2018年05月21日

名人の なんちゃって鳥海筍

地元の山(特に鳥海山)に詳しい山菜採り名人が
なんちゃって鳥海筍をもってきてくれました。
私が採っているのと違って太いし色が違います。流石名人です。face03


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年05月20日

日本たんぽぽ 開花は今ごろ

今まで咲いてなかった場所にタンポポが咲いていて、確認したら日本たんぽぽでした。
周囲の田んぼは田植え前で、山里では今ごろに咲くことを再認識。
日本たんぽぽは春に一度だけしか開花しないので、見つけにくいんですよね。face01


  


Posted by さくら at 15:00その他18

2018年05月20日

黄色い藤の花

小さい鉢で育てているのが盆栽で、大きな鉢で育てているのは単純に鉢植えだそうです。

小さい鉢で藤の花(キバナフジ=キングサリ)が見事に咲いていました。
本来大きな樹になるところを盆栽として咲かせるのは難しく
しかも2房咲いていたので「これで何年目ですか?」と訊ねたところ
挿し木にしてから10年以上経っているとのこと。盆栽で形になるまでには、それくらい掛かるのでしょうね。face02


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年05月19日

福寿草 種をつけない品種

庄内地方で栽培されている福寿草は野生種なので、種をつけます。
栽培している方はみなさん種をつけるのを知っており「種ではなかなか繁殖しない」と話してくれましたから
私はてっきり庄内地方で栽培されている福寿草は全て野生種なのだと思い込んでいました。
ホームセンターの園芸コーナーにも福寿草は出回っていませんからね。
処が今年は2年のお宅の福寿草が種をつけてない事に気付きました。
驚いて、「これ園芸種ですよね。なんという品種ですか?」と訊ねても
「えっ、知らない。普通の福寿草よ」と返事をされ、逆に質問されたことに驚ろかれていました。
来春開花時期に見に行く許可を得たので、今から楽しみです。face01


  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)福寿草の勉強

2018年05月19日

サンカヨウ 桜草に似てる!?

庄内地方における桜草の自生を調べている時に
「それと似ている花を山で見たことがある」
と話すお爺さんがいて、場所も教えてくれました。
今年、その場所で見つけた花がサンカヨウ。
新緑の緑の中に白く映えて咲いていました。

丸く球のように咲く姿は桜草そっくりに見えますよね。face01



  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)日本桜草について

2018年05月19日

桜草 庄内白満開

今年はGWから開花しはじめ、一番見応えある散り際の満開状態の庄内白。花央の赤がワンポイント。face02


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)日本桜草について

2018年05月18日

イカリソウ

今年はマムシソウを良く見ますが、イカリソウは余り見かけない気がします。
咲いてる斜面ではまとまって咲いていたので、これから盛りなのかもしれません。


  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他18

2018年05月18日

葉ワサビの花

山の沢筋では、いま葉ワサビの花が盛りに咲いていました。


  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)その他18

2018年05月18日

ウド 此処で切る

2018年05月13日「ウド 此処で切る

ウドを何本か見つけましたが、全体に少し遅かったようです。
真ん中の2本は若干おがり過ぎてる気がしたので残しておき、左右の2本を採りました。
今回も根茎まで掘り、柔らかく切れる位置で切り取り、しっかり土を被せておきました。



↓こちらは2本ともいただきました。掘ってみると新しい芽がありました。来年以降が楽しみです。face02


↓伸び過ぎていたのと、未だこれからの短いは取らずに残しておきました。face01


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年05月17日

竹の花

竹に花が咲くと枯れると言われてますが、しょっちゅう咲いてますよね。
枯れないまでも、筍が生えなくなるのかな。近年ほんと採れなくなったし。


  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他18

2018年05月17日

なんちゃって鳥海筍

好天が続き16日の最高気温は26.7 (13:00)。
17〜18日とシッカリと雨が降る天気予報を見て、
なんちゃって鳥海筍の様子を見に行ってきました。
今回も余り生えていなくて、独りだからあちこち歩き廻って採ってこれたという感じ。
1本見つけたらその周りで2〜3本採れる程度なので、基本は歩き廻らないと駄目でした。



結構な急斜面なんですよ。icon10




  


Posted by さくら at 09:00Comments(0)その他18

2018年05月17日

本日開催 蒼樹会小品盆栽展

今年のつるおか蒼樹会小品盆栽展は、本日5月17日から19日(土)に開催されます。
平日の開催になりますが、良質な苗の頒布もありますので、是非足を運んでみて下さい。


会場は鶴岡市中央公民館です。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年05月16日

明日開催 蒼樹会小品盆栽展

今年のつるおか蒼樹会小品盆栽展は、明日木曜日5月17日から19日(土)に開催されます。
平日の開催になりますが、良質な苗の頒布もありますので、是非足を運んでみて下さい。


会場は鶴岡市中央公民館です。



  


Posted by さくら at 18:38Comments(0)その他18

2018年05月16日

靴底修理 地味に大変

釣りなどに使っている胴長の、左の靴底に穴が空いてしまい、じわ〜っと地味に染みてきます。
何かを踏んで穴が空いたのでしょうけど、貫通してたらと思うと恐くなります。

メーカーに修理を問い合わせたら、ソールの張り替えになるし、
張り替えは片方だけという分けにはいかないので両方やることになり、8,000円ほど掛かるとのこと。
8,000円は安くはないけど、フェルトソールの張り替えならそんなもんだし
ラジアルソールをスパイクソールに変更するのも可能だと言うし、良心的といえば良心的な値段。

でも今回は小さい穴が1つ空いただけなので、自分で修理することは可能か訊ねたところ、
「ゴム系のボンドを使えば可能ですよ」と教えてくれました。
ゴム系ボンドというと昔から使われているコニシのボンドG17を連想したので、それで大丈夫かと訊ねたら
「アクアシールが良いですね」とのこと。
アクアシールというとネオプレン素材の修理にも使えるから、
ネオプレン用ゴム糊(アクアラング社)も使えますかと訊ねたら、
「大丈夫ですよ。でも黒いのより白いのが良いです」とのこと。
言われてみたらアクアシールには半透明の白っぽいのと黒いゴム糊の2タイプが在ったし
車のタイヤの修理に使うゴム糊も黒ではなく、白だったか黄色っぽかった気がします。
ボンドの色の違いは、何かしら専門的に中味が違うということなんでしょうけど、
今回はじわ〜っと染みてくる小さい穴1つだけなので、
手持ちのネオプレン用ゴム糊(アクアラング社)を使ってみることにしました。

今回は靴底を『左右に曲げる』と穴が開く状況だったので
左手に全体重を加けつつ靴底の側面をコンクリに押し付け穴を開かせ
右手で爪楊枝を使い、ボンドをちょんちょんちょんと差し込んで、そのまま前後にヌリヌリと塗り込んで作業終了。
簡単な作業でしたが、『左右に曲げる』って分かりますか。これ地味に力が要りました。icon10
これで使ってみて水が染みるようなら次回は万力か何かでガッチリ左右に押し潰して穴を開き
白いゴム系ボンドを使って修理してみようと思います。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年05月15日

カマキリの孵化は・・・

目の高さにカマキリの卵が在りました。
最初は『珍しく高い位置に卵が在るなあ』と思っただけでしたが、
良く見ると半分腐っているようで、
そもそも『この卵は孵化が終わったんだろうか???』と疑問に。

その後、意図して探した分けではありませんが、卵だけが草の中にコロコロと5個も転がっていました。
恐らく低い位置に産みつけられた草の茎が時期的に朽ちた結果だろうと感じました。
合計6個も卵を見ることができたのですから、孵化は未だなんでしょう。
よく考えたらアブラムシや小さい羽虫といった仔カマキリの餌となるような生き物がまだ見ませんしね。




  


Posted by さくら at 15:00Comments(0)その他18

2018年05月15日

17日開催 蒼樹会小品盆栽展

今年のつるおか蒼樹会小品盆栽展は、明後日の木曜日5月17日から19日(土)に開催されます。
平日の開催になりますが、良質な苗の頒布もありますので、是非足を運んでみて下さい。


会場は鶴岡市中央公民館です。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年05月14日

日本たんぽぽ 升田 ヒメハナバチ

消滅したのかと心配していた旧八幡町の升田地区で日本たんぽぽが、今になって咲き始めていました。
西洋タンポポは数が多いので早くから咲きますが、山の方では田植え直前になって咲き始めるようです。


前回ミズバショウでも見た、黒くて小さい蜂がいました。ヒメハナバチの一種だと思います。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年05月13日

日本たんぽぽ 吹浦 キマダラハナバチ

吹浦の杉林の際で、日本たんぽぽ発見。
周囲にはこの株だけで、他のは西洋たんぽぽでした。


小さい蜂が4匹止まっていて、茶色い触覚と何となく特徴的なお腹の黄色い紋様から
ダイミョウキマダラハナバチの一種ではないと思います。




  


Posted by さくら at 15:00Comments(0)その他18

2018年05月13日

ウド 此処で切る

なんちゃって鳥海筍と一緒にウドも見に行き、良さ気な群生を発見。face02


2018年05月09日「ウド 何処で切る?」に記した通り
今まで以上に掘り出してからナイフの刃を当ててみると、
根茎の部分はジャガイモやニンジンに刃を立てているように硬く、
白い線で示した茎の赤い部分に刃を当てると、キュウリに刃を立てている感じでスパッ!と切れました。
ウドを切り取る位置は、ウド自身が教えてくれている気がしました。


根茎を掘り出す時、他の草木の根が蔓が邪魔をしましたが、
直刃では切り辛くても波刃だとスパスパ切れました。
山菜採りには波刃のナイフが適しているようです。
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年05月12日

マムシソウ

縦に生えてくれるからドキッとしないけど、紋様は正にマムシ。


開花するとマムシとは無縁な感じ。


マムシソウには園芸種も多数あって、意外と高値で取引されているようです。
  


Posted by さくら at 15:00Comments(4)その他18