2009年11月20日

福寿草の花

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


●草丈15〜20cm、短い根茎から多数の太くて長い黒褐色の根を出し、この根は晩春に地上部が枯れてもしばらくの間は活動しています。
高さは、伸びきると15〜30センチですが、花の咲くときに時期には、5センチ前後と小さい状態です。
草丈10〜30cm。
草丈10~30㎝。
草丈は10〜30cm
草丈は10〜30cmで、花色は赤、橙、黄、白、緑と豊富です。

● 特徴・性質 ●
耐寒性の多年草です。
耐寒性の多年草です。
雪解けとともに花茎をのばし、 鮮やかな黄色い花を咲かせます。
雪解けとともに花茎をのばし、鮮やかな黄色い花を咲かせます。
雪解けとともに花茎をのばし、 鮮やかな黄色い花を咲かせます。
早春、花径3〜4cmの黄金色の花をつける。
早春、葉に先立って黄色の美花を開く。東京付近での野生のものの開花は4〜5月。
早春の陽を浴びてフクジュソウが黄金色に輝いています。
初夏に葉を茂らせ、実をつけた後、 真夏は地上部が枯れ、来春まで休眠します。
初夏に葉を茂らせ、実をつけた後、 真夏は地上部が枯れ、 来春まで休眠します。
初夏に葉を茂らせ、実をつけた後、 真夏は地上部が枯れ、 来春まで休眠します。
花径は3~4センチあり、花びら(花弁)は20~30枚ある。
花期は初春で3〜4cmの黄色い花を咲かせる。
花期は初春であり、3-4cmの黄色い花を咲かせる。
花の直径は3〜4センチ。八重咲きの品種もあります。
花は直径約3〜4cm。花弁は10〜20個、萼弁より長く、黄色で光沢がある。
花は春に伸びた茎の先端に新しい葉とともに1花咲きます。花径は3cm内外で花色は黄色、2月〜3月に開花します。

花径3cm、
花径は3〜4cm。
花径は3~4㎝。
花径は3〜4cm。
開花は2~4月、草丈25~35cm。
開花期:2~4月   草丈:30cm
花2〜4月
花期:2〜4月
開花:2月〜5月
開花時期【2月 ~ 4月】
開花時期は、 2/1頃〜 3/15頃。
花期は初春で3〜4cmの花を咲かせる。
花時期は3月〜5月。
花時期は3月〜5月。
花期は1月〜3月くらい。
花期は2月〜3月です。北海道は3月〜4月です。
花期は2月〜3月です。北海道は3月〜4月です。
花期は、自生の場合、2〜3月。栽培の鉢ものは、12月から出回っています。
花期は地植えで1〜3月とか、3〜5月とかいろいろ書かれてる。
実際の花期は2〜4月です。
早春に咲く花の代表的な植物です。
早春に芽を出して、開花します。
暖地では2月に咲きますが、東北地方以北では3~4月に開花します。
野生のものは、2〜3月ごろに開花する。
野生のものの開花時期は2~4月である。
野生のものや自然の環境下では春3月〜4月を中心に花を咲かせます。
野生のものや自然の環境下では春3月~4月を中心に花を咲かせます。

花の色は鮮やかな黄色である。
花色は赤、橙、黄、白、緑と豊富です。
当初は茎が伸びず、包に包まれた短い茎の上に花だけがつくが、
次第に茎や葉が伸び、いくつかの花を咲かせる。
枝先に黄色い花を1個〜数個上向きに開く。
各地生地で咲くのは 早春の頃となる。
一般に露地では旧暦の元日ごろに咲き始めます。
正月の鉢植えとしてよく用いられますが、本来の花期は 2〜3月です。
早春に地面から花芽を出して花を咲かせる、お正月の花としても知られている福寿草です。本来は2月頃の旧正月頃に咲く花です。
フクジュソウは晩秋に芽を出し、ふつう3月に梅が終わる頃から4月にかけて花をつけます。今年は2月中ごろには開花を見ました。
自生地でのフクジュソウの開花は、東北地方など寒さの厳しい地域では、4月になる場合もあります。

下部に茎を包んでいた大きな鱗片(葉の変形したもの)が残り、その脇から花茎を伸ばす。
1つの花茎に1~4輪の花をつける。
1〜多数の花がほとんど同時に咲く。咲き終わった茎は一段とのび、葉も大きくなる。花には、黒味がかった5〜8個のがく片、10数枚の黄金色の花びら、多数の雄しべと50個ほどの雌しべがある。
萼片は開花時期には花弁よりも長い。
成長した花では花弁と同じくらいの長さで、紫色を帯びる。
雄しべと雌しべはたくさんある。
そう果は倒卵形で長さ4〜5㎜、短毛がある。


つぼみ付きの鉢植えを購入した場合、つぼみが黄色く色づいているのに花が咲かない場合があります。これは単純に日光不足か、そうでなければつぼみを被っている薄皮を乾燥させてしまったことが原因と考えられます。乾燥した室内に置いているとそのようなことになることがあります。もし、薄皮が乾燥してしまった場合は花を傷つけないように先の細いもので薄皮をやぶると花が咲きます。
蕾を包む薄い皮に切り込みを入れると、が咲きやすくなるようです。蕾の時の乾燥は禁物です。時々霧をかけてやって下さい。

キンポウゲ科の多くは花弁が、一般になくなったり、形が変化し花弁より萼の方が目立ったしますが(クリスマスローズやセツブンソウ)、フクジュソウの花は花弁です。
北見福寿草は一茎に一花。福寿草も一茎に一花ということもあるが普通は複数の花をつける。
福寿草は植物の性質上、1芽1株とは限りません。株が良くなればなるほど芽数も増えていきます。また、すべての芽が開花するとも限りません。
花色は黄金色で、初めは地上に花が置いてあるように咲きますが、伸びながら次々に1芽で5〜10輪くらい咲き続けます。


【主な種類と品種】
福寿海 一般的に栽培されている代表的品種です。
秩父紅 鮮やかなオレンジ色の花を咲かせます。
三段咲き 黄色、緑、黄色とひとつの花が三段になって咲く希少種です。
基本の花色は黄色ですが、白やオレンジ色の花を咲かせる園芸品種もあります。品種改良の歴史は古く江戸時代より行われてきており、花色以外にも八重咲き、菊咲き、三段咲きといったような花型のことなる品種も作出されています。
花の色は,紅,白,緑などがあり,花の形は様々な品種があります。
花色は黄色が基本種で、花びらの多い少ないと個体差があります。紅色花・白花・八重咲き種等もあり、江戸時代から栽培されている品種もあります。
花園は八重咲きの福寿草。原種の実生から現れた花弁数の多い完全八重咲き品種。黄花弁の中心がグリーンになる花径4cm前後の大輪種です。たいへん貴重な品種です。
品種も豊富で、花色だけでなく一重から八重咲き、花弁も丸弁から切れ込みの深いものまでさまざま。
花色  赤、橙、黄、白、緑
黄金色の見事な色の花。
花色は黄色が基本種で、花びらの多い少ないと個体差があります。紅色花・白花・八重咲き種等もあり、江戸時代から栽培されている品種もあります。
花茎の先に1〜4個のお花が付くはずなんやけど。
八重咲きや菊咲き、三段階咲きなど品種によって咲き方も変わってきます。
一般的なのは、原種のフクジュソウと、園芸品種の「福寿海」である。
他にも品種はあるが、やや気難しい。
ヨーロッパには、花弁が朱赤色で、花の中心が黒い種類もあるが、これは秋まき夏咲きの一年草。
「秩父真紅」や「紅撫子」は、花が鮮やかな赤橙色で、「紅撫子」は、花弁の先に細かい切れ込みが入る。
「寿」は八重咲き種である。
三段咲き(花の縁と中心が黄色、その間が緑色になる)の品種もある。
「洋種フクジュソウ」と呼ばれるベルナリスは、やや開花が遅い。

◆【フクジュソウの品種】
●フクジュソウのなかでは最も市場に出回っているポピュラーな品種に、八重咲きの「福寿海」という品種があります。花色では黄色のほかに紅や白があり、咲き方では一重咲き、八重咲きのほか、花弁の先端が細く裂けるナデシコ咲き、花の中から花が咲く三段咲きなどがあります。
[黄花系統種]:福寿海・福禄寿・金世界・寿・大鳳・撫子・金鵄・金采・菅原・魚子・小波錦
[紅花系統種]:秩父紅・日の本・紅撫子・日本紅
[白花系統種]:弁天・銀世界・紫雲

園芸品種も多い。
園芸種が多い。
栽培されているものが多い。
福寿草には赤い花が咲くものもある他にも白色、淡紅色、橙紅色、緑色、濃緑色など、品種により様々な花色のものがあります。
また、花のほうも一重〜三重、八重咲き、万重咲き、三段咲きなどいろいろあります。
基本の花色は黄色ですが、白やオレンジ色の花を咲かせる園芸品種もあります。
八重咲きや菊咲き、三段階咲きなど品種によって咲き方も変わってきます。
福寿草の品種
古典園芸植物のフクジュソウですが、今でもいくつかの品種が残っています。 普通のみちのく福寿草のほか、 くっきりとした花色の秩父紅、 黄色、緑、さらにまた黄色と花びらが三段からなる三段咲き、 八重咲きの花園福寿草などが入手可能です。
花色は黄色が基本種で、花びらの多い少ないと個体差があります。紅色花・白花・八重咲き種等もあり、江戸時代から栽培されている品種もあります。
園芸品種によっては春咲きや遅咲きのものもあります。種類は、一重咲きから八重咲きそれから、花の中から花が咲く三段咲きや、ナデシコ咲きなど花弁が退化したものまで形状もいろいろあります。
品種も豊富で、花色だけでなく一重から八重咲き、花弁も丸弁から切れ込みの深いものまでさまざま。
鉢植えでも庭で育てる場合、園芸品種の中には一月の終わりの寒い頃から咲き始める早咲き種もある。逆に四月にならないと咲かない種類もある。

当初は茎が伸びず、包に包まれた短い茎の上に花だけがつくが、次第に茎や葉が伸び、いくつかの花を咲かせる。葉は細かく分かれる。夏になると地上部が枯れる。つまり初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、それから春までを地下で過ごす、典型的なスプリング・エフェメラルである。
春一番に咲く花径は3cmほど,花弁は多数あり,黄金色で輝いており, 暖かさとともに茎を伸ばし,3回羽状に切れこんだ葉を広げ,頂花に続いて腋枝(えきし)の花も咲かせ,結実期には高さ30cmばかりとなる。
基本の花色は黄色ですが、白やオレンジ色の花を咲かせる園芸品種もあります。
福寿草の赤花(オレンジ色)や、八重咲きもあります。
品種も豊富で、花色だけでなく一重から八重咲き、花弁も丸弁から切れ込みの深いものまでさまざま。
品種改良の歴史は古く江戸時代より行われてきており、花色以外にも八重咲き、菊咲き、三段咲きといったような花型のことなる品種も作出されています。
・種類
基本の花色は黄ですが、日本独自の品種改良が進み、白,黄褐,紫褐,榿紅などがあります。また、花形も一重、二重、八重、万八重と種々存在します。最も品種改良が盛んであった江戸時代には、126種もの品種があったそうですが、現在は42品種ほどが保存されています。最も有名な品種は「福寿海」で、フクジュソウの代名詞的存在です。その他、「紅撫子」「爪折笠」「三段咲き」などがあります。
また、近縁にはヨーロッパ原産のナツザキフクジュソウ(Adonis aestivalis)やナツザキフクジュソウよりやや小型のアキザキフクジュソウ(Adonis annua)があります。
日本の園芸書として最古の「花壇綱目」(1681年)にも、「福寿草、花黄色、小輪也,正月より花咲。元旦草、朔日草(ツイタチクサ)とも、福つく草とも俗に言」と記載されている。
花も一重や二重、八重などあってこの黄色の他に赤色やオレンジ色なども
園芸品種もとっても豊富です。

同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事画像
福寿草 山形市の自生地 山形新聞より
福寿草 種をつけない品種
福寿草 蟻の巣からの発芽
ビロウドツリアブ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 受粉の助けはハエ
同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事
 福寿草 山形市の自生地 山形新聞より (2018-11-15 00:01)
 福寿草 種をつけない品種 (2018-05-19 18:00)
 福寿草 蟻の巣からの発芽 (2018-04-20 04:00)
 ビロウドツリアブ (2018-04-04 04:04)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-26 16:00)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-17 04:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。