2022年11月01日

キノコ図鑑 AとB

今までシロノハイイロシメジをお裾分けした友人にも
「ハイイロシメジと言ってたけど、どうやらシロノハイイロシメジだったようだ」
と伝えたところ、彼が所有している2冊のキノコ図鑑を見せてくれました。

一冊目の図鑑には『かごの中から、ぷう〜んと広がるニラのにおい』と書いてあり
彼も初めて香りを嗅いだ時に『ニラの香りがする』と感じていたそうで、これに違いないと思ったそうです。

キノコ図鑑 AとB

もう一冊の図鑑に載っているシロノハイイロシメジは、私が採っているキノコと違います。
私が採ってるキノコは香りがとても良く、『淡い渋みと弱い異臭』はなく、お裾分けすると皆さんその香りの良さに驚きますからね。
キノコ図鑑の多くは地元のキノコ採り名人が監修するので、同名異種があるのかもしれません。
キノコ図鑑は1冊だけではなく、数冊所有するのが理想のようです。

キノコ図鑑 AとB


同じカテゴリー(その他22)の記事画像
モクズガニ
ヒメカマキリ
シロノハイイロシメジ
アマガエル
モクズガニ 脱走
さよなら夏の日♪
同じカテゴリー(その他22)の記事
 モクズガニ (2022-11-14 21:32)
 ヒメカマキリ (2022-11-11 15:11)
 シロノハイイロシメジ (2022-10-31 15:57)
 アマガエル (2022-10-17 00:00)
 モクズガニ 脱走 (2022-10-16 10:01)
 さよなら夏の日♪ (2022-10-04 20:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。