、深めの鉢に植えましょう。

お正月の寄せ植えで良く見かける福寿草ですが、お正月が過ぎたら、大きな鉢に移し替えるか、庭植えにして下さい。寄せ植えのまま、屋内に置いていると、株が弱って枯れてしまいます。これは、寄せ植えにする時に、福寿草の根を短く切ってしまうからです。ですから鉢植えにする時には1回り大き目の鉢にしてくださいね。

早春3月〜4月ごろ、葉に先立って黄色の美しい花を咲かせるため、珍重され、名前が縁起がよいこともあって、お正月用の花として広く栽培されています。
フクジュソウは、旧暦のお正月に咲く花であった。
古くからお正月の花として馴染み深い花であったため、現代でも温度調整などの手間をかけて無理にお正月に花を咲かせることも多い。

多くの家庭で正月の床飾りに用いられ、盆栽の根じめ(木の根もとに小さな草花を植えること)としてウメと一緒に植えられたりもする。旧暦の元旦に咲くというのでガンジツソウの別名もあるが、元日に咲かせるためには温室に入れるなど、ひと工夫が必要。早めに花を見たいときは、日中は日光に当てて夜は部屋の中に取り入れて保温すると良いでしょう。

鉢植えにされているのであれば、開花寸前になるまで、室内の明るく暖かい場所に取り込んでみられてはどうでしょうか?
特に室内においている場合、日の射し込まない場所ではでしたら、ぱっときれいに花が開きませんので開花期には窓辺など日のよく当たる場所に移動させます。

早めに花を見たいときは、日中は日光に当てて夜は部屋の中に取り入れて保温すると良いでしょう。
秋から温度を上下して春を感じさせる訳。
冬季の寒気にさらした後、わずかに温度を与えるだけで開花するのが特徴です。
低温の刺激で花芽ができるので、必ず寒さに当てるようにします。

お正月用に促成栽培するには、12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせた後に、暖かい室内に取り込むと、お正月ごろに咲きます。
正月に開花させるには12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせて後に暖かい室内に取り入れます。 屋内または温室で昼は25度、夜は15度くらいの温度をキープします。そうすると開花が促進し、お正月頃に蕾が上がって来ます。
つぼみの状態の鉢植えを購入した場合は、つぼみの乾燥は禁物です。時々霧吹きなどで、つぼみにも水をかけてあげましょう。また、つぼみを包む薄い皮に切り込みを入れると、花が咲きやすくなります。

福寿草・フクジュソウの育て方
正月飾りで、梅と一緒に小さな鉢に植えられて販売されていますね。
でも、なぜか咲き終わったら、元気がありません。
実は、商品販売のために福寿草は、自分らしくない環境にされてます。
鉢に入れる時、「根を切られています」ついでに「嫌いな赤土であったりします」
だから、「根が張れる・用土」がいいんです。
植え替えましょう!
これが、福寿草にとって一番の幸せ。
花が終わったら、深い鉢にしてあげてください。鉢の底は、水切りのいいようにゴロ石を入れて培養土を入れてください。
庭に植えるのもいいです。落葉樹の下辺りが特にいいですね。
咲かない福寿草についてお正月用に出荷されている物は、陽の当るところにさえ置けば、咲きます。
福寿草の習性なんですが、曇りや日陰では咲きにくいのです。
花が終わってきたら、葉がどんどん茂ります。

古典園芸植物『福寿草』の栽培方法(店頭購入品)
1.できるだけ店頭に並んだ直後の株を買う。
2.鉢は普通の草花の様に根の大きさに合ったサイズが良い。
3.購入直後は開花させず、蕾は全て摘み取る。
4.7〜8月に体力が戻った株を地植えして2〜3年以上肥培する。
  地植えだと暑さ対策がとても楽になる。
5.地植え翌春からは花を楽しんでも良い。
6.芝やシロツメクサ等があり、乾燥しない庭なら日向に植えても問題ない。

旧暦の正月頃、雪の下から鮮やかな黄金色の花を咲かせる、めでたい植物。年末が近づくと、促成栽培の株がよく出回る。太く長い根をたくさん持つため、なるべく、健全な根が多く残っている株を入手したい。
一般的なのは、原種のフクジュソウと、園芸品種の「福寿海」である。他にも品種はあるが、やや気難しい。ヨーロッパには、花弁が朱赤色で、花の中心が黒い種類もあるが、これは秋まき夏咲きの一年草。
「秩父真紅」や「紅撫子」は、花が鮮やかな赤橙色で、「紅撫子」は、花弁の先に細かい切れ込みが入る。また、「寿」は八重咲き種である。ほかに、三段咲き(花の縁と中心が黄色、その間が緑色になる)の品種もある。なお、「洋種フクジュソウ」と呼ばれるベルナリスは、やや開花が遅い。
基本的に寒地性の植物で、関東地方より北の地域でよく育つ。太平洋側には、あまり自生していない。
日光が当たらないと花が開かないので、日陰に置いたりしない。
根の量が多いため、鉢植えにする場合は、5号くらいの深鉢を用いる。

【加温すると花期が早まる】
フクジュソウは、温度を高めてあげると早く花が咲きます☆お正月までに花期を合わせたい場合は、(庭植えの場合は)鉢に植え替えをして室内で年末から保温してあげましょう

お正月用の寄せ植えとして古くから親しまれている花です。そういうところからもお正月頃に花を咲かせる植物と思われがちですが野生のものや自然の環境下では春3月〜4月を中心に花を咲かせます。お正月に市販されている開花株は温室などで保温して早く花を咲かせたものが大半です。
旧暦の新春に開花するおめでたい花とされていて、お正月用に温室栽培された鉢植えが出回ります。
フクジュソウは古くから知られているお正月には欠かせない花です。ただし、この元日というのは旧正月のことなので、自然な状態での開花は1月末~2月頃となります。
正月用の小さな化粧鉢のフクジュソウは根を切りつめてあり、開花後に衰弱する。

もともと旧暦の元旦頃に咲くのを、春一番を告げる花として
お正月の床飾りなどにした伝統が今にそのまま残っているのですね。
(※旧暦では今の暦よりも季節が1〜2ヶ月遅れるのです)
新暦(太陽暦)となっても、福寿草をお正月に咲かせるのに
たいてい「ふかし」と呼ばれる促成栽培が行われます。
気の早いものは、もう今の時期でも咲き始めてます(写真左)

「ふかし」とは、晩秋〜12月頃に地植えの福寿草を堀り上げて
ハウス内で高温多湿状態にして発芽させる方法です。
無理やり発芽させるので、自然の状態で発芽したものに比べると
どうしても花の勢いはそがれてしまいます。
やっぱり福寿草は、一旦冬の寒さに十分当たってから発芽したものが良く、
促成栽培したものは、
自然の中で積雪の中から咲き出す福寿草の力強さにはおよびません。
お正月に楽しむなら、写真のような芽を手に入れるのが良いのですが、
山野草として育てるなら「促成栽培していない」株も手に入るので、そちらの方がおすすめ。
(^.^)

この時期に出回る紅梅や冬至梅、松の小さな盆栽、ヤブコウジの葉をミズゴケなんかでクルっとまいて
プラスチックの赤い玉を添えたものや、小笹、小さなナンテンなんかも売られています。
そこに大小の軽石や、真っ白な小粒の寒水石、山苔なんかが加わり、
普段あまり手にしないような浅いナマコ(海鼠釉)独特の青い盆栽鉢なんかも出てきて、
これに福寿草を加えて…
さて、これだけ材料があれば、ちょっとプロっぽい松竹梅が自作できます(^o^)
用土は小粒と中粒の赤玉土。それに最後に苔を仕上げるためには竹を削って作った
粘土ヘラのようなものがあればきれいに仕上がります。
松や梅を固定する銅線も忘れずに。
鉢はもちろんお手持ちのイタリアンテラコッタなんかでもOK!
……
作り方の解説はさておき(^^ゞ

浅鉢でつくる松竹梅も、お正月が過ぎてそのままでは、植えた松や梅も順調に育ちませんから
もとの鉢に戻してあげます。
長い根を持つ福寿草も、お正月には春一番の背丈の低い芽を楽しむために浅い鉢に植えられますが、
これもそのままでは芽が黒ずんで傷んでダメになります。
つぼみに上から水をかけるのも芽が傷む原因です。
本来長く太い根を地中に張るので、もし第一の芽が傷んでいても、
しっかりした根があれば、ちゃんと大きな深い鉢に植えてあげれば復活します。
本来小鉢に植えるのは無理があります。
(^.^)

年の暮れから正月にかけて出回り、幸せと長寿の花として親しまれている植物です。本来の開花時期は2〜3月頃なので、年の暮れに出回るものはあえて芽吹かせたものになります。
年の暮れから正月にかけて出回り、幸せと長寿の花として親しまれている植物です。本来の開花時期は2〜3月頃なので、年の暮れに出回るものはあえて芽吹かせたものになります。

現在、年末に正月用として店頭に並ぶフクジュソウは“ふかし”という方法で発芽、開花を促進したものです。“ふかし”とは、12月に地植えの株を堀り上げたものを、フレームやハウス内に取り込み、高温多湿に保って発芽、開花を促す促成栽培です。そのため、花は弱々しい感じです。野生のフクジュソウは、早春に芽吹き、最初に咲く花は地表すれすれですが、次第に茎が伸び、枝分かれしてニンジンのような葉を広げ、菊に似た花をつけます。その茎や根は“ふかし”ものと比較するとびっくりするほど力強くしっかりしています。
年末に正月用として店頭に並ぶフクジュソウは、『ふかし』という方法で発芽・開花を促進したものです。『ふかし』とは、12月に地植えの株を堀り上げたものを、フレームやハウス内に取り込み、高温多湿に保って発芽・開花を促す促成栽培です(正月に開花させるには、12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせた後に、暖かい室内に取り入れます)。

フクジュソウと別名のガンジツソウは新年を祝う花として用いられてことにちなみ、イチゲフクジュソウは1茎1花の意。 
旧暦の正月頃に咲くことから、新年を祝うめでたい花にふさわしい「福寿草」の名がついた。
旧暦の正月のころに開花するので、縁起の良い花として喜ばれ、福寿草の名が付いたそうです。
旧暦の正月(2月)頃咲き出すことから、新年を祝う花として、いろんなおめでたい良い名前がつけられたものと思われる。
別名を元日草と呼ばれるが、これは新暦の元日ではなく、旧暦元日の頃に開花することによる命名だという。
別名ガンジツソウ(元日草)とも呼ばれ、鉢植えにして正月の床飾りにされました。新暦になってもその習慣は引き継がれ、年末には正月用に鉢植えが店頭に出回ります。これはハウス栽培で開花調整されたものと言われています。
縁起のよい名称と、花の少ない時期に咲くのが珍重され、正月用の花として広く栽培。
早春に黄色に輝きパラボラアンテナのように開くフクジュソウは、園芸植物として庭に植えられたり、お正月の鉢物として親しまれています。  

新年を迎える鉢物では、なくてはならないものの一つです。
暮れ頃からお正月用として出回るものは、促成栽培によるものです。
野山で見る福寿草は、三月中頃に咲くが、園芸店で売られる鉢植えはお正月を目処に育てられている。
11月頃から出回る株は、ちょうどお正月に開花するよう促成栽培されたものです。
・お正月に花屋さんで売られているものはハウス栽培されたもの。花芽は晩秋にできるので、その後約1ヶ月寒さにあわせて室内にとりこんでおくとお正月頃に咲く。ふつうは咲き出すのは2月から。
・福寿草の花と南天の実とセットで「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けがされることがある。名前も、めでたい「福寿(幸福と長寿)」の草の意。

現在も正月飾りにフクジュソウの鉢植えが出回ります。ただし、正月にあわせて、促成栽培されたものです。
きれいに咲かせるためには、土を乾燥させないこと。またよく日に当てること。花は日が当たっているときだけ開きます。
さて花後です。小さな鉢に植えるために長い根を短く切られていることが多く、そのままでは育ちません。すぐに大きめの鉢に植え替え、根を回復させます。
浅い鉢植えのものは、根が十分な長さがないので、一年こっきりで終わることが多いようです。
年末が近づくと、促成栽培の株がよく出回る。太く長い根をたくさん持つため、なるべく、健全な根が多く残っている株を入手したい。

別名ガンジツソウ(元日草)とも呼ばれ、鉢植えにして正月の床飾りにされました。新暦になってもその習慣は引き継がれ、年末には正月用に鉢植えが店頭に出回ります。これはハウス栽培で開花調整されたものと言われています。
新年を祝う草花として江戸時代から、お正月の床飾りの寄せ植えや鉢物として親しまれており、元日草の別名もありますが、これは、旧暦の話で新暦では2~3月に咲きます。現在、暮れ頃からお正月用として出回るものは、促成栽培によるものです。
福寿草はその縁起の良い名前からお正月用の盆栽や鉢物としても人気がある植物ですが、この時期に出回る苗は促成栽培されたものです。
旧暦の正月に開花するので,鉢植えにして正月の床飾りとした習慣が,新暦に変わったのちも残り, 年末には鉢植えがたくさん売られる。
根がちゃんとしている苗を選ぶと良い。 庭の半日陰の場所でよく育つ。
自然栽培は3月頃に咲く。商品は12月始めから温室にいれ開花させる。
新暦の正月用に鉢植えが花屋などで売られますが、保温施設で促成させたものです。 
新暦の正月用に鉢植えが花屋などで売られますが、保温施設で促成させたものです。
春を告げる花の代表である。
福寿草という和名もまた新春を祝う意味がある。
福と寿をつらねた縁起の良い文字づかいのため、正月のお飾りに欠かせません。
正月飾り用のものは お正月に合わせて咲くよう手が入っています。
お正月に市販されている開花株は温室などで保温して早く花を咲かせたものが大半です
お正月に市販されている開花株は温室などで保温して早く花を咲かせたものが大半です
お正月に花屋さんで売られているものは ハウス栽培されたもの
お正月用の寄せ植えとして古くから親しまれている花です。
正月用の花は促成栽培をされたもの
正月用に盆栽として出回るのは、促成栽培されたもの。
正月に飾られる花は室(むろ)での促成栽培
正月に咲いているのは、12月にほり上げて、ハウスの中で高温多湿にして「ふかし」たもの。
正月に鉢植えで飾られるものは秋に加温栽培したものだ。
正月に鉢植えで飾られるものは秋に加温栽培したものだ。
正月用に販売されているのは、促成栽培されたものです。
お正月用に出荷されている物は、陽の当るところにさえ置けば、咲きます。
フクジュソウは、その名の通り新春を迎える祝いの花として飾られる。
福寿草は春一番新年を祝う花として喜ばれ、 福を招く、縁起の良い花として喜ばれ,福寿草の名ができた。
花の名は福を招く縁起の良い花として喜ばれるところから、福寿草と付きました。
福を招く縁起の良い花として『福寿草』の名がつきました。
福寿草。福を寿(言祝ぐ)。おめでたい名前の筆頭でしょうか。
福寿草は春一番に新年を祝う花として喜ばれており、
福寿草という字を見ただけでも縁起がよいイメージがわきます。
福寿草は正月の寄せ植え材料としてよく使われます。
福寿草と南天のセットで 「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けになります。
福寿草(フクジュソウ)は正月の寄せ植え材料としてよく使われます。
福寿草(フクジュソウ)と南天のセットで 「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けになります。
福寿草(フクジュソウ)という字を見ただけでも縁起がよいイメージがわきます。
雪解けと同時に咲き始め、春を告げる花としてなじみの深い福寿草。
【和名の由来】 旧暦の新春に開花することから、めでたい「福」と「寿」の字をあてた。
正月にフクジュソウを飾るのは、病魔よけだけではなく、
黄金色の花を黄金(こがね)に見立てて、それにあやかり、
ことしもお金にあやかたりという 気持ちを含めて飾るのが多い。
漢字で書くと「福寿草」です。
南天の実とセットで飾り付けがされることがあります。
"難を転じて、福となす"という縁起のよい飾りです。
旧暦のお正月(2月)に花が咲くので、新年をお祝いする花として親しまれています。
黄色の花は、部屋をとても明るい雰囲気にしてくれますし、気持ちまで元気なります。
福寿草の名前は幸福と長寿の草の意。
福寿草の花と南天の実とセットで難を転じて福となす。とにかくどっちをむいてもおめでたい花なのでお正月の縁起物に使われるのもうなずけますね。

町に売られているような平鉢にそのまま浅く植えておくのはダメです。来年も楽しむには、花が咲き終わったら即、深鉢(地植)に移して育てたほうが良です。長い根を大事にして育てます。浅鉢から深い鉢に植え替えるときに根を見て、黒く腐っているところは切り後はそのまま深鉢に移して育てます(状況により、土を新品にしたり、足したりします)。新たな新根が伸びて葉が元気に繁ります。土の中は見えませんが、長く元気な根が育ってます。それらが、花芽を付けてくれます。秋11月末に、格好つけるなら売っていたような平鉢等にまた植えます。町で売ってるように根を短く切って無理に小さい鉢にしないほうが良です。花が開かなかったり、貧弱だったりします。

フクジュソウはスプリング・エフェメラル。旧暦の新春に開花するおめでたい花とされていて、お正月用に温室栽培された鉢植えが出回ります。
正月用の小さな化粧鉢のフクジュソウは根を切りつめてあり、開花後に衰弱する。
お正月の寄せ植え等で浅い鉢に植え込んだ場合は、花を見た後で栽培する鉢に植え替えます。
お正月の頃に売られている鉢に入っているものは、根っこを切られた状態で植えてあるので、お花が終わったら、深い鉢に植え替えるか、地植えにしたほうが大きく育ちます。
お正月の床飾りによく南天などと寄せ植えにないますが、あれは根を切り詰めているものがほとんどなので、飾り終わったら植え替えてあげるといいですよ。
お正月飾りなどで購入された場合は、花後すぐに植え替える必要があります。 植え替えを怠ると、まず来年の花は見込めません。
正月の浅い鉢の寄せ植えを購入後は根が短く切られているので、花が咲き終わったら、すぐに深い鉢に植えるか地植えにして育てます。
正月の浅い鉢の寄せ植えを購入後は根が短く切られているので、花が咲き終わったら、すぐに深い鉢に植えるか地植えにして育てます。
正月の浅い鉢の寄せ植えを購入後は根が短く切られているので、花が咲き終わったら、すぐに深い鉢に植えるか地植えにして育てます。
正月飾りのフクジュソウは、小さい鉢に根を切り詰めたり、巻き込んだものを浅植えしたりしているものが多く、そのままでは根の生育が悪くて枯れやすいようです。花が終わったら花柄を摘み取り、六号鉢(少し大きく深い鉢)に植え替えします。根は大変弱いので根鉢を崩さないように抜き取り、根を傷めないようにそっと伸ばして植え替えをします。地上部が枯れたら完熟した腐葉土など薄くかぶせて、水やりもして根の乾燥を防ぎます。晩秋の寒さが花芽を育てますので、正月に花を見たい方は寒さに当ててから取り込みます。

正月飾りで、梅と一緒に小さな鉢に植えられて販売されていますね。
でも、なぜか咲き終わったら、元気がありません。
実は、商品販売のために
鉢に入れる時、「根を切られています」
ついでに「嫌いな赤土であったりします」
だから、植え替えましょう!
これが、福寿草にとって一番の幸せ。
花が終わったら、深い鉢にしてあげてください。

昨年の暮れ、ドンキホーテの店頭で正月に咲きそうなものを選んだのだが元旦の今日は右の写真の通り残念ながら満開にまではいかなかった。このような鉢植えは正月に咲かせるため秋に掘り起こした促成栽培である。

正月に福寿草を咲かせたいと、12月に芽を買って部屋に入れ、日差しを探し暖房を入れて育てたつもりが、先端に少し黄色を付けた後枯れてしまいました。花屋さん曰く、「福寿草は冬の花、雪の下から咲く花です、育て方が間違いとは云うわないが、非常に難しい」と云う。

お買い上げの福寿草は花が咲くまで屋外で管理してください。落ち葉をかけたりして保護するのはよいことですが、室内に入れると腐ってしまうことがあります。凍結は心配いりません。開花してから室内で観賞するのは問題ありませんが、長く暖かいところに置いてまた屋外に出すのは良くありません。

●花芽は秋に分化し11月半ばには完成しますので、鉢植えにする場合は、このころから鉢に植えつけて、明るい室内に置いてガラス越しの日光に当て、徐々に保温、保湿を行い開花させます。
●お正月の元日に咲かせるべく開花促成を行う場合は、浴室に入れ湯気に合わせるなど温度10〜15℃、湿度60%以上にします。また、芽先をわずかに鋏で切ると開花がより促進されます。
●購入したばかりの開花株の場合は、花後に花の咲きがらを取り除き、できれば植え替えを行います。植え付け後は、地上部が枯れるまで10日に1回液肥をやります。通常は花後にお礼肥(緩効性有機肥料)を置肥し日当たりのよい戸外に出します。また、鉢から株を抜いて排水のよい落葉樹下などの半日陰の庭に植えて、晩秋までに株を充実させます。

【加温すると花期が早まる】
フクジュソウは、温度を高めてあげると早く花が咲きます☆お正月までに花期を合わせたい場合は、(庭植えの場合は)鉢に植え替えをして室内で年末から保温してあげましょう
もし昨年暮れに購入された鉢ならば根が切ってありますので5号鉢ぐらいにそのまま上の用土で植え込んで(今年は株分けせずに)ください。地植えの場合はそのまま増えていきます。

●お正月用の寄せ植えは花後、できるだけ早く大きな場所に植え替える
11下旬~12月上旬に地植えの福寿草(フクジュソウ)を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置くとお正月には花が咲き出します。
12月始め頃に植えておいた場所を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置きます。お正月には花が見られます。
○新年を迎える鉢物として地植えを掘りおこして飾りたい時
手持ちの古株を正月に開花させたければ、秋植え球根の水栽培と同じように、戸外で十分寒さに当ててから、12月上旬頃に室内に入れ、日の当たる暖かい場所で管理する。しかし、自然開花させたほうが花色が美しくなる。(特に赤系の花は、その傾向が強い。)
正月に開花させるには12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせて後に暖かい室内に取り入れます。 屋内または温室で昼は25度、夜は15度くらいの温度をキープします。そうすると開花が促進し、お正月頃に蕾が上がって来ます。
冬季の寒気にさらした後、わずかに温度を与えるだけで開花するのが特徴です。
○新年を迎える鉢物として地植えを掘りおこして飾りたい時
地植えにしたままですと2~3月に開花する福寿草(フクジュソウ)ですが、一足先に春を楽しむには11下旬~12月上旬に地植えの福寿草(フクジュソウ)を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置くとお正月には花が咲き出します。
そうして鉢で3年くらい楽しんでから株分けしながら、地植えで1~2年くらい栽培します。
それを繰り返して福寿草(フクジュソウ)を楽しんでください。
○新年を迎える鉢物として地植えを掘りおこして飾りたい時
地植えにしたままですと2~3月に開花する福寿草(フクジュソウ)ですが、一足先に春を楽しむには11下旬~12月上旬に地植えの福寿草(フクジュソウ)を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置くとお正月には花が咲き出します。

翌年のお正月にまた花を咲かせたいときは、11月下旬から12月の初旬に
株を掘り上げて、屋内または温室で昼は25度、夜は15度くらいの温度を
キープします。そうすると開花が促進し、お正月頃に蕾が上がって来ます。
縁起物ですから、3芽、5芽、7芽というように奇数の芽だけ寄せ植えにします。

そうして鉢で3年くらい楽しんでから株分けしながら、地植えで1~2年くらい栽培します。
それを繰り返して福寿草(フクジュソウ)を楽しんでください。
手持ちの古株を正月に開花させたければ、秋植え球根の水栽培と同じように、戸外で十分寒さに当ててから、12月上旬頃に室内に入れ、日の当たる暖かい場所で管理する。しかし、自然開花させたほうが花色が美しくなる。(特に赤系の花は、その傾向が強い。)

12月始め頃に植えておいた場所を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置きます。お正月には花が見られます。鉢では3年くらい楽しめますが、根がはってきますので株分けしながら、地植えで1〜2年くらい栽培します。

お正月用に促成栽培するには、12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせた後に、暖かい室内に取り込むと、お正月ごろに咲きます。

お正月用で浅植え鉢に植えるのは12月上旬になりますが、かなり根を切らねばなりませんから、株が弱ります。したがって、養成に2〜3年は覚悟をしましょう。
お正月用で浅植え鉢に植えるのは12月上旬になりますが、かなり根を切らねばなりませんから、株が弱ります。したがって、養成に2~3年は覚悟をしましょう。

鉢植えの場合は・・・新芽が付いている物を、5〜6号の鉢に植え付けましょう。
鉢植の場合は、結構根が張るタイプなので、大き目の鉢に植えて下さい。
問題は夏越しで、「花後は落葉樹の根元に植え込むのがよい」
寒さにはとても強い福寿草ですが、夏の高温多湿は苦手のようです。
特に土中の温度が高くならないように気を付けて下さい。
鉢植えは、花が咲き終わった後に地植えにすると、数年後にはまた花を咲かせます。
花が終わったら鉢から抜いて落葉樹(夏、日陰の所)の根元に植え込めば毎年美しい花を咲かせます。

フクジュソウは、お正月の花として12月に鉢植えや株が園芸店に出ています。寄せ植えのウメやマツの根もとにフクジュソウが植えられているのを見かけます。浅い鉢に植えられているため、年の暮れに買い求めたフクジュソウが立派に花を咲かせないうちに、黒くなって枯れてしまうことが多いのです。フクジュソウの一番目の花の咲く姿は5cmくらいの高さですが、フクジュソウの根はたくさんありますし、長い根を持っているものですから、本来は大きな深い鉢に植えるべきものです。フクジュソウのつぼみは、湿度のある日当たりのよい条件で花を開きますから、なるべくそのような環境を与えてください。つぼみに直接水をかけますと、腐ってしまいますので、注意が必要です。花が上手に咲いた場合、あるいは黒く腐ってしまった場合のいずれでも、その後に、深い鉢へ移植してやります。たくさん根を切られていますから、正常に戻るのには時間がかかります。  

正月にはヤブコウジなどと寄せ植えにした植木鉢が販売される。ただし、フクジュソウは根がよく発達しているため、正月用の小さな化粧鉢にフクジュソウを植えようとすると根を大幅に切りつめる必要があり、開花後に衰弱してしまう。翌年も花を咲かせるためには不格好でもなるべく大きく深い鉢に植えられたフクジュソウを購入するとよい。露地植えでもよく育つ。
http://pcweb01.sakura.ne.jp/2008/03/post_307.html 

正月の花とする福寿草は、日本を含む極東地域に広く分布し、野生のものがそのまま栽培に持ち込まれた。これをもとに生み出された、「秩父紅」や「日の出」のような赤花系、「銀世界」や「弁天」のような白花系、「玉孔雀」のような緑花系、「寿」に代表される段咲き系に分類される園芸品種がある。正月の花とする福寿草には葉がほとんど見られないが、花後には複雑に切れ込んだ葉が急速に伸びてくる。野生状態では花が咲くときに葉が開いていることもあり、北方の個体ほどその傾向が強い。
植物学的にみると、フクジュソウの花は単花被花である。つまり、フクジュソウは萼と花冠の区別がない花びらをもっているのである。あの花弁状に見える部分も萼に見える部分も通常は萼片と呼ばれる同一の器官というわけだ。
福寿草の方言にはマンサクと同系の春一番に花を開くことから来るツチマンサグ(岩手県)やチヂマンチャク(秋田県)、マゴサグ(青森県)などの方言が記録されている。
牧野富太郎の『牧野日本植物図鑑』(1940年)をみると、「獻(献)歳花草として元旦に用いるを以って之れを祝福し此佳名を附せしものなり」と記している。しかし、福寿草の花が自然状態で咲き始めるのは、浅いところの根雪が溶け始める頃である。この開花の喜びを新暦の正月に重ねることができるようになったのは品種の改良や栽培上の工夫という、園芸技術の進歩があったればこそなのである。  

Posted by さくら at 22:55Comments(0)福寿草の勉強

2009年11月20日

福寿草の種類

日本の福寿草の種類に関した内容です。
新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


古代からある花で、日本にはフクジュソウ、キタミフクジュソウ、ミチノクフクジュソウの3種類が確認されています。
古代からある花で、日本にはフクジュソウ、キタミフクジュソウ、ミチノクフクジュソウの3種類が確認されています。
近年、日本に産するフクジュソウは染色体数や形態の差異により、本種とキタミフクジュソウ、ミチノクフクジュソウの3種に区分され、本種は日本の固有種となった。
10年ほど前、フクジュソウのなかから、ミチノクフクジュソウが区別された。これは花の時期が4〜5月で少し遅れ、花は株の下から上へと順に咲き、雌しべは30個ほどで、集合果は球形である。

フクジュソウが3種類あることは最近知りました。
・日本固有のフクジュソウ
・北海道からサハリン,シベリア東部に分布するキタミフクジュソウ
・本州北部から九州,朝鮮半島,中国北部まで分布するミチノクフクジュソウです。

フクジュソウ
萼片は花弁と同じ長さで長楕円形で紫色をおびます。茎の下部から分枝、ほとんど同時に開花します。春先の寒い日でも太陽があたると花を開いていきます。夕方には閉じます。この花の開閉は温度を感じて行われているそうです。暗黒下でも10℃あると開く始め、15〜20℃で完全に開くそうです。このような性質を傾熱性といいます。染色体数は2n=32の四倍体です。
ミチノクフクジュソウ
萼片は花弁の長さの約半分で卵形。茎は中下部から分枝し、下枝から順々に開花していきます。ミチノク(陸奥)とありますが、長野県では中南信に多く見られます。染色体数は2n=16の二倍体です。

斜里町朱円の海岸林 Mar.25,2002
<和名 (Japanese name)> キタミフクジュソウ(キンポウゲ科)
<学名(Latin name)> Adonis amurensis Regel et Radde (RANUNCULACEAE)
<環境省レッドデータブック(RDB)> 絶滅危惧II 類(VU)
 雪解けと同時にこのあたりで春一番に咲くのはこの花です。光を集めて暖かい花のなかではハエ集まってが日向ぼっこをしていました(ちょっとどいてもらいましたが)。花のアップはこちら。
 北海道に分布するフクジュソウは2種類、フクジュソウ(A. ramosa Franch.)、そしてキタミフクジュソウとされています。北海道の東部に多いのがキタミフクジュソウです。かたちの主な区別点として、キタミフクジュソウは
(1)花びらが萼(がく)と同じ長さ~萼より少し短い(フクジュソウは同じ長さ~少し長い)
(2)花は1茎に1つ(フクジュソウは1~数花)
(3)葉の裏に毛が多い(フクジュソウは毛がまばら~ない)
となっています。しかし、(1)は咲き始めの頃だとどちらも萼の方が長いため咲ききった頃を判断する必要があり、(2)はもちろん両方ともに1花の場合があります。(3)も出始めの頃は毛がたくさんありますが、しばらくするとどんどん抜けていくようです。撮影個体は数百個体からなる群落のなかの1本ですが、群落中の確認した全個体が1茎1花だった点と葉の裏の毛の様子で判断しました。
http://shir-etok.myftp.org/page/shokubutsu/ktmfku.html

【和名】
ミチノクフクジュソウ
【学名】
Adonis multiflora
【植物】
種子植物
【科名】
キンポウゲ科
【RDBカテゴリー(栃木県)】
絶滅危惧Ⅱ類(Bランク)
【RDBカテゴリー(環境省)】
絶滅危惧Ⅱ類
【選定理由】
減少、局地分布、環境省掲載種。
【形態と生態】
多年草。2〜3月に芽を出し、3月下旬〜4月中旬に開花し、5月に 結実して枯死する春植物である。近縁のフクジュソウと異なり、茎は中空、 花弁は萼片より2倍ほど長く、集合果の果実数は30〜40個で少なく、花期は遅 い。花は多く、次々に咲いて花期が長い。
【生育環境】
栗園などの明るい林床、林縁の草地、墓地の草地などに生育して いる。
【生育地の現状】
フクジュソウと共に園芸採取により年々減少している。墓地 には残っているが、林縁の草地では消滅した産地もある。
【生存への脅威】
園芸採取。
【特記事項】
フクジュソウは長い間1種として扱われてきたが、西川(1989) はキタミフクジュソウ(イチゲフクジュソウ)、フクジュソウ、ミチノクフ クジュソウの3種より構成されることを示した。しかし、3種に分割されてか ら日が浅いため、これら3種の分布域についてはまだよく調査されていない。
【執筆者】
長谷川順一
レッドデータブックとちぎ
http://www.pref.tochigi.jp/shizen/sonota/rdb/detail/05/0130.html

ミチノクフクジュソウ
キンポウゲ科・宿根草
開花期 : 2〜4月
開花期 : 12〜1月
草丈 : 15〜30cm
別名で元日草とも呼ばれる、
お正月になくてはならない植物です。
ミチノクフクジュソウ=本種は北方型の変種で、あまり大株になりませんが、株が充実すると枝咲きする魅力種です。
用途 : 鉢植え・庭植えなど。
日照 : 日当たり及び半日陰
用土 : 適度な湿度
耐寒性 : 強


ミチノクフクジュソウ
勝山市小原地域の国道沿いでは、ミチノクフクジュソウ(勝山市指定天然記念物:平成13年1月指定)が咲き始めました。
勝山市は、ミチノクフクジュソウが咲く南限と言われていて福井県ではここだけに自生しています。
地元小原ECOプロジェクトも保護活動を行っています。
マナーを守って観察しましょう
http://info.kan-hakusan.jp/archives/2008/04/post_268.html

日刊県民福井から > 福井発 > 記事
【福井発】
勝山に春駆け足 ミチノクフクジュソウ 異例の早咲き
2009年3月4日
小雪がちらつく中、かわいらしく咲き始めたミチノクフクジュソウ=3日午前、勝山市北谷町で(蓮覚寺宏絵撮影)
 春の訪れを告げるミチノクフクジュソウが、勝山市北谷(きただに)町で例年より三週間ほど早く咲き始めている。三日の同市内は、雪がちらちらと降る肌寒い天気となったが、風の冷たさにも負けずに黄色い花を開かせていた。
 市史蹟整備課によると、ミチノクフクジュソウは例年、三月下旬から四月上旬にかけて開花する。暖冬の今年は異例の早咲きペースという。
 ミチノクフクジュソウは市の天然記念物に指定されており、北谷町の群生地が国内自生の南限とされている。見ごろは四月上旬から同中旬にかけてとなりそう。 (笠松俊秀)
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2009030402000183.html

このうち日本に生育するのはフクジュソウ(A. ramosa)1種のみとされてきましたが、近年の研究によりキタミフクジュソウ(A. amurensis)、ミチノクフクジュソウ(A. multiflora)を合わせた3種があることが明らかになっています。フクジュソウは多年草で、北海道、本州、四国に分布する日本固有種です。根茎は短くて太く、3〜4月に咲く花は黄金色で、一つの茎に多数の花をつけ、葉の裏に毛がないのが特徴です。キタミフクジュソウは北海道、樺太、朝鮮〜シベリア東部に分布し、葉の裏には毛があり、一つの茎に一花しかつきません。ミチノクフクジュソウは北海道では見ることはできませんが、本州北部〜九州、朝鮮、中国北部に分布しています。一般に、春植物の中でも一足早く開花し、花を終えると茎と葉が伸び、周りの樹木の葉や大型の草本が茂る5月下旬頃には実を結んで活動を終えます。
フクジュソウをはじめ、身近な植物の4種に1種が現在絶滅の危機に瀕しています。

【見わけ方】本州で見られるフクジュソウの仲間は,フクジュソウかミチノクフクジュソウのどちらかである。
もっとも見わけやすいのは萼片の数と長さ。ミチノクフクジュソウは萼片が短く咲ききった花では花弁の半分ほどになり,数はたいてい5枚である。フクジュソウのほうは花弁より少し短い程度で,数も5-10枚と多い。
もう一点は茎を切ってみると中空であること。フクジュソウは中実(中が詰まっていること)。
また,ミチノクフクジュソウの花はひとつの茎に必ず複数の花がつくが,フクジュソウはひとつのこともあれば複数のこともある。詳しくはフクジュソウの仲間(会員のみ)を参照。

【交雑心配】
これは広島県庄原市のセツブンソウ(節分草)自生地の近くにあるものだが、遠くの地(北海道?)から購入して移植したものらしく、この地に自生するフクジュソウではないらしい。セツブンソウ以外にフクジュソウも楽しんでもらいたいという心遣いであろうか。
庄原市内には別の場所に自生地があり、ある植物研究家は、交雑種が生まれることを懸念しておられた。
http://blogs.dion.ne.jp/gikou/archives/8145096.html



ミチノクフクジュソウ(キンポウゲ科)[陸奥福寿草]
フクジュソウは、日本ではただ1種のみとされてきたが、近年、染色体数と外部形態の比較・再検討が行われ、現在ではフクジュソウのほかに、ミチノクフクジュソウ、キタミフクジュソウ、シコクフクジュソウの3種が加えられている。東北地方北部では前2種が見られる。フクジュソウは花弁の外側先端部が紫〜黒紫色を帯び、茎の断面は中実であるが、ミチノクフクジュソウは花弁の外側先端部が赤褐色で、茎の断面は中空であることがよい区別点である。
ミチノクフクジュソウ(キンポウゲ科)[陸奥福寿草]
フクジュソウは、日本ではただ1種のみとされてきたが、近年、染色体数と外部形態の比較・再検討が行われ、現在ではフクジュソウのほかに、ミチノクフクジュソウ、キタミフクジュソウ、シコクフクジュソウの3種が加えられている。東北地方北部では前2種が見られる。フクジュソウは花弁の外側先端部が紫〜黒紫色を帯び、茎の断面は中実であるが、ミチノクフクジュソウは花弁の外側先端部が赤褐色で、茎の断面は中空であることがよい区別点である。
http://www22.ocn.ne.jp/~tamukai/mitihuku.html

フクジュソウは、日本ではただ1種のみとされてきたが、近年、染色体数と外部形態の比較・再検討が行われ、現在ではフクジュソウのほかに、ミチノクフクジュソウ、キタミフクジュソウ、シコクフクジュソウの3種が加えられている。
フクジュソウは、日本ではただ1種のみとされてきたが、近年、染色体数と外部形態の比較・再検討が行われ、現在ではフクジュソウのほかに、ミチノクフクジュソウ、キタミフクジュソウ、シコクフクジュソウの3種が加えられている。
フクジュソウの園芸品種(Adonis ramosa cv.)です。日本産のフクジュソウは近年分類の見直しがなされ、キタミフクジュソウ(A. amurensis)、シコクフクジュソウ(A. shikokuensis)、フクジュソウ(A. ramosa)、ミチノクフクジュソウ(A. multiflora)の4種に分割されたようです。

数年前まで,日本にあるフクジュソウは1種類だと理解されてきた。しかし,現在では,従来フクジュソウの学名として用いられてきたAdonis amurensisは,北海道東部に限定して自生するキタミフクジュソウを指すものとされることになった。そして,北海道(主に西部),本州,四国,九州で見られるフクジュソウの学名はAdonis ramosaであるとされるようになった。しかも,本州中部〜北部(主に日本海側)にはミチノクフクジュソウ(Adonis multiflora)があり,四国と九州の一部(宮崎県)にはシコクフクジュソウ(Adonis shikokuensis)があるとされるに至っている。

フクジュソウの園芸品種(Adonis ramosa cv.)です。日本産のフクジュソウは近年分類の見直しがなされ、キタミフクジュソウ(A. amurensis)、シコクフクジュソウ(A. shikokuensis)、フクジュソウ(A. ramosa)、ミチノクフクジュソウ(A. multiflora)の4種に分割されたようです。

四国と九州には四国福寿草(シコクフクジュソウ)が分布する。
キタミフクジュソウ
一本の茎に1つの花が咲く。開花時のがくの色は、茶褐色。葉の裏に密に毛があるか少数。葉の最終裂片の幅が狭い。
フクジュソウ  
一本の茎にいくつかの花が咲く。開花時のがくの色は、暗緑色。葉の裏には無毛か少数の毛がある。葉の最終裂片の幅はキタミフクジュソウより広い。

・シコクフクジュソウ( 四国福寿草 )
キンポウゲ科
牧野植物園の「土佐の植物生態園」に咲く
シコクフクジュソウを紹介です。
2/9夕刊にも、
「山地の落葉樹林や日当たりのよい草地に生え、特に石灰岩のあるところに多い。」
と梼原での写真が掲載されています。
冬は久礼湾の日の出撮影のみで、四万十川流域には、ほとんど出かけませんが、
牧野植物園での2年間の撮影後には出かけてみたいと思います。
福寿草との違いがよくわかりませんので、そのうちに調べておきます。
http://hana.river3.jp/hana/hanaha09.htm
  

Posted by さくら at 22:54Comments(0)福寿草の勉強