2009年11月20日

福寿草は毒草

福寿草の芽はフキノトウと、葉をヨモギと間違えて食べてしまうケースがあるようです。でも、今時自生地は少ないのですから、間違って採取することもないと思うのですが・・・。

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


フクジュソウは有毒です。
お目出度い福寿草だが有毒植物でもある。
フキノトウと間違えて食べ、中毒を起こす。
根・茎・葉などに毒成分がある。
花や葉にも毒性があり、死亡事故もあります。
花や葉にも毒性があり、死亡事故もあります。
毒性があります。食べてみてはいけません。
薬用・食用にはしないが,雪解けの頃一番に咲く花なので,アイヌは特に名前をつけてその花を愛でた。
有毒。
毒成分がある
アドニンという毒成分を含む。
アドニンという毒成分が含まれている
強心薬でもあるが、素人療法は厳禁。
薬事法で劇薬として指定されている。
毒性が強く素人の利用は死に至る危険な行為である。。。
悪心、嘔吐などを起こし中毒症状から心不全で死に至ります。

毒草なので注意。
すべて有毒で、根と根茎に有毒成分が多く含まれています。
全草、特に根茎に強い毒性があります。
全草が危険な有毒植物ですので、決して食べないように注意して下さい。
全草有毒。特に、根、根茎に強心配糖体のシマリンを多く含む。
福寿草には毒があるので、誤食に気をつけましょう。
誤って食べると中毒を起こすそうです。
普通に触ったりする分には、何も問題はありません。

Q:十数年前にいただいた福寿草を庭に植えて毎年花を楽しんでいましたが、
去年から花をつけなくなり葉先が茶色に変色して来ました。
どうしたら以前のように元気になるでしょうか?
ちなみにさざんかの根元に植えています。

A:福寿草には嫌地現象が起きるといわれています。
場所を代えるか、土を入れ替えるとよろしいと思います。
植え替えの際はできるだけ根を切らないように。
手袋着用。作業後は必ず手洗いするようにしてください。
(有毒です)


■□■ 福寿草根 ■□■
フクジュソウの根と根茎を薬用に用います。強心、利尿に用いられます。
■□■ 有毒植物 ■□■
全草が非常に危険な有毒植物でもありますので、決して食べないように注意して下さい。
開花前の地面から出てきたばかりの頃に、フキノトウと間違えて食し、中毒をおこす方がいるようです。
症状としては、嘔吐、呼吸困難、心臓麻痺などがあげられます。
ひどい場合には死に至るケースもあります。特に子供やペットが口にしないようにくれぐれもご注意下さい。
福寿草もまた毒性を含んでいますから、決して口に入れないように気をつけましょう!(`´)
全草が危険な有毒植物ですので、決して食べないように注意して下さい。

開花前の地面から出てきたばかりの頃に、フキノトウと間違えて中毒をおこす方がいるようです。
地面から芽を出したばかりの頃は、フキノトウとよく似ているそうで、間違えて食べて中毒を起こす。
開花前の地面から出てきたばかりの頃に、フキノトウと間違えて中毒をおこす方がいるようです。
地面から芽を出したばかりの頃は、フキノトウと間違えて食べ、中毒を起こす。
フキノトウと間違えて食べ、中毒を起こす。
福寿草が地面から芽を出したばかりの頃はフキノトウと似ている

福寿草の葉は、山菜の一種によく似ている
羽状複葉の葉は一見ニンジンに似ていますが、全草に毒があるので食用にはしないように注意しましょう。
花の時は背が低く、食べられるような気がしないが、花が終わるとニンジンのような葉を広げる。 花の咲いた後には金平糖のような実を付ける。この形は有毒植物のキツネノボタンと同じである。

根と茎は有毒です。食べないように。
根と茎は有毒なので食べないでください。
根には強心作用、利尿作用があるが、毒性が強く死に至る危険あり。
根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。
根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。
根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。
根には強心作用、利尿作用があるが、毒性が強く死に至る危険あり。
根を煎じて飲めば強心剤としての効果もあるといいます。
根を煎じて飲めば強心剤としての効果もあるといいます。
根は強心薬となる。
根は,強心剤に使用されているそうです。
強心・利尿の薬効があるとされる。
強心作用利尿作用があり民間薬として使われることがあります。
実はアセボトキシンなどを含む有害植物で、根は強心薬に使われるそうです。
実はアセボトキシンなどを含む有害植物で、根は強心薬に使われるそうです。
根はゴボウのようなまっすぐで太いものを多数持っていますが、根にはアドニンという毒成分を含んでいます。
毒性が強く素人の利用は死に至る危険な行為である。アドニンという毒成分を含む。
根に含むアドニンは、強心剤や利尿剤などの薬用に利用されているが、副作用が激しいので使用には注意がいる。
かわいらしい花姿をしていますが、その根茎には強い毒性を持っています。漢方薬として強心や利尿といった薬理効果もあるようですが、素人が手を出すべきでないことは言うまでもありません。

【ひとくちメモ】
フクジュソウが人の手によって運ばれたというのは,昔は花をめでる植物というより,むしろ薬草として利用される植物だったためではないかと考えるからである。
さまざまな薬効が伝えられるが,心臓疾患に効果があるともいわれている。劇薬なので民間薬としての利用は命に関ることがあるが,医療事情の悪いいにしえの里人たちは,こういった紙一重の薬草に命をゆだねていたにちがいない。
特に根に心臓に悪影響を及ぼす毒が含まれますので、注意して下さい。心臓の民間薬としても利用されてきましたが、不適切な用法で死亡事故もあったそうです。
多くの人々の心に残る花ですが、特に根に心臓に悪影響を及ぼす毒が含まれますので、注意して下さい。心臓の民間薬としても利用されてきましたが、不適切な用法で死亡事故もあったそうです。
有名な有毒植物で、死亡例もある。めでたい名前のせいか、誤って食べる人がいるらしい。強心薬でもあるが、素人療法は厳禁。
福寿草は漢方薬として取り上げられているが、全草、特に根茎、根には作用の激しいアドニトキシン(強心性配糖体)が含まれているので、家庭での薬用には危険性がある。
フクジョソウは全草に強心配糖体シマリン(cymarin)などを含み有毒です。
フクジュソウには全草、特に根や根茎にシマリンをはじめとするジギタリスの強心配糖体によく似た成分が含まれている。
ジギタリスのような強心作用があり、この性質を利用して強心利尿薬に用いることもある。

強心薬と早合点して、根茎をせんじて飲めば、心臓マヒを起こして死ぬ。
嘔吐、激しい痙攣、呼吸麻痺などの中毒症状を起こし、毒性が強く死に至ることもある劇薬。
民間での使用は絶対にしてはいけません。
誤用による事故の危険性があるので民間、家庭では使用してはならない。
毒性が強く素人の利用は死に至る危険な行為である。

全草にアドニトキシン(Adonitoxin)という強い有毒物質が含まれています。利尿作用や狭心症に効くといわれ、根を煎(せん)じて飲んだり、山菜と間違えて茎や葉を食べて、毎年、中毒事故が絶えず死者も出ています。
有毒部分:全草。 根茎を乾燥したものを生薬名で、福寿草根(ふくじゅそうこん)と呼ぶ
フクジョソウは、強心、利尿の薬効がありますが、劇薬で民間での使用は絶対に使用してはいけません
有毒部位:全草
有毒成分: ステロイド強心配糖体のシマリンほか。
中毒症状:嘔吐、激しい痙攣(けいれん)、呼吸麻痺(まひ)など。

フクジュソウは根を薬用に利用する。煎じて強心剤、利尿剤として使うそうだ。ただし毒は薬、薬は毒の言葉どおり、この花は全草が非常に危険な有毒植物である。殊に開花前、地面から出てきたばかりの新芽をフキノトウと間違えて食べ、中毒を起こす例がときたまあるという。嘔吐、呼吸困難、心臓麻痺などの症状に陥り、重傷の場合は死に至るケースもあるとか。くれぐれもご用心を。
http://www.geocities.jp/mr_keik/hana036.html

全草,特に根茎や根にシマリン(LD50 i.v. in rats: 24.8±1.8 mg/kg)やコンバラトキシン(LD50 i.p. in mice: 10.0 mg/kg, i.v. in rats: 16.0 mg/kg)などの強心配糖体を含有する。飲食すれば,嘔吐,不整脈,呼吸困難などが起こり,心臓麻痺にいたる。『心臓病によい』として根を煎じて飲み,死亡する事故が大阪や徳島県で起きている。

根や茎には強い毒性があるそうです。山菜と間違えて食中毒を起こす事故がありました。また、徳島県では、フクジュソウには強心作用があると聞いて老夫婦が根を煎じて飲んだところ、妻が死亡し、一口飲んだだけの夫は一命を取り留めたという事件がおきているそうです。フクジュソウに含まれるアドニトキシン(Adonitoxin)という物質による急性中毒といわれています。(参考:「福寿草(spring adonis)の毒性」など)

毒性が強く素人の利用は死に至る危険な行為である。アドニンという毒成分を含む。
テレビ信州で2007年3月30日放送の「情報ワイドゆうがたGet!」の特集コーナー「春うらら!花の里のんびり散歩!」で、テンプラを紹介し、女性リポーターが毒草と知らず食べてしまった。幸い事故に至らず。
有名な有毒植物で、死亡例もある。めでたい名前のせいか、誤って食べる人がいるらしい。

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 安全性研究チーム
早春雪解けとともに新芽を出し,何よりも先に光沢のある鮮黄色の花をつけて春の到来を知らせます.「福寿草」という名前が示すように,縁起の良い花として,鉢植えなどがお正月に飾られます.多くの園芸種があり栽培もされています.日本のフクジュソウの仲間にはこのほかにキタミフクジュソウ(A. amurensis)とエダウチフクジュソウ(A. multiflora)があります. フクジュソウの根は強心利尿薬として用いられます.しかし,新芽をフキノトウと間違えてヒトが中毒おこすことがあります.
http://www.niah.affrc.go.jp/disease/poisoning/plants/adonis.html

同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事画像
福寿草 山形市の自生地 山形新聞より
福寿草 種をつけない品種
福寿草 蟻の巣からの発芽
ビロウドツリアブ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 受粉の助けはハエ
同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事
 福寿草 山形市の自生地 山形新聞より (2018-11-15 00:01)
 福寿草 種をつけない品種 (2018-05-19 18:00)
 福寿草 蟻の巣からの発芽 (2018-04-20 04:00)
 ビロウドツリアブ (2018-04-04 04:04)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-26 16:00)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-17 04:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。