2020年01月15日

福寿草 吉野 近況

今年の冬は雪が降らず、寒くない。気になって福寿草を見てみたら、早咲きの吉野がかなり伸びてました。


2019年は1株2芽ずつでしたが、毎日の液肥が効いてか、芽数が増えました。
2018年11月13日「福寿草 吉野 植え替え」では2芽×3株でしたが、
2019年11月の鉢開けでは、5芽×2株+6芽×1株ですから、福寿草は肥料が大好きなんですね。


2019年02月05日「福寿草 吉野 近況
2月3日 日中は5度前後の気温で推移して、夕方から雨。
2月4日 04:50に最高気温10.5度を観測。午後まで雨。
2月5日 庭の雪も全部融けて、午前中快晴。ブログネタのため福寿草を撮影。
追記:2019年11月の鉢開けを撮影したデジカメの画像をロストしてしまいました。kao9

  


Posted by さくら at 14:25Comments(0)福寿草 吉野 寿

2020年01月13日

ヤフオクに孫半斗!

ヤフオクに孫半斗が3件出品された!
出品者は同じ人で、1鉢、3鉢、4鉢の3件。
全てチェックし続けていた分けではないけど、初めてヤフオクで見たので興奮した。
私が気付いた時にはBという人が3件全てに2回入札を掛けており、「絶対落札したい!」という思いが感じられた。
私も欲しかったが、こういうモノは揃えて持つことに価値があるので、入札は控えた。

--------------------------------------------------------
孫半斗(孫半土)の出品です。
江戸時代のもので、食器壺に使われていたが桜草によくあうということで愛用されていた、
今では桜草愛好家には幻の鉢と言われているものです。
昭和27年頃(1952年頃)、今は亡き明治生まれの祖父が東京に住んでいた当時、
近所の古い農家から譲り受け、日本桜草の栽培を楽しんでいました。
その後父が受け継いでましたが、父も高齢のため栽培を引退しました。
祖父や父のように桜草を愛し、この鉢を大切にしてくださる方の手に渡れば幸いです。
--------------------------------------------------------

最初の終了は1鉢の出品。
Kさんが8,750円で早々に下りる。Aさんが終了間際に11,500円を入れて更新すると、
あわててBさんが12,000円で差し替えして終了。
以前孫半斗が欲しくてネット検索した際、東京の園芸店のHPに孫半斗が載っており、
確か25,000円前後で販売されていたから、落札価格は20,000円くらいと思っていただけに
Bさんの入札金額の低さと落札価格は意外だった。この後の2件にKさんとAさんは入札しなかった。
熱心な桜草栽培愛好者は年寄りが多いので、ヤフオクなどチェックする人は少ないでしょうから、
入札者が少ないのは仕方がない。






2件目は3鉢組み。入札者は最初から独りで2回入札を掛けていたBさんと、ヤフオク利用件数1326回のEさん。
終了時間21:20に対して、Eさんは17:13の44,900円で止りで、
Bさんが17:33に45,400円を差し、そのまま終了。2人で10回の入札。






最後の3件目は4鉢組み。入札者は再びBさんとEさんで、15回の入札で終了。
Eさんは17:14の58,000円で、Bさんが17:33に59,000円で終了。実にあっけない!






私が思っていたより孫半斗の評価は低く、入札者数と入札件数、落札金額の低さが意外だった。
でも、貴重な孫半斗が散らばる事なく1人の手元に移ることは幸いだ。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)桜草の鉢

2020年01月11日

福寿草とイワヒバ

栃の葉書房発行『趣味の山野草』2020年1月号に、福寿草とイワヒバが載っています。face02
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/syuminosanyaso.html


福寿草は古典園芸らしいけど、現在は実生による新種発表ラッシュで、観る価値を感じません。
桜草や朝顔の愛好者は1シーズン1,000鉢もの実生を試みるそうですが、
変わった花容が咲いても容易に新種扱いせず、ほぼ100%破棄するそうです。
ところが福寿草愛好者は違うようで、愛好者が安易に新種発表してしまいます。
業者に至っては、掛け合わせた、いわば交雑種を珍品扱いで販売しています。
(平成福寿草会の展示会を観に行ったことがありますが、酷かったです。
余りの酷さに『えっ、これがあの品種???』と思うばかりで、写真を撮れませんでした。)
今回『趣味の山野草』2020年1月号に掲載されている品種もそんな感じのモノばかり。
定番の品種を、これぞ本来の花容!という画像とともに、しっかり紹介してほしいものです。

その点イワヒバ愛好者はしっかりしていて、素晴らしい作品の画像が載っていて、ただただ憧れるばかりです。
  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)福寿草

2020年01月10日

シーバスの干物

浜名湖の激流で釣れたシーバスの干物をいただきました。
シーバスは庄内でも釣れますけど、太平洋側は空気が乾燥しているし夜は冷え込むので、同じ干物でも味が違うとか。
干物なので乾いているかとお思い気や、しっとりと柔く重くて、熟成肉な感じです。
そのまま焼いて食べましたが、確かに美味しかったです。face02icon28icon12


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2020年01月09日

PEラインの塩抜き

海も荒れて暫く釣行する予定が無いので、PEラインの塩抜きをやりました。
リールに巻いていたPEラインを空きスプールに巻き直して、e-ろ過で水を動かしている水槽の中へ。
空きスプールに巻いたPEがほぐれて飛び出さないよう輪ゴム2〜3本で止めてます。


空きスプールが動かないよう割り箸を通して、両脇をレンガで抑えています。
塩抜きに必要な時間は解りませんが、水道水を垂れ流している分けじゃないので、暫く浸けて措いても大丈夫。


PEラインの巻き取りには電動ドリルを使っています。
ボールペンでも何でもいいのですが、それにマスキングテープを巻きます。
後はスプールを差し込んでスイッチオン。face01


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2020年01月07日

海釣り 尺メバル 520g

初釣りはオフショアジギング。凍える冷たさの中で頑張っても全然釣れなくて、岩礁周りでボーズ逃れのサビキ釣り。


釣れたのは産卵期で腹パンパンの尺メバル。重さは520g。
貧釣果ですが、尺/500g超えは、いつか陸から釣りたい憧れのサイズ。
初釣りで良いモノ見れました。今年頑張ってみようかな。face02


  


Posted by さくら at 18:58Comments(0)海釣り

2019年12月30日

フィールドライフ 19冬号

フィールドライフ 19冬号が発行されました。
今回は冬山が記事なっているので真面目な内容が多かったです。
バックカントリーなスノーボードが多く紹介されていました。


  


Posted by さくら at 13:50Comments(0)その他19

2019年12月29日

海釣り 今年最後はボーズ

前回の釣行が今年最後と思いきや、まさか出船できるとは。
今回もデカいのを釣ってやろうと勢いよく参加したものの・・・渋い。とにかく渋い。全然喰わない。
一回も当たることなく、かすりもしないで終わりました。この悔しさは来年に持ち越しです。face03


  


Posted by さくら at 16:33Comments(0)海釣り

2019年12月27日

海釣り 今年最後はブリ

今年最後の釣りはオフショアジギング。〆の釣果は幸運にも8kgのブリでした。face02icon28icon14

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2019年12月21日

ハタハタ頂いきましまた

「ハタハタ釣れないから、金浦まで行って買ってきた」と言って、ハタハタを頂きました。
サイズが不揃いで小振りなので、値段はかなり安いんだと思います。在る意味、お買い得な時期かもしれませんよ。face02


  


Posted by さくら at 20:58Comments(0)海釣り

2019年12月20日

パタパタとハタハタ

穏やかなオフショアジギングを終えた夜、ハタハタ釣りに出掛けました。
ほどなく雨が降ってきたので実釣時間は小1時間ほどと短いのですが
ポツポツとですが飽きない程度に掛かり(Wで掛かることもあり)、楽しめました。face02



  


Posted by さくら at 08:17Comments(0)海釣り

2019年12月19日

海釣り 急に穏やかに

今日は出船できないと思っていました。それが「出港する」というので、
荒れた海での過酷な釣りをイメージして、覚悟して乗船したのですが・・・全然平気。
急に風が弱まり波も静かで、穏やかな中での釣りになりました。


海が穏やかなだと魚の反応は良くなくて、ワラサとイナダで終わってしまいました。


周りの船を見る限りではイナダがポツポツ釣れている程度でした。
同じ場所を流し続けてましたから、ワラサ〜ブリも釣れていたと思います。  


Posted by さくら at 16:49Comments(0)海釣り

2019年12月16日

海釣り とっても穏やか

12月中旬とは思えない穏やかな海。
今日は晴れると解っていただけに、凄い数の船が出ていましたが、釣果は今イチ振るわず。


今年は釣れたらデカいブリが釣れるものの、イナダやワラサが少なくて、釣れない人はボーズという感じでしたが、
今日は違っていました。デカいブリは姿を消して、ワラサ混じりでイナダがメイン。
釣る人は釣ってましたが私は貧釣果に沈み、イナダ2尾で終わりました。icon15 (^^;


  


Posted by さくら at 19:03Comments(0)海釣り

2019年12月11日

17実生=2年芽を終えて植え替え

パソコン壊れてデジカメから画像のアップができないので、スマホで撮影した画像でアップしてみました。
うまくアップできるといいのですが・・・。

ネット上に『福寿草は、早いと4年芽で開花する』という記述が散見されるので、
本当に4年目で開花するのか試すべく始まった2017年の実生も、2020年春に3年芽となる。

潅水には液肥を薄めたモノを使用し続けたところ、2019年の2年芽は、私の想像以上に茎が伸び葉が繁った。
葉が繁れば根も伸びているはずなので、2019年11月に鉢開けしたところ
根が大きく伸び、根本数も多くびっしりと混んでいたので驚きました。
丁寧に1本1本ほぐしたところ265芽もあり、発芽率の高さにも改めてビックリです。
福寿草は思っていた以上に肥料を好み、肥料次第でグングン生長するようです。futabaface08



2019年11月の実生の鉢の植え替えの様子は、デジカメの画像が取り込めるようになったら、改めてアップします。
追記:デジカメの画像をロストしてしまいました。kao9
最初に実生した時は「山野草には肥料を余り与えないようにする」というイメージがあり、肥料を控えましたが、
2回目の今回は『4年芽で開花するのか!?』を検証するためなので、意図的に薄めた液肥を毎日与えました。
そして2年芽の11月に鉢開けしたところ、上記のように立派に生長していた次第。
3年芽の11月に鉢開けしていようものなら根が絡み合ってしまい、個々に分けることが出来なかったと思います。
福寿草は肥料を好みます。与えるとぐんぐん生長するし、芽数も倍以上に増えるようです。
※閑話:桜草も肥料を好みます。花が終ってから7月末まで薄めた液肥を毎日与えると、根が大きく生長しますし増えてくれます。
  


Posted by さくら at 15:00Comments(0)福寿草 実生

2019年11月11日

福寿草 鉢開けの下見

平年10月末から11月頭には福寿草の芽が顔を覗かせるのですが、気温が高い今年は未だです。
早咲きの吉野の鉢で、枯れた茎の付近をほじってみたら、芽があり一安心。face02


2019年03月23日「福寿草 佐藤さん宅にて」:佐藤さんにもらったミチノクフクジュソウ。
この鉢は今年一番最初に枯れ始めたので、こちらも気になってほじってみたら、芽があり一安心。face02
庭に植えられていたとき、深植えされていた感じだったので、鉢植えの際も敢えて深く植えました。
そのせいか、芽は深い位置にありましたから、近い内に植え直しをしようと思います。


2018年11月13日「福寿草 吉野 植え替え」:植え替えしてまだ1年ですが、ついでに鉢開けやろうかな。(^^;  


2019年11月10日

苔 赤い花

苔。苔というと緑色の苔を連想させ、近年は苔玉という形で苔栽培愛好者も増えていますが、
苔には色々な種類がありまして、確か下記添付画像も良く見かけるモノも苔の一種であり、
それに赤い花?が咲いていました。


今まで赤い花?にが気づいていましたが、苔の同定は困難なので今までスルーしてきました。
今回も同定作業をしておらず、こういうのもあるのだと知って頂きたくネタにしました。
同定はしかねますが、似たような苔で、参考になりそうなサイトを発見。

2011年08月11日「苔に赤い花が咲いたという新聞記事をご紹介


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年11月09日

海獲り 鮭

海の漁師さんから鮭を頂きました。face03icon28
今年は天候が不安定でなかなか出漁出来なかったものの、最近ようやく獲れるようになったそうです。icon14



  


Posted by さくら at 00:07Comments(0)その他19

2019年11月08日

スギワケ

2019年11月06日「スギワケ」:そろそろ生えているだろうと入山。ありました。face02icon28

  

Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年11月07日

大和渋柿

柿は全て甘いものだと思っていた小さい子供の頃、
近所の庭に生えていた美味しそうな柿を失敬して、初めて渋柿の存在を知りました。それが大和渋柿。
近年はとんと姿をみなくなりましたが、栽培している方は未だ居るようで、久しぶりにみました。
渋抜き中の柿が多いので、干し柿にして吊るしておきました。


  


Posted by さくら at 13:00Comments(0)その他19

2019年11月07日

ハイイロシメジ

2019年11月06日「ハイイロシメジ」に雨雲レーダー画像をアップしましたが
6日の深夜01〜04時に雨が降ったので、6日の日中に山をみてきました。
すると発見。ありました、生えてました。face05


ハイイロシメジのネタが続いていますが、たくさん採れて嬉しいからネタにしているわけではなく
少ししか採れない状況で、新規に1列見つける事が出来きたことが嬉しくて、ネタにしてしまっています。
10月末〜11月頭のアラレが降って冷え込む気象状況だと、一回で何列も生えてくるので嬉しいのですが
近年は気温が高く雨が少なく地面が乾燥地味なので、満足に採取出来ていませんでした。
今年は気温が高いものの、真夜中に雨が降るので、生えてくれているようです。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19