2018年07月31日

シャクナゲ 剪定はできる

枝から芽吹いた葉も大きく育ち、これで終わりかと思いきや、まだ新たに芽吹いています。
今まで枝から芽吹くことがなかったのに、どうして今年突然芽吹き出したのか不思議です。
取り敢えずこのまま芽を伸ばして、来年剪定して、再来年の開花を目指そうと思います。



  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他18

2018年07月30日

小国川漁協の鮎

7月15日に舟形町の小国川で開催された
「平成30年度・第42回 G杯争奪全日本アユ釣り選手権・小国川予選」
の結果が小国川漁協HPに掲載されました。

優勝 688g/14尾=49.1g/尾。
準優勝 575g/13尾=44.2g/尾。
3位 500g/13尾=38.5g/尾。
4位 478g/13尾=36.8g/尾。
5位 447g/12尾=37.3g/尾。
6位 421g/12尾=35.1g/尾。
7位 553g/11尾=50.3g/尾。
8位 479g/11尾=43.5g/尾。
合計 4,141g/99尾=41.8g/尾。

8位まで入賞された釣れた鮎のサイズは平均41.8g/尾。
過去の大会数値は30g/尾ほどしかありませんでしたから、良く成長しているようです。
過去の大会記録をチェックしてみると、釣果尾数が少ない年ほど自重が重く、大きく育ってます。
小国川は放流尾数が山形県で群を抜いて一番多く、桁違いの放流量を誇る河川なので
遡上量+放流量で個体数が過密になると、得られる餌の量が必然的に少なくなり、個体も小さいのかもしれません。

私は庄内の川で天然遡上の鮎釣りをしているので、超貧釣果ですが、大きな個体になります。
釣果の鮎を全長で語っても、重さで見てみると大きな違いです。
「何センチの鮎を釣った」「何センチの鮎が釣れてる」ではなく、鮎は重さで語ってほしいです。
2018年07月10日「鮎釣り 5尾=322g=64.4g
2018年07月16日「鮎釣り 6尾=413g」:5尾で328g=65.6g/尾(大きいのは74gと76gありました)。
2018年07月28日「鮎釣り 95gでました!



2017年7月16日開催「平成29年度・第41回 G杯争奪全日本アユ釣り選手権・小国川予選」
優勝 580g/23尾=25.2g/尾。
準優勝 526g/21尾=25.0g/尾。
3位 456g/20尾=22.8g/尾。
4位 601g/19尾=31.6g/尾。
5位 418g/16尾=26.1g/尾。
6位 403g/15尾=26.9g/尾。
7位 545g/14尾=38.9g/尾。
8位 383g/14尾=27.4g/尾。
9位 381g/14尾=27.2g/尾。
10位 341g/14尾=24.4g/尾。
合計 4,634g/170尾=27.3g/尾。



2016年7月17日開催「平成28年度・第40回 G杯争奪全日本アユ釣り選手権・小国川予選」
優勝 587g/21尾=28.0g/尾。
準優勝 308g/13尾=23.7g/尾。
3位 484g/12尾=40.3g/尾。
4位 438g/11尾=39.8g/尾。
5位 434g/11尾=39.5g/尾。
6位 338g/11尾=30.7g/尾。
7位 305g/11尾=27.7g/尾。
8位 211g/10尾=21.1g/尾。
9位 372g/9尾=41.3g/尾。
10位 258g/8尾=32.3g/尾。
合計 3,735g/117尾=31.9g/尾。



2015年7月25日開催「平成27年度・第39回 G杯争奪全日本アユ釣り選手権・小国川予選」
優勝 559g/11尾=50.8g/尾。
準優勝 440g/9尾=48.9g/尾。
3位 495g/8尾=61.9g/尾。
4位 270g/7尾=38.6g/尾。
5位 322g/6尾=53.7g/尾。
6位 309g/6尾=51.5g/尾。
7位 285g/6尾=47.5g/尾。
8位 297g/5尾=59.4g/尾。
9位 269g/5尾=53.8g/尾。
10位 252g/5尾=50.4g/尾。
合計 3,498g/68尾=51.4g/尾。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)鮎釣り

2018年07月29日

ミヤコワスレ 水挿し 近況

2017年05月21日「ミヤコワスレ 紫 水挿す
2017年07月04日「ミヤコワスレ 紫 水挿す
2017年07月14日「ミヤコワスレ 紫 水挿す
2017年07月29日「ミヤコワスレ 紫 水挿す」:水挿しにして約二ヶ月。根が伸びたので、鉢植えにしました。

2018年06月02日「ミヤコワスレ 水挿し」:開始
2018年06月24日「ミヤコワスレ 水挿し 発根」:根が現れました。
2018年07月06日「ミヤコワスレ 水挿し 発根」:根が伸びてきました。

だいぶ根も伸びましたが暑い日が続いてますし、もう少し伸びるまで、このまま栽培したいと思います。


新しく茎が伸び始めたのもあります。




  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)ミヤコワスレ

2018年07月28日

鮎釣り 95gでました!

2018年07月10日「鮎釣り 5尾=322g=64.4g
2018年07月16日「鮎釣り 6尾=413g」:5尾で328g=65.6g/尾、大きいのは74gと76gありました。

最上川三難所舟下り、渇水で休止 村山・水位50センチ低下
村山市の最上川で観光船を運航する最上川三難所舟下り(奥山勝義社長)が、
少雨で川の水量が減少していることから、船の運航を休止していることが26日までに分かった。
1988(昭和63)年に観光船運航して以来、渇水による運航休止は初めて。
水量が増え次第、再開するという。
http://yamagata-np.jp/news/201807/27/kj_2018072700566.php

山形県の母なる川である最上川が記録的な渇水となっており、他の河川も軒並み渇水状態。
でも、そんな状況でも魚は生きているわけで、或る意味居る場所には居るはずなのです。
茶色く垢腐れした川で、流れも無くなった瀬でも、何処かで垢を食んでいるはず。
悪条件を全て無視してオトリ鮎を送り込み、
水が在ればそのポイントの中で一番釣れる水脈筋や深み、石周りを探ると・・・
出ました95〜84gの90g級が3尾!!
ナイロン0.25号の泳がせ釣りで、ぐいっ!と竿を絞ってもオトリ鮎すら浮かんでこない強い引き!
最初の場所で釣ったこの3尾だけで帰ろうかと思いましたよ。face03


2〜5ヶ所で反応が無く、6ヶ所目で75〜68gの70g級が3尾掛かりました。
このクラスだとナイロン0.25号でも、竿をぐいっ!と絞ればオトリが姿を見せ、抜けます。


8ヶ所目のチャラ瀬の中にギラギラ輝く群れ鮎を発見。33gと40gが掛かってくれました。
攻める場所が無くなって来た10ヶ所目、浅いながらも流れの強い瀬で40gを泳がせていたら、
55gが掛かりました。55gをオトリに他を探るか悩みましたが、浅い場所しか残ってないし
下流からも上流からも鮎師が現れるので行き場が無いので、これで上がることにしました。


以前の庄内地方の河川なら、解禁日から100gオーバーが釣れましたし
今の時期に90g級が釣れるのは普通でした。しかし昨今では晩秋のサイズです。
今年は鮎の生息尾数が著しく低いのですが、今年の晩秋には150〜180gが釣れそうで、嬉しくなります。

閑話
私の技量の未熟さもありますが、今の状況で1日にツ抜けの釣果を得るのは無理。
「明日また鮎を5尾釣ってこい」と言われても
「1週間休みやるから、鮎30尾釣ってこい」と言われても、
釣れる場所が思いつかないし、釣れるイメージがわかないので、私は「無理です」と答えます。
とにかく鮎が居ない。遡上数が異常に少ない。
こんびに みやざきの赤川鮎釣り&グルメ情報』をみても、
赤川では7月1日の解禁日から27日まで、誰一人として鮎を釣ってないのですから、
今年の遡上数の少なさは異常です。
赤川漁協も鮎を放流しているのに釣れてないのは、カワウに食われてしまったのかしら。
とにかく厳しいシーズンです。県外の方は、遠征して来ない方が無難です。
  


Posted by さくら at 23:59Comments(0)鮎釣り

2018年07月27日

スズメの巣

シジュウカラが使った巣箱は、母屋の屋根と物干し場の屋根の隙間に板を差し込んで支えを作り、外に吊るしてあります。
その「母屋の屋根と物干し場の屋根の隙間」に、昨年スズメが巣を作りましたが、途中で去って行きました。
詰め込まれた枯れ草は手の届かない奥にあるので、放置していたところ、
今年もスズメが一旦は利用したようで、卵が1個転がっていました。


動画サイトでシジュウカラの子育てに関する動画を見ていたら、
スズメがシジュウカラの子を襲う動画があり、驚きました。
この「母屋の屋根と物干し場の屋根の隙間」の入口は、巣箱の後ろにあるので、
スズメとシジュウカラが争い続け、落ち着いて子育て出来ないのでスズメが去って行ったのかもしれませんね。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他18

2018年07月26日

セキレイ ヒナ誕生してました

2018年07月08日「セキレイの巣
2018年07月25日「セキレイの営巣

7月8日の時は、普段見かけない玄関前からセキレイが出てきたので「あれ?!」と思い巣に気付き、
営巣してないか気になって何日も遠くから見ていましたが親鳥の姿は無く、営巣していませんでした。
7月23日に再びセキレイが現れたので巣を観察してましたが、親鳥は姿を見せず、営巣してないと判断。
翌24日に玄関のドア越しに巣をチェックしたら、親鳥が入っていたので、営巣していると気付きました。
なので私は7月23日から営巣が始まったと考えていました。

最近は暑いので、エアコンより自然の風が好きな私は、夜は窓を全開にして寝ています。
7月25日早朝、親鳥が忙しくピーッ、ピーッ、ピーッと鳴いている声で目覚めました。
巣立ったばかりのシジュウカラの親子が戻ってきて、家の近くに居るのかなと思いましたが、
鳴き声がシジュウカラとは違います。『・・・あれ〜〜〜ひょっとして・・・否、まさかね』

玄関のドア越しにセキレイの巣を見てみると、親鳥が居ません。
巣が在るのは玄関前なので、人影や物音に警戒して巣を放棄して去って行ったのか!?
慌てて巣に近寄って覗いてみると、目も開いていない小さいヒナが何羽も居るではありませんか!face05


ネット検索してみると、セキレイの産卵から孵化までは約2週間のようです。
しかも産卵の時は卵を生むだけで、直ぐに抱卵しない様子。
ということは7月8日以降から産卵をし始め、
私が関心を持って遠目に巣を見ていた期間に産卵して
親鳥の姿が見えないので観察を止めた頃から抱卵が始まったのかもしれません。
っていうか、7月23日の段階で卵に気付かなかったのですから
ひょっとしたら7月8日の段階で既に卵は有ったのかもしれません。(^^;


撮影中に親鳥が近くまで戻って来たこともあり、ヒナの数は分りません。
暑くて魚釣りにも行かないので、当分これがブログネタになりそうです。face03  


Posted by さくら at 00:01Comments(2)その他18

2018年07月25日

セキレイの営巣

2018年07月08日「セキレイの巣」で紹介した巣に、セキレイが営巣しました。

7月23日(月)朝にゴミ出しに出たら、私の前を何処までも歩いて移動するセキレイが居ました。
家に戻る時には私の後ろに着いて来たので、『ひょっとして』と思い巣をチラ見したのですが・・・空き家でした。
7月24日(火)朝にゴミ出しに出るとき、昨日のことを思い出してチラ見したら・・・営巣してました。face02
営巣の邪魔にならないよう、玄関のガラス越に撮影しましたので、画質の悪さはご容赦ください。(^^;



  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他18

2018年07月24日

ウスバカミキリ

2010年08月13日「キボシカミキリ
2013年09月23日「カミキリムシ
2015年07月15日「ゴマフカミキリ
2018年07月17日「アオスジカミキリ
2018年07月18日「キボシカミキリ


ウスバカミキリも飛んで来ました。桜の木に巣食ってて、子供の頃はよく捕ってました。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他18

2018年07月23日

シーバス 2.9kg

ベタ凪続きでしたが、波高が上がったので釣行したら、釣れました。
2.9kg、1.5kg、1.4kgでした。他にバラシ2尾。


  


Posted by さくら at 00:10Comments(0)海釣り

2018年07月22日

船釣り 私は釣れず

ヒラメ、ホウボウ、小さい真鯛2尾。
他の人はヒラメと良型真鯛を各4尾くらいずつ釣ってました。
ヒラメは当たるのですが、飲ませきれず。
真鯛は・・・乗船者の方々と見比べて、タイラバのカラー、ネクタイ形状が合わなかったのかも。face07


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2018年07月21日

投げサビキ アジ メバル

夕方の一時投げサビキ釣りへ。
なんか当たるけど掛かりが悪いので5号を使うと小さいサバが入れ掛かりの鈴なり。
それに豆アジが混じりますが、ホントに小さいからサビキを振るってリリース。
ゴゴッ!と今までと違うアタリがあり、辛うじて刺身に出来そうなアジをゲット。
暫くしてまたゴゴッ!とヒット。さっきのよりもデカい!と期待したら・・・メバルでした。
また暫くしてゴゴッ!とヒット。これも辛うじて刺身サイズ。
釣れたのは一瞬できたが、酒の肴がゲットできたので良かったです。face02


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2018年07月20日

シジュウカラ 巣立ちました

2018年07月11日「シジュウカラの子育て

7月19日に全てのヒナが巣立ちました(具体的な数は不明。巣箱に居ないので全部巣立ったのでしょう)。
離れた所で巣立ったヒナと親鳥が鳴き合って、いつも以上に賑やかでした。



  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他18

2018年07月19日

小さい蜂 コマユバチ科

パソコンを置いてあるテーブルの、ティッシュの箱に止っていた小さい蜂。
特徴的なので直ぐに同定出来るかと思ったのですが、出来ませんでした。でも、コマユバチ科ではないかと思います。
コマユバチ科は毛虫や芋虫に寄生するらしいので、
今年の我が家の小さい庭には毛虫や芋虫がたくさんいたので合点がいきます。



  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他18

2018年07月18日

キボシカミキリ

2010年08月13日「キボシカミキリ
2013年09月23日「カミキリムシ
2015年07月15日「ゴマフカミキリ
2018年07月17日「アオスジカミキリ

キボシカミキリも飛んで来ました。庭の木に巣食ったのは、キボシカミキリなんでしょうか・・・。


そういえば、鮎釣りに行っても河川敷の柳でゴマダラカミキリを見なくなりました。
大きい柳も減ってしまい、数を減らしているのかな。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他18

2018年07月17日

アオスジカミキリ

2010年08月13日「キボシカミキリ
2013年09月23日「カミキリムシ
2015年07月15日「ゴマフカミキリ

アオスジカミキリ
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/09kochu/kamikiri/aosuji/index.html

暑くなって夜に窓を開けていて飛び込んで来ました。
樹を枯らす害虫ですが、カミキリは昔から好きな昆虫なので、逃がしてやりました。




  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他18

2018年07月16日

鮎釣り 6尾=413g

2018年07月10日「鮎釣り 5尾=322g」:養殖オトリは17cm/47g。
大きい方5尾/322g=64.4g/尾。残り8尾/378g=47.25g/尾(大きい4尾/220g=55g/尾、小さい4尾/158g=39.5g/尾)。
2018年07月03日「鮎釣り 8尾=356g」:全長16〜17cmで8尾合計356g=44.5g/尾。

7月12日〜13日明け方まで山沿いで雨が降り川の水位が上昇。
7月14日梅雨明け宣言。明日以降高温の日々が続くということなので
平常水位=渇水水位へ戻る前の高水の状況を狙い7月15日に今期三度目の鮎釣りへ。
連休だけあって鮎師が多くラン&ガンが厳しい状況。
オトリは直ぐにエビになるし、ボーズを覚悟した時に、背掛かりで野鮎をゲット。
2時間ほど粘り6尾+ヤマメ1尾を釣って終了。

以前は流芯にオモリを付けてぶち込んで引けば簡単に釣れたのに、
今年は増水からの引き水の高水のタイミングで釣行して釣れないのだから、
(私の技量不足かもあるのでしょうけど)とにかく鮎が居ない。瀬に居ない。
勝負に時間は掛かるが、ナイロンの泳がせで粘るしかない。
でも釣れたら良型。今回はそんな釣行でした。

5尾で328g=65.6g/尾ですが、大きいのは74gや76gありましたから、それを引いた3尾で178g=59.33g/尾。
前回の釣果と比べて成長して重くなってます。face02
2018年07月10日=大きい方5尾/322g=64.4g/尾。残り8尾/378g=47.25g/尾。
2018年07月03日=8尾合計356g=44.5g/尾。


上記5尾とは別格にデカい奴は「寄らない、浮かない、引き抜けない」の良型。
釣れなくなった近年、今の時期にこのサイズは久しぶりです。
今回は5尾で328g。それに85gを足すと6尾合計413g=68.8g/尾


養殖オトリは15.5cm/46g。7月10日の養殖オトリが17cm/47gですから、似たようなサイズです。


今や渇水水位が平常水位みたいな河川状況です。とてもじゃないけど釣る自信がありません。
高水状況でもこの貧釣果な有様。次回再び増水するまで鮎釣りは控えようと思います。
引き釣りで釣れていた時の錨針は『太軸の小針』でしたが、今は『細軸軽量な大針』が有効ですね。

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)鮎釣り

2018年07月15日

シーバス 1.9kg

昨晩と違って凪ぎの無風。しかも夜光虫が酷い。
これは1〜2尾の勝負になるだろうと読んだ矢先に1.9kgゲット。
直ぐに2尾目もヒット。同じような引きdeでしたが、途中でバレました。icon15


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2018年07月14日

シーバス 7-1=6尾

荒れたら釣れた。アメダス数値以上に風が強かったけど、頑張ったらランカー混じりで入れ掛かり。
車まで運ぶのが重くて大変なので7尾で上がり、上がり、あれ?・・・1尾居ない。ランカーが居ない!?face07
今年は前回同様似たようなサイズばかり。大きくないけど食べ頃サイズが釣れてます。icon28icon14



  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2018年07月13日

ヤブコウジ 開花

秋になると赤い実を付けるヤブコウジが開花。
もともと数センチしかない低木?なのに、葉に隠れるように咲いているので、うっかりしていると見逃してしまいます。face01



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年07月12日

アオバハゴロモ 幼虫

河川敷の土手を走っていて、伸びたイタドリに触れたら、
ぶわっと幾つもの白い綿毛みたいなのが車内に飛び込んで来た。
何かの花弁かと思ったけど、・・・!?
『自然落下してない!?』『動いてる!?』『飛散してる!?』『イタドリ=毛=生き物=毛虫=毒虫!?』
瞬時に色々な連想をして車を止める。取り敢えず体には止っていない。
改めて車内を見渡すも、ぶわっと幾つも飛び込んで来たのに、1匹しか見つけられませんでした。
留まらずに素早く逃げたということは、毒性は低いと判断。気持ちが落ち着きました。

それにしても気持ち悪い虫です。成虫だと思っていたら、これで幼虫なんだとか。
成虫になると文字通りアオバハゴロモという風体になり、恐さゼロの姿になります。
鮎釣りシーズンは時々ケムシに刺されて痛い目にあっているので、焦りましたよ。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(2)その他18