2020年02月24日

福寿草 17実生 3年芽 芽吹く

2018年03月25日「福寿草 実生 発芽
2019年03月01日「福寿草 実生 2年芽 顔のぞかせる」:ちょっと顔をのぞかせているだけ

23日は強風雨。24日朝は快晴。
鉢を覗くと17実生今年3年芽が芽吹いており、「いつのまに!」っと、嬉しい驚き。face03
実生1年芽は、親の開花が終わる頃に遅く芽吹きますが、それ以降は年々早く芽吹くようになります。
とはいえ親が開花したばかりで、この芽吹き方は、暖冬の影響があると感じます。
もっとちゃんと観察していたら3〜4日早く気付けていたことでしょう。

芽吹いたのでこれから鉢を陽当たりが良い場所へ移し、風を避けながら、極薄い液肥を毎日与えて育てる予定。
本当に「早い個体は4年芽で開花する」のか、確かめたいですからね。


  


Posted by さくら at 13:30Comments(0)福寿草 実生

2020年02月24日

福寿草 寿 芽吹く

2017年02月28日「福寿草 吉野 寿」:遅咲きの寿は、やっと地表に頭を覗かせる程度。
2017年03月24日「福寿草 寿 開花?
2018年03月10日「福寿草 寿 芽吹き
2018年03月28日「福寿草 寿 開花
2019年02月28日「福寿草 寿 芽吹く
2019年03月21日「福寿草 寿 開花

23日は強風雨。24日朝は快晴。鉢を覗くと遅咲きの寿が、やっと地表に頭を覗かせてました。face02
過去の記録から、開花は約3週間後になります。
2019年11月に植え替えした際の画像を失った事が悔やまれるのですが、
芽は立派で数もありましたから、今年の開花を楽しみにしているところです。



  


Posted by さくら at 10:48Comments(0)福寿草 吉野 寿

2020年02月22日

福寿草 吉野 蕾みもたくさん♪

福寿草を譲渡した方から「今日開花しましたよ」と電話をいただきました。
日陰から数日前に玄関先に置いておいたそうです。
私は開花するまで北側の日陰に置き続けているので、まだ開花していません。
今日から雨模様が続きますが、気温が高いので、次の晴れ間には開花してそう。

一足早く開花した早咲きの吉野を観ると、蕾みがたくさん生えていました。
昨年(私の中では)今までになく大量の肥料を与えたので、その影響かと思われます。
満開が楽しみです。face02


  


Posted by さくら at 15:41Comments(0)福寿草 吉野 寿

2020年02月20日

福寿草 吉野 開花

2020年02月14日「福寿草 吉野 開花」は、一応開花宣言した程度の咲き方でしたが、
陽が照れば綺麗に開いてくれます。


↓福寿草展の吉野。




  


Posted by さくら at 18:45Comments(0)福寿草 吉野 寿

2020年02月18日

庄内の化石展(^^)/

道の駅「月山」月山あさひ博物村に在る文化文化創造館で、
化石は語る 〜庄内の大地 千七百万年前の生き物たちと朝日地域の鉱石〜」が開催中!
この展示は庄内各地で定期的に開催されている催しで、
2009年夏は旧松山町に在る「松山文化伝承館」で『化石は語る ~1千万年前からの庄内~』として開催されました。
その事を書いたのが2009年10月14日「立谷沢川の夢は幻.1」になります。
今回はそれ以来2度目の拝観でしたが、相変わらず面白く、とても興味深い展示内容でした。

↓羽黒山スキー場や旧立川町大字科沢字西山で採れるというホタテの化石。


化石は、『いつ、何所で採取したか』を明記されているので、それを読むとだいたい採取した場所が判ります。
ホタテの化石は羽黒山スキー場の上にある駐車場のトイレ脇の沢で採れるらしいのですが・・・。
改めて説明を読むとロッジ脇らしいですね。
「表面の赤土のすぐ下」と書いてあるから、ロッジの土台作りの掘削工事の時に採取したのかな・・・。


ホタテの化石を求めて出掛けた羽黒では見つけられず、
科沢地区のことを書いたのが、2009年10月15日「立谷沢川の夢は幻.2
立谷沢川右岸側の科沢地区でみつけたのが、2009年10月13日「炭化した化石」と2009年10月06日「天然黒アメ♪
天然黒アメ♪」は沢を遡行していたら、水辺の岩に開いた穴の中に在って、撮影後はその穴に戻しておきました。
2009年10月06日「岩の中に丸い石」は、立谷沢川右岸側の鉄橋というか鮭採捕場の所です。
まあ、こんな感じで展示会場で説明文を読むと、だいたいの採れる場所が判るのです。(^^;




今回の展示物で、私がチェックしておきたかったのが、鶴岡市草井谷地区の化石(旧油戸トンネル)。
2009年10月04日「化石採り♪」は草井谷地区ですが、葉っぱの化石ばかりした。
↓展示物も葉っぱの化石ばかりした。


2010年ゆうさんから「子供の自由研究で化石採りをしたい」とメールを頂いたので草井谷地区を紹介したところ、
ゆうさんの娘さんが下記画像の化石を掘り当てたました。2016年05月13日「ゆうさんの化石
このように『葉+枝』『実+葉+枝』という化石は展示されてませんでしたから、やはり貴重な化石のようです。


このブログを書くため、過去記事タグ『化石』を見直していて気付いたのですが、
今回の展示会場に、下記画像と同じ地層の画像がありました。
文面より写真の地層に目がいき、流し読みしてしまったので詳しく覚えていませんが、
そのパネルには『地元の方が子供たちのために準備した場所?』みたいなことが書かれていました。
私もゆうさんも、化石が出土する地層が判らないので、落ちていた石を割るだけの採取ですが、
個人の土地だとしたら、知らぬ事とはいえ勝手に採取して申し訳ありませんでした。



旧朝日村大針地区だったかでサメの歯などの化石が採れることが広く知れており
旧朝日村の小学校では野外学習で一度は行くらしく、村の人なら知っているのですが
「その場所を教えて!」とお願いすると、
「え〜、あそこは何も無いよ」「行ってもつまんないよ」と異口同音に言われて、まだ行ったことがありません。
でも、サメの歯の化石とか惹かれますよね。(^^)

↓サメの歯は、2007年08月01日「玉ねぎ石」で紹介した旧八幡町の三保六(さぶろく)地区でも採れたそうです。



文化文化創造館の入口は、そば処大梵字の向かい側、駐車場東側の自販機とトイレがある方にあります。
庄内地方では、葉っぱに貝殻にサメの歯の化石が採れるのですから、或る意味で化石の宝庫。
展示物には説明文が添えてあり、採取した場所もだいたい判りますから、遣る気があれば化石採取に出掛けられます。
1ケ月後は春休み。会場では化石のレプリカ作り、アンモナイトの消しゴム作りも出来るようです。
この機会に是非遊びに行かれては如何でしょう。


庄内の化石(地質)に大変詳しい植松芳平氏は
松山文化伝承館の後、大山の「ほとりあ」で館長をされていましたが、今は辞されたようですね。  


Posted by さくら at 19:51Comments(0)化石

2020年02月17日

無双真鯛 SLヘッド廃盤

ハヤブサの無双真鯛SLヘッドは、一応2020年度版カタログに掲載されていますが、在庫が無くなり次第廃盤。
潮斬鯛玉に続き、また1つ個性的な形状が消えていくのは残念です。icon15



昨年発売されたSFヘッドとWFヘッドは、従来のような豊富なカラー展開は行なわず、5色程度の展開でやっていくとか。
タイラバ釣りへ新規参入メーカーが増えて、商品がだぶついて飽和状態なのかもしれませんね。



  


Posted by さくら at 12:05Comments(0)海釣り

2020年02月14日

福寿草 吉野 開花

2020年02月02日「福寿草 吉野 やばい!開花しそう」から寒波となり、福寿草の鉢も積雪に被われました。
2月12日で寒気に去り気温が一気に上昇。13日は小雨。夜でも気温が高くて福寿草を被っていた雪も消えました。
14日に鉢を見てみれば・・・開花してました。さすが早咲きの吉野です。face02
開花したので北側の日陰から陽当たりが良い場所へ鉢を移。これからは薄めた液肥で潅水する日々が始まります。


↓ミチノクフクジュソウの開花はもう少し先のようですから、このまま北側に置いておきます。



  


Posted by さくら at 15:15Comments(0)福寿草 吉野 寿

2020年02月12日

震度1

2月12日19時37分頃の地震を「!?」っと敏感に感じてきょろきょろする私。
少ししてテレビに速報が出ると「あんたは猫みたいだの」と言われてしまう。


  


Posted by さくら at 20:07Comments(0)その他20

2020年02月02日

福寿草 吉野 やばい!開花しそう

2020年01月15日「福寿草 吉野 近況」からも気温が高い日々が続き、
2020年02月02日で開花直前の状況になっていました。あと3週間も開花しないと思えません。face01
2019年02月23日「早咲き 吉野 開花
2018年03月04日「福寿草 吉野 開花


↓2019年02月05日「福寿草 吉野 近況」と比べて、大きな違いです。






↓2019年02月22日の画像。肥料を与えると1年で此処まで芽数が違う!


ミチノクフクジュソウは顔を出したばかり。


  


Posted by さくら at 16:16Comments(1)福寿草 吉野 寿

2020年01月15日

福寿草 吉野 近況

今年の冬は雪が降らず、寒くない。気になって福寿草を見てみたら、早咲きの吉野がかなり伸びてました。


2019年は1株2芽ずつでしたが、毎日の液肥が効いてか、芽数が増えました。
2018年11月13日「福寿草 吉野 植え替え」では2芽×3株でしたが、
2019年11月の鉢開けでは、5芽×2株+6芽×1株ですから、福寿草は肥料が大好きなんですね。


2019年02月05日「福寿草 吉野 近況
2月3日 日中は5度前後の気温で推移して、夕方から雨。
2月4日 04:50に最高気温10.5度を観測。午後まで雨。
2月5日 庭の雪も全部融けて、午前中快晴。ブログネタのため福寿草を撮影。
追記:2019年11月の鉢開けを撮影したデジカメの画像をロストしてしまいました。kao9

  


Posted by さくら at 14:25Comments(0)福寿草 吉野 寿

2020年01月11日

福寿草とイワヒバ

栃の葉書房発行『趣味の山野草』2020年1月号に、福寿草とイワヒバが載っています。face02
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/syuminosanyaso.html


福寿草は古典園芸らしいけど、現在は実生による新種発表ラッシュで、観る価値を感じません。
桜草や朝顔の愛好者は1シーズン1,000鉢もの実生を試みるそうですが、
変わった花容が咲いても容易に新種扱いせず、ほぼ100%破棄するそうです。
ところが福寿草愛好者は違うようで、愛好者が安易に新種発表してしまいます。
業者に至っては、掛け合わせた、いわば交雑種を珍品扱いで販売しています。
(平成福寿草会の展示会を観に行ったことがありますが、酷かったです。
余りの酷さに『えっ、これがあの品種???』と思うばかりで、写真を撮れませんでした。)
今回『趣味の山野草』2020年1月号に掲載されている品種もそんな感じのモノばかり。
定番の品種を、これぞ本来の花容!という画像とともに、しっかり紹介してほしいものです。

その点イワヒバ愛好者はしっかりしていて、素晴らしい作品の画像が載っていて、ただただ憧れるばかりです。
  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)福寿草

2020年01月10日

シーバスの干物

浜名湖の激流で釣れたシーバスの干物をいただきました。
シーバスは庄内でも釣れますけど、太平洋側は空気が乾燥しているし夜は冷え込むので、同じ干物でも味が違うとか。
干物なので乾いているかとお思い気や、しっとりと柔く重くて、熟成肉な感じです。
そのまま焼いて食べましたが、確かに美味しかったです。face02icon28icon12


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2020年01月09日

PEラインの塩抜き

海も荒れて暫く釣行する予定が無いので、PEラインの塩抜きをやりました。
リールに巻いていたPEラインを空きスプールに巻き直して、e-ろ過で水を動かしている水槽の中へ。
空きスプールに巻いたPEがほぐれて飛び出さないよう輪ゴム2〜3本で止めてます。


空きスプールが動かないよう割り箸を通して、両脇をレンガで抑えています。
塩抜きに必要な時間は解りませんが、水道水を垂れ流している分けじゃないので、暫く浸けて措いても大丈夫。


PEラインの巻き取りには電動ドリルを使っています。
ボールペンでも何でもいいのですが、それにマスキングテープを巻きます。
後はスプールを差し込んでスイッチオン。face01


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2020年01月07日

海釣り 尺メバル 520g

初釣りはオフショアジギング。凍える冷たさの中で頑張っても全然釣れなくて、岩礁周りでボーズ逃れのサビキ釣り。


釣れたのは産卵期で腹パンパンの尺メバル。重さは520g。
貧釣果ですが、尺/500g超えは、いつか陸から釣りたい憧れのサイズ。
初釣りで良いモノ見れました。今年頑張ってみようかな。face02


  


Posted by さくら at 18:58Comments(0)海釣り

2019年12月30日

フィールドライフ 19冬号

フィールドライフ 19冬号が発行されました。
今回は冬山が記事なっているので真面目な内容が多かったです。
バックカントリーなスノーボードが多く紹介されていました。


  


Posted by さくら at 13:50Comments(0)その他19

2019年12月29日

海釣り 今年最後はボーズ

前回の釣行が今年最後と思いきや、まさか出船できるとは。
今回もデカいのを釣ってやろうと勢いよく参加したものの・・・渋い。とにかく渋い。全然喰わない。
一回も当たることなく、かすりもしないで終わりました。この悔しさは来年に持ち越しです。face03


  


Posted by さくら at 16:33Comments(0)海釣り

2019年12月27日

海釣り 今年最後はブリ

今年最後の釣りはオフショアジギング。〆の釣果は幸運にも8kgのブリでした。face02icon28icon14

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2019年12月21日

ハタハタ頂いきましまた

「ハタハタ釣れないから、金浦まで行って買ってきた」と言って、ハタハタを頂きました。
サイズが不揃いで小振りなので、値段はかなり安いんだと思います。在る意味、お買い得な時期かもしれませんよ。face02


  


Posted by さくら at 20:58Comments(0)海釣り

2019年12月20日

パタパタとハタハタ

穏やかなオフショアジギングを終えた夜、ハタハタ釣りに出掛けました。
ほどなく雨が降ってきたので実釣時間は小1時間ほどと短いのですが
ポツポツとですが飽きない程度に掛かり(Wで掛かることもあり)、楽しめました。face02



  


Posted by さくら at 08:17Comments(0)海釣り

2019年12月19日

海釣り 急に穏やかに

今日は出船できないと思っていました。それが「出港する」というので、
荒れた海での過酷な釣りをイメージして、覚悟して乗船したのですが・・・全然平気。
急に風が弱まり波も静かで、穏やかな中での釣りになりました。


海が穏やかなだと魚の反応は良くなくて、ワラサとイナダで終わってしまいました。


周りの船を見る限りではイナダがポツポツ釣れている程度でした。
同じ場所を流し続けてましたから、ワラサ〜ブリも釣れていたと思います。  


Posted by さくら at 16:49Comments(0)海釣り