2014年09月27日

災害と公益

今年に入り北海道の新聞社と提携を組んだのか、北海道ネタが増えた山形新聞は姑息だ。
まるで朝日新聞社か某国かの如き振るまいを思わせる。

山形新聞 >>県内ニュース 2014年09月26日
最上小国川ダム反対有志が抗議声明 漁協幹部と県を批判
http://yamagata-np.jp/news/201409/26/kj_2014092600498.php

災害と公益


酒田市に公益文化大学ができた時から『どうして庄内で「公益」なんだろう?』と疑問に感じていた。
公益文化大学が造られた由来の1つとして、何所ぞの石碑に「公益」という文字が掘られていたからと聞いたが、
ずっと理解できずにいたが、昨今の災害をみて自分なりの答えを見出せた気がしている。

庄内地方と最上地方で魚類調査を行う時、農道や林道は行き止まりにならないが、置賜はことごとく行き止まりになる。
行き止まりの先には道があるのに僅か数mだけ道が無い。しかも道幅は狭く路肩は撫肩で、Uターンスペースはない。
軽トラでもギリギリの車幅で、水路に架かる橋も狭く、
周辺の地形から察して行動するが、庄内地方と最上地方で培った勘はことごとく外れ、『なんで?』状態。
なぜ、この数メートルを通さないのか、どうして道が無いのか全く理解できない。

災害と公益

白竜湖など酸欠の汚染沼だし、素堀の水路などは網も入れたくないほどヘドロで臭く、生き物の気配はなく調査に二の足を踏んでしまう。
農道は狭く轍ぎりぎりの路肩は撫肩で、水路は素堀で水は淀み、畦は子供が造ったのか思うほど幅が狭く脆弱。

災害と公益

日本魚類学会の先生達が庄内平野を探訪され異口同音に「水路の張り巡らされ方が凄いね」と言うのだが
先人の知恵だけではなく、これ全て「公益」の精神の賜物だったのだと、今更ながらに気づいた。
置賜の農家も自分の耕作地をちょっと減らして提供すれば、川幅も用水路も畦道も農道も、広くなったはずなのだ。
平成の市町村大合併でも内陸は1つも市町村合併が行われなかったが、
JAは合併し、インフラ事業に関して広域事業団が造られた。
危機は感じていても、おらほの物を手放すのは嫌なようだ。災害、財政、誰かが助けるものらしい。滑稽な話しである。
物をき忘れた地域も在るようだが、庄内平野そのものが「公益」の賜物なのだと、しみじみ感じる今日この頃である。


同じカテゴリー(その他14)の記事画像
マリーゴールド
しめじ
イカリソウ 植え替え.2
しめじ
イカリソウ 植え替え
しめじ
同じカテゴリー(その他14)の記事
 マリーゴールド (2014-11-14 18:00)
 しめじ (2014-11-14 04:00)
 イカリソウ 植え替え.2 (2014-11-12 04:00)
 しめじ (2014-11-10 04:00)
 イカリソウ 植え替え (2014-11-08 04:00)
 しめじ (2014-11-07 04:00)

この記事へのコメント
庄内と言うか酒田は公益にふさわしい土地だと思います。
庄内砂丘の黒松の防風林は、植林した面積は少ないものの本間家を代表する地主の方々の行った事は素晴らしいと思います。
また、本間家は農閑期の失業対策や飢饉の折の蔵米の配給、農業試験場を造るなど、他の地域でお金持ちが金を使う、例えば文化の貢献などとは、違っていたと思います。

本間光丘の私室が4.5畳だったか6畳だったか、自分は贅沢しなくて、大きな事にお金を出す姿勢も面白いですね。
ニシン御殿の青山さんが、酒田だと本間家を超える家を建てられないと、遊佐に
建てたのも、本間家が目の上のたんこぶ的存在だったからでしょう。
Posted by cake at 2014年10月01日 11:55
とうとう無事に書き込むことができました。

普段はすんなりと書けるのに、「会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です」と、跳ね返されると、正直へこみます。
これを書く間も、どこを触った訳では無いのですが、んだブログのトップに移動しました。なんでだろ?不思議な事があるものです。
Posted by cake at 2014年10月01日 11:59
この記事だけ唐突にコメントが書き込めなくなり、何度も設定を確認しても駄目だったのに、んだ!ブログ運営者に問い合わせたら書き込みができるようになるなんて、いやはや何とも不思議ですよねー。マジになんか仕組まれたかのかなー。
Posted by さくらさくら at 2014年10月01日 22:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。