2019年02月28日

福寿草 山の近況

2018年03月05日「福寿草 山で種まき
2018年03月20日「福寿草 山で種まき 花数増えた♪

種を蒔いた山の様子を見に行ったら、昨年と違って雪は綺麗に消えていて
昨年まで開花した場所を見てみると、落ち葉の下に、幾つか黄色いつぼみを確認できました。
2018年04月07日「福寿草 山に蒔いて7年芽」でも花芽を確認。8年芽でようやく開花しそう!
ですが、昨年開花した株が花芽になってないのが多くみられたので、もう少し様子見です。


↑2019年2月27日の様子。奥のは花芽ではないので、今年開花しない感じです。
↓2018年3月20日の様子。上の画像の芽は、一番上と真ん中の芽。一番下の芽は今回確認出来ず。




↑2019年2月27日の様子。昨年まで開花していたのですが、今年は花芽でありません。
↓2018年3月20日の様子。上の画像の芽は一番奥の芽で、手前の芽は今回は確認出来ず。





↑2019年2月27日の様子。一昨年1度だけ開花して去年開花しなかったけど、今年も開花しなそう。
石の際の芽は小さいので、昨年の画像の芽なのか確定出来ず。
↓2018年3月20日の様子。




↑2019年2月27日の様子。これは開花しそう。他に3芽あるはずだけど、今回は確認出来ず。
↓2018年3月20日の様子。今回見つけた芽は、左の画像=上2輪+下2輪写っている内の、下の左側の芽。



↓昨年秋に山に植えた株は、流石に大きく膨らんでました。
今後周囲の草に負けて細り、減っていくのか、このまま増えてくれるのか気になります。
上:鳥居の右側に、下:鳥居の左側に植えてます。




この日は知り合いの地元のご夫婦と2年振りに再開しました。
祠周辺の草刈りなどもやっている方で、
「毎日通って気にしてみてるから、今年もそろそろかなと思っていた」とのこと。
「地元も気にして視るようになってきたから、盗掘の心配は、もう大丈夫じゃないかな」
というので、2018年2月28日撮影の全景画像をアップ。↓
2019年2月27日は、話し込んで撮影し忘れました。うっかりです。(^^;


  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)福寿草 山で種まき

2019年02月28日

福寿草 寿 芽吹く

遅咲きの寿が、ようやく顔を見せ始めました。
鉢を陽当たりの良い場所に移したので、
これから次々と芽吹いてくれることでしょう。


↓2018年11月12日「福寿草 寿 植え替え」:あと3芽は芽吹くはずです。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)福寿草 吉野 寿

2019年02月27日

福寿草 B 遅い芽吹き

B鉢で、用土が一部盛り上がってきました。
2018年11月19日『福寿草 植え替え』には
「2芽の株を3つ=3株6芽」と記しており、全て芽吹いたはず。
不思議に思って掘ってみたら、芽が出てきました。




A鉢には、根の下に隠れた芽が1つある株を植えてますが、
A鉢に植えたはずのその株を、小さいとはいえ3年芽、4年芽、5年芽をA鉢に植えたので
↓株の外側に1芽隠れているとは思えないので、用土を被せる直前にB鉢のと交換して植えたのかも・・・。

  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)福寿草

2019年02月27日

福寿草 A 遅い芽吹き

福寿草A鉢に植えた4年芽?がようやく顔を覗かせました。



2018年11月19日『福寿草 植え替え』を読み返すと
A鉢には3年芽と4年芽と5年芽?の3芽も植えたと記しており、
今回芽吹いたのは黄色い丸で囲った4年芽なので、後は四角い黄色枠の3年芽の芽吹きですね。
また、「一見すると2芽に見えますが、1芽隠れて3芽の株+立派な3芽の株=2株6芽」を植えてますから
もう1つ大きめの芽が出て来る予定です。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)福寿草

2019年02月26日

特盛 食ってみた

普段あまりコンビニで買い物をしないので、見つけた時に『おっ!?』と思って衝動買い。
どれくらいの満腹感、満足感を得られるのだろうかと期待して食べてみましたが・・・。


まず一味が入ってなくてガッカリicon15
初めて食したのでお湯の量をミスって多くいれたのか、
特盛の割には粉末スープの量が少なかった気もしましたが、ノーマルな商品より薄味でした。icon15
食べていて途中から気づいたのですが、
底の方に沈んでいる妙な旨味を上手くかき混ぜられてなくて、最後が濃い味になってガッカリ。

コンビニの棚にPOPが無かったので、前から在る商品なんだろうなあと思ったのですが、
食べてみて、道理で話題になってない訳だと実感。
結論。特盛をコンビニで216円で買って食うより、
スーパーでノーマルを2杯買って食った方が、満腹感と満足感は間違いなく上!  


Posted by さくら at 16:30Comments(0)その他19

2019年02月25日

福寿草 A鉢 開花

2月25日 最低気温0.2℃ (03:29) 最高気温13.1℃ (12:55)
13:00:12.7℃ 日照時間60分
12:00:11.0℃ 日照時間13分
11:00:10.3℃ 日照時間19分
10:00:10.6℃ 日照時間20分
09:00:06.1℃ 日照時間35分
08:00:02.8℃ 日照時間00分

今朝は冷え込み、今日は曇りの予報で朝は陽射しが弱かったのですが、
思っていた以上に気温が上がり、お昼にはピーカンに陽が照り最高気温13.1度を観測。
この陽気でA鉢も開花しました。face02


2月25日午後急に暗くなって15時から雨。ビックリです。

2018年03月07日『福寿草 開花
2018年03月04日『福寿草 吉野 開花
  


Posted by さくら at 13:40Comments(0)福寿草

2019年02月24日

福寿草 B鉢 開花

一昨日から陽の当る場所に置いたので開き始めた福寿草B鉢。陽の温かさは偉大ですね。
↓2月24日


↓2月23日


↓2月22日



↓A鉢の開花は、もう少しですね。明日は曇りで明後日は快晴の予報なので、明後日開花宣言かな。


↓早咲きの吉野の根元には新しい花芽が着いていました。花数が増えていくのは楽しみです。



  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)福寿草

2019年02月23日

早咲き 吉野 開花

2月23日 晴れ 風強し 最大風速 7.3m/s (14:00)
最低気温 0.3℃ (06:53) 最高気温 7.6℃ (13:17)
08〜14時までの日照合計時間 4時間16分(1時間あたり平均日照時間 36分)

早咲きの吉野が開花。朝から陽が照ったから全部開きました。太陽は偉大です。face02



↓昨日22日の状態です。


↓2018年11月13日「福寿草 吉野 植え替え」:芽数が少ない。これから芽吹くのかな・・・。




昨日の段階で開花はまだ咲きだと思っていた福寿草も、陽に照らされて、大きく膨らんでました。

↓昨日の様子。


↓今日の様子。


2018年03月07日『福寿草 開花
2018年03月04日『福寿草 吉野 開花』  


Posted by さくら at 14:48Comments(0)福寿草 吉野 寿

2019年02月22日

早咲きより早く咲いた

2月21日の日照時間(曇り)
11:00:04分 最高気温7.0℃ (10:20)
2月22日の日照時間
14:00:00分
13:00:33分
12:00:49分 最高気温9.0℃ (12:29)
11:00:16分
10:00:08分
09:00:40分
08:00:18分

陽が照ったお昼の開花が開花しました。face02
福寿草の花びらは陽を反射するので撮影が難しいです。


↓早咲きの吉野は、つぼみが開いたという程度で、これを開花と呼ぶかどうかは微妙です。(^^;


↓ミチノクフクジュソウのつぼみやガク、葉は赤紫ですが、天然の福寿草は緑色です。


↓山形県の内陸地方で栽培されている福寿草は、園芸店から購入されたミチノクフクジュソウ=赤紫。
なので山形新聞によく掲載される『○○地区の福寿草』『○○さん宅の福寿草』も同じミチノクフクジュソウ=赤紫。


↓天然の福寿草は緑色です。

  


Posted by さくら at 14:05Comments(0)福寿草 ミチノク

2019年02月20日

早咲きより早く咲きそう

2月18日の最高気温8.5℃ (13:30)
2月19日の最高気温9.4℃ (15:40)
2月19日から雨模様で20日の最高気温は10.9℃ (09:58)
履歴平均の最高気温は6度なので、かなり高い気温です。
ちょっと気になったので北側の日陰に置いてある福寿草の鉢を見てみたら
昨年救助してきたミチノクフクジュソウが開花直前でした。
今まで早咲きの吉野が一番最初に開花していたのですが、
それよりずっと早く開花しそうなので驚いています。
今年だけなのか、来年以降も早く咲くのか、観察しないといけませんね。
さっそく北側の日陰から日当りが良い場所へ移しました。開花は秒読みです。(^^)


↓早咲きの吉野は未だこんな感じで、開花までもう少し時間が掛かりそうです。





  


Posted by さくら at 15:13Comments(0)福寿草 ミチノク

2019年02月17日

福寿草展

某所開催の福寿草展を見てきました。雪国では展示会に合わせて開花させることが難しいので
残念ながら多くの鉢はつぼみだったりして、本来の花容&花径を見ることは出来ませんでした。

展示品の多くは4号鉢に1芽1輪っぽい植え方がされていましたが、
少し大きめの鉢に株数多く植えられていた方が、福寿草本来の美しさが感じられて、好みでした。
つぼみだったり本来の花容ではなかった鉢が多い中で、素敵だった鉢を撮ってきました。

↓児玉緑:本来の姿か知りませんが、展示品の中では、一応個性的な花容でした。


↓金采:なん鉢か出展されており、おおむね同じ花容で咲いてました。丈夫そう。


↓大和:なん鉢か出展されており、おおむね同じ花容で咲いてました。丈夫そう。見応えあり。


↓爪折笠:なん鉢か出展されてましたが、花容と花径が微妙に違い、どれが本来の姿か不明。


↓撫子:多く出展されており、同じ花容で咲いてました。丈夫そう。買って栽培して無難そう。


↓紅福:可愛くて欲しいと思いましたが、明らかに花容と花径が違う鉢たち。どれが本来の姿か不明。


↓日月星:つぼみの段階のこの模様が名の由来とかで、この状況が一番の見頃らしいです。花は普通。


↓神流:つぼみは特徴的でしたが、花は普通。名の由来は不明。


↓秩父紅の名札がありましたが、指し間違い。


展示会場では苗の販売も行われていましたが、
愛好会の会員からの頒布ではなく片岡笑幸園の販売会でした。
https://item.rakuten.co.jp/syokouen/c/0000000116/

福寿草は古典園芸植物のはずで、展示会場でも伝統の福寿草と銘打ってましたが
掛け合わせた交配種A×B=F-1と称した鉢が多く、こういう同定されてない鉢の販売は如何なものかと。
同じ古典園芸植物の朝顔や桜草の愛好者は、毎年何百何千株の実生を行い、
コレは!といった個性的な花容のみに命名して世に送り出しています。
展示品の名札には『無名』と書かれた鉢も多く、???です。
主催者の一人の方は、「これは埼玉の福寿草会からの株で、間違いないんですよ」とか言っており
『埼玉の福寿草会』を拝み奉る姿勢は、東京のさくらそう会と同じ姿勢だと嫌悪感を抱きました。
黄色い花に秩父紅の名札。しかも旧秩父紅って何?。撫子なのに、昭和撫子。昭和ってどういう意味?
70種100鉢にも及ぶ多種多様な福寿草の展示ということでしたが、これって勝手に命名しただけでしょ。
全く保って古典園芸を感じさせておらず、出展品も自分たちで品種の同定を行ってないのでしょうか。
そうそう入手する機会もない、1鉢何万円もする貴重な苗も販売されていましたが、
本当に正しく同定されているのか怖くて、何も買わずに帰ってきました。

金采、大和、撫子は、どの鉢もちゃんと個性を現して咲いてましたから、丈夫で育て易い品種のようです。
児玉緑が大きく育った鉢は素敵でした。紅福も可憐で素敵でしたが
紅福の名札が挿さった他鉢は、購入を回避させてしまうほど、花容と花径が違っていました。

福寿草の栽培方法に関して、「冠水は1週間に1度で良い」と説明してましたが、
福寿草は肥料が好きで、肥料を与えることで播種4年で開花したり、増えてくれるわけで、
1週間に1度しか冠水しないと、肥料をどうしているのか疑問に感じましたし
肥料を与えていないから株が育ってなく、つぼみが小さく茎も細いのではないのか、と感じました。
また『埼玉の福寿草会』を拝み奉る姿勢故に、太平洋側の栽培方法に従い唐松を敷き詰めていましたが
そんなことするくらいなら、紅福の鉢のように、苔を敷いた方が雪国では良いでしょうに。
古典園芸としての品種数の少なさと、同定の不確定さが気になりました。
交配種A×B=F-1と称し、「どのような花が咲くかはお楽しみ!」という販売は控えてほしいです。
花が咲いていないのは仕方が無いことですが、それとは違った意味で、ちょっと残念な展示会でした。
辛口な記載になりましたが、なんだかんだと色々勉強になりましたので、結果として行って良かったです。

↓下記画像は、会場に展示されていた福寿草自生地の写真パネルです。
同じ野生種でも上の写真は東北でよくみかける品種で、
1株1株点々と間隔を空けて散らばっています。私が栽培しているのは、これになります。
下の写真は1本1本等間隔に生えており、お花畑のようです。
これが園芸店に出回っている品種で、山形の内陸の方々が栽培している福寿草になります。

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)福寿草の勉強

2019年02月16日

ヤリイカ 釣り

今年最初の魚釣りは、ヤリイカ釣りでした。
入れ掛かり!とまではいきませんでしたし、1杯ずつしか掛かりませんでしたが、
やっぱり釣りは楽しいです♪ face03icon14icon14


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2019年02月15日

サイエンスカフェの悩める問題


サイエンスカフェという働きかけがあります。
これはシンポジュームと違って、専門家が壇上から話しをするのではなく、
一般の方々と机をともにして語り合い考えようというディスカッションであり
専門家からのアプローチ姿勢になります。

下記は2010年に山形県立博物館 &山形大学理学部が開催したサイエンスカフェですが、
サイエンスに親しんでもらうのが目的なので、通常このような形で開催されるのが一般的です。
このように専門家と一般の方との接点&架け橋となる働きかけがサイエンスカフェ。
いう意味で解り易い例を例えるなら、NHKの番組『ブラタモリ』みたいなものです。http://www.yamagata-museum.jp/archive/lecture/h22/h22-cafe.pdf



さて先日TVで山形大学の学生たちがサイエンスカフェを主催することを知りました。
テーマ内容は『外来種から考える』というでしたが、大きな違和感を禁じ得ませんでした。http://www.yamagata-u.ac.jp/scita/190223scicafe1.pdf


先ず素人ながらに山形県の外来種問題を気にしてきた私としては
新しいムーブメントとなる発起人たちに心当たりがありません。
いったい誰が外来種問題を気にしてくれていたのだろうか、主宰者が気になりました。
次に、これが一番の問題なのですが、開催主旨が全く不明です。
サイエンスカフェの説明ばかりで、どうして外来種問題をテーマに選んだのか、説明がありません。
そして名前が取り上げられた生物に統一性が全くないので、ますますもって開催主旨が不明です。
それなのに『悪役?本当にそうでしょうか』と方向性だけ示す怪しさは、何なんでしょう。

なんでヒアリ?
ヒアリは外国産木材などに伴いコンテナに入って港湾施設内で発見されていますが、
山形県では発見されていませんし、今のところ国内への定着も確認されていません。
ヒアリは世界の侵略的外来種ワースト100選定種に含まれており
日本でも特定外来生物にも指定されています。それなのに『悪役?本当にそうでしょうか』ですって!?
本当になんでヒアリなのかな。アメリカシロヒトリでも取り上げたらいいのに。
毎年春と秋の2回町内会で自宅の庭木の殺虫駆除作業があるほどなんだけど、
今時の学生は全てネット情報だから、アメリカシロヒトリと地域の状況を知らないのかな。

在来生物であるアナグマが外来種扱い。
もともと山形県内にも生息しているアナグマを、なぜ外来種と勘違いしているのでしょう。
山形県の森林面積は県全体の72%にもおよび、農業が盛んであり、果樹王国を自負しています。
外来種の動物を取り上げるならハクビシン、アライグマ、国内移入種であるイノシシなどにすべきです。
広い視野で深く考えるためには、外来種を語る前に在来種と環境を先に勉強すべきです。
いやいや『アナグマは悪役?本当にそうでしょうか。在来種なんですよ』というオチだったのかな。
うん、きっとそうだ。オチにツッコミを入れてごめんなさい。

ブラックバスは釣り人が密放流して拡散
ブラックバスは生態系に大きな悪影響を与えたから特定外来生物にも指定されたというのに
山形市が支援する企画でありながら、『悪役?本当にそうでしょうか』と懐疑的見解を示すのはなぜ?
動物や昆虫と違って人の手に寄らないと生息域を拡大できない魚が拡散したのは釣り人に因るものです。
これには『悪いのは人間なんですよ』と論点をすり替えるオチをつけるつもりでしょうか。
まさか今更水産資源に活用すべきだといか言い出す気ではないでしょうね。
最上川では鮎の友釣りが出来ないほど大繁殖してしまい、
貴重魚であるウケクチウグイの生息も危うくなっており、
最上川に天然のワカサギが生息しているのですが、それだって消滅してないか気になります。

なぜセイヨウタンポポ。
普通の一般にはタンポポと呼びます。それを敢えてセイヨウタンポポと表したのはなぜ?
専門的知識を有していることを醸し出すためでしょうか。
セイヨウタンポポを知っているなら、従来の在来種であるニホンタンポポも知っているはず。
なのになぜセイヨウタンポポを取り上げるのか意味不明。外来生物問題を取り上げるなら、
被害を受けて生息域が年々減少しているニホンタンポポを取り上げられると思うのですが・・・。
テーマが『外来生物から考える』だから、先にテーマありきで考えて
イベントの成功のためタンポポコーヒーを出して
『セイヨウタンポポは悪役?本当にそうでしょうか。コーヒーに利用できるんですよ。美味しいでしょ』
と語るつもりでしょうか。

ナビゲーター:山形大学 地域教育文化学部 教授小田隆治理学博士
ひねくれた性格の私はうがった見方ばかりしますが、
今回の企画は朝日新聞のようなミスリードを誘う浅はかな思考が見え隠れしてなりません。
そもそも学生の担当は小田隆治とは誰なんだ。
-------------------------------
北里大学医学部助手、山形大学教養部助教授を経て、山形大学地域教育文化学部教授。
高等教育研究企画センター・企画マネジメント部門長、山形大学学長特別補佐を歴任。
2004-07年山形県の国公私立6大学・短大からなる大学間連携組織「地域ネットワークFD”樹氷”」の議長、2008年から東日本地域の国公私立36大学等からなる大学間連携組織「FDネットワーク”つばさ”」の議長を務める。
-------------------------------
難しいことは判らないけど、要するに外来生物や生態系とは無関係。
『教育』『研究』『企画』『マネジメント』が専門のな人のようです。
つまり今回の『山形大学SCITAセンター サイエンスカフェ』とは、
『学生のための勉強の場』であり大学の授業の一環に過ぎないようです。
だから主旨が無かったんですね。
修学中の学生が教授から「自分たちで何かを考え、企画してやってみなさい」という課題を与えられ
ネットで調べた文言を集約して「サイエンスカフェ」という
耳慣れない新しさを利用したイベントをくわだてたということですね。

鳥海メダカもそうでしたが、浅はか過ぎませんかね。本来の主旨から離れた名称の利用はすべきではない。  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)その他19

2019年02月13日

Gijieサクラマス全記録(1997-2018)ご予約受付中

あまりの値段の高さにビックリ。図鑑並じゃん!
でも興味ある〜〜〜♪♪♪ face03

Gijie サクラマス全記録(1997-2018)2019年2月末発売!
1999年に発売された『平成のサクラマス』から、昨年の『サクラマス2018』にいたるまで、
過去二十数年間に渡ってサクラマスの現状を伝えてきた本誌。
取材地も、北から南に至るまで、ほぼ全国に渡っている。
そんな本誌が、サクラマス取材の集大成として発売するのが、この『サクラマス全記録』。
あらゆる方向からサクラマスという魚を見つめ直します。
https://geibunsha.co.jp/info/gijie/sakuramasphotobook2019/


此所まで値段が高いと、誰かが手に取った本を買うのは嫌だから、
立ち読みしてから購入するようなことはしないで、予約して措こうかな。(^^;  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)サクラマス

2019年02月11日

ヤリイカ

私は行けずにお裾分けを頂きました。
2人で100杯釣った船もあったとか。行きたかった〜 kao10


  


Posted by さくら at 18:33Comments(0)海釣り

2019年02月10日

はちみつ どら焼き

山田養蜂場の「はちみつ どら焼き」を頂きました。
要冷凍なので解凍してから食べます。
・・・まあ、要冷凍な食べ物ですから、まともなどら焼きではありません。
どら焼きの生地にはちみつが染み込んでいて、しっとりとした食感は、何所かで食べた味わい。
そうだ、パンケーキにはちみつをかけて餡子を挟んで食べている感じだ。
『でも、これに合うのはコーヒーか紅茶か・・・やっぱり渋いお茶だな!』と思いながら食べました。face02






  


Posted by さくら at 17:15Comments(0)その他19

2019年02月08日

桜草 千代田 異名同種

花の同定すれば、品種名が違うだけで、他の品種と同じ花容であることが多々あります。
熱心なさくらそう栽培愛好者の中には、花の同定を疎かにして、
「譲ってもらったときの銘なので、間違いはない」「俺は正しいんだ」と
盲目な思考で栽培品種数だけを自慢する輩がおり、訂正しないのですから質が悪いです。

そういう輩とは別に、一般の園芸愛好者さんが栽培している桜草には、
異種同名ならぬ異名同種が散見され、興味深いものがあります。
下記画像は『ちょっと!深呼吸』さんの千代田です。
山原茂氏監修の日本桜草総銘鑑に因りますと、
楽老さんのHP『サクラソウ銘花』に掲載の品種とのことですが、明らかに異名同種。
山原さんのような方が早くに亡くなれた事が残念でなりません。




  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)日本桜草について

2019年02月07日

山原茂氏追悼 浪華さくらそう会誌50号

浪華さくらそう会誌50号が発行され、浪華さくらそう会の活動の長さを感じさせますが、
今号は昨年7月にお亡くなりになられた山原茂氏の追悼となっています。
さくらそう界における山原さんの功績は大きく、突然の訃報が未だに信じられません。
山原さんの実生品種は今後も栽培され、後世に残り我々を楽しませてくれるでしょうし
桜草の品種をまとめた日本桜草総銘鑑は、後世の愛好者の礎になるものと思います。合掌。




  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)日本桜草について

2019年02月05日

福寿草 ミチノクフクジュソウ 近況

2018年11月14日「福寿草 ミチノクフクジュソウ 植え替え
物干台のコンクリートブロックの下から掬ってきたミチノクフクジュソウは、太い芽を覗かせてます。
今年の開花数と生長が今から楽しみです。




  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)福寿草 ミチノク

2019年02月05日

福寿草 吉野 近況

2月3日 日中は5度前後の気温で推移して、夕方から雨。
2月4日 04:50に最高気温10.5度を観測。午後まで雨。
2月5日 庭の雪も全部融けて、午前中快晴。ブログネタのため福寿草を撮影。
遅咲きの寿は未だ芽を出してません。霜柱が立っているだけでした。

早咲きの吉野は温かくなるのを待っている状況。開花まで後1ヶ月ほどです。


花だけを観ると、なんら代わり映えしない普通の福寿草ですが、
明らかに早く咲いてくれるので、栽培していて嬉しい1鉢です。みなさんへお勧めの品種です。
2018年03月04日「福寿草 吉野 開花
2018年11月13日「福寿草 吉野 植え替え
  


Posted by さくら at 11:05Comments(0)福寿草 吉野 寿