2014年06月09日

同定作業.47

千鳥遊、笑布袋、明烏、赤トンボ、緋の袴。

千鳥遊:鉢慣れして花数は咲き揃うようになるとボリュームが増して見応えが生まれます。


笑布袋:笑布袋も絞りが入るはずなので、これは笑布袋の紅無地に近いと言えるのかもしれません・・・。


明烏:鉢慣れして花数は咲き揃うようになるとボリュームが増して見応えが生まれます。


赤トンボ:鉢慣れして花数は咲き揃うようになるとボリュームが増して見応えが生まれます。


緋の袴:色の濃さは最後まで保たれてますね。



  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草14

2014年06月09日

同定作業.46

前代未聞と前代未聞の紅無地、寿と寿絞り、七賢人、通小町。

前代未聞と前代未聞の紅無地:鳥居恒夫氏は前代未聞の紅無地は価値は無いといわれますが、綺麗な花です。


寿と寿絞り:寿絞りが今期一番遅くまで保った花の一つでした。
散り際は、寿と寿絞りで光りの反射量が違うようで、
寿に焦点を合わせると寿絞りが白飛びし、寿絞りに焦点を合わせると寿が潰れ、撮影が難しくなりました。


七賢人:盛りになると色が濃くなります。ウチの七賢人は絞りの入りが悪いですね。


通小町:こちらは色が徐々に褪せていってますね。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)日本桜草14