2009年11月20日

学名別名特徴など

新しいカテゴリー『福寿草の勉強』を造ったので、そちらをクリックしてみてください。
(文字数多くて見るの面倒なので、リンク張りました。)
22.福寿草諸々
21.福寿草の参考サイト
20.福寿草は毒草
19.福寿草は傾熱性
18.福寿草の病気と害虫
17.福寿草栽培は難しい
16.福寿草栽培は簡単
15.福寿草の肥料
14.福寿草の水やり
13.福寿草の用土
12.福寿草の増やし方
11.福寿草の育て方
10.福寿草の露地植え
9.福寿草の植え替え
8.福寿草は正月の花
7.福寿草の種類
6.福寿草の歴史
5.福寿草の葉と根
4.福寿草の花
3.学名別名特徴など
2.名の由来と伝説
1.福寿草を検索


福寿草(フクジュソウ)は正月の寄せ植え材料としてよく使われます。
福寿草(フクジュソウ)と南天のセットで 「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けになります。
福寿草(フクジュソウ)という字を見ただけでも縁起がよいイメージがわきます。
雪解けと同時に咲き始め、春を告げる花としてなじみの深い福寿草。
カタカナのフクジュソウではちょっと・・・  やっぱり福寿草がふさわしい。
正月の鉢花や庭植として愛好され、「元日草」の別名もあります。
漢字で書くと「福寿草」。別名「元日草」、「朔日草(ついたちそう)」。旧暦の新春のころに咲くので、おめでたい名前がつきました。輝くような花色もおめでたさに箔をつけます。

フクジュソウは、クリスマスローズなどと同じく、秋~冬~春が生長期で、夏に休眠する植物。
フクジュソウはカタクリやセツブンソウなどと同様に春植物を代表するキンポウゲ科の多年生草本
山地の落葉樹林内に生える多年草で、高さ10〜30cm。
開花後に茎が伸び葉が広がる。茎は高さ10〜30cm、無毛。
草丈は30cmくらい。
草丈は5cm〜30cm程度になります。
草丈10〜30?。
草丈5cm〜30cmくらい
草丈15〜30cmになる多年草
草丈は5cm〜30cm程度
高さ15〜30cm。
地上茎は高さ約二〇センチメートル。
草丈:10cm〜20cm
草丈は30cmくらい。
草丈15~30cmになる多年草
「花形」15〜30mm程度 
山あいのやや明るい林の中に自生する。
明るい林や草地に生える宿根草
明るい林や草地に生える宿根草
基本的に寒地性の植物
耐寒性多年草または一年草
耐寒性の多年草です。
耐寒性のある秋植えの宿根草
耐寒性宿根草
日本原産の宿根性フクジュソウ
日本原産の多年草で黄色の花が咲きます。
多年草
多年草。
多年草
多年生草本。
多年生草本。
山地の陰地に野生する多年草。
キンポウゲ科フクジュソウ属
キンポウゲ科フクジュソウ属(Adonis)
キンポウゲ科のフクジュソウ(福寿草)
キンポウゲ科フクジュソウ属フクジュソウ
キンポウゲ科の春を告げる花のフクジュソウ(福寿草)
キンポウゲ科Ranunculaceaeの春を告げる花であるフクジュソウ(福寿草)です。
キンポウゲ科フクジュソウ(アドニス)属・耐寒性多年草
キンポウゲ科Ranunculaceaeフクジュソウ(アドニス)属Adonis amurensis は「アムール川流域の」という意味。
種名の amurensis は「アムール川流域の」という意味。
キンポウゲ科の、耐寒性のある多年草
キンポウゲ科・・・多年草
キンポウゲ科・・・多年草
    和名・・・福寿草(ふくじゅそう)
キンポウゲ科。多年草。
キンポウゲ科の多年生草本
キンポウゲ科の多年草
キンポウゲ科の多年草。
キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草です。
キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草。
キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草

キンポウゲ科宿根草
キンポウゲ科の宿根草
キンポウゲ科の宿根草
キンポウゲ科の宿根草
キンポウゲ科の宿根草
キンポウゲ科の有毒植物
キンポウゲ科の耐寒性宿根草

宿根草花の知識
http://www.takii.co.jp/flower/howto/lecture/s_p01.html

耐寒性のある宿根草
耐寒性多年草
福寿草(ふくじゅそう):キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草。
福寿草(フクジュソウ) キンポウゲ科宿根草
福寿草 キンポウゲ科 福寿草
福寿草はキンポウゲ科の多年草
福寿草はキンポウゲ科の多年草。
きんぽうげ科 フクジュソウ属
フクジュソウ  科名 キンポウゲ科
フクジュソウ(キンポウゲ科)
フクジュソウ(キンボウゲ科)
フクジュソウ=福寿草(キンポウゲ科・フクジュソウ属)
フクジュソウ=福寿草(キンポウゲ科・フクジュソウ属)
フクジュソウはキンポウゲ科の植物です。
フクジュソウはキンポウゲ科の落葉宿根草
フクジュソウはキンポウゲ科の落葉宿根草
フクジュソウはキンポウゲ科の多年草です。
フクジュソウはキンポウゲ科フクジュソウ属の多年草です。

[分類] キンポウゲ科 球根草花
[分類] キンポウゲ科 球根草花
「分類」福寿草 キンポウゲ科フクジュソウ属
性 質 耐寒性 多年草
福寿草(フクジュソウ) 金鳳花(きんぽうげ)科 
フクジュソウ(福寿草)/キンポウゲ科フクジュソウ。
フクジュソウ(福寿草Adonis ramosa)
類 別 キンポウゲ科 [Ranunculaceae] フクジュソウ属 [Adonis]
フクジュソウ属の学名は、アドーニスです。
属名のアドニス
別名等 アドニス(属名)

フクジュソウ
分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : キンポウゲ目 Ranunculales
科 : キンポウゲ科 Ranunculaceae
属 : フクジュソウ属 Adonis
種 : フクジュソウ A. ramosa
科属:キンポウゲ科フクジュソウ属
科名 キンポウゲ科
科名:キンポウゲ科/属名:フクジュソウ属
学名をアドニス・アムレンシス(Adonisamurensis)
学名 Adonis anurensis Regel et Radde
学名 Adonis ramosa Franch.
学名 Adonis ramosa Franch.
学名:Adonis ramosa Franch.
学名:Adonis ramosa
学名:Adonis ramosa
学名:Adonis.amurensis
学名:Adonis amurensis
学名:Adonis amurensis
学名:Adonis amurensis
学名:Adonis amurensis
Adonis ramosa Franch.=Adonis amurensis
Adonis amurensis Regel et Radde
英名:Far East Amur adonis
英名 Amur Adonis | Far East Amur adonis
英名 Far East Amur adonis
英名:Amur adonis
英名 Adonis
英名:Far East Amur adonis フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)は、キンポウゲ科の多年草。
名 前 フクジュソウ 〔福寿草〕
フクジュソウ〔福寿草〕  - 和名
和名・・・福寿草(ふくじゅそう)
和名:フクジュソウ(福寿草)
和名 フクジュソウ(福寿草)
和名 福寿草
和名:福寿草
和名:フクジュソウ
和名:フクジュソウ
和名:フクジュソウ(キンポウゲ科フクジュソウ(アドニス)属)

赤花フクジュソウ(アエスティバリス)
キタミフクジュソウ(アムーレンシス)
洋種フクジュソウ(ベルナリス)
ミチノクフクジュソウ(ムルチフロラ)
フクジュソウ/福寿草/元旦草/元日草/正月草/歳旦草/朔日草/長寿菊/長寿草/報春花/土満作(いずれもラモサ)
ガンジツソウ 〔元日草〕  - 別名
Adonis 〔アドニス〕  - 別名

生薬名:福寿草根(ふくじゅそうこん)

俗名 ガンジツソウ、シガギク、朔日草(ついたちそう)
別名:元日草、朔日(ついたち)草、賀正草、福神草、長寿草
別名:ガンジツソウ(元日草)、ツイタチソウ(朔日草)、報春花、土満作、
別名=ガンジツソウ(1月1日の誕生花)
[別名] ガンジツソウ
[別名] ガンジツソウ
別名 ガンジツソウ 〔元日草〕
別名、元日草(ガンジツソウ)。
別名「元日草」
別名  賀正蘭・長寿草・元日草
別名:元日草、朔日(ついたち)草、賀正草、福神草、長寿草
別名=ガンジツソウ(1月1日の誕生花)
別名 元日草ほか地方によって朔日草、賀正草、福神草、福徳草、報春花
別名、ガンジツソウ(元日草)。毒草なので注意。(シノニム:Adonis amurensis)1月1日の誕生花。
別名ガンジツソウ(元日草),北国ではマンサクと呼ぶこともあり、
別名 元日草、長寿草、朔日(ついたち)草、福神草。
別名ガンジツソウ(元日草)、北国ではマンサクと呼ぶこともある。
別名、ガンジツソウ(元日草)
ガンジツソウ(元日草)とも呼ばれますね
ガンジツソウ(元日草)とも呼ばれる。
元日草。
元日草 ガンジツソウ
元日草。長寿草。岩手や青森ではマンサグとかツチマンサクと呼ぶ。「土からまず咲く」の意。
元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持つ。
朔日草 ツイタチソウ

正月に鑑賞されるので元日草の名があり
開花期がながいので長寿の「寿」が名前についているんでしょうかね。
開花の時期から、「元日草(がんじつそう)」「朔日草(ついたちそう)」という別名もあります。
福寿草は、新年を祝う花として喜ばれ、別名、ガンジツソウ(元日草)と呼ばれ、その後、”幸せと長寿を祝う花”として、フクジュソウ(福寿草)となったと言われています。
旧暦の元旦頃に開花することから、幸福の「福」とめでたい長寿の「寿(ことぶき)」をあてて、「福寿草(フクジュソウ)」の和名がついたと言われています。
旧暦の新春に花が咲くことからめでたい花として「福寿草」という字がついたそうです。
旧暦の新春に花が咲くことからめでたい花として「福寿草」という字がついたそうです。
旧暦の正月時期に咲きますので、ガンジツソウとよばれています。
旧暦のお正月に咲くということで、元日草の別名もあります。
旧暦の正月に開花することから、元日草(ガンジツソウ)とも呼ばれる。
正月の祝花用として栽培もされ、元日草(がんじつそう)とも呼ばれます。
正月の鉢花や庭植として愛好され、「元日草」の別名もあります。
正月の鉢花や庭植として愛好され、「元日草」の別名もあります。
正月の祝花用として栽培もされている福寿草(ふくじゅそう)は、元日草(がんじつそう)とも呼ばれます。
「ガンタンソウ(元旦草)」と呼ばれます。また開花期間が長いため「チョウジュソウ(長寿草)」、という別名があります。
ガンジツソウ(元日草)とも言われています。
「新年を寿ぎ祝福する」というところからつけられた。
早春に輝くばかりの黄金色の花を咲かせるので昔から吉祥木(吉祥の植物)とされてきました。
ガンジツソウ(元日草)、チョウジュソウ(長寿草)、ガショウラン(賀正蘭)などの別名があります。
いずれもお目出度い名前ばかりです。
・「元日草」(がんじつそう)や「朔日草」(ついたちそう)など・・・。たくさんの別名をもつ。
ほかにも、「福人草」「福徳草」長春菊」「長寿菊」「富士菊」「賀正蘭」「万作草」など、すべておめでたい名称です。
元日草ほか地方によって朔日草、賀正草、福神草、福徳草、報春花などと呼ばれています。
福寿草は、新年を祝う花として喜ばれ、別名、ガンジツソウ(元日草)と呼ばれ、その後、”幸せと長寿を祝う花”として、フクジュソウ(福寿草)となったと言われています。
おめでたい「福を招く花」として福寿草とよばれますが、地方により「雪割草(ゆきわりそう)」とよぶところもあるようです(雪割草という名の花は、別にあります)。
北国では、「春一番に咲く」という意味で、マンサク(満作)とよぶ地方もあるそうです(マンサクという名の花は、別にあります)。
フクジュソウは春を告げる花の代表といわれております。
旧暦の正月(2月)頃咲き出すことから、新年を祝う花として、元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)というおめでたい別名を持っています。
福寿草という名前も、おめでたい「福寿(幸福と長寿)」草という意味です。
その昔、春を一番に告げるということから「福告ぐ草」と呼ばれ
旧暦の元日に咲く黄金色の花を正月(旧暦)の祝花として用いたところから
現在は幸福と長寿のめでたい花ということで「福寿草」と名付けられたそうです。
名前の由来は 旧暦の新春に開花することから めでたい ”福” と ”寿” の字をあてたもので 元日草(ガンジツソウ)や朔日草(ツイタチソウ)とも呼ばれています。
 福寿草は色んな呼び方がある。「日本植物方言集」などの地方の呼び名を見ると、
 ガンジツソー(福島)     キンバイソー(徳島)、
 グァンジツソー(宮崎)    チヂマンチャク(秋田)、
 ツチマンチャク(岩手)    フクジソー(秋田)、
 フクジンソー(秋田)     マグサグ(岩手)、
 マゴサグ(青森)       マンサグ(北海道、青森、岩手)
 漢字では福寿草、元日草、朔日草、賀正草、福神草、福徳草、報春花などの文字が見られる。
...........花のいわれ・特徴.........
早春を飾る黄金色の花で、名前のとおり福を呼ぶ縁起のよい花として知られ、めでたい花としてお正月に床飾りとして飾られ、新年を祝う花から「フクジュソウ(福寿草)」、または「ガンタンソウ(元旦草)」と呼ばれます。また開花期間が長いため「チョウジュソウ(長寿草)」、という別名があります。
ほかにも、「福人草」「福徳草」長春菊」「長寿菊」「富士菊」「賀正蘭」「万作草」など、すべておめでたい名称です。花言葉も同じく縁起がよく、幸せが似合う植物なのですが。

この花は旧暦(現在の太陽暦より季節が1〜2ヶ月遅れる)の正月頃(今年の旧暦での元日は2月18日)に黄金色の花を咲かせることから、別名「元日草」と呼ばれます。江戸時代から、新年を寿(ことほ)ぐめでたい花として、正月には盆栽鉢に植込む習慣があったといわれています。また、終戦後から日本人の歳は満年齢に変わりましたが、それまでは数え年であったため、正月の元日に一つ年齢が増えました。そのため、フクジュソウは「献歳花(けんさいか)」とも呼ばれたそうです。フクジュソウには、朔日草(ついたちそう)、報春花(ほうしゅんか)、福人草(ふくじんそう)、福神草(ふくじんそう)、長寿菊(ちょうじゅぎく)、賀正蘭(がしょうらん)、雪蓮(ゆきはちす)など多くの別名があります。
キンポウゲ科の宿根草、学名 Adonis amurensis。
・金鳳花(きんぽうげ)科。
・学名 Adonis amurensis
Adonis : フクジュソウ属
amurensis : アムール川流域の
(黒竜河:中国北東部)
原産地 日本 中国 シベリア
原産 日本、中国、シベリア
原産地は日本・中国東北部・シベリア東部
原産地 シベリア東部、中国、朝鮮半島、日本
原産 日本・中国東北部・シベリア東部
原産 日本・中国北部・朝鮮・シベリア
原産 日本、シベリア、中国、朝鮮半島
原産地:東アジア 、日本、朝鮮、中国東北部、シベリア東部
日本、シベリア、中国、朝鮮半島
日本のほか、東部シベリア、中国北部、朝鮮半島に広く分布する。
日本のほか、朝鮮、中国、シベリアに分布し、山地の陰地に野生する多年草。
日本を含む中国東北部、朝鮮半島などのアジア、ヨーロッパ、北アメリカに広く分布
日本自生、中国〜朝鮮半島、シベリアなどに分布
日本各地に分布し中国北東部や東アジア原産の多年草(耐寒性)
アジアの北部に広く分布する多年草です。
アジア北部に分布し、日本の山地にも自生。
東部シベリア、中国北部、朝鮮半島、日本に分布
東部シベリア,中国北部,朝鮮半島,日本に分布する多年草
東部シベリア、中国北部、朝鮮半島、日本に分布。
東部シベリア、中国北部、朝鮮半島、日本に分布。
シベリア東部、中国北部、朝鮮半島、日本に分布
シベリア東部、中国北部、朝鮮半島、日本に分布する
北半球の暖帯〜温帯に広く分布しています。
ヨーロッパ原産の福寿草は1年草で赤い花が咲きます。
ヨーロッパにも、これに似た西洋フクジュソウがある。世界中で25種ほどが知られています。
フクジュソウ属は北半球に20種くらいある。
フクジュソウ属植物は,およそ20種が北半球に広く分布し,ヨーロッパには赤い花をつけるものがある。
フクジュソウの仲間は北半球に二〇種ほどが分布しており、一、二年生のものもある。
福寿草を含むフクジュソウ属には26種があって、ヨーロッパからアジアの温帯にかけて分布している。
福寿草(フクジュソウ)は日本固有種である。
北海道・本州・四国・九州に分布
北海道・本州・四国・九州に分布しています。
日本での野生種は北海道、本州、九州の山地に分布
日本では、北海道から九州にかけて分布します。
日本では、北海道から九州にかけて分布します。
日本では北海道から九州にかけて分布し山林に生育する。
日本では北海道から九州にかけて分布し山林に生育する。
北海道,本州,四国などの山地に自生する
北海道から本州にかけて分布し、林の中や林の縁に生える。
北海道から九州まで沖縄をのぞく日本各地


おもに落葉樹林内に生息しています。
自生しているものはほとんど見られませんが、落葉樹等の下に生えます。
明るい林や草地に生える宿根草で、北海道・本州・四国・九州に分布しています。
日本では北海道から九州の山林に自生する。
日本では、北海道から九州まで沖縄をのぞく日本各地の、おもに落葉樹林内に生息しています。
日本には北海道から九州に至る山野に自生し、野生種の群落が見られます。
北海道では平原に自生する。
北海道や東北地方には、たくさんの自生が見られますが、西日本に自生する数は多くありません。
北海道や東北地方には、たくさんの自生が見られますが、西日本に自生する数は多くありません。
関東地方より北の地域でよく育つ。太平洋側には、あまり自生していない。

同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事画像
福寿草 種をつけない品種
福寿草 蟻の巣からの発芽
ビロウドツリアブ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 受粉の助けはハエ
福寿草 実生から開花まで 肥料
同じカテゴリー(福寿草の勉強)の記事
 福寿草 種をつけない品種 (2018-05-19 18:00)
 福寿草 蟻の巣からの発芽 (2018-04-20 04:00)
 ビロウドツリアブ (2018-04-04 04:04)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-26 16:00)
 福寿草 受粉の助けはハエ (2018-03-17 04:00)
 福寿草 実生から開花まで 肥料 (2018-03-10 04:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。