2016年01月31日

大和神風 鉢開け

2015年01月12日「大和神風 若藤」で紹介した、譲渡先での大和神風の2015年度の鉢開け。

浪華さくらそう会長 山原さんのBlog 日本の桜草と美術 より
2010年04月27日『大和神風は大和神風ー改名してはならない

大和神風が一番浅植えだったのではないかしら。小さい芽の根の方が長くついていますからね。
大和神風も増えにくい品種ですが、用土と潅水は悪くはないのですから、小さい芽は今期生長してくれることでしょう。


大和神風は根茎は健丈でも、花茎を上げない時が多いので、それはまた別の課題。まずは増やしましょう。(^^)
↓2015年度譲渡先での開花の様子


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月30日

若藤 鉢開け

2015年01月12日「大和神風 若藤」で紹介した、譲渡先での若藤の2015年度の鉢開け。

若藤は三保の古事同様に健丈なんですけど、あまり増えないんですよね。
小さい根がたくさん着いているだけに、浅植えが悔やまれます。


↓2015年度譲渡先での開花の様子


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月29日

福寿草 吉野

2016年01月02日「福寿草 吉野」で紹介してから約1ケ月。雪に埋もれていた吉野も生長してました。


↓2016年01月02日「福寿草 吉野


↓1年前の2015年01月28日「福寿草 吉野」と比べて観ても、少し生長が早い程度ですね。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)福寿草

2016年01月28日

福寿草(親)

2016年01月01日「賀正 福寿草(親)」から約1ヶ月が経ちました。
あれから降雪となり雪に埋もれていましたが、前日からの雨と暖気で雪が融け、久しぶりに様子を観ることができました。
今はまだ庭の北側に置いてますが、南側へ移動して陽に照らされたら明日にも開花しそうです。


↓2016年01月01日「賀正 福寿草(親)


↓2016年01月27日。今日も気温が高い予報なので、これだけでも開花が早まりそう。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)福寿草

2016年01月27日

岩戸神楽 鉢開け

2015年01月13日「三保の古事 岩戸神楽」で紹介した、譲渡先での岩戸神楽の2015年度の鉢開け。

岩戸神楽の芽は上にあがらず真っすぐ伸びる性質なのが幸いして、上手く育った気がします。
今回は小さいながらたくさんの芽をつけていますが
私は2015年01月13日「三保の古事 岩戸神楽」の記事で、
岩戸神楽に関して「肥料気が少ない方が良く育つのかな・・・」と記してあり
そういう性質なのかもしれないと再認識させられました。
桜草栽培では鉢を並べているので、好肥性か否かで別けて管理するのは手間が掛かり難しいです。


下記画像を診ると低温障害の影響を受けて、葉が黄色く元気がありません。光合成ができないので根茎も育ちにくい。


↓2015年度譲渡先での開花の様子。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月26日

三保の古事 鉢開け

2015年01月13日「三保の古事 岩戸神楽」で紹介した、譲渡先での三保の古事の2015年度の鉢開け。

三保の古事は健丈な品種なだけに、上へ上へと生長するため、浅植えがあだとなったようです。
小さい根がたくさん着いているだけに惜しまれます。


↓2015年度譲渡先での開花の様子。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月25日

獅子頭 鉢開け

譲渡先での獅子頭の2015年度の鉢開け。
浅植えで日焼けして上の根が枯れてしまい1番芽が生長しきれませんでした。
新芽も増えて、2番芽と3番芽の根本数と長さが十分なことから、用土と潅水はバッチリ。
浅植えしても、根が露出したときに増し土しておけば対処できたのに。残念。
去年までのウチでの栽培と比べると根茎が細いので、肥料気が足りないかも。


我が家での2014年鉢開けの獅子頭。


我が家での2013年鉢開けの獅子頭。


↓2015年度譲渡先での開花の様子。獅子頭ではなく獅子奮迅!?


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月24日

タモリ倶楽部 ナン焼きの窯

タモリ倶楽部【インド人がマジリスペクト タンドール窯(ナン焼きの窯)の父 高橋重雄】が、とても興味深く面白かった。
・ナンはインド料理に欠かせないモノだと思っていたら、それは日本人の勝手な思い込みで、意外にもインド人は・・・。
・日本人が作ったタンドール窯を絶賛するインド料理人たち。しかし現在の3代目社長は「これは真っ赤な偽物」と・・・。
インド料理の衝撃の事実と、日本人の本物をリスペクトする職人気質を垣間みれた、良い番組でした。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他16

2016年01月23日

国見酔白 鉢開け

2014年12月22日「国見酔白 相馬市長谷堂」で紹介した、譲渡先での宮城県仙台市国見地区の野生品種の2015年度の鉢開け。
野生品種なのになかなかちゃんと生育してくれない品種だが、流石に小さ過ぎる。
夏場に涼しい日陰で栽培したところ、
庄内地方はもともと熱帯夜が少なく、海に近いので湿度が高い地域なので用土が乾燥せず加湿となり、
このように小さい根茎になったことがありました。
もう少し陽当たりが良い場所で栽培すれば良かったのかもしれません。


2015年譲渡先での国見酔白。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月22日

長谷堂 鉢開け

2014年12月22日「国見酔白 相馬市長谷堂
2015年03月06日「福島県相馬市長谷堂
上記で紹介した、譲渡先での福島県相馬市長谷堂地区の野生品種の2015年度の鉢開け。
野生品種なのに鉢慣れせずいじけてしまい、なかなかちゃんと生育してくれない品種。


2015年譲渡先での福島県相馬市長谷堂地区。これだけ立派に咲くのに、なぜか根茎の生育がいつも悪いから不思議。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月21日

草笛 鉢開け

譲渡先での草笛の2015年度の鉢開け。

これも完璧な浅植えで、根が焼けて枯れてしまってます。増し土すれば防げました。
桜草は新しい根と芽は上に伸びるのですが、浅植えのため1番芽が生育できず、
根茎の下の方から生えた2番芽以下の芽だけが生えることができました。
画像左上の3番芽は適度な深さに位置したおかげで根の長さと本数は申し分無し。
用土と潅水が良かった証しです。


2015年譲渡先での草笛。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月20日

次紫 鉢開け

譲渡先での次紫の2015年度の鉢開け。

完璧な浅植え&増し土不足。
用土と潅水は良かったので、元気に生長した結果、地表に出てしまい枯れてしまったという感じ。
根茎の下から生えた本来破毀する4番芽の根がしっかり丈夫に伸びてます。



河川敷の葦原や落葉樹林に自生する桜草は、
覆い被さってくる枯れ草に埋もれないように根と芽が上へ上へと生長するので浅植えは要注意。
根や芽が地表に露出してきたら増し土で対応してあげます。
↓2015年譲渡先での次紫。


↓2014年秋鉢開けの次紫


↓2013年秋鉢開けの次紫


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月19日

目白台 鉢開け

2014年11月15日「鉢開け 目白台 唐紅」で紹介した、譲渡先での目白台の2015年度の鉢開け。

芽が上向きに伸びており、浅植えではなく適正な深さで栽培された証し。
繁殖力が強いわけではないので、増え方はこんなものでしょう。
本来破毀される4番芽の根もしっかり伸びており、用土と潅水は良かった模様。
一番芽の茎径が気持ち細いので、もう少し肥料気があれば良かったかも。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月18日

岩木桜 鉢開け

2014年11月15日「鉢開け 岩木桜」で紹介した、譲渡先での岩木桜の2015年度の鉢開け。

岩木桜は良く増える品種だと感じてましたが、今回も新芽が多くあり、その通りでした。
小さい根茎の根がしっかり付いているので、用土と潅水は悪くはなかったようですが
浅く植え過ぎたようで1番芽の生育が今イチ伸びきれず
シーズン通した結果として、液肥などの追肥が足りなかったように感じます。


2015年譲渡先での岩木桜。花数が少なく鉢慣れしてない感じ。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月17日

青葉 鉢開け

2014年12月05日「青空、桜の宮、白砂青松、花行脚」で紹介した、譲渡先での青葉の2015年度の鉢開け。

用土と潅水は悪くはなかったものの、浅く植え過ぎてしまい、1番芽に育つはずの根が枯れて1番芽が育たなかった。
用土と潅水は悪くはなかったので、私が4番芽と読んでいる小さい根茎の根が、しっかりと伸びています。


浅く植え過ぎたため、2番芽と3番芽が日焼けして緑色になっています。
シーズン期間中しっかり観察しながら栽培して、根が地表に現れたら、その都度こまめに増し土していたら防げました。
好肥料性の八重品種なので、もっと肥料を与えて良かったかも。


2015年譲渡先での青葉。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鉢開け15年冬

2016年01月16日

酒田の絵師 加藤雪窓

強風雪で釣りにも行けず、雪に覆われBlogネタもないので更新しなかったのですが
「生きてますか?」のメールがあったので、無理矢理更新。(^^;

開運なんでも鑑定団に酒田由来の絵師 加藤雪窓の掛け軸が登場。
番組は好きだけど骨董好きというわけではないので、酒田由来の絵師がいたことにビックリ。



ネット検索したら昨年鶴岡で展示会が開催されていました。これが今年だったら行きたかった。残念!

1.企画名
郷土ゆかりの企画展覧会
「庄内の美術家たち10 追想・明治の絵師 加藤雪窓」展 ——諸国遊歴の末、酒田に身を寄せた偉才——
2.会場
鶴岡アートフォーラム ギャラリー2
3.会期
2015(平成27)年2月7日(土)〜3月8日(日)
http://www.t-artforum.net/2014_h26nendo/host/gallery/shonainobijutuka10/index.html
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他16

2016年01月09日

12月の海

12月の海は、波の変動が読みやすく、良い感じで釣行できました。


気温が、昼夜の寒暖の差が無い状況だと波は下がらず、
気温が動き始めると波が急激に治まり、あとは必ず釣行可能な日が2〜3日続きました。


タグ「海」をクリックで2014〜2015年の波高の棒グラフ。
  

タグ :

Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他15

2016年01月08日

外国人観光客向け地図

外国人観光客にわかりにくかった日本の地図記号に変更の動き
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160107-00000991-fnn-loc_all

地図も読めない人に地図を見せても、地図記号を知らないのだから、読める分けがない。
そんな一般的な外国人観光客のために地図記号を変えても意味は無いと思う。
スマホで地図検索も出来る時代だし、そのままイラストや写真を貼付けた観光マップで十分でしょう。

外国人向け地図、表記法まとめる 卍→三重の塔
卍は仏教に由来するモノであり、デザインではなく文化として、外国人にも正しく伝えて理解してもらうべきであろう。
地図は道を表すものなので、イラストや記号で道を塞いでもらっては本末転倒。三重の塔も小さく印刷しては見難くなる。
http://www.gsi.go.jp/common/000111876.pdf


山と川の読み方も日本人が心配してあげる必要はない。
外国人観光客が「Mt. Fuji」と言っても、日本人は「フジサンね」と応えるであろう。
するとおのずと『Mt. Fujiとは言わないんだ』と気付き、滞在中は「フジサン」と日本流に言うよりになる。
今だってJAPANがいつのまにかNIPPONとなり、外国人観光客も「NIPPON」と言っているではありませんか。
多摩川だって、Tama-gawa Riverという表記でいいんですよ。
外国人観光客が多摩川駅に行きたいならTama-gawa Stationaと言うでしょ。
それを普段日本人が使わないTama RiverやTama Stationaと表記して外国人観光客が使って来ても、
訊ねられた日本人が混乱し、その反応を見た外国人観光客も困惑するだけです。

問題なのは各行政のグローバルな慣性の欠乏です。
例えば鶴岡大橋だったかな。それをTuruoka over bridgeとか英語表記しており、外国人が大笑いしてました。
日本に興味があって観光に来ているのだから、山と川くらい解るでしょうし、そこまで考えてあげることはないですよ。
外国へ行き「日本が懐かしいでしょ」と日本料理を準備してくださっても、テイストが違うから美味しくない。
気持ちは嬉しいけど現地のローカルな食事を出してもらった方が、異文化交流として貴重な体験なんですよね。
日本語の看板は嬉しいけど、それじゃない。現地の文字と言葉で十分なんですよ。それが最大の魅力ではないでしょうか。

  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他16

2016年01月04日

暖気で咲く白い花.2

2015年12月22日「暖気で咲く白い花」は以前として同定できず。


  


Posted by さくら at 04:04Comments(0)その他15

2016年01月03日

クリスマスローズ

古い葉を刈り取ったら、花芽が1つ上がってました。
クリスマスローズには花芽が少ない株があるそうで、ウチのはまさにそれ。
大切に栽培しても花芽は増えることはないらしく、本来なら破棄すべき株。(^^;


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他15