2014年03月22日

野生種 小鹿野

『野生種 小鹿野』という名称で販売されていた桜草は、どうみても野生品種=原種には見えなかった。
小鹿野という地名から埼玉県秩父郡小鹿野町だと推察するのですが、どうなんでしょう。

  


Posted by さくら at 03:22Comments(0)日本桜草について

2014年02月19日

先人の傲慢 後進の困惑

浪華さくらそう会の山原会長がご自身のBlog『日本の桜草と美術』に
2014年02月18日『錦葉集の名は金葉集か』という記事を書かれていた。

「錦葉集」という品種に関して山原さんは以前も記事を書かれているおり
それを2010年02月02日アップ『今更ですが.12』の記事の中で使わせてもらった。
---------------------------------------------------------------------------------------
錦葉集 H 長花柱花 江戸後期 「飛竜」現存品と同品
(鈴鹿156ページ「錦葉集」)
(鳥居25ページ「金葉集」:僅長柱花 江戸末期 類似品種 錦錦鳥。
 名は勅撰和歌集の『金葉集』にちなむ。鋭いかがり弁から金葉を連想したのであろう。)

鳥居氏の勝手な憶測には呆れるばかりである。
鳥居氏が世話人代表を務める東京のさくらそう会の会員は、なんとも思っていないのだろうか。理解に苦しむ。

浪華さくらそう会長山原氏旧Blog『日本桜草』
2008年03月17日 桜草栽培史16 銘鑑訂補拾遺1
※近年「錦葉集」を「金葉集」と書く向きがあるようであるが、
何十年も使ってきた「錦葉」の名を変える必要はまったくない。 
http://blog.livedoor.jp/yamaharasakura/archives/50515713.html

大城氏もこういう処は抜け目無く『「錦葉集」に同品』と書かれており、笑える。
しかし、筑波大学農林技術センター※では鳥居氏にならって「金葉集」と表記。
---------------------------------------------------------------------------------------

鳥居恒夫氏はご自身の著物『色分け花図鑑 桜草(平成16年2004年)25ページ掲載「金葉集」の紹介の中で
『名は勅撰和歌集の『金葉集』にちなむ。鋭いかがり弁から金葉を連想したのであろう。』と命名の由来を記載されていますが、
191ページに掲載されている明治40年(1907年)伊藤重兵衛『桜草銘鑑』の一番上段の真ん中より左側方向に『錦葉集』と載っているんですよね。
桜草は古典園芸であり先人より伝承されている文化です。鳥居恒夫氏より先人の鈴鹿冬三氏の著物でも『錦葉集』です。
花と緑の振興センター - 埼玉県ホームページでも『錦葉集』です。
冒頭紹介した山原さんのBlogでの記述によりますと
『東京の鳥居氏も『さくらそう(昭和60年1985年)』(日本テレビ)では「錦葉集」とされていた。』そうです。
さて、いつから「金葉集」になったのでしょうか?

鳥居恒夫氏が世話人代表を努めるさくらそう会及び会員の方々は、何も気づかず、指摘されても何とも感じないのでしょうか。
後に続く後進にはいい迷惑です。さくらそう会及び会員のみなさまによります自浄を強く望みます。


鳥居恒夫著「色分け花図鑑」128ページ朝霧の項で作出年代は大正になっていますが
191ページに掲載されている明治40年伊藤重兵衛『桜草銘鑑』上から2段目右から5番目に既に掲載されています。



※筑波大学農林技術センター 桜草の世界
http://www.nourin.tsukuba.ac.jp/~engei/primura/
MENU 品種名から検索 → 金葉集(きんようしゅう)と表記。
園芸品種の開花特性調査(2005年)」(PDF)
表2 筑波大学農林技 術センターサクラソウ 保存品種一覧 『82 錦葉集 』と表記。
「園芸品種ハプロタイプ・倍数性・花柱型」(PDF)では「錦葉集」と表記。
参考文献
3 作出年代、作出者、品種判別や親子関係、由来に関する情報は、鈴鹿(1976)および鳥居(1985)に基づく。
山口聡(1981)�園芸植物の細胞遺伝学III�染色体II21-22,615-621
鳥居恒夫(1985)�さくらそう�日本テレビ,東京
鈴鹿冬三(1976)�日本サクラソウ�日本放送出版協会  


Posted by さくら at 02:19Comments(0)日本桜草について

2014年02月18日

原種(野生種) 岩木桜

岩木桜は現在売切れのようです。
大阪府豊能郡能勢町の「やまおか碧山苑」で販売されていますが、産地表記がありません。
原種(野生種) 岩木山も販売されており、岩木桜は青森県岩木山とは無関係な印象を受けます。
原種(野生種)には思えませんが、原種(野生種) なら産地が何所なのか気になるところです。
http://hekizanen.shop24.makeshop.jp/shopdetail/002000000514/013/001/Y/page1/recommend/


花筏や高砂染めに似た印象を受ける、栽培していて嬉しなる綺麗な花です。


  


Posted by さくら at 02:18Comments(0)日本桜草について

2014年02月17日

野生品種の命名に関して

私が現在所有している荒川沿いの野生品種(原種)の位置関係を地図で見てみたら、
さくら草公園から戸田を経て浮間公園まで、直線で8.6kmしかありませんでした。狭い範囲ですよね。
田島赤 埼玉県さいたま市桜区さくら草公園(荒川左岸)
戸田赤 埼玉県戸田市(荒川左岸)
浮間中洲 浮間公園東京都板橋区舟渡(荒川右岸)
浮間の光(さくらそう会「さくらそう」1〜13号掲載品種名)
中瀬紅 (なかぜべに) 埼玉県深谷市中瀬 細弁の野生品種



私が現在所有している大分県の野生品種(原種)の位置関係を地図で見てみたら、こちらも狭かった。
九重山は九重町南部から竹田市北部にかけて東西15kmにわたって分布する20以上の火山が群立する。
久住山 阿蘇くじゅう国立公園(九重連山)
湧蓋  阿蘇くじゅう国立公園(九重連山)
雨乞岳 大分県由布山麓 雨乞岳(1074m)


由布岳白という野生品種もあるそうですから、由布岳にも自生地があるのでしょうね。



上記画像の雨乞岳の下に庄内という駅がありますが、私のいう庄内は下記画像、山形県の日本海に面した庄内平野のことです。
山形県庄内地方 庄内白(旧櫛引町中田地区)
山形県庄内地方 庄内赤(旧立川町東興屋地区)
山形県庄内地方 庄内赤(遊佐町大楯地区)


庄内地方は広い平野なので庄内地方の野生品種を「庄内」と呼んでいますが、
上記のようなスケール基準で構わないなら、「庄内」も呼称をもっと細分化できます。

旧櫛引町中田地区の庄内白、旧立川町東興屋地区と遊佐町大楯地区の庄内赤に関しては
番地までピンポイントで分っていますし、距離が離れてますから、
「庄内」ではなく『中田』『東興屋』『大楯』と命名しても問題無いレベルでしょ。やりませんけど。


由利浜という野生品種が出回っています。
由利が地名だとすると秋田県由利郡しか考えられず、由利郡の浜辺の地域という解釈でしょうか。
しかし秋田県由利郡に桜草自生地は存在しないので、由利浜は産地不明の野生品種である可能性が大です。
さいたま桜草会に、小机白が存在しますが、小机地区がある横浜さくらそう会に小机白は存在しません。
小机地区に白花は無く埼玉から白を持ち込んだだけなので、
さいたま桜草会の方が小机地区から『埼玉から持ち込んだ白』を持ち帰り、小机白にしたらしいです。
にかほ市と本荘市では山野草会の活動が活発で、産地不明の野生品種を栽培する方は多くみかけます。
恐らく誰かがそれを持ち出して、由利浜と命名してしまったものと推察する次第です。

仙台さくらそう会の浦部さん所有の宮城県の野生品種も自生地=採取地は細かく具体的です。
宮城県仙台市国見酔白(宮城県で唯一の白花系。宮城県にこれ以外で白花は存在しない。)
宮城県仙台市泉区南光台天ケ沢(「泉」という品種名で出回っている個体もありますが、それより具体的。)
宮城県柴田郡川崎町釜房(「川崎」という品種名で出回っている個体もありますが、それより具体的。)
宮城県遠田郡涌谷町
宮城県亘理郡山元町深山

直線で8.6kmしかない狭い範囲の採取地不明の桜草を、細かく分類して命名している地域がある一方で、
「仙台」「山形」と呼称する野生品種が存在し流通しています。
しかしながら山形市に自生地は存在しませんから、「山形」という品種も存在しない、産地不明の野生品種です。
「仙台」という呼称は大雑把すぎます。
「仙台=仙台方面の野生品種」という意味なら、同じく産地不明の野生品種。
スケールで考えると田島〜戸田〜浮間、九重山〜久住山〜湧蓋と同レベルという解釈なんでしょうけど
地元から言わせてもらえば「仙台」「山形」という品種は存在しません。産地不明の野生品種にすぎません。  


Posted by さくら at 02:17Comments(0)日本桜草について

2014年02月16日

春の雪

筑波大学農林技術センターが運営するサイト『桜草の世界』
http://www.nourin.tsukuba.ac.jp/~engei/primura/

MENU『品種名から検索』に春の雪がない。
キーワード検索 しても駄目。サイトに未掲載のようだ。

活動内容「園芸品種の開花特性調査(2005年)」(PDF)
『表2 筑波大学農林技 術センターサクラソウ 保存品種一覧』には春の雪が載っている、しかも2ツ。
#230春の雪と#236春の雪だ。



----------------------------
筑波大学農林技術センターでは、現在サクラソ ウを313品種保有している(表2)。
これは、開 学当時から当センターが集めてきた約100品種 に加えて、
2003年度に埼玉県から約200品種が 譲渡されたもので、国内有数の保有数である。
----------------------------
埼玉県からの譲渡ということは元埼玉県職員の伊丹清氏や元東京都職員の鳥居恒夫氏が関係したことは明白であり
#230春の雪と#236春の雪のどちらかが、鳥居恒夫氏が悪意をもって散布した偽物なのであろう。
筑波大学農林技術センターの伊藤睦氏や職員は違いに気づいたものの、同名異種と思い2ツ記載したのだろう。
職場のOBであり、東京のさくらそう会の世話人代表である伊丹清氏や鳥居恒夫氏が関係しているので
偽物と気づいても尚修正&処分できないでいるかもしれないが、これが大学のサンプルとなっているようでは論文の信憑性は危うい。

同じようにみえるメダカや福寿草も、DNAで分類することできる。
青柳染めを松の雪と同品と言うならば、これこそ筑波大学農林技術センターがDNA分析で結果を示すべきであり
東京のさくらそう会の根拠なき決め事を鵜呑みにして従うのは滑稽であり愚かしく、
それでいながら「江戸時代から の貴重な園芸植物遺伝資源を維持しなければな らない責務を負った」と述べるのだから
恐ろしいことだ。  


Posted by さくら at 02:16Comments(0)日本桜草について

2013年12月12日

桜草は消える 植え替えの勧め

余剰苗をご近所さんに配布しました。
あれこれ桜草に関する雑談をしていて
「桜草は丈夫で毎年開花するけど、かまけて数年植え替えをしないでいると
 或る年突然消えるから、毎年植え替えした方がいいですよ。」
とアドバイスをしたら
「んだ、消える。消えだけ(消えてしまった)。」
と間髪入れず返ってきました。

庄内地方で桜草(庄内の野生品種)を栽培している方は、どの街にも結構居ます。
桜草の栽培年数が長い人ほど、或るとき芽吹かなくて消滅したことに気づいた経験をお持ちのようですが
消えた原因が植え替えをしなかったことだということには、気づかれてないようです。
11〜2月の休眠期間中と新しい根が生える開花の時期に植え替えるようにしましょう。
開花の時期に間引いてスペースを開けてあげるだけでも、桜草は消滅しなくなります。
  

Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草について

2013年11月19日

山形県の気象

今年の鉢開けで、今までと一番違うことは、
1.『用土に仕込んだミミズが居ない』
2.『根茎が大きく太くなく、5号鉢に4芽植えできるサイズばかり』
3.『根鉢ができていない』ということです。

1.『用土に仕込んだミミズが居ない』理由として考えられるのは、下記2点。
・用土をフルイに掛け、微塵抜きをシッカリ行ったので、餌=微塵が不足した。
・通気性と排水性が高まり、湿気がなくなり出ていった。
2.『根茎が大きく太くなく、5号鉢に4芽植えできるサイズでしかない』理由として考えられるのは、下記3点。
・昨年のダメージの影響。
・今まで42リットルの容器にハイポネックスを入れて2000-4000倍に薄めた液肥を造り毎日潅水していたが
 今年はずっとホースに散水器を取り付け潅水してたので、肥料気が足りなかったのかも。
・用土が乾燥気味だった・・・。
3.『根鉢ができていない』理由は今イチ判りかねますが、一番の違いは用土のバラけ具合かと。
 今までとの栽培方法の違いを挙げてみます。
・以前は用土をフルイ掛けしないで使っていたので微塵も多く湿り気が多い用土でしたが、
 ミミズを入れてあるので通気性が保たれていた。
・晩秋に山から拾い集めてきたその年の落葉だけのプランターでも立派に育ってくれた。
・植え替えの時に用土が乾燥せずバラけないので、根茎の取り出しが面倒だった。
・根茎がほぐれないので、水を入れたバケツの中で根をほぐし、株分けしていた。
・根茎は太く芽は大きく根は長く、駄温鉢5号に4芽植えは無理はほどだった。
最近は用土をフルイに掛けシッカリと微塵を抜き使用しているので、
用土がバラけやすく株分けも楽になり、水を入れたバケツの中で根をほぐすことも減りました。
同時に根茎が以前より小さく根も長くなく、ミミズが減り、
代りに夜盗虫&ネキリムシの被害が発生しました。

こうやって考えてみると以前とは、用土の湿気具合と、腐葉土の含有量が違うように感じます。
園芸栽培のコツは、水を多く与えないこと。潅水過多は根腐れを誘発するので百害在って一理無し。
葉の様子を視ながら潅水を抑えると、植物は水を求めて根を伸ばし、たくましく生長する。
とされてきましたが、桜草はそうではないのかもしれません。
桜草の特性として『夏は暑いから休眠して、涼しくなると休眠から目覚める』と言われていますが
桜草は、元々は河川敷に自生していた植物なので、
水位が下がり河川敷が乾燥すると休眠しているだけなのではないでしょうか。
また桜草は河川敷の葦原に共生していたので、覆い被さる葦の枯れ草に埋もれないよう
上に上に生長する習性があるので、腐葉土の含有率が高くても問題無く育つのではないでしょうか。

というようなことを考えながら今年は植え替え作業を行っているのですが、
桜草愛栽家の諸先輩方はみなさん関東以西であり、日本海側とは、山形県とは気象条件も違うはず。
そんな気象条件の違いを具体的な数値で知りたくなりネット検索してみました。
2011年度のデーターで示したサイトもありましたが、
都道府県別統計とランキングで見る県民性というサイトの気候から、山形県を見てみました。
具体的数値よりも判り易かったのが、全国順位。
これをみますと山形県は、
日照時間が短くしかも快晴が少なく気温が低く、雨が多くて湿度が高いことが良く解ります。


普段は湿度の高さを感じませんが、仙台や関東地方で泊ると空気が乾いていると感じますし
ルアーを自作しても酒田だと乾燥で硬化するセルロースが使えないので、湿度の高さは実感しています。
桜草の栽培には、どのような用土が良いのか判りませんけど、
地域に因って気象条件が違いますし、個々の栽培環境でも違ってくるのでしょうから
1年1年、反省と挑戦の繰り返しなのでしょうね。


  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草について

2013年05月15日

実生と古花

仙台さくらそう会の方の実生品種。作出者と品種名忘却。(^^;



仙台さくらそう会の方の実生品種と言われたような違うような・・・。伊達男なら古花。



雲の上:萬延元年1860年桜草名寄控、慶応元年1865年桜草百品図に記載ある古花。

  

タグ :浦澤さん

Posted by さくら at 09:00Comments(0)日本桜草について

2013年05月10日

高鴨神社.3

高鴨神社で使用している用土は実物を並べて紹介されていたそうです。
腐葉土は自家製でしょうから、使用する大きさ(粗さ)が参考になります。


  

タグ :高鴨神社

Posted by さくら at 23:59Comments(0)日本桜草について

2013年05月09日

高鴨神社.2

高鴨神社では古い寸胴5.5号を使われているようです。
釉薬鉢ではない鉢は、浪華さくらそう会が伝市窯に焼いてもらった品らしく、刻印がみえます。


実生作出と展示を行う桜草愛好者が、浪華さくらそう会の山原さんの段飾りを観て感嘆されてました。
展示鉢の高台の向きを揃える気配りが肝要なのだそうです。

  

タグ :高鴨神社

Posted by さくら at 05:09Comments(2)日本桜草について

2013年05月08日

高鴨神社.1

花友が奈良県の高鴨神社を訪問され画像を送ってくれました。
Mさんありがとうございます。とても参考になりました♪

こんな感じで展示と販売を行っているんですね。


購入された桜草。王子紅は野生種ですが東京都の王子か奈良県の王寺町産かは聞き忘れたとのこと。
白小町は桜草百品図(慶応元年=1865年)に載っている古花。
高鴨神社にはこういう古い品種が伝わっているので、一度は訪ねてみたい場所の一つです。

  

タグ :高鴨神社

Posted by さくら at 23:59Comments(0)日本桜草について

2013年01月30日

紫雲の望

私が所有している紫雲の望は
「十数年前に京田辺市の京都フラワ−センターで開催されていた桜草展示で、
 京の花衣等と一緒に頂いた品です」と説明を受けましたが、
2012年05月15日『#71と#2、紫雲の望は同品』で紹介しましたように、
紫雲の望は絞り竜田の紅無地でした。

日本桜草総銘鑑にも品種名が載っていませんので、
札の取り間違え等による誤記などが要因で生じた品種名であり
紫雲の望という品種は存在しないのだと私は勝手に解釈しましたが、
先日ネット上に紫雲の望をみつけ、大変驚きました。
早速尋ねてみますと、大阪の花友から2年前に譲ってもらったとのこと。
残念ながら譲渡された方の入手先までは判らなかったのですが
大阪方面に、紫雲の望は伝わっているようです。



鳥居恒夫氏風に解釈すると、
絞りが無地になれば価値がない花なのかもしれませんが、
花を見れば絞り竜田の紅無地と判別可能ですし、
せっかく紫雲の望という品種名が附随しているので、
子細が判明するまで紫雲の望として栽培していこうと思います。





  


Posted by さくら at 19:12Comments(0)日本桜草について

2012年12月09日

桃源境

この春に入手できた故斎藤教頭先生所縁の100余の品種には取り間違いがとても多く、
植え替えも大変でしたが、Blogに載せる画像整理にも苦労しており、
過去の掲載記事とチェックしながら作業を進めています。

その作業中、同定できなかった#42初桜と
浪華さくらそう会の山原会長からいただいた中村長次郎作出『桃源境』の花容が、
非常に似ていることに気づきました。
鳥居恒夫著『色分け花図鑑 桜草』を取り出して『桃源境』の項を見てみますと、
なんと花容が違うではありませんか。どういうこと???



悩んでいても仕方ないので、畏れ多かったのですが
失礼を承知で画像を添えて山原さんに問い合わせてみました。
ほどなくして返信をいただきましたので、紹介します。
--------------------------------------------
私が送った桃源境はまさしく中村長次郎氏のものに間違いありません。
「境」字は時々誤って「郷」になってしまいますが、同じものです。
初桜と似ていますが、桃源境の方の裏の色は濃い桃色で、
初桜の方は桃源境ほど濃くはありません。
色の違いで判断して下さい。さらに桃源境の方が輪形は大きいです。
--------------------------------------------
なるほど。だとすると#42初桜は桃源境に似てますから、初桜で当っているようです。
そうなると、鳥恒夫氏が世話人代表を務めている東京の さくらそう会公認の桃源境は、何物なのでしょう?
さくらそう会のネット上の画像では誤って「郷」になっていますが、
鳥居恒夫著『色分け花図鑑 桜草』では正しく『中村長次郎氏作出 桃源境』と載っていますので
「我が さくらそう会では、この花を『桃源境』と呼ぶ。」という常套手段ではないようですが、
『春の雪』『丹頂』の件といい、東京の さくらそう会の見解を伺いたいものです。

  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草について

2012年09月14日

カテゴリマスター

質問すると答えてくれるサイトがあります。
ジャンル別にカテゴリが分かれていて、カテゴリマスターという称号の人が桜草に関する質問に答えているのだが、
これが実に酷いので紹介しておきます。

鳥居恒夫氏のような老害というべき人物を野放ししておく愛好会が存在するように、
年輩者は先人を尊ぶ姿勢が強過ぎて、真実より肩書きを重んじるようです。
パンダという名称が乗っ取られてレッサーパンダが生まれたように
このままではプリムラに桜草が乗っ取られてしまいそう。
桜草を広く認識してもらうためにも、桜草愛好者としては見過ごせない事態になっています。


まずは同一人物三年連続三連発。
9月7日に葉が有る事を、おかしいと思わないのですかね。


4月4日に満開であることを、おかしいと思わないのですかね。


花の見分けもつかないばかりか、他の回答者にも判断できない者がいますが
ズバリ指摘された回答者がいるというのに、カテゴリマスター様さまでベストアンサーに選ばれています。
「鳥居恒夫さんが書いているんだから間違いない。若造は余計なこと言うな!」
という、東京のさくらそう会の会員みたいなもんですかね。



別のカテゴリマスターも、3月23日で満開であることをおかしいと思わず、いい加減なこと言ってます。


正しい指摘をされる回答者がいても、カテゴリマスター様さまでベストアンサーに選ばれているので怖くなります。


ちゃんと判別できるカテゴリマスターも存在するようですが
3月25日に開花する桜草は存在しないと指摘すればいいのに、自身で栽培してないから気づけないのですかね。

  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草について

2012年02月25日

横浜市小机産の白

2010年4月に開催された、さいたま桜草まつり盆栽の展示の画像の中に
横浜市小机産の桜草の白を見つけました。

横浜市小机とは日産スタジアムが在る場所で、
日産スタジアムでは「サクラソウ自生地復活プロジェクト」をつくり、
鶴見川流域の野生種、小机、中山の名のついた桜草を
横浜さくらそう会が協力しながら栽培しています。

私はそれを知ってましたから、横浜市小机産の桜草に白は無いはずなんです。
そこで、横浜さくらそう会の三宅さんに尋ねてみました。
結論から言いますと「横浜には白の記録はいっさいありません。」とのことでした。

「サクラソウ自生地復活プロジェクト」では、小机、中山産以外にも
園芸種などが多く植えられており、筑波大に遺伝子分析を依頼。
結果、白花は小机の赤とは別物で、血統の濃い埼玉上尾産と解ったそうです。
埼玉さくらそう会には昔横浜さくらそう会のSさんが小机の苗を送っており
上尾の白と取り違えた可能性があります。とのことでした。



野生品種の誤りは、『山形』『由利浜』のように、新規に発生しているようです。
『山形白』『由利浜白』まで発生していなかったのは幸いですが、『仙台』は存在しない状況で
例の『仙台白』の信憑性は経緯を公表してもらわない限り判りませんけど、どうなんでしょうかね。  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草について

2012年02月23日

仙台白という品種

ネットオークションに仙台白という品種で出品された桜草がありました。
出品者は京都の方でしたが、大変興味深かったので、Blogネタにしました。

【 仙台白 】 サクラソウ野生種 希少系統保存品 山野草
・ 宮城県仙台市産のサクラソウ野生種・系統保存増殖品です。
・ 「白」とありますが、淡いピンクの大輪美花が咲く系統です(画像ほど、青味は無いです。)。
・ 分与して頂いた愛好会の方の話では、仙台およびその近隣地では、いわゆる雪白の白花が産出せず、最も白色に近い淡色の花を「白花」とした経緯があるとのことです。
・ 画質悪い。ここまで花色に青味は無いです。



私が宮城県に桜草の白花が在ることを知ったのは
昨年仙台市野草園で開催されたさくらそう展で、
仙台さくらそう会の浦澤儀行さんと出逢い、お話しを伺い、ご自宅で見せていただいたのが最初です。

浦澤さんいわく「仙台の白は純白ではなく、駒止や御殿桜のような酔白です。」
「それで私は産地(仙台市青葉区国見町)から勝手に命名して『国見酔白』と呼んでいます。」
と話してくれました。さらに、発見された仙台の白は、その1株だけ。
(自生地から見つけただけの野生品種なので、命名するのははばかれる意志のご様子でした。)

『国見酔白』は、仙台さくらそう会の顧問を努められた故ワタナベ ショウカクさんが
発見したモノで、それを浦澤さんが譲り受けたモノであり、なかなか増えないこともあり
誰にも譲渡していないので、私の他には持ってないと思いますよ。
と言われたのですが、京都の方が持ってらしたことは驚きです。

京都の出品者に、誰が仙台市の白花を譲渡したのか。
京都の出品者に、仙台白を譲渡した愛好会とは?
譲渡した人は、誰から、何所から、仙台市の白花を入手したのだろうか?
譲渡した人は、「仙台およびその近隣地では、云々」と説明しており、産地は幾つもあるというのだろうか?

浦澤さんが話してくれたことで、私がうろ覚えで恐縮なのですが、
先代の仙台市野草園の園長が七ヶ宿へ転勤となり、
その地で出会った山野草を写真に撮るのを趣味としている人が
『場所は絶対に教えないけど、白い桜草の写真を撮ったことがある。』
といって見せてくれた花も、『国見酔白』と同じだったので
その写真を浦澤さんもご覧になったそうです。
それゆえ「“この辺り” の白は、云々」と話してくれたわけですが、
浦澤さんと園長をもってして、2例しか存在を知らない花です。

浦澤さんは、『国見酔白』の他にも仙台市と近郊の野生品種を所有されていますが
仙台市青葉区国見町のように、町番地まで記して栽培されており
『仙台白』などと大雑把な表記をされると到底思えないのですが・・・。
上記画像のように、他の地域の野生品種と見比べると、確かに色は薄いですが・・・。

2011年5月に浦澤さん宅で撮影してきた『国見酔白』(たぶん)。




仙台市泉区寺岡には『寺岡』があり、泉岳には『泉岳』が存在します。
遠地の方にとっては、総称として宮城県の野生品種『仙台』で良いのもしれませんが
以前にも書きましたけど、『仙台』などという品種は存在しないのです。

これも以前一緒に書きましたけど『山形』で出回っている野生品種も滑稽です。
遠地の人にとって『山形』は山形なでしょうけど
山形県の者にとって『山形』は山形市であり、山形県ではありません。
山形市がある内陸地方に桜草は自生しておらず、自生地は庄内です。
ただ、内陸地方の各地町村では春になると山野草展が盛んに開催されており
桜草も数多く出品され、頒布されています。
山野草展の出品者に尋ねると、全て購入品だそうです。
『野生種の赤』を購入してきて、名札に『野生種』と書いて出品。余剰苗を販売。
内陸地方には山形新幹線も走っており、観光で桜草を買って持ち帰り
「山形で買って来た『野生種』よ。」ということになったり
「山形の友人から送ってもらった『野生種』なんだ。」ということ等で
『山形』という品種になった可能性も無きにしも在らずです。

私から言わせてもらえば
存在するなら仙台市青葉区国見町産の『国見酔白』のみである。
それ以外で『仙台白』が存在するなら、浦澤さんと私にとって、大ニュースとなるでしょう。
野生品種として出回っている『仙台』『山形』は、あてにならない!

・・・庄内平野の桜草を『庄内』と呼ぶ私も批難される対象かな・・・  


Posted by さくら at 19:00Comments(2)日本桜草について

2012年02月23日

宇宙サクラソウ

さいたま市出身の宇宙飛行士若田光一さんが宇宙へ持って行った錦が原の桜草を
宇宙サクラソウということは知っていますが、いつの飛行でなん株持って行ったのか、
戻って来た株を、根茎で増やしたのか採取した種子を育成、栽培したかは、私は知りません。
そんな宇宙サクラソウは通販サイトにも登場しますが、
宇宙メダカのようなもので、経歴だけの存在だと思っていましたが、
こと桜草に関しては、そうではないようです。


野生品種とは思えない花容に、
日本に持ち帰ってからの栽培で、別の園芸品種と取り間違えたのではないかと思えるほどですが、
名札には番号が振ってあり、こまかく管理されているようですから
「宇宙」帰りの実生品にたくさんの変異株が出た。ということなんでしょうね。
この多彩な変化ぶりは、凄いですね。
これが数多くの園芸品種を生んで来た桜草の特性なんですね。面白いなあ〜♪


  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)日本桜草について

2011年05月22日

鳥居氏の偽物「春の雪」

Uさん宅に在った、鳥居恒夫氏が流布を企てている偽物「春の雪」。

鳥居恒夫氏は、さくらそう会世話人を務め「色分け花図鑑桜草」の著者でもありますが
功名心にはやっておられるのか、前代未聞や紫雲の重などでは故鈴鹿冬三氏と真逆の事を述べ、
桜草愛好者を混乱に陥れています。

鳥居恒夫氏は、緑斑入り白花を統一すべく、
『青柳染』は『松の雪』と同一品と「色分け花図鑑桜草」に記載しました。
緑斑入り白花には『薄衣』というのもありますが、認知度(普及度)が低いのか無視。
問題は古くから存在している緑斑入り白花『春の雪』。
さすがに『春の雪』をも『松の雪』と同一品とは言えなかったのか、
既に花筒色付き緑斑入り白花を所有していたので、品種名の乗っ取りを企てたようです。

「色分け花図鑑桜草」を読むと、
大和神風を勝手に神風と改名したり
「この花は一度消滅したが、これは二代目である。」
「この花容にこの品種名は相応しくないので、改めた。」
「さくらそう会では、この花を○○と呼ぶことにした。」
と身勝手な行為が随所にみられます。
『松の雪』と見た目が似ている『春の雪』を面白く思わず、
手持ちの品種不明品の花筒色付き緑斑入り白花を『春の雪』と詐り流布しているようです。

前代未聞が、短柱花なのか長柱花なのか。
紫雲の重と獅子頭、どちらが色が濃いか薄いか。
鳥居氏が故鈴鹿冬三氏の真逆のことを記載しなければ混乱は起きなかったのに
根拠も示さず「色分け花図鑑桜草」に記載するから『木枯し』まで巻き込んで大混乱。
それらは新参者の私では解りかねることですが、
花筒の色が赤紫か白かくらいは私でも見分けできます。
だって庄内地方の野生品種であろう庄内白は、花筒の色が赤紫なんですもの。

関東地方で開催される、さくらそう展を見て回れた方の証言に因りますと
鳥居恒夫氏の出品だけが花筒色付き『春の雪』で
他の会場や他の方の『春の雪』は、花筒白色の本来の姿だったそうです。

さくらそう会の世話人の方々、さくらそう会の会員のみなさま、お願いです。
古典園芸桜草のため、桜草愛栽者後進のためにも、鳥居氏の暴走を止めてください。  

Posted by さくら at 12:00Comments(0)日本桜草について

2011年04月13日

小町桜

名古屋市東山総合公園東山動物園オフィシャルBlog に
今週開催中の「さくらそう展」の告知が載っていました。
2011年04月12日(火)『さくらそう展のご紹介

記事の中に『小町桜』という綺麗な桜草の画像が載っていました。
気になったので浪華さくらそう会 日本桜草総銘鑑で調べてみたら
文化9年(1812年)桜草花品全に掲載の品種らしい。白色底色あり、桜弁。
現代的な花なのに、その存在に、なぜ今まで気づかなかったのだろうかと思いつつ、ネット検索すると
さくらそう会のHP『さくらそう選定佳品2009年』に
竹岡泰通氏の作出として載っていました。広桜弁浅抱え大輪、酔白底紫紅。

竹岡泰通氏の作出は同名異種???
日本桜草総銘鑑のミス???
名古屋市の小町桜は、どっちなんでしょう???。


気になったので検索を続けると、
名古屋市東山総合公園東山動物園オフィシャルBlog 2011年04月12日(火)『さくらそう展のご紹介
さくらそう会のHP『小町桜(こまちざくら)
の他に、下記3ツのサイトに画像が載っていました。
Blog『草花と木花。読書道』にも小町桜の画像がありました。 
2008年5月 5日 (月)『草花。サクラソウ。葛城の高鴨神社。
HP『みんなの趣味の園芸』の『そだレポ詳細』にサクラソウが載っており
小町桜が「これも最近の園芸品種。」として紹介されています。
通販でも販売されているようです。engei.net
日本サクラソウ(桜草):小町桜3号ポット



画像を見比べても同じに見えますから、竹岡泰通氏の作出の花のようです。
文化9年(1812年)桜草花品全のことは分かりませんでした。

今日は風が強く、砂丘の砂が舞っていた。
乾燥した天気だったが潅水はせず、明日の朝に行う予定。
18:40=10.7度
今日の最低気温2.9度。最高気温14.3度。
明日の予想最低気温5度。最高気温16度。
明日の降水確率県内全域午前午後とも0%。晴れ。
波の高さ2.0m。



  


Posted by さくら at 19:00Comments(2)日本桜草について

2011年03月18日

野生品種は『赤?』『紅?』

桜草の植え替えも終盤となり芽吹きも見られる時期ですが、
大した事ではありませんが、ちょっと気になることがあります。
それは桜草の野生品種の赤い花の名称は、『赤』なのか『紅』ということです。

私は庄内地方に自生していた野生品種であろう桜草の白を勝手に『庄内白』と呼んでいますが、
それは庄内地方に自生していた野生品種の桜草の赤と区別する意味から呼んでいるだけです。

野生品種の桜草は基本的に赤なので、一般的に野生品種銘は地名を使っており
庄内地方に自生していた野生品種の桜草の赤も『庄内』と呼ぶだけで済む話しなんですが
栽培者や入手希望者が花色を間違わないように、『庄内赤』か『庄内紅』と呼びたいと考えています。
そこで疑問に感じて悩んだことは、『赤』と『紅』の色の定義の違いです。

色彩を文字で表現するのは困難なので、
桜草の品種名に『紅』とつく品種の画像を見てみると、他の赤より濃い赤を『紅』と呼んでいるようです。
有名な野生品種『田島』には、普通の赤の『田島』より濃い『田島紅』が存在して
くまさんから頂戴したウチにある『田島』は、三国紅や夕陽紅、玉珊瑚と同じ濃い赤であり、『田島紅』でした。
鳥居著『色分け花図鑑 桜草』野生品の項156-159ページを見ると、
田島紅、五台紅、海瀬紅が他より色が濃いことが判ります。
171ページでは、五台紅と玉珊瑚が似た濃さであることが見てとれます。
そうやって考えると、庄内の赤の表記は『庄内赤』が妥当。
本来なら『赤』をつけるまでもない『田島』同様普通の野生品種なので
『庄内(赤)』と表記するのが一番問題が無いことに思えます。

個人的にはゴロが良く呼び易いので『庄内紅』と呼びたいけど、
これからは『庄内赤』に統一して呼称していきたいと思います。
今まで『庄内紅』と紹介してしまったことで、
『庄内紅』と記憶されている方も居られるかもしれませんが
庄内の野生品には赤と白しかなく、赤より濃い赤の紅色はありません。
『田島』のように、『田島』『田島紅』『田島白』と三色存在しません。

現在庄内地方で桜草の自生地を私は確認していません。
野生品種は名札が命。札落ちしてしまうと地名判別はDNA分析しない限り不可能です。
そんな野生品種の中に身勝手にも『庄内紅』という呼称を流布してしまい、申し訳ありません。
(別に問題が起きた訳ではありませんが、愛栽家の一人として反省してます。)


ただちょっと考えさせられたのです。
『山形』『ヤマガタ』という品種名で広まっている野生品種の桜草がありますが、
関東関西地方の方にとっては、『遠地である山形県に自生していた野生品種』という意味合いに過ぎないのでしょうけど
野生品種名の地名は市町村単位であり、
『長野』『埼玉』『東京』『神奈川』『広島』『熊本』などという品種名は存在しないように
県名が冠ではないはずですし、山形市に桜草自生地はありません。
即ち『山形』『ヤマガタ』という品種名で広まっている野生品種は、産地不明のいい加減な代物です。
また、『紅越仙台』という品種もあるようですが
仙台市の野生品種は昔から『仙台』であり、赤より濃い紅色の花は無かったはず。『紅越仙台』は園芸品種ですよね?
そもそも自生地が消滅した野生品種を野生と呼ぶのも疑問ではありますし
桜草界に命名の定義は存在しないので否定はできないことですが、
野生品種の濃い赤を連想させる『紅越仙台』という品種名は、如何なものでしょうか。

また、そこまで深く考えなくても
『仙台』には白がないのに、『仙台赤』と名札をつけている愛栽家も見受けられます。
こういう小さいことを気にしておきながら、
『庄内赤』『庄内紅』と二通りの呼称をしている自分を反省している次第です。


『庄内白』に関しては、野生品種であるという確証がありません。
確かに『庄内白』を育てている人は、庄内一円に居るのですが
「オレが『庄内白』を直接採って来て育てているんだ。」と証言する人と出逢っていません。
青龍寺川沿いの方々は『昔は咲いていたよ。』と目撃情報を語ってくれますが
青龍寺川沿いの方々は庄内白を所有していません。タンポポみたいな野草感覚で桜草をみていたからです。
遊佐町には桜草の自生地が存在して、そこから赤の桜草を採取してきて育てている方は居ます。
遊佐町でも『庄内白』は普通に見ることができますが、
『昔は咲いていたよ。』と目撃情報を語ってくれる人はいません。
赤の桜草を採取してきて育てている方も、『庄内白』を所有していましたが、
『庄内白』の自生は見た事が無く、後から貰ったものだそうです。
『庄内白』はこのように不確定な品種なので愛栽家の諸先輩方に苗を送り栽培してもらっていますが
他の品種と同じだったり似ていることはないようなので、園芸品種ではないようです。
でも消滅したであろう品種名には『最上川』などいう山形県所縁の品種名もあるんですよね。
(今の時期はもう発送できませんが、
 希望者には『庄内白』をお分けしていますので、コメント欄に書き込みして知らせてください。)

私は庄内一円を見て回っていますが、赤より濃い紅色の桜草は見たことがありません。
何所かで『庄内紅』という名札が登場した場合は、私が『庄内紅』として配布してしまった品である可能性が高いです。
赤より濃い紅色の『庄内』『庄内赤』『庄内紅』が登場したら、それは庄内地方の野生品種ではないと思います。  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)日本桜草について