2019年02月28日

福寿草 山の近況

2018年03月05日「福寿草 山で種まき
2018年03月20日「福寿草 山で種まき 花数増えた♪

種を蒔いた山の様子を見に行ったら、昨年と違って雪は綺麗に消えていて
昨年まで開花した場所を見てみると、落ち葉の下に、幾つか黄色いつぼみを確認できました。
2018年04月07日「福寿草 山に蒔いて7年芽」でも花芽を確認。8年芽でようやく開花しそう!
ですが、昨年開花した株が花芽になってないのが多くみられたので、もう少し様子見です。


↑2019年2月27日の様子。奥のは花芽ではないので、今年開花しない感じです。
↓2018年3月20日の様子。上の画像の芽は、一番上と真ん中の芽。一番下の芽は今回確認出来ず。




↑2019年2月27日の様子。昨年まで開花していたのですが、今年は花芽でありません。
↓2018年3月20日の様子。上の画像の芽は一番奥の芽で、手前の芽は今回は確認出来ず。





↑2019年2月27日の様子。一昨年1度だけ開花して去年開花しなかったけど、今年も開花しなそう。
石の際の芽は小さいので、昨年の画像の芽なのか確定出来ず。
↓2018年3月20日の様子。




↑2019年2月27日の様子。これは開花しそう。他に3芽あるはずだけど、今回は確認出来ず。
↓2018年3月20日の様子。今回見つけた芽は、左の画像=上2輪+下2輪写っている内の、下の左側の芽。



↓昨年秋に山に植えた株は、流石に大きく膨らんでました。
今後周囲の草に負けて細り、減っていくのか、このまま増えてくれるのか気になります。
上:鳥居の右側に、下:鳥居の左側に植えてます。




この日は知り合いの地元のご夫婦と2年振りに再開しました。
祠周辺の草刈りなどもやっている方で、
「毎日通って気にしてみてるから、今年もそろそろかなと思っていた」とのこと。
「地元も気にして視るようになってきたから、盗掘の心配は、もう大丈夫じゃないかな」
というので、2018年2月28日撮影の全景画像をアップ。↓
2019年2月27日は、話し込んで撮影し忘れました。うっかりです。(^^;


  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)福寿草 山で種まき

2019年02月17日

福寿草展

某所開催の福寿草展を見てきました。雪国では展示会に合わせて開花させることが難しいので
残念ながら多くの鉢はつぼみだったりして、本来の花容&花径を見ることは出来ませんでした。

展示品の多くは4号鉢に1芽1輪っぽい植え方がされていましたが、
少し大きめの鉢に株数多く植えられていた方が、福寿草本来の美しさが感じられて、好みでした。
つぼみだったり本来の花容ではなかった鉢が多い中で、素敵だった鉢を撮ってきました。

↓児玉緑:本来の姿か知りませんが、展示品の中では、一応個性的な花容でした。


↓金采:なん鉢か出展されており、おおむね同じ花容で咲いてました。丈夫そう。


↓大和:なん鉢か出展されており、おおむね同じ花容で咲いてました。丈夫そう。見応えあり。


↓爪折笠:なん鉢か出展されてましたが、花容と花径が微妙に違い、どれが本来の姿か不明。


↓撫子:多く出展されており、同じ花容で咲いてました。丈夫そう。買って栽培して無難そう。


↓紅福:可愛くて欲しいと思いましたが、明らかに花容と花径が違う鉢たち。どれが本来の姿か不明。


↓日月星:つぼみの段階のこの模様が名の由来とかで、この状況が一番の見頃らしいです。花は普通。


↓神流:つぼみは特徴的でしたが、花は普通。名の由来は不明。


↓秩父紅の名札がありましたが、指し間違い。


展示会場では苗の販売も行われていましたが、
愛好会の会員からの頒布ではなく片岡笑幸園の販売会でした。
https://item.rakuten.co.jp/syokouen/c/0000000116/

福寿草は古典園芸植物のはずで、展示会場でも伝統の福寿草と銘打ってましたが
掛け合わせた交配種A×B=F-1と称した鉢が多く、こういう同定されてない鉢の販売は如何なものかと。
同じ古典園芸植物の朝顔や桜草の愛好者は、毎年何百何千株の実生を行い、
コレは!といった個性的な花容のみに命名して世に送り出しています。
展示品の名札には『無名』と書かれた鉢も多く、???です。
主催者の一人の方は、「これは埼玉の福寿草会からの株で、間違いないんですよ」とか言っており
『埼玉の福寿草会』を拝み奉る姿勢は、東京のさくらそう会と同じ姿勢だと嫌悪感を抱きました。
黄色い花に秩父紅の名札。しかも旧秩父紅って何?。撫子なのに、昭和撫子。昭和ってどういう意味?
70種100鉢にも及ぶ多種多様な福寿草の展示ということでしたが、これって勝手に命名しただけでしょ。
全く保って古典園芸を感じさせておらず、出展品も自分たちで品種の同定を行ってないのでしょうか。
そうそう入手する機会もない、1鉢何万円もする貴重な苗も販売されていましたが、
本当に正しく同定されているのか怖くて、何も買わずに帰ってきました。

金采、大和、撫子は、どの鉢もちゃんと個性を現して咲いてましたから、丈夫で育て易い品種のようです。
児玉緑が大きく育った鉢は素敵でした。紅福も可憐で素敵でしたが
紅福の名札が挿さった他鉢は、購入を回避させてしまうほど、花容と花径が違っていました。

福寿草の栽培方法に関して、「冠水は1週間に1度で良い」と説明してましたが、
福寿草は肥料が好きで、肥料を与えることで播種4年で開花したり、増えてくれるわけで、
1週間に1度しか冠水しないと、肥料をどうしているのか疑問に感じましたし
肥料を与えていないから株が育ってなく、つぼみが小さく茎も細いのではないのか、と感じました。
また『埼玉の福寿草会』を拝み奉る姿勢故に、太平洋側の栽培方法に従い唐松を敷き詰めていましたが
そんなことするくらいなら、紅福の鉢のように、苔を敷いた方が雪国では良いでしょうに。
古典園芸としての品種数の少なさと、同定の不確定さが気になりました。
交配種A×B=F-1と称し、「どのような花が咲くかはお楽しみ!」という販売は控えてほしいです。
花が咲いていないのは仕方が無いことですが、それとは違った意味で、ちょっと残念な展示会でした。
辛口な記載になりましたが、なんだかんだと色々勉強になりましたので、結果として行って良かったです。

↓下記画像は、会場に展示されていた福寿草自生地の写真パネルです。
同じ野生種でも上の写真は東北でよくみかける品種で、
1株1株点々と間隔を空けて散らばっています。私が栽培しているのは、これになります。
下の写真は1本1本等間隔に生えており、お花畑のようです。
これが園芸店に出回っている品種で、山形の内陸の方々が栽培している福寿草になります。

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)福寿草の勉強

2019年02月13日

Gijieサクラマス全記録(1997-2018)ご予約受付中

あまりの値段の高さにビックリ。図鑑並じゃん!
でも興味ある〜〜〜♪♪♪ face03

Gijie サクラマス全記録(1997-2018)2019年2月末発売!
1999年に発売された『平成のサクラマス』から、昨年の『サクラマス2018』にいたるまで、
過去二十数年間に渡ってサクラマスの現状を伝えてきた本誌。
取材地も、北から南に至るまで、ほぼ全国に渡っている。
そんな本誌が、サクラマス取材の集大成として発売するのが、この『サクラマス全記録』。
あらゆる方向からサクラマスという魚を見つめ直します。
https://geibunsha.co.jp/info/gijie/sakuramasphotobook2019/


此所まで値段が高いと、誰かが手に取った本を買うのは嫌だから、
立ち読みしてから購入するようなことはしないで、予約して措こうかな。(^^;  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)サクラマス

2019年02月08日

桜草 千代田 異名同種

花の同定すれば、品種名が違うだけで、他の品種と同じ花容であることが多々あります。
熱心なさくらそう栽培愛好者の中には、花の同定を疎かにして、
「譲ってもらったときの銘なので、間違いはない」「俺は正しいんだ」と
盲目な思考で栽培品種数だけを自慢する輩がおり、訂正しないのですから質が悪いです。

そういう輩とは別に、一般の園芸愛好者さんが栽培している桜草には、
異種同名ならぬ異名同種が散見され、興味深いものがあります。
下記画像は『ちょっと!深呼吸』さんの千代田です。
山原茂氏監修の日本桜草総銘鑑に因りますと、
楽老さんのHP『サクラソウ銘花』に掲載の品種とのことですが、明らかに異名同種。
山原さんのような方が早くに亡くなれた事が残念でなりません。




  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)日本桜草について

2019年02月07日

山原茂氏追悼 浪華さくらそう会誌50号

浪華さくらそう会誌50号が発行され、浪華さくらそう会の活動の長さを感じさせますが、
今号は昨年7月にお亡くなりになられた山原茂氏の追悼となっています。
さくらそう界における山原さんの功績は大きく、突然の訃報が未だに信じられません。
山原さんの実生品種は今後も栽培され、後世に残り我々を楽しませてくれるでしょうし
桜草の品種をまとめた日本桜草総銘鑑は、後世の愛好者の礎になるものと思います。合掌。




  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)日本桜草について