2009年11月20日

福寿草は正月の花

福寿草はお正月に関連した花として、浅い鉢に植えられ、年末年始に販売されていますが、根が切られているので、取り扱いには留意しましょう。
新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索



●フクジュソウは鉢植えや松竹梅と寄せ植えにして元日の花として愛でられてきました。
古くは江戸時代から正月の飾り花とされ大切にされ吉祥木として珍重されてきました。

寒い冬の中でも、緑を保つ松。竹。その冬に花を咲かせる梅。
 また、「松」は常緑であることから不老長寿につながるとして平安時代から吉祥の象徴とされるようになった。 竹は室町から。 「梅」は江戸時代から・・・のようです・・・。
私が昔聞いたのは 松は「不変」、竹は「健やか」、梅は「産め」。 これらに藪コウジなどの実物を入れて「実る」→「成就」。南天は「難」が「転」じる。だったような・・・。
http://kan1.at.webry.info/200712/article_2.html

関西は「梅」を主木ですが、関東は「松」を主木です。今回、関西バージョンの「梅」を主木とした「松竹梅の寄植」の仕方を説明します。
それぞれには、おせち同様、いろいろな意味(想い)がこめられています。地域により違うかも知れませんがご参考までに。
松  父親をあらわす
梅  母親をあらわす
竹  子供をあらわす
南天 難を転ずる
十両 金運を招く
http://www.meikoen.co.jp/page_7001.htm

早春の花フクジュソウは、漢字で「フク」は幸福の「福」、「ジュ」は「寿」、「ソウ」は「草」と書き、大変 おめでたい正月の花としても名高く、「元日草」の別名もあります。

暮れになると園芸店などの店頭に、正月用としてフクジュソウの鉢ものが並びます。これらのフクジュソウは、ほとんどがすぐにでも花が咲き始めるような状 態で売り出されますが、すべて正月に花が咲くように保温され、栽培された室咲きのものです。

【花の印象など】
 ガンジツソウという別名があるように、新年を飾るめでたい花として昔から栽培されています。ただし、元日というのは旧暦のことで、通常の栽培では正月頃には咲かず、暖地は2月、暖地以外では3月頃咲きます。
 やや暑さを嫌いますが、写真の株は午前中3時間程度日の当たるところに植えて数年たちますが、毎年、よく咲いてくれます。
【花の特徴と性質】
花の咲く頃は10㎝ほどですが、葉が伸びてくると30㎝ほどになります。
一般的には黄色の品種が多いですが、オレンジ色の花を咲かせる品種もあります。花径は3〜4㎝ほどです。
耐寒性は強いですが、夏の強い日射しと高温を嫌いますので、落葉樹の下などに植え込みます。

◇花後は大きな鉢に植え替え
花後、茎と葉が茂り、梅雨のころには地上部を枯らします。ですから置き場所は、葉がある間は明るい半日陰、夏は日陰、冬から春は日なたです。水やりは「鉢土が乾いたらたっぷり与える」基本を守ります。夏日陰となる落葉樹の下に植えてもよいでしょう。(園芸研究家)

フクジュソウ  (福寿草)
促成栽培されたものは,お正月に花屋さんの店先に見えましたね。
早春,落ち葉や雪の中から,葉に包まれた短い茎(くき)の先端に1つのつぼみをつけて顔を出します。
高さ10cmぐらいの茎になると,茎の頭に直径3cmぐらいのつやのある黄色い花を咲かせます。花は日が当たると開きます。1つの花には花びらが多くあり,またおしべ,めしべもたくさんあります。
花が終わると,20~40cmぐらいの高さまでのび,羽根のような葉を広げます。花の後は,小さな実が集まってたくさんできています(集合果といいます)。
早春に花が咲くのですから,寒さには強い植物ですが,逆に暑さには弱いのです。ですから,自生しているところは山の北東斜面の落葉樹林に多いのです。(南西面には夏の暑さと乾燥のためか見られない。)
ですから,庭では,夏に日陰となる落葉樹の下に植えるのがよい。もし,鉢植えで買われたなら,花が終わりしだい庭に植え替える必要があります。

鑑賞後すぐに植え替えをすることだ。思ったより根の多い植物なので庭で楽しむ時と同じく、深鉢で大き目の鉢に植える。
市販されているものは、平鉢に植えられているものが多いのですが、これは装飾効果と考えたほうがよく、鉢植えする場合は、深めの鉢に植えましょう。

お正月の寄せ植えで良く見かける福寿草ですが、お正月が過ぎたら、大きな鉢に移し替えるか、庭植えにして下さい。寄せ植えのまま、屋内に置いていると、株が弱って枯れてしまいます。これは、寄せ植えにする時に、福寿草の根を短く切ってしまうからです。ですから鉢植えにする時には1回り大き目の鉢にしてくださいね。

早春3月〜4月ごろ、葉に先立って黄色の美しい花を咲かせるため、珍重され、名前が縁起がよいこともあって、お正月用の花として広く栽培されています。
フクジュソウは、旧暦のお正月に咲く花であった。
古くからお正月の花として馴染み深い花であったため、現代でも温度調整などの手間をかけて無理にお正月に花を咲かせることも多い。

多くの家庭で正月の床飾りに用いられ、盆栽の根じめ(木の根もとに小さな草花を植えること)としてウメと一緒に植えられたりもする。旧暦の元旦に咲くというのでガンジツソウの別名もあるが、元日に咲かせるためには温室に入れるなど、ひと工夫が必要。早めに花を見たいときは、日中は日光に当てて夜は部屋の中に取り入れて保温すると良いでしょう。

鉢植えにされているのであれば、開花寸前になるまで、室内の明るく暖かい場所に取り込んでみられてはどうでしょうか?
特に室内においている場合、日の射し込まない場所ではでしたら、ぱっときれいに花が開きませんので開花期には窓辺など日のよく当たる場所に移動させます。

早めに花を見たいときは、日中は日光に当てて夜は部屋の中に取り入れて保温すると良いでしょう。
秋から温度を上下して春を感じさせる訳。
冬季の寒気にさらした後、わずかに温度を与えるだけで開花するのが特徴です。
低温の刺激で花芽ができるので、必ず寒さに当てるようにします。

お正月用に促成栽培するには、12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせた後に、暖かい室内に取り込むと、お正月ごろに咲きます。
正月に開花させるには12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせて後に暖かい室内に取り入れます。 屋内または温室で昼は25度、夜は15度くらいの温度をキープします。そうすると開花が促進し、お正月頃に蕾が上がって来ます。
つぼみの状態の鉢植えを購入した場合は、つぼみの乾燥は禁物です。時々霧吹きなどで、つぼみにも水をかけてあげましょう。また、つぼみを包む薄い皮に切り込みを入れると、花が咲きやすくなります。

福寿草・フクジュソウの育て方
正月飾りで、梅と一緒に小さな鉢に植えられて販売されていますね。
でも、なぜか咲き終わったら、元気がありません。
実は、商品販売のために福寿草は、自分らしくない環境にされてます。
鉢に入れる時、「根を切られています」ついでに「嫌いな赤土であったりします」
だから、「根が張れる・用土」がいいんです。
植え替えましょう!
これが、福寿草にとって一番の幸せ。
花が終わったら、深い鉢にしてあげてください。鉢の底は、水切りのいいようにゴロ石を入れて培養土を入れてください。
庭に植えるのもいいです。落葉樹の下辺りが特にいいですね。
咲かない福寿草についてお正月用に出荷されている物は、陽の当るところにさえ置けば、咲きます。
福寿草の習性なんですが、曇りや日陰では咲きにくいのです。
花が終わってきたら、葉がどんどん茂ります。

古典園芸植物『福寿草』の栽培方法(店頭購入品)
1.できるだけ店頭に並んだ直後の株を買う。
2.鉢は普通の草花の様に根の大きさに合ったサイズが良い。
3.購入直後は開花させず、蕾は全て摘み取る。
4.7〜8月に体力が戻った株を地植えして2〜3年以上肥培する。
  地植えだと暑さ対策がとても楽になる。
5.地植え翌春からは花を楽しんでも良い。
6.芝やシロツメクサ等があり、乾燥しない庭なら日向に植えても問題ない。

旧暦の正月頃、雪の下から鮮やかな黄金色の花を咲かせる、めでたい植物。年末が近づくと、促成栽培の株がよく出回る。太く長い根をたくさん持つため、なるべく、健全な根が多く残っている株を入手したい。
一般的なのは、原種のフクジュソウと、園芸品種の「福寿海」である。他にも品種はあるが、やや気難しい。ヨーロッパには、花弁が朱赤色で、花の中心が黒い種類もあるが、これは秋まき夏咲きの一年草。
「秩父真紅」や「紅撫子」は、花が鮮やかな赤橙色で、「紅撫子」は、花弁の先に細かい切れ込みが入る。また、「寿」は八重咲き種である。ほかに、三段咲き(花の縁と中心が黄色、その間が緑色になる)の品種もある。なお、「洋種フクジュソウ」と呼ばれるベルナリスは、やや開花が遅い。
基本的に寒地性の植物で、関東地方より北の地域でよく育つ。太平洋側には、あまり自生していない。
日光が当たらないと花が開かないので、日陰に置いたりしない。
根の量が多いため、鉢植えにする場合は、5号くらいの深鉢を用いる。

【加温すると花期が早まる】
フクジュソウは、温度を高めてあげると早く花が咲きます☆お正月までに花期を合わせたい場合は、(庭植えの場合は)鉢に植え替えをして室内で年末から保温してあげましょう

お正月用の寄せ植えとして古くから親しまれている花です。そういうところからもお正月頃に花を咲かせる植物と思われがちですが野生のものや自然の環境下では春3月〜4月を中心に花を咲かせます。お正月に市販されている開花株は温室などで保温して早く花を咲かせたものが大半です。
旧暦の新春に開花するおめでたい花とされていて、お正月用に温室栽培された鉢植えが出回ります。
フクジュソウは古くから知られているお正月には欠かせない花です。ただし、この元日というのは旧正月のことなので、自然な状態での開花は1月末~2月頃となります。
正月用の小さな化粧鉢のフクジュソウは根を切りつめてあり、開花後に衰弱する。

もともと旧暦の元旦頃に咲くのを、春一番を告げる花として
お正月の床飾りなどにした伝統が今にそのまま残っているのですね。
(※旧暦では今の暦よりも季節が1〜2ヶ月遅れるのです)
新暦(太陽暦)となっても、福寿草をお正月に咲かせるのに
たいてい「ふかし」と呼ばれる促成栽培が行われます。
気の早いものは、もう今の時期でも咲き始めてます(写真左)

「ふかし」とは、晩秋〜12月頃に地植えの福寿草を堀り上げて
ハウス内で高温多湿状態にして発芽させる方法です。
無理やり発芽させるので、自然の状態で発芽したものに比べると
どうしても花の勢いはそがれてしまいます。
やっぱり福寿草は、一旦冬の寒さに十分当たってから発芽したものが良く、
促成栽培したものは、
自然の中で積雪の中から咲き出す福寿草の力強さにはおよびません。
お正月に楽しむなら、写真のような芽を手に入れるのが良いのですが、
山野草として育てるなら「促成栽培していない」株も手に入るので、そちらの方がおすすめ。
(^.^)

この時期に出回る紅梅や冬至梅、松の小さな盆栽、ヤブコウジの葉をミズゴケなんかでクルっとまいて
プラスチックの赤い玉を添えたものや、小笹、小さなナンテンなんかも売られています。
そこに大小の軽石や、真っ白な小粒の寒水石、山苔なんかが加わり、
普段あまり手にしないような浅いナマコ(海鼠釉)独特の青い盆栽鉢なんかも出てきて、
これに福寿草を加えて…
さて、これだけ材料があれば、ちょっとプロっぽい松竹梅が自作できます(^o^)
用土は小粒と中粒の赤玉土。それに最後に苔を仕上げるためには竹を削って作った
粘土ヘラのようなものがあればきれいに仕上がります。
松や梅を固定する銅線も忘れずに。
鉢はもちろんお手持ちのイタリアンテラコッタなんかでもOK!
……
作り方の解説はさておき(^^ゞ

浅鉢でつくる松竹梅も、お正月が過ぎてそのままでは、植えた松や梅も順調に育ちませんから
もとの鉢に戻してあげます。
長い根を持つ福寿草も、お正月には春一番の背丈の低い芽を楽しむために浅い鉢に植えられますが、
これもそのままでは芽が黒ずんで傷んでダメになります。
つぼみに上から水をかけるのも芽が傷む原因です。
本来長く太い根を地中に張るので、もし第一の芽が傷んでいても、
しっかりした根があれば、ちゃんと大きな深い鉢に植えてあげれば復活します。
本来小鉢に植えるのは無理があります。
(^.^)

年の暮れから正月にかけて出回り、幸せと長寿の花として親しまれている植物です。本来の開花時期は2〜3月頃なので、年の暮れに出回るものはあえて芽吹かせたものになります。
年の暮れから正月にかけて出回り、幸せと長寿の花として親しまれている植物です。本来の開花時期は2〜3月頃なので、年の暮れに出回るものはあえて芽吹かせたものになります。

現在、年末に正月用として店頭に並ぶフクジュソウは“ふかし”という方法で発芽、開花を促進したものです。“ふかし”とは、12月に地植えの株を堀り上げたものを、フレームやハウス内に取り込み、高温多湿に保って発芽、開花を促す促成栽培です。そのため、花は弱々しい感じです。野生のフクジュソウは、早春に芽吹き、最初に咲く花は地表すれすれですが、次第に茎が伸び、枝分かれしてニンジンのような葉を広げ、菊に似た花をつけます。その茎や根は“ふかし”ものと比較するとびっくりするほど力強くしっかりしています。
年末に正月用として店頭に並ぶフクジュソウは、『ふかし』という方法で発芽・開花を促進したものです。『ふかし』とは、12月に地植えの株を堀り上げたものを、フレームやハウス内に取り込み、高温多湿に保って発芽・開花を促す促成栽培です(正月に開花させるには、12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせた後に、暖かい室内に取り入れます)。

フクジュソウと別名のガンジツソウは新年を祝う花として用いられてことにちなみ、イチゲフクジュソウは1茎1花の意。 
旧暦の正月頃に咲くことから、新年を祝うめでたい花にふさわしい「福寿草」の名がついた。
旧暦の正月のころに開花するので、縁起の良い花として喜ばれ、福寿草の名が付いたそうです。
旧暦の正月(2月)頃咲き出すことから、新年を祝う花として、いろんなおめでたい良い名前がつけられたものと思われる。
別名を元日草と呼ばれるが、これは新暦の元日ではなく、旧暦元日の頃に開花することによる命名だという。
別名ガンジツソウ(元日草)とも呼ばれ、鉢植えにして正月の床飾りにされました。新暦になってもその習慣は引き継がれ、年末には正月用に鉢植えが店頭に出回ります。これはハウス栽培で開花調整されたものと言われています。
縁起のよい名称と、花の少ない時期に咲くのが珍重され、正月用の花として広く栽培。
早春に黄色に輝きパラボラアンテナのように開くフクジュソウは、園芸植物として庭に植えられたり、お正月の鉢物として親しまれています。  

新年を迎える鉢物では、なくてはならないものの一つです。
暮れ頃からお正月用として出回るものは、促成栽培によるものです。
野山で見る福寿草は、三月中頃に咲くが、園芸店で売られる鉢植えはお正月を目処に育てられている。
11月頃から出回る株は、ちょうどお正月に開花するよう促成栽培されたものです。
・お正月に花屋さんで売られているものはハウス栽培されたもの。花芽は晩秋にできるので、その後約1ヶ月寒さにあわせて室内にとりこんでおくとお正月頃に咲く。ふつうは咲き出すのは2月から。
・福寿草の花と南天の実とセットで「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けがされることがある。名前も、めでたい「福寿(幸福と長寿)」の草の意。

現在も正月飾りにフクジュソウの鉢植えが出回ります。ただし、正月にあわせて、促成栽培されたものです。
きれいに咲かせるためには、土を乾燥させないこと。またよく日に当てること。花は日が当たっているときだけ開きます。
さて花後です。小さな鉢に植えるために長い根を短く切られていることが多く、そのままでは育ちません。すぐに大きめの鉢に植え替え、根を回復させます。
浅い鉢植えのものは、根が十分な長さがないので、一年こっきりで終わることが多いようです。
年末が近づくと、促成栽培の株がよく出回る。太く長い根をたくさん持つため、なるべく、健全な根が多く残っている株を入手したい。

別名ガンジツソウ(元日草)とも呼ばれ、鉢植えにして正月の床飾りにされました。新暦になってもその習慣は引き継がれ、年末には正月用に鉢植えが店頭に出回ります。これはハウス栽培で開花調整されたものと言われています。
新年を祝う草花として江戸時代から、お正月の床飾りの寄せ植えや鉢物として親しまれており、元日草の別名もありますが、これは、旧暦の話で新暦では2~3月に咲きます。現在、暮れ頃からお正月用として出回るものは、促成栽培によるものです。
福寿草はその縁起の良い名前からお正月用の盆栽や鉢物としても人気がある植物ですが、この時期に出回る苗は促成栽培されたものです。
旧暦の正月に開花するので,鉢植えにして正月の床飾りとした習慣が,新暦に変わったのちも残り, 年末には鉢植えがたくさん売られる。
根がちゃんとしている苗を選ぶと良い。 庭の半日陰の場所でよく育つ。
自然栽培は3月頃に咲く。商品は12月始めから温室にいれ開花させる。
新暦の正月用に鉢植えが花屋などで売られますが、保温施設で促成させたものです。 
新暦の正月用に鉢植えが花屋などで売られますが、保温施設で促成させたものです。
春を告げる花の代表である。
福寿草という和名もまた新春を祝う意味がある。
福と寿をつらねた縁起の良い文字づかいのため、正月のお飾りに欠かせません。
正月飾り用のものは お正月に合わせて咲くよう手が入っています。
お正月に市販されている開花株は温室などで保温して早く花を咲かせたものが大半です
お正月に市販されている開花株は温室などで保温して早く花を咲かせたものが大半です
お正月に花屋さんで売られているものは ハウス栽培されたもの
お正月用の寄せ植えとして古くから親しまれている花です。
正月用の花は促成栽培をされたもの
正月用に盆栽として出回るのは、促成栽培されたもの。
正月に飾られる花は室(むろ)での促成栽培
正月に咲いているのは、12月にほり上げて、ハウスの中で高温多湿にして「ふかし」たもの。
正月に鉢植えで飾られるものは秋に加温栽培したものだ。
正月に鉢植えで飾られるものは秋に加温栽培したものだ。
正月用に販売されているのは、促成栽培されたものです。
お正月用に出荷されている物は、陽の当るところにさえ置けば、咲きます。
フクジュソウは、その名の通り新春を迎える祝いの花として飾られる。
福寿草は春一番新年を祝う花として喜ばれ、 福を招く、縁起の良い花として喜ばれ,福寿草の名ができた。
花の名は福を招く縁起の良い花として喜ばれるところから、福寿草と付きました。
福を招く縁起の良い花として『福寿草』の名がつきました。
福寿草。福を寿(言祝ぐ)。おめでたい名前の筆頭でしょうか。
福寿草は春一番に新年を祝う花として喜ばれており、
福寿草という字を見ただけでも縁起がよいイメージがわきます。
福寿草は正月の寄せ植え材料としてよく使われます。
福寿草と南天のセットで 「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けになります。
福寿草(フクジュソウ)は正月の寄せ植え材料としてよく使われます。
福寿草(フクジュソウ)と南天のセットで 「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けになります。
福寿草(フクジュソウ)という字を見ただけでも縁起がよいイメージがわきます。
雪解けと同時に咲き始め、春を告げる花としてなじみの深い福寿草。
【和名の由来】 旧暦の新春に開花することから、めでたい「福」と「寿」の字をあてた。
正月にフクジュソウを飾るのは、病魔よけだけではなく、
黄金色の花を黄金(こがね)に見立てて、それにあやかり、
ことしもお金にあやかたりという 気持ちを含めて飾るのが多い。
漢字で書くと「福寿草」です。
南天の実とセットで飾り付けがされることがあります。
"難を転じて、福となす"という縁起のよい飾りです。
旧暦のお正月(2月)に花が咲くので、新年をお祝いする花として親しまれています。
黄色の花は、部屋をとても明るい雰囲気にしてくれますし、気持ちまで元気なります。
福寿草の名前は幸福と長寿の草の意。
福寿草の花と南天の実とセットで難を転じて福となす。とにかくどっちをむいてもおめでたい花なのでお正月の縁起物に使われるのもうなずけますね。

町に売られているような平鉢にそのまま浅く植えておくのはダメです。来年も楽しむには、花が咲き終わったら即、深鉢(地植)に移して育てたほうが良です。長い根を大事にして育てます。浅鉢から深い鉢に植え替えるときに根を見て、黒く腐っているところは切り後はそのまま深鉢に移して育てます(状況により、土を新品にしたり、足したりします)。新たな新根が伸びて葉が元気に繁ります。土の中は見えませんが、長く元気な根が育ってます。それらが、花芽を付けてくれます。秋11月末に、格好つけるなら売っていたような平鉢等にまた植えます。町で売ってるように根を短く切って無理に小さい鉢にしないほうが良です。花が開かなかったり、貧弱だったりします。

フクジュソウはスプリング・エフェメラル。旧暦の新春に開花するおめでたい花とされていて、お正月用に温室栽培された鉢植えが出回ります。
正月用の小さな化粧鉢のフクジュソウは根を切りつめてあり、開花後に衰弱する。
お正月の寄せ植え等で浅い鉢に植え込んだ場合は、花を見た後で栽培する鉢に植え替えます。
お正月の頃に売られている鉢に入っているものは、根っこを切られた状態で植えてあるので、お花が終わったら、深い鉢に植え替えるか、地植えにしたほうが大きく育ちます。
お正月の床飾りによく南天などと寄せ植えにないますが、あれは根を切り詰めているものがほとんどなので、飾り終わったら植え替えてあげるといいですよ。
お正月飾りなどで購入された場合は、花後すぐに植え替える必要があります。 植え替えを怠ると、まず来年の花は見込めません。
正月の浅い鉢の寄せ植えを購入後は根が短く切られているので、花が咲き終わったら、すぐに深い鉢に植えるか地植えにして育てます。
正月の浅い鉢の寄せ植えを購入後は根が短く切られているので、花が咲き終わったら、すぐに深い鉢に植えるか地植えにして育てます。
正月の浅い鉢の寄せ植えを購入後は根が短く切られているので、花が咲き終わったら、すぐに深い鉢に植えるか地植えにして育てます。
正月飾りのフクジュソウは、小さい鉢に根を切り詰めたり、巻き込んだものを浅植えしたりしているものが多く、そのままでは根の生育が悪くて枯れやすいようです。花が終わったら花柄を摘み取り、六号鉢(少し大きく深い鉢)に植え替えします。根は大変弱いので根鉢を崩さないように抜き取り、根を傷めないようにそっと伸ばして植え替えをします。地上部が枯れたら完熟した腐葉土など薄くかぶせて、水やりもして根の乾燥を防ぎます。晩秋の寒さが花芽を育てますので、正月に花を見たい方は寒さに当ててから取り込みます。

正月飾りで、梅と一緒に小さな鉢に植えられて販売されていますね。
でも、なぜか咲き終わったら、元気がありません。
実は、商品販売のために
鉢に入れる時、「根を切られています」
ついでに「嫌いな赤土であったりします」
だから、植え替えましょう!
これが、福寿草にとって一番の幸せ。
花が終わったら、深い鉢にしてあげてください。

昨年の暮れ、ドンキホーテの店頭で正月に咲きそうなものを選んだのだが元旦の今日は右の写真の通り残念ながら満開にまではいかなかった。このような鉢植えは正月に咲かせるため秋に掘り起こした促成栽培である。

正月に福寿草を咲かせたいと、12月に芽を買って部屋に入れ、日差しを探し暖房を入れて育てたつもりが、先端に少し黄色を付けた後枯れてしまいました。花屋さん曰く、「福寿草は冬の花、雪の下から咲く花です、育て方が間違いとは云うわないが、非常に難しい」と云う。

お買い上げの福寿草は花が咲くまで屋外で管理してください。落ち葉をかけたりして保護するのはよいことですが、室内に入れると腐ってしまうことがあります。凍結は心配いりません。開花してから室内で観賞するのは問題ありませんが、長く暖かいところに置いてまた屋外に出すのは良くありません。

●花芽は秋に分化し11月半ばには完成しますので、鉢植えにする場合は、このころから鉢に植えつけて、明るい室内に置いてガラス越しの日光に当て、徐々に保温、保湿を行い開花させます。
●お正月の元日に咲かせるべく開花促成を行う場合は、浴室に入れ湯気に合わせるなど温度10〜15℃、湿度60%以上にします。また、芽先をわずかに鋏で切ると開花がより促進されます。
●購入したばかりの開花株の場合は、花後に花の咲きがらを取り除き、できれば植え替えを行います。植え付け後は、地上部が枯れるまで10日に1回液肥をやります。通常は花後にお礼肥(緩効性有機肥料)を置肥し日当たりのよい戸外に出します。また、鉢から株を抜いて排水のよい落葉樹下などの半日陰の庭に植えて、晩秋までに株を充実させます。

【加温すると花期が早まる】
フクジュソウは、温度を高めてあげると早く花が咲きます☆お正月までに花期を合わせたい場合は、(庭植えの場合は)鉢に植え替えをして室内で年末から保温してあげましょう
もし昨年暮れに購入された鉢ならば根が切ってありますので5号鉢ぐらいにそのまま上の用土で植え込んで(今年は株分けせずに)ください。地植えの場合はそのまま増えていきます。

●お正月用の寄せ植えは花後、できるだけ早く大きな場所に植え替える
11下旬~12月上旬に地植えの福寿草(フクジュソウ)を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置くとお正月には花が咲き出します。
12月始め頃に植えておいた場所を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置きます。お正月には花が見られます。
○新年を迎える鉢物として地植えを掘りおこして飾りたい時
手持ちの古株を正月に開花させたければ、秋植え球根の水栽培と同じように、戸外で十分寒さに当ててから、12月上旬頃に室内に入れ、日の当たる暖かい場所で管理する。しかし、自然開花させたほうが花色が美しくなる。(特に赤系の花は、その傾向が強い。)
正月に開花させるには12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせて後に暖かい室内に取り入れます。 屋内または温室で昼は25度、夜は15度くらいの温度をキープします。そうすると開花が促進し、お正月頃に蕾が上がって来ます。
冬季の寒気にさらした後、わずかに温度を与えるだけで開花するのが特徴です。
○新年を迎える鉢物として地植えを掘りおこして飾りたい時
地植えにしたままですと2~3月に開花する福寿草(フクジュソウ)ですが、一足先に春を楽しむには11下旬~12月上旬に地植えの福寿草(フクジュソウ)を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置くとお正月には花が咲き出します。
そうして鉢で3年くらい楽しんでから株分けしながら、地植えで1~2年くらい栽培します。
それを繰り返して福寿草(フクジュソウ)を楽しんでください。
○新年を迎える鉢物として地植えを掘りおこして飾りたい時
地植えにしたままですと2~3月に開花する福寿草(フクジュソウ)ですが、一足先に春を楽しむには11下旬~12月上旬に地植えの福寿草(フクジュソウ)を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置くとお正月には花が咲き出します。

翌年のお正月にまた花を咲かせたいときは、11月下旬から12月の初旬に
株を掘り上げて、屋内または温室で昼は25度、夜は15度くらいの温度を
キープします。そうすると開花が促進し、お正月頃に蕾が上がって来ます。
縁起物ですから、3芽、5芽、7芽というように奇数の芽だけ寄せ植えにします。

そうして鉢で3年くらい楽しんでから株分けしながら、地植えで1~2年くらい栽培します。
それを繰り返して福寿草(フクジュソウ)を楽しんでください。
手持ちの古株を正月に開花させたければ、秋植え球根の水栽培と同じように、戸外で十分寒さに当ててから、12月上旬頃に室内に入れ、日の当たる暖かい場所で管理する。しかし、自然開花させたほうが花色が美しくなる。(特に赤系の花は、その傾向が強い。)

12月始め頃に植えておいた場所を掘り起こし、根をなるべく切らない様にして中深鉢へ植え、室内の暖かい場所に置きます。お正月には花が見られます。鉢では3年くらい楽しめますが、根がはってきますので株分けしながら、地植えで1〜2年くらい栽培します。

お正月用に促成栽培するには、12月上旬まで戸外で十分に寒さに遇わせた後に、暖かい室内に取り込むと、お正月ごろに咲きます。

お正月用で浅植え鉢に植えるのは12月上旬になりますが、かなり根を切らねばなりませんから、株が弱ります。したがって、養成に2〜3年は覚悟をしましょう。
お正月用で浅植え鉢に植えるのは12月上旬になりますが、かなり根を切らねばなりませんから、株が弱ります。したがって、養成に2~3年は覚悟をしましょう。

鉢植えの場合は・・・新芽が付いている物を、5〜6号の鉢に植え付けましょう。
鉢植の場合は、結構根が張るタイプなので、大き目の鉢に植えて下さい。
問題は夏越しで、「花後は落葉樹の根元に植え込むのがよい」
寒さにはとても強い福寿草ですが、夏の高温多湿は苦手のようです。
特に土中の温度が高くならないように気を付けて下さい。
鉢植えは、花が咲き終わった後に地植えにすると、数年後にはまた花を咲かせます。
花が終わったら鉢から抜いて落葉樹(夏、日陰の所)の根元に植え込めば毎年美しい花を咲かせます。

フクジュソウは、お正月の花として12月に鉢植えや株が園芸店に出ています。寄せ植えのウメやマツの根もとにフクジュソウが植えられているのを見かけます。浅い鉢に植えられているため、年の暮れに買い求めたフクジュソウが立派に花を咲かせないうちに、黒くなって枯れてしまうことが多いのです。フクジュソウの一番目の花の咲く姿は5cmくらいの高さですが、フクジュソウの根はたくさんありますし、長い根を持っているものですから、本来は大きな深い鉢に植えるべきものです。フクジュソウのつぼみは、湿度のある日当たりのよい条件で花を開きますから、なるべくそのような環境を与えてください。つぼみに直接水をかけますと、腐ってしまいますので、注意が必要です。花が上手に咲いた場合、あるいは黒く腐ってしまった場合のいずれでも、その後に、深い鉢へ移植してやります。たくさん根を切られていますから、正常に戻るのには時間がかかります。  

正月にはヤブコウジなどと寄せ植えにした植木鉢が販売される。ただし、フクジュソウは根がよく発達しているため、正月用の小さな化粧鉢にフクジュソウを植えようとすると根を大幅に切りつめる必要があり、開花後に衰弱してしまう。翌年も花を咲かせるためには不格好でもなるべく大きく深い鉢に植えられたフクジュソウを購入するとよい。露地植えでもよく育つ。
http://pcweb01.sakura.ne.jp/2008/03/post_307.html 

正月の花とする福寿草は、日本を含む極東地域に広く分布し、野生のものがそのまま栽培に持ち込まれた。これをもとに生み出された、「秩父紅」や「日の出」のような赤花系、「銀世界」や「弁天」のような白花系、「玉孔雀」のような緑花系、「寿」に代表される段咲き系に分類される園芸品種がある。正月の花とする福寿草には葉がほとんど見られないが、花後には複雑に切れ込んだ葉が急速に伸びてくる。野生状態では花が咲くときに葉が開いていることもあり、北方の個体ほどその傾向が強い。
植物学的にみると、フクジュソウの花は単花被花である。つまり、フクジュソウは萼と花冠の区別がない花びらをもっているのである。あの花弁状に見える部分も萼に見える部分も通常は萼片と呼ばれる同一の器官というわけだ。
福寿草の方言にはマンサクと同系の春一番に花を開くことから来るツチマンサグ(岩手県)やチヂマンチャク(秋田県)、マゴサグ(青森県)などの方言が記録されている。
牧野富太郎の『牧野日本植物図鑑』(1940年)をみると、「獻(献)歳花草として元旦に用いるを以って之れを祝福し此佳名を附せしものなり」と記している。しかし、福寿草の花が自然状態で咲き始めるのは、浅いところの根雪が溶け始める頃である。この開花の喜びを新暦の正月に重ねることができるようになったのは品種の改良や栽培上の工夫という、園芸技術の進歩があったればこそなのである。

同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事画像
福寿草 種をつけない品種
福寿草 蟻の巣からの発芽
ビロウドツリアブ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 実生から開花まで 肥料
同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事
 福寿草 種をつけない品種 (2018-05-19 18:00)
 福寿草 蟻の巣からの発芽 (2018-04-20 04:00)
 ビロウドツリアブ (2018-04-04 04:04)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-26 16:00)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-17 04:00)
 福寿草 実生から開花まで 肥料 (2018-03-10 04:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。