2009年11月20日

福寿草の植え替え

福寿草の植え替えの記述には、お正月用に根と切り詰められた浅い鉢からの植え替えが多く紹介されていました。
新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


植え替え ■秋(11月下旬〜12月)
増やし方 ■株分け(植え替え時期)
場所 ■4月〜11月は半日陰、その他は日向(落葉樹の下がよい)
●植える時期 10月〜12月
●植え替え 秋
植え替え・株分け 10月上旬〜12月上旬(根はとても長いが、切り詰めないほうがよい)。
植え替え・株分けの適期は、秋やや遅く10月下旬~11月頃で、この頃になると地上には芽は見えないものの、活動が始まります。この頃に掘って株分け、植え替えを行うのが最もダメージが少なく、その後の生育もよくなります。
植え付け場所は、あらかじめ30cmくらいの深さに穴を掘って、土に腐葉土や堆肥を混ぜて、花つきのよくなるようリン酸の多い緩効性肥料などを混ぜたところに植えつけます。
植えつける2週間ほど前に、30cm以上深く耕し、腐葉土と混ぜておきます。
植えつけるときは、株の芽が少し隠れる程度(深さ10cmくらい)の広めの穴を掘り、根を傷めないように広げて置き、土を掛けます。根の間に土が入るように、軽く押しつけておきましょう。 
鉢植えは1年おきくらいで植え替えをします。
鉢植えは2年に1回、庭植えも3〜4年に1回は植え替えをすると綺麗に花が咲きます。
鉢植えは2年に1回、庭植えも3〜4年に1回は植え替えをすると綺麗に花が咲きます。
鉢植えは2年に1回、庭植えも3~4年に1回は植え替えをすると綺麗に花が咲きます。
2〜3年に一度行う
3年〜5年に1回は植え替えましょう。
3〜4年に1回、掘り上げて株分けします。
4年に1回は植え替えましょう。植え替えと株分け時期は11月です。株分けは一株に10芽が目安です。
大株になると生育が遅くなるので、花芽が出る11月頃に5株ほどに分けて植え替えましょう。
植え替えは葉が枯れてから行う。
植え替えと株分け時期は11月です。
12月は、フクジュソウの植えつけ時期になります。
根が広く張るので、鉢植えの場合は大きめの深鉢を用いるようにします。
根茎が地下6cmほどの所にあるように植え、年々1〜2cmの増土をする。
フクジュソウは根が長く伸びるので、平鉢には植えつけません。
株分けを行うときは、芽数をあまり細かく分けないよう、3芽くらいとし、根はできるだけ長くつけて掘り上げ、乾かさないよう手早く植えつけます。
鉢植えの場合は、3芽につき5号鉢くらいの大きさのものに植えてください。
株分けは一株に10芽が目安です。(10芽は多過ぎると思います
3芽程度の株は5号鉢に、5芽以上の株は6〜7号鉢
毎年植え替えるならまだしも、5芽以上6〜7号鉢は小さいと思います
根の量が多いため、鉢植えにする場合は、5号くらいの深鉢を用いる。
6号(18cm)以上の大きめの鉢を使いましょう。
6号(直径18センチ)以上の大きさの深さのある鉢
福寿草は、根が張る(土中深く伸び、また横にも広がります)ので、鉢植えにする場合には、 下部の大きさに対して大き目の鉢に植えます。地植えにする場合も、普通の草花を育てるときよりは深めに、花壇を耕すといいでしょう。
福寿草は、根が張る(土中深く伸び、また横にも広がります)ので、鉢植えにする場合には、 下部の大きさに対して大き目の鉢に植えます。地植えにする場合も、普通の草花を育てるときよりは深めに、花壇を耕すといいでしょう。
鉢植えの場合、根の部分の生育が早いので大きめの鉢に植えつけましょう。
鉢植の場合は、結構根が張るタイプなので、大き目の鉢に植えて下さい。
福寿草は根が多い植物なので、浅鉢植えの市販品はほぼ花が終わったころ、鉢から抜いて露地に植えるのが無難です。あるいは、用土のたくさんはいる大きめの鉢に植え替えてもかまいません。
鉢植の場合は、結構根が張るタイプなので、大き目の鉢に植えて、特に土中の温度が高くならないように気を付けて下さい。
フクジュソウの根は太くて長いので大きめの鉢がいるし、
福寿草は、根が張る(土中深く伸び、また横にも広がります)ので、鉢植えにする場合には、 下部の大きさに対して大き目の鉢に植えます。
根が多い植物なので、用土のたくさんはいる大鉢に植えつけます。

フクジュソウは茎や葉に対して根の多さはその何倍かで、根の生育を阻害すると花が咲きません。鉢植えで毎年花を咲かせる難しさがここにあります。大鉢に植え替えるか庭植えにするかになります
通常は鉢植えなどを購入して下さい。
浅鉢植えの市販品は、花が終わったころ、鉢から抜いて露地か大鉢に植え替えます。

福寿草の植え替えの適期は、11月から12月です。それ以外の時期は植え替えはダメです。植え替え時の注意事項は、根が長いので切らないように注意することと、掘りあげた根は絶対に乾燥させないことの二点です。掘りあげた根は、植えるまでのわずかの間でも、濡れた新聞紙などに包んでおくことです。どの草花も原産地の土の状態を研究してください。山野草を持ち帰っても育ちません。

特に注意をして頂きたいのは夏の間の管理です。
寒さにはとても強い福寿草ですが、夏の高温多湿は苦手のようです。
暑さには弱いので、夏は日陰になる場所を選んでください。
耐暑性 わりと強いが、地上部がないので存在を忘れない
夏の暑さに大変弱いので、西日の当たらない場所で管理しましょう
夏の高温多湿は苦手。
夏の間は日陰に置く事で暑さを凌ぐ事が出来ます。
耐寒性の多年草で、暑さには弱いので、夏は木陰に置いた方がよいでしょう。

■福寿草(フクジュソウ)の植え替え
根がよくのびる植物です。
平鉢植えのものを購入した場合は、早めに深鉢に植え替えるとか、庭に植えつけてください。
福寿草(フクジュソウ)の植え替えは秋(11下旬ごろ) に行います。
3芽程度の株は5号鉢に、5芽以上の株は6~7号鉢に植えつけます。
一回り大きな鉢に鉢底石を入れ、根腐れ防止に炭のかけらなどを入れます。
古土を軽く落し、根は切らずに広げて植え、すき間ができないようにすることが大切です。
用土の例 ・赤玉土4:鹿沼土4:バーミキュライト2
       ・小粒赤玉土と腐葉土を等量混合した配合土

株を据えたら培養土を少しずつ入れ、培養土が根の隅々まで行き渡るようにハシなどを使って突きます。
お正月の飾りにする場合は上に化粧砂を深さ1cmぐらい敷きます。
最後にたっぷりと水やりをします。

根が多い植物なので、用土のたくさんはいる大鉢に植えつけます。ですから、浅鉢植えの市販品は、花が終わったころ、鉢から抜いて露地か大鉢に植え替えます。

4年に1回は植え替えましょう。植え替えと株分け時期は11月です。株分けは一株に10芽が目安です。
害虫・殺菌対策 特に必要なし
肥   料 化成肥料を施しましょう。薄い液肥を水やり代わりに与えます。
灌   水 土が乾いたら上げる程度です。
植え場所 日当たりのよいところを好みます。
増やす場合は、夏に株分けをします。
フクジュソウは根が多いので、鉢植えの場合は深鉢を使用します。

鉢やプランターでも育ちます。
鉢植え、庭植えに適し、半日日陰で水はけの良い所を好みます。
植え場所は、春にはよく日があたり、夏は日陰になる場所が適。落葉樹の下などが最適。
鉢植えの場合、根の生育が早いので大きめの鉢に植えつけましょう。大株になると生育が鈍るので、花芽が出る11月頃に4〜5株に分けて植え替えましょう。
植え替えは、休眠期の夏に行いますが、この時株が大きくなっていれば株分けで殖やします。2~3年に1度が目安で、2~4芽に分割して、切った部分には墨汁を塗ります。
植え替えは二、三年に一度でも大丈夫。十一月に根を切らず大き目の鉢に植替えする。
適期は春または秋です。
腐葉土などを多く入れた排水のよい土に植えます。
来春、芽が出たら水遣りを始め、鉢植えなら日向にうつし、うすい液肥をときどきやればいいでしょう。

[植え替え時期]
6月くらいになると地上部が無くなり、休眠する期間の長い植物です。
休眠期ならいつでもかまいませんが、10月から12月頃が適期です。
[植木鉢・土]
 フクジュソウは浅植えをすると根が乾燥してしまい、上手に育てることが出来ません。やや深めの植木鉢を使用しましょう。お正月の寄せ植え等で浅い鉢に植え込んだ場合は、花を見た後で栽培する鉢に植え替えます。
 土は軟らかめのものを使うほうが育ちが良いでしょう。
使用例   軟質鹿沼土2 : 軽石砂1 の混合土 (5 mm以下の粒を使用)
[植え付け]
 ヒゲ根が放射状に伸びていますから、特に株元の根と根の間に土が良く入り込むように心がけます。根の間に土が入らないと生育不良を起こし、来年の花を望めなくなります。根茎が地上に露出しないように 5 cmくらいは土がかかるようにすると良いでしょう。

【花壇への植え付け】
お正月の寄せ植えで良く見かける福寿草ですが、お正月が過ぎたら、大きな鉢に移し替えるか、庭植えにして下さい。寄せ植えのまま、屋内に置いていると、株が弱って枯れてしまいます。これは、寄せ植えにする時に、福寿草の根を短く切ってしまうからです。ですから鉢植えにする時には1回り大き目の鉢にしてくださいね。
土は赤玉土5、腐葉土5の水はけの良い土が良いようです。

【植え替え】
10〜2月の間が植え替えのできる時期です。正月用には、12月上旬に植え替えますが、浅植え鉢に植えるにはかなり根を切らねばなりませんから、株が弱ります。したがって、株養成に2〜3年はかけるようにします。

植え付け
庭植えの場合は・・・ 腐葉土を多め と緩効性の粒状肥料を土に混ぜ入れます。少なくとも30cmの株間をあけて植え付けしましょう☆
鉢植えの場合は・・・ 赤玉土(小粒)6:腐葉土4 と緩効性の粒状肥料を混ぜます。新芽が付いている物を、5〜6号の鉢に植え付けましょう。

■植え付け
夏場は木陰になり、晩秋から春にかけてはお日様がたっぷり当たるような肥沃な場所を選びます。
暑さに弱いので、夏場には地上部は枯れますが、マルチングなどをして乾燥させないようにします。

[植え替え時期]
 6月くらいになると地上部が無くなり、休眠する期間の長い植物です。
休眠期ならいつでもかまいませんが、10月から12月頃が適期です。
[植木鉢・土]
フクジュソウは浅植えをすると根が乾燥してしまい、上手に育てることが出来ません。やや深めの植木鉢を使用しましょう。お正月の寄せ植え等で浅い鉢に植え込んだ場合は、花を見た後で栽培する鉢に植え替えます。  
[植え付け]
 ヒゲ根が放射状に伸びていますから、特に株元の根と根の間に土が良く入り込むように心がけます。根の間に土が入らないと生育不良を起こし、来年の花を望めなくなります。根茎が地上に露出しないように 5 cmくらいは土がかかるようにすると良いでしょう。
[置き場所]
 つぼみが伸びだして地上部が枯れるまでは、日光が当り風通しの良いところで管理します。早めに花を見たいときは、日中は日光に当てて夜は部屋の中に取り入れて保温すると良いでしょう。
 花が咲き始めると茎が伸びだし葉も繁りますが、6月になると地上部は枯れて休眠期に入ります。休眠期の鉢は棚下や日陰に置いて管理します。
 フクジュソウは寒さに強い植物ですから、寒冷地以外では特別な保護の必要はないでしょう。

[植え替え時期] 休眠期ならいつでもかまいませんが、10月から12月頃が適期です。
[植木鉢・土] フクジュソウは浅植えをすると根が乾燥してしまい、上手に育てることが出来ません。やや深めの植木鉢を使用しましょう。
[植え付け]
 ヒゲ根が放射状に伸びていますから、特に株元の根と根の間に土が良く入り込むように心がけます。根の間に土が入らないと生育不良を起こし、来年の花を望めなくなります。根茎が地上に露出しないように 5 cmくらいは土がかかるようにすると良いでしょう。

植え付けの適期はこの地上部が枯れているときです。
地上部が枯れているので、新芽や地下茎を痛めないよう注意深く掘り上げます。
根の生育が旺盛なので、夏には根が張れるような深さがある鉢に植え替えます。

一番心配なのは、庭に花が咲いた状態を見て、『終わったら株分けしてちょうだいね』という場合で、実は、これが一番多く、 失敗も多い実例なのです。
通常の植物は、花が終わったら、株分けするのが普通ですが、夏に休眠するものは、夏に向けて大きく根を切ると、 切り口から細菌が入って腐りやすくなったり、十分に株が充実せずに休眠するため、株が大きく、弱って花が咲かなくなってしまいます。 どうしてもやる場合には、根や地下茎を傷つけないように、出来るだけ丁寧に植え付け後は、殺菌剤を水に溶かして灌中しておくとよいでしょう。

お正月の寄せ植えに使われたものなどや、鉢に植わっていたものを植え替えたり、 地面に下ろしたりする程度なら問題なく行えます。
地植えにされる事をオススメします。多年草ですが手入れをしないと数年後には消えてしまう可能性があります。
福寿草は根の生育が非常に旺盛なので、浅鉢に植えられているものは、夏には根が充分張れるような深さがある鉢に植え替えたほうが、その後の生育がよいです。
植え替えや株分けなど根を大きく傷つける可能性のある作業は、花の前、秋~冬の初め、10月~1月くらいまでに行うのが一般的です。

■福寿草(フクジュソウ)の植え替え
平鉢植えのものを購入した場合は、早めに深鉢に植え替えるとか、庭に植えつけてください。
福寿草(フクジュソウ)の植え替えは秋(11下旬ごろ) に行います。
3芽程度の株は5号鉢に、5芽以上の株は6~7号鉢に植えつけます。
一回り大きな鉢に鉢底石を入れ、根腐れ防止に炭のかけらなどを入れます。
古土を軽く落し、根は切らずに広げて植え、すき間ができないようにすることが大切です。
株を据えたら培養土を少しずつ入れ、培養土が根の隅々まで行き渡るようにハシなどを使って突きます。
お正月の飾りにする場合は上に化粧砂を深さ1cmぐらい敷きます。最後にたっぷりと水やりをします。


鉢植えの場合、根の生育が早いので大きめの鉢に植えつけましょう。
●植える時期 10月〜12月
●植え替え 秋
●鉢植えの植え替えは、毎年または隔年に1回、時期は11月中旬〜12月上旬に行います。根は長いものでもなるべく切らず広げて土になじませるようにし、芽が半分ほど出る深さに植えます。

植え替え 10月上旬〜12月上旬
(根はとても長いが、切り詰めないほうがよい)
鉢植えの場合、根の生育が早いので大きめの鉢に植えつけましょう。
露地植えにするといつの間にかなくなってしまいます。
福寿草(フクジュソウ)は同じ場所で栽培し続けると連作障害がおこります。
植え替え、株分けの際は、できるだけ新しい場所に植えつけるようにします。

■購入株の管理
【花壇への植え付け】お正月の寄せ植えで良く見かける福寿草ですが、お正月が過ぎたら、大きな鉢に移し替えるか、庭植えにして下さい。寄せ植えのまま、屋内に置いていると、株が弱って枯れてしまいます。これは、寄せ植えにする時に、福寿草の根を短く切ってしまうからです。
鉢植えにする時には1回り大き目の鉢にしてくださいね。
適期は春または秋です。
【植え替え】10〜2月の間が植え替えのできる時期です。正月用には、12月上旬に植え替えますが、浅植え鉢に植えるにはかなり根を切らねばなりませんから、株が弱ります。したがって、株養成に2〜3年はかけるようにします。
【花壇への植え付け】 適期は春または秋です。腐葉土などを多く入れた排水のよい土に植えます。

植え替えのポイントは「根の扱い」です。
2年に1回程度株分けも兼ねて植え替えが必要となります。
植え替えは9月〜10月が適期です。
この時期は地上部が枯れてしまって土中の根だけの状態になっています。鉢から抜くと、順調に生育しているものなら長い根がたくさん生えているはずです。しかし、うっとうしいからといって根を切りつめてはいけません。前述したようにフクジュソウの根は水を吸う力が弱いので、根がそれだけ少なくなってしまうと充分に水を吸えなくなって、最悪の場合枯れることもあるからです。ですから植え替えるときはできるだけ根を大切に扱いましょう。
 6号鉢(直径18cm)以上の深さのある鉢を使い、根はできるだけ広げて植え付けるようにします。
正月に寄せ植えなどで購入したものは例外として花後すぐに大きな鉢に植え替えた方がよいでしょう。特に小さな鉢に植えられているものは根を切りつめてしまっているものが多いので、少しでも早く根を回復させるためにも大きな鉢に植え広げます。

■福寿草(フクジュソウ)の植え替え
平鉢植えのものを購入した場合は、早めに深鉢に植え替えるとか、庭に植えつけてください。
福寿草(フクジュソウ)の植え替えは秋(11下旬ごろ) に行います。
3芽程度の株は5号鉢に、5芽以上の株は6~7号鉢に植えつけます。
一回り大きな鉢に鉢底石を入れ、根腐れ防止に炭のかけらなどを入れます。
古土を軽く落し、根は切らずに広げて植え、すき間ができないようにすることが大切です。
株を据えたら培養土を少しずつ入れ、培養土が根の隅々まで行き渡るようにハシなどを使って突きます。
お正月の飾りにする場合は上に化粧砂を深さ1cmぐらい敷きます。
最後にたっぷりと水やりをします。

また、露地植えにするといつの間にかなくなってしまいます。
福寿草(フクジュソウ)は同じ場所で栽培し続けると連作障害がおこります。
植え替え、株分けの際は、できるだけ新しい場所に植えつけるようにします。
連作を嫌う。地植えの株は、3〜4年をめどに場所を替える。放置すると、白絹病が発生して全滅することがある。
連作を嫌う。地植えの株は、3〜4年をめどに場所を替える。放置すると、白絹病が発生して全滅することがある。



園芸相談_フクジュソウの植替えについて
【相談内容】
フクジュソウの植え替えは、いつがよいか。花のあとに行ってよいか。
【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子先生 (いわき市フラワーセンター園芸アドバイザー)
フクジュソウは、クリスマスローズなどと同じく、秋~冬~春が生長期で、夏に休眠する植物ですので、 植え替えや株分けなど根を大きく傷つける可能性のある作業は、花の前、秋~冬の初め、10月~1月くらいまでに行うのが一般的です。
ただし、もともとお正月の寄せ植えに使われたものなどや、鉢に植わっていたものを植え替えたり、 地面に下ろしたりする程度なら問題なく行えます。
一番心配なのは、庭に花が咲いた状態を見て、『終わったら株分けしてちょうだいね』という場合で、実は、これが一番多く、 失敗も多い実例なのです。
通常の植物は、花が終わったら、株分けするのが普通ですが、夏に休眠するものは、夏に向けて大きく根を切ると、 切り口から細菌が入って腐りやすくなったり、十分に株が充実せずに休眠するため、株が大きく、弱って花が咲かなくなってしまいます。 どうしてもやる場合には、根や地下茎を傷つけないように、出来るだけ丁寧に植え付け後は、殺菌剤を水に溶かして灌中しておくとよいでしょう。
http://www.iwakicity-park.or.jp/flower-center/archives/2009/02/post_586.php

園芸店などには12月頃にポット苗が売られているのを見かけますが、
一般的に植えつけは夏の休眠期がよいとされています。
花が終わったら鉢から抜いて落葉樹(夏、日陰の所)の根元に植え込めば毎年美しい花を咲かせます。
問題は夏越しで、「花後は落葉樹の根元に植え込むのがよい」

実際、フクジュソウは、小鉢に植えておくのは非常に難しい。植え替えてみると分かるが、よくぞ、こんな所に入っていたというほどに根が長大なのである。大きな鉢に植え替えるか、地面に降ろしてやりたい。
http://home.att.ne.jp/omega/HAL2000/hiyori/th010.html

日当たりの良い場所や涼しい場所を選んで移動できる点で、鉢植えも便利です。露地のように、長い根を広げるわけにはいかないので、巻くようにして植えつけ、短く切り詰めないようにします。
日当たりの良い場所や涼しい場所を選んで移動できる点で、鉢植えも便利です。6号(18cm)以上の大きめの鉢を使いましょう。用土は、庭土に腐葉土を混ぜます。露地のように、長い根を広げるわけにはいかないので、巻くようにして植えつけ、短く切り詰めないようにします。
日当たりの良い場所や涼しい場所を選んで移動できる点で、鉢植えも便利です。6号(18cm)以上の大きめの鉢を使いましょう。用土は、庭土に腐葉土を混ぜます。露地ように、長い根を広げるわけにはいかないので、巻くようにして植え付け、短く切り詰めないようにします。

フクジュソウは寒さに強い植物ですので、植え替えは冬の間に行いましょう。 通常は霜が降りてから12月に行います。 花が完全に枯れる前に鉢から抜き取り、根鉢を崩して用土を完全に取り除きます。
庭植えの場合は、落葉樹の下になる場所に腐葉土をかなり多めにすき込みます。 根を傷めない様にていねいに植えつけてから、たっぷり水やりしてください。 その後、腐葉土や落ち葉などを株元のまわりにたっぷり敷いてやりましょう。
庭植えの場合は、とくに水やりは必要ないですが、 真夏に乾きすぎる場合は、そばの落葉樹に水やりしてください。 夏には葉が枯れてわからなくなってしまいますが、 植えつけた場所を忘れないようにしてください。
フクジュソウは根が下に伸びますので、鉢植えの場合は深めのやや縦長の鉢を使いましょう。 底にゴロ土を入れて、用土は小玉の赤玉土:腐葉土=1:1で良いでしょう。 元肥としてマグアンプをスプーン2,3杯まぜておきます。
植え替え後は屋外の日当たりの良い場所で管理してください。 夏は苦手なので、落葉樹の葉が茂ってきたら、風通しの良い日陰に移してください。 落葉する頃にまた日向に戻します。
http://www.jiten8.com/flower/jiten/SANYASOU/fukujyuso.php

同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事画像
福寿草 種をつけない品種
福寿草 蟻の巣からの発芽
ビロウドツリアブ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 実生から開花まで 肥料
同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事
 福寿草 種をつけない品種 (2018-05-19 18:00)
 福寿草 蟻の巣からの発芽 (2018-04-20 04:00)
 ビロウドツリアブ (2018-04-04 04:04)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-26 16:00)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-17 04:00)
 福寿草 実生から開花まで 肥料 (2018-03-10 04:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。