2014年09月29日

エギング

鮎釣りも終わり、いよいよエギングシーズン♪

  


Posted by さくら at 04:00Comments(2)その他14

2014年09月28日

コモンツチバチ♀

庭の落葉を掃いていたら、蜂がでてきました。
一瞬アシナガバチの女王蜂かと思いましたが、淡いクリーム色のボディと黒く短い触角から、直ぐに違うと気づきました。
淡いクリーム色のボディと紋様、黒く短い触角から、コモンツチバチ(小紋土蜂)のメスのようです。
http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_hachi/komontsuchibachi.htm

  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年09月27日

災害と公益

今年に入り北海道の新聞社と提携を組んだのか、北海道ネタが増えた山形新聞は姑息だ。
まるで朝日新聞社か某国かの如き振るまいを思わせる。

山形新聞 >>県内ニュース 2014年09月26日
最上小国川ダム反対有志が抗議声明 漁協幹部と県を批判
http://yamagata-np.jp/news/201409/26/kj_2014092600498.php



酒田市に公益文化大学ができた時から『どうして庄内で「公益」なんだろう?』と疑問に感じていた。
公益文化大学が造られた由来の1つとして、何所ぞの石碑に「公益」という文字が掘られていたからと聞いたが、
ずっと理解できずにいたが、昨今の災害をみて自分なりの答えを見出せた気がしている。

庄内地方と最上地方で魚類調査を行う時、農道や林道は行き止まりにならないが、置賜はことごとく行き止まりになる。
行き止まりの先には道があるのに僅か数mだけ道が無い。しかも道幅は狭く路肩は撫肩で、Uターンスペースはない。
軽トラでもギリギリの車幅で、水路に架かる橋も狭く、
周辺の地形から察して行動するが、庄内地方と最上地方で培った勘はことごとく外れ、『なんで?』状態。
なぜ、この数メートルを通さないのか、どうして道が無いのか全く理解できない。


白竜湖など酸欠の汚染沼だし、素堀の水路などは網も入れたくないほどヘドロで臭く、生き物の気配はなく調査に二の足を踏んでしまう。
農道は狭く轍ぎりぎりの路肩は撫肩で、水路は素堀で水は淀み、畦は子供が造ったのか思うほど幅が狭く脆弱。


日本魚類学会の先生達が庄内平野を探訪され異口同音に「水路の張り巡らされ方が凄いね」と言うのだが
先人の知恵だけではなく、これ全て「公益」の精神の賜物だったのだと、今更ながらに気づいた。
置賜の農家も自分の耕作地をちょっと減らして提供すれば、川幅も用水路も畦道も農道も、広くなったはずなのだ。
平成の市町村大合併でも内陸は1つも市町村合併が行われなかったが、
JAは合併し、インフラ事業に関して広域事業団が造られた。
危機は感じていても、おらほの物を手放すのは嫌なようだ。災害、財政、誰かが助けるものらしい。滑稽な話しである。
物をき忘れた地域も在るようだが、庄内平野そのものが「公益」の賜物なのだと、しみじみ感じる今日この頃である。  


Posted by さくら at 04:00Comments(3)その他14

2014年09月26日

サツマイモ

サツマイモの試し掘りしたお裾分けをいただきました。face05

  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年09月25日

舞茸

山仕事のプロからのお裾分け。香りが凄いよ。face05


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年09月22日

月輪熊

ネタ切れなので、知人が送ってくれた素敵な画像を掲載。face05


「熊が川に下りてない!」と駄目出ししたら「無理です!」と言われました。face03  


Posted by さくら at 04:00Comments(2)その他14

2014年09月21日

スナヤツメ

スナヤツメ。普段は砂に潜っていますし、
砂への潜行が素早いので採捕するにはちょっとコツが要りますが、生息地は少なくはないです。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年09月20日

アマガエル.3

イワヒバのアマガエルが居なくなり、吊るし植えの中に潜んでいました。face08
湿度を感じ取るのか、こういう場所をどうやって見つけて辿り着くのか、凄く不思議です。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年09月19日

4尾150g

5尾254gですが、デカいのを1尾抜いて4尾で計測すると僅か150g。face07


河床には産卵床と思われる白い箇所が見られ、サビ鮎も釣れ、下流のトロには産卵準備の群れも見られました。
今回で今期の鮎釣りは終了です。

でもタバコサイズの鮎がたくさん居ます。今年は遡上が2週間遅かったので、
あと2週間時間があれば、こいつらも釣りの対象になりえたのに、残念です。
こいつらは死滅個体になります。
遅れて晩秋に産卵しても、孵化が遅いので来春の遡上が今春以上に遅くなりますから、成長が今年以上に間に合わず
成熟前(産卵前)に初冬を迎えるか、仮に産卵しても更に孵化が遅くなり、遡上も成長も遅くなり、最後は死滅です。

今期の鮎釣りの不漁の原因として山形県の中間育成が失敗したことと、
昨年7〜9月の高水による河床変化と、鵜の食害の影響が大きかったと感じます。
今後一番の問題は、鵜に因る食害です。積極的に駆除していないないと手遅れになりますよ。
(鮎は群れて遡上して、初夏まで深淵の底の垢を食べて育ちます。秋には淵に集まり平瀬で産卵します。
 いずれも流れが緩い場所なので、鵜の格好の餌になってしまうのです。)
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り

2014年09月18日

5尾374g

大きい方5尾で374g=74.8g/尾。
それ以外で10尾合計488g=48.8g/尾。
15尾合計862g=57.5g/尾。これが今年の平均的サイズ。小さいです。


ですが、これは従来の天然鮎らしい遠くから突っ込んで来る追いで目印が瞬間ワープするし、
激しい引きで瀬を上って行くし、オトリを宙に浮かせて走り回り、久しぶりに興奮しました。
昔の庄内の鮎はみんなこんな感じで激しかったから、サイズは小さくとも鮎釣りに魅せられたんですよね。
今期一番の楽しい釣りでした。
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り

2014年09月17日

アマガエル.2

2014年09月15日「アマガエル
寝室に忍び込んで来たアマガエルをみたとき、イワヒバの処に棲んでいたアマガエルが入ってきたんだと思いました。
が、イワヒバの処に茶色いアマガエルが棲んでいました。以前みつけたときは緑色だったのに・・・。


寝室に忍び込んで来た個体と同じなのか違うのかは不明ですが、
ウチの小さい庭に2匹も3匹もアマガエルが棲めるものなのかしら???  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年09月16日

もだし

この連休で一気に気温が下がり、秋本番という感じになりました。今期初もだし。香り最高♪

  


Posted by さくら at 04:00Comments(2)その他14

2014年09月15日

アマガエル

消灯後、枕元を『ベタ。。。。。ベタ。。。。。。。。。。ベタ』と、何かが動く音がして、何かが居る感じがしました。
バタバタ動かないから蛾でないしカサカサ動かないからカナブンでもない。なんだろう???
犯人はアマガエルでした。いつどうやって入って来たのか、初めての出来事なので不思議です。face02


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年09月14日

3尾212g

3尾で212gだが、一番デカいのが96gだから2尾合計116g(58g/尾)。


今シーズンの鮎は、100g前後と60gの二極化だった。
放流個体が失敗で消滅した。川が長期に渡り濁り続けた。そして渇水(水位が低過ぎる)。
近年の局地的豪雨の影響で淵と瀬が埋まって浅く均一化して、
大きな石が無くなり、流芯と水脈筋が無くなり河床の凹凸も消えた。
鵜の被害も甚大なシーズンだったはず。

鮎の成育は川次第ですが、稚鮎の遡上数は海次第。
山形県だけ鮎が不漁なのは、川と海、どちらに問題があるのだろうか?
赤川漁協は毎年のように「今年の稚鮎の遡上数は凄いぞ!」と公言しているので、川に問題があるということになる。
赤川漁協は鮎の産卵場を造成したと自慢気に語るが、稚鮎の遡上数は海次第なので、
産卵場を造成した処で『鮎がたくさん釣れる川造りには役立たない』ということに気づくべきである。

赤川漁協は、地元爺さま達が楽しんでいるコロガシ釣りや投網や刺し網漁を禁止にして、資源保護を計るとほざいている。
地元爺さま達は漁協組合員であり、捕れようが捕れまいが、毎年楽しんでいる。
釣り人は圏外者であり、釣れなければ来ない訳で、誰のための何のための漁協なのだろう。
赤川漁協は毎度まいど論点をはき違える馬鹿な漁協だ。

鮎は錆びてなく、時速10尾の釣果も出て、もう少し楽しめそう♪  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り

2014年09月13日

4尾246g

今回の釣果は知人へ良型の画像無し。
活きの良いのをオトリとして残し、残った4尾で246g(61.5g)。
前日の釣果といい、庄内の平均的サイズは60gのようです。


渇水で水位が低かったのでオモリではなく背針を使いました。  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り

2014年09月12日

モクズガニ

今季初モノをいただきました。
今年は小さい個体が多く、鮎の友釣りをしていて何度も襲われましたから、数は捕れるのではないでしょうか。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年09月11日

秋ミョウガ収穫.2

前回は2〜3日に渡って収穫したのですが、また生えてきました。
栽培数が少ないのですが10個以上見えており、再び食べるには十分な量です。
ミョウガって、どれくらいの量が生えてくるのかな?

  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14

2014年09月10日

2尾244g

お盆に1尾だけズバ抜けてデカい鮎が釣れたらしいが、我々が釣る個体よりはデカくはないだろうと高をくくり
この110gと130gの個体を自慢気に見せたら
「秋田の人が持って来たのは、も〜っとデカかった。私たまげだもの。」と、一刀両断にされてしまった。
此処では130gはデカい方だというのに、これらよりデカいのがお盆前に釣れたというのだから信じられない。
恐るべきこの川のポテンシャル icon09


他は3尾168g(56g/尾)といつも通りのアベレージサイズ。
全体に浅く流れが緩いので本当は背針が良いのでしょうけど
泳がせと背針は苦手ですし、良型は深い場所に居るのでメタル0.03号を使っての釣果。  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り

2014年09月09日

3尾188g

養殖オトリ鮎30g、平均3尾188g(62.6g/尾)、一番デカいの110g。
養殖オトリ鮎でまず平均サイズを釣って、それから本格的に攻め込んでいます。


でも、この時期に養殖鮎が30gしかないって、どういうことなんだろう。
大きく育った養殖鮎は鮎の簗場に卸し、中間サイズは小国川や寒河江川で放流。
用途がない安価なサイズをオトリ屋に卸しているのかもしれませんね。30gで60gは釣れますから。  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り

2014年09月08日

秋ミョウガ収穫

ジンジャーに混じっていたミョウガが庭で増えて、毎年ミョウガを食べられるようになりました。
毎年増えており、今や採取も楽しみの1つです。今年は酢漬けにしました。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14