2009年11月20日

福寿草の露地植え

福寿草は根が張り、根が大切なようで、栽培には露地植えが一番適しているみたいですが、お正月に根を切り詰められて浅い鉢に植えられた株を憂い、長く育ててほしいと願う気持ちから、「お正月に観賞したら露地植えしてあげましょう」という記述が多くありました。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索



【野草の花です・・・】
庭植えする場合は、広葉樹の下に植え付けると良いですよ。もともと野草の花なので、なるべくそれに合った環境で育てると、キレイに、上手に育てて楽しむ事ができます
日の当たるか明るい日かげで水はけのよい湿気分を含んだ腐葉土の場所で育てるのが良いでしょう。乾燥に弱いので、乾燥すると外皮が固まって花が咲かない時は先を切って花を開かせてください。

庭に植える場合でしたら夏は日陰になる落葉樹の下などが適しています。
地植えにしたままですと2~3月に開花する
1)露地植えにする場合は落ち葉が厚く積もったような水はけのよいところに植える。
2)夏は木の葉が茂って日陰になり、涼しくてしかも乾燥しない環境がベスト。
日の当たるか明るい日かげで水はけのよい湿気分を含んだ腐葉土の場所で育てるのが良いでしょう。
冬に日当たりがよく夏日陰になるような、水はけの良い地を選びます。
1)露地植えにする場合は落ち葉が厚く積もったような水はけのよいところに植える。
2)夏は木の葉が茂って日陰になり、涼しくてしかも乾燥しない環境がベスト。

冬は日当たりがよく、夏は半日陰になる落葉樹の下に育つ植物ですから、戸外でこの条件に合うような場所に植えます。
露地栽培の場合は、乾燥の予防と除草に、梅雨後に敷きワラをしておくとよいでしょう。
冬に日当たりがよく夏日陰になるような、水はけの良い地を選びます。堆肥を混ぜた土に30cm間隔で植えつけます。5月〜9月は休眠します。乾燥しない程度に水やりします。露地栽培の場合はシキワラをかけておくとよいでしょう。
露地栽培の場合はシキワラをかけておくとよいでしょう。
梅雨後の高温期は乾燥防止のため、厚く敷きワラをしきます。

フクジュソウを庭植えするには、排水のよいこと、西日を避けることが大切で、落葉樹の下などで夏は葉が茂って陰になるような場所を選びます。庭植えには、腐葉土を十分に土と混ぜ、やや高く盛り上げるようにして植え込みます。こうしますと水はけがよくなります。しかし、反対に乾きやすいので、特に夏は、葉が枯れてありませんけれども、株の上に落ち葉やわらをかぶせて、乾かないように注意し、土の下の芽を大切にします。このように庭植えにしておけば、冬を過ぎて春には、毎年のように花をつけます。3、4年もしますと、芽の数がふえますので、その時には、秋に3芽か4芽を1株にするように株分けをします。  フクジュソウの肥料は、強い化成肥料を与えるよりも、油カスや骨粉の玉肥を株元に埋める方法が適しています。  フクジュソウの栽培で大切なのは、葉を大切にすることで、翌年のためのよい芽をつくり、よい花を咲かすことにつながります。

フクジュソウは寒さに強く、暑さに弱い植物です。
一般にフクジュソウのように早春に開花する多年草は、冬に暖かくて日当たりが良く、5、6月からは半日陰の涼しい所が植えつけ適地です。よく利用されるのは、落葉樹の樹幹下です。ここなら冬は日当たりが良く、夏は木陰の涼しい環境が得られます。  
植えつける2週間ほど前に、30cm以上深く耕し、腐葉土と混ぜておきます。植えつけるときは、株の芽が少し隠れる程度(深さ10cmくらい)の広めの穴を掘り、根を傷めないように広げて置き、土を掛けます。根の間に土が入るように、軽く押しつけておきましょう。
植え付け場所は、夏涼しく、冬は日当たりの良い所が望まれます。一般にフクジュソウのように早春に開花する日陰の涼しい所が植え付け適地です。良く利用されるのは落葉樹の樹幹下です。ここなら冬は日当たりが良く、夏は木陰の涼しい環境が得られます。
植えつける2週間ほど前に、30cm以上深く耕し、腐葉土と混ぜておきます。植えつけるときは、株の芽が少し隠れる程度(深さ10cmくらい)の広めの穴を掘り、根を傷めないように広げて置き、土を掛けます。根の間に土が入るように、軽く押し付けておきましょう。

もともと落葉広葉樹林の下草なので、地植えにする場合は、落葉樹の下を選び、土には、堆肥などの腐食質を多めに施しておく。やや石灰分を好む。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/sanyasou/adonis.html

露地植えの場合は、用土はそのままの地の土で何も混ぜる必要はありませんが、大きめに掘って地面をやわらかくしてから植えてください。
露地栽培の場合は、肥料を好む(多くあげる)植物の周りは避けたほうが無難です。
根茎が地下6cmほどの所にあるように植え、年々1〜2cmの増土をする。
フクジュソウは、寒さに強く、暑さに弱い植物です。根は長く、それを切ると枯れたり、株が弱ったりします。こうした性質を損ねないようにするのが、栽培のこつになります。 
福寿草を地植えする場合は、腐葉土などを多く入れた排水のよい土に植えます。
露地植えの場合は、夏場半日陰になる水はけのよい場所を選び、福寿草を植える部分だけを高にすると上手に栽培できます。高にすることにより余分な水分が溜まりませんので過湿にならず、福寿草には最適な環境といえます。

鉢植えは、花が咲き終わった後に地植えにすると、数年後にはまた花を咲かせます。
花が終わったら鉢から抜いて落葉樹(夏、日陰の所)の根元に植え込めば毎年美しい花を咲かせます。
地植えにする場合も、普通の草花を育てるときよりは深めに、花壇を耕すといいでしょう。

フクジュソウの植えつけ 日当たりが良く、夏は木陰で涼しい落葉樹の樹幹下に。
植えつけ場所は、夏涼しく、冬は日当たりの良い所が望まれます。一般にフクジュソウのように早春に開花する多年草は、冬に暖かくて日当たりが良く、5、6月からは半日陰の涼しい所が植えつけ適地です。よく利用されるのは、落葉樹の樹幹下です。ここなら冬は日当たりが良く、夏は木陰の涼しい環境が得られます。 

自生地は、早春は日が当たり、初夏から日陰になる落葉樹林下の斜面などですから、地植えの場合はそのような場所に植え付けます。
植え場所 日当たりのよいところを好みます。
植えつけ場所は、夏涼しく、冬は日当たりの良い所が望まれます。
植え場所は、春にはよく日があたり、夏は日陰になる場所が最適。落葉樹の下など。
植え場所は、春にはよく日があたり、夏は日陰になる場所が適。落葉樹の下などが最適。
庭に植える場合でしたら夏は日陰になる落葉樹の下などが適しています。
花の咲く時期は主に春ですが、暖かい地方では早春から花を咲かせることも多いようです。
自生する環境は落葉樹林の中や、栄養豊富な雪解け水が流れるような場所に自生します。
露地植えにする場合は落ち葉が厚く積もったような水はけのよいところに植える。
庭に植えるのもいいです。落葉樹の下辺りが特にいいですね。
夏は木の葉が茂って日陰になり、涼しくてしかも乾燥しない環境がベスト。

自生する環境は落葉樹林の中や、栄養豊富な雪解け水が流れるような場所に自生します。
自生地は、早春は日が当たり、初夏から日陰になる落葉樹林下の斜面などですから、地植えの場合はそのような場所に植え付けます。
冬は日当たりがよく、夏は半日陰になる落葉樹の下に育つ植物ですから、戸外でこの条件に合うような場所に植えます。
福寿草を地植えする場合は、夏は日陰になるような場所を選びます。落葉樹の下などがよいでしょう。夏は地上部が消えてしまうので、植えた場所が分からなくなってしまわないよう、しるしをつけておきます。

露地植えにするといつの間にかなくなってしまいます。
福寿草(フクジュソウ)は同じ場所で栽培し続けると連作障害がおこります。
植え替え、株分けの際は、できるだけ新しい場所に植えつけるようにします。
連作を嫌う。地植えの株は、3〜4年をめどに場所を替える。
放置すると、白絹病が発生して全滅することがある。
地植えも3〜4年に1回は植え替えが必要になるみたい。芽が出る前の9〜10月に株分けで殖やします。
3〜4年に1度、土から掘り上げ株分けをしましょう。1つの株をそれぞれに芽が付くように3〜4個に分けます。

露地植えにすると案外早く消えてしまう。土が固くなったり、栄養不足になり勝ちだからかも、花後の葉を5月中頃までしっかり育てることが大切である。この葉が翌年のための芽作りをする。5月暖かくなると地上部が枯れて休眠に入る。約3ヶ月、地上に姿を見せる植物です!

Q:福寿草の培養土よりも、庭植の場合、植え場所はどんな所に植えられているのでしょうか?
A:福寿草は根が乾く事を嫌うので、夏場に乾燥するような場所には、植えられても上手く育ちません(同時に、過湿も嫌います)。
また、生育期には陽光を好みますから(休眠期は半日陰が望ましい)、この時期に日陰になるような場所は、福寿草を植えるのには適していません。よく、梅などの落葉樹の下に植えると、機嫌良く育ってくれる事が多いのですが、これは夏場に葉影ができて、土の乾燥が少しでも軽減されるからだと思います。用土も確かに大切ですが、植え場所を今一度点検してみて下さい。(生育期にはよく日が当たり、休眠期の夏場は半日陰になる場所)。


福寿草の管理
栽培のポイント - フクジュソウ〔福寿草〕
◇ 自生地では、落葉樹の下に群生する。
自生地に近い環境で育てるとよい。
◇ 地植えの場合は、特に手入れの必要ない。
花が咲き出すまで、霜や凍結を抑える為に、落ち葉などをかけてもよい。
フクジュソウ〔福寿草〕の 生育条件
落葉樹の下の比較的水はけのよい場所。
寒さには強いが、暑さと乾燥には弱い。
山の自生地では、東北側の斜面を好む。
用 土
排水のよい土。
腐葉土を施し、あらかじめ堆肥などの肥料を土にまぜて耕しておくとよい。
http://www.flowers-beauty.com/007_flowers/adonis/adonis_30.htm
福寿草の写真集
http://www.flowers-beauty.com/007_flowers/adonis/adonis_90.htm

栽培畑の風景
http://protist.i.hosei.ac.jp/pdb/Sampling/Organisms/Plants-2/Adonis_01.html
農業あれこれ/営農情報
集落営農組織による福寿草栽培の取り組み(大里農林振興センター普及部),
http://www.ja-fukaya.com/arekore/einou/0703-1.pdf

20年ほど前から家の裏庭にある斜面に植え、株分けや新たに種まきなどを繰り返してきた。赤みの強い花や黄と緑の混色の花、花びらの先がギザギザの種類など、フクジュソウだけで「約30種、7-800株ほど」(岩下さん)が植えてある。
http://www8.shinmai.co.jp/flower/2009/02/04_009162.php


●為重の福寿草は一切植えて増やしていません。(ただし一部、今回遊歩道の整備のため移動はしました)年2回草刈りなどをして、大切に育てています。花を咲かせるまでには大変時間がかかっています。絶対に掘って帰らないでください。
http://ww1.tiki.ne.jp/~k-inoki/tameshige.html

同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事画像
福寿草 種をつけない品種
福寿草 蟻の巣からの発芽
ビロウドツリアブ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 実生から開花まで 肥料
同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事
 福寿草 種をつけない品種 (2018-05-19 18:00)
 福寿草 蟻の巣からの発芽 (2018-04-20 04:00)
 ビロウドツリアブ (2018-04-04 04:04)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-26 16:00)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-17 04:00)
 福寿草 実生から開花まで 肥料 (2018-03-10 04:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。