2019年07月22日

「栗の花」から三週間

2019年06月27日「栗の花」から三週間が経ちました。
雨が多い日々でしたが、蒼く実ってました。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月21日

キジバト

今年ウチにやってているのは2羽で、サイズの違いからオスとメスのようです。
サイズが小さいメスと思われる個体が警戒心が薄くて、
庭で鉢をいじっていても目の前を歩いて行くし、意外と逃げません。
今では茶の間で餌を食っていきます。face02


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月16日

チゴユリ(稚児百合)実

チゴユリに青い実=種が付いてました。
二輪開花して実が1粒だけのは大きな実で、2粒のは未だ小さい状態です。
10月には黒へ変わり、上手くいけば翌春新芽となります。



ウチのチゴユリは放置してますけど、丈夫なようで、よく増えてくれています。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月09日

天然のイワナを喰う理由あるの?


フィールドライフ'19夏号に載っており、これは常々疑問に思っているのですが、
道具にこだわりマナーだモラルだローインパクトだと語り、自然は大事と唱えていながら
尚且つ「地域特性が見られるイワナを探ってみたいと考えたらから」遠方の釣り場を釣行してはなく
わざわざ「漁協はなく放流も行われておらず、全て天然魚である」って場所のイワナを釣って
日頃食さないくせに、なんで食べるんでしょうね。


地域特性が見られる天然魚を探る主旨で、なんで食べる必要があるのか、私は理解できません。
そんなに貴重なら、そっと放って見守ってあげたらいいのに。
おかずを1品増やすためにイワナを食すなら、おかずを1品多く持ち込めば済む話しじゃないですか。
おかずを1品我慢すれば済む話しでもあり、貴重であるなら尚更敬意を示すべきで
それがローインパクトの主旨じゃないんですかね。
渓流釣り記事の定番として記事を書くためのネタと化しているだけで、
この手の記事を読むと、とても残念な気持ちになります。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月09日

フィールドライフ '19夏号

フィールドライフ夏号が出ました。
続々発売されるアウトドア用品のことが載っているフリーマガジン。
今後は夏の山ということで、登山靴が多く紹介されていました。
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/regular/fieldlife/



  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月07日

心落ち着くチープな空間

知人に教えてもらったおにぎり屋。昔から在るのは知ってましたが、入るのは初めて。
お客の多くが肉そばや肉うどんを注文しており、私は肉そばにしました。
はっきり言って美味しくはありませんが、お椀も汁も熱っつ熱っつ(^^)
東京から新幹線での帰りに新潟駅のホームで食べるそばと同じ味で、とても好かったです。
本命のおにぎりは具たくさんで美味しくて、飛ぶように売れてました。face02icon28icon14


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月06日

シャク蛾 尺取り虫の親

夜に飛び込んで来た白と黒と黄色の蝶。
調べたら蝶ではなく、尺取り虫の親である、シャク蛾 という種類の蛾らしいです。


とはいえ部屋を飛び回って止まる時は、蛾の特徴である羽を開らかず、必ず閉じてましたし
シャク蛾とは羽の形状が違う気もします。種類も多くて調べても同定は出来ませんでした。

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月05日

カワセミ

警戒心が強くて直ぐに飛び去ってしまうので、遠くから写すことしか出来ませんでした。
撮影出来ませんでしたがカワセミは2羽居て、
つがいだと思っていたらもう1羽飛んで来て全部で3羽居ました。親と子ですかね。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月04日

シジュウカラ 抱卵中?

巣箱の中で音がするので営巣してくれていることを願ってました。
7月3日物干し台に出ようとしたら、目の前にシジュウカラが居ました。face08
普通なら直ぐに逃げるでしょうに、逃げません。
そっと室内へ戻り物陰に隠れて様子をうかがうことにしました。


巣箱を見上げる位置に止まっていたので、直ぐに巣箱に入るのではないかと推察。
巣箱だけが見える位置に隠れて様子を見てましたが、動きがありません。さえずりもありません。
警戒して飛び去ったのかなと物陰から覗いてみたら、
シジュウカラも手すりを移動しながらこちらを伺っているではありません。警戒心の強さにビックリです。
下記写真では手すりの角に止まっていますが、ずっと手前まで来て室内を覗こうとしてました。
ここまで警戒しながら飛び去らないのは、相方が巣箱の中で抱卵しているからだと思います。


巣箱を使ってくれている事が分かったので安心しました。face02  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月02日

此処は何所だか判りますか?

夕日に輝いている矢印の所は、何所だか判りますか?


↑答え:鳥海ブルーラインにある大平山荘


↑答え:旧松山町の眺海の森さんさん  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月01日

シーバスゲット …釣友が。

雨続きで川は真っ茶色の濁流状態。海岸沿いも濁っていると思いきや、そうでもなかったそうで
べた凪の状態の中、釣友が釣ってきました。肥えてて幅があり、脂がのってて美味しそうです。face02icon28


私は一荒れして波が上がってから釣行したいと思います。
  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年06月30日

アナグマ

カーブを曲がったら目の前を走ってました。
急いでスマホを取り出して撮影しましたが・・・小さくて済みません。(^^;


夜行性でもあり普段あまり見かけませんが、
里山や林道の側溝がコンクリート製の蓋付きになったことから、
「アナグマが増えている」と地元の方は話します。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年06月29日

キジバト 餌台

茶の間に陽が照り込まないよう植えてある木々の下に設置した餌台には
以前よりもキジバトが好んでやってきます(画像には2羽います)。
茶の間と庭の狭い隙間に、よくまあ降り立つもんだと半分呆れつつ、観察を楽しんでいます。


元々は餌台や餌遣りをやっていないのに頻繁に此処に降り立つので、餌台を設置しました。
こういう木陰だと体の模様がカモフラージュになるから、安心するのかもしれません。
以前と違ってカメラを向けても逃げませんし、狭い庭で草取りしていると2mほど前を歩いてたりします。

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年06月28日

ブタナ 豚菜 タンポポモドキ

2019年06月04日『ブタナ 豚菜 タンポポモドキ』から3週間。
綺麗な風景ですが、開花すれば種を付けるわけで、外来生物の繁殖力恐るべし。
農家の方が頻繁に草刈りする理由の一つが、これなんでしょうね。

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年06月27日

栗の花

独特の匂いを発する栗の花が咲いてました。季節を感じさせます。
今日から暫く梅雨空が続きますが、ちゃんと受粉するのか気になります。



  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年06月26日

シロスジカミキリ

アオスジカミキリは入り込んできた夜、就寝のため窓を閉めようとしたら、
今度は小さいシロスジカミキリが入り込んでいました。恐らく庭の木から羽化したのだと思います。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年06月25日

アオスジカミキリ

青くないけどアオスジカミキリ。
軽く摘んで外に投げ捨てただけなのに、臭い匂いが手に付いてました。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年06月23日

梅雨の晴れ間に

一応今は梅雨。白い花菖蒲と青い空が綺麗でした。


Blogをやっていて初めて気づくけど、Blogネタに白い花が多いので、私は白い花が好きなようです。face02  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年06月21日

本日よりボート選手権 京田川

京田川に白いボートがたくさん並んでいました。
今日から東北選手権・東北高校ボート選手権だそうです。

6月21日(金)~23日(日):東北選手権・東北高校ボート選手権
https://yamagata-rowing.localinfo.jp/



  


Posted by さくら at 09:17Comments(0)その他19

2019年06月21日

八重咲き ドクダミ

昨年両親が知人からもらったてきた八重咲きのドクダミ。
今年はどうしたことか咲きませんでした。
それがやっと咲きました。植えた場所と離れたところでバラバラに。
ドクダミって繁殖力が強いから、散るんですかね。face02


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19