2012年07月02日

東邦植物園 八重咲さくらそう

東邦植物園ネットショップ販売サイト『八重咲さくらそう
>> 八重咲き品種には横文字(カタカナ名)がありますが
>> 当園で扱うときは独断で和名を付けて販売するつもりです。
>> 日本桜草を横文字で扱うのはいささか違和感がありますので。


作出者に無断で品種名を改名する行為は、作出者と花への冒涜であり、邪道です!

>> 桜草収集について
>> 名前だけで収集すると名前が違っても同一品種を入手してしまう場合が多々あります。ご注意を。
>> たとえば「松の雪」と「青柳染」が同一品種であったりします。当然青柳染は当園では扱いません。


イワヒバでは、そんなことは気にしないで、勝手に命名して販売していますよね。ダブルスタンダード。

独断で和名を付けられた品種を購入した人が、
オリジナルの横文字の八重咲き品種を購入される可能性を、東邦植物園は考えていないのでしょうか。
古典園芸品種の「松の雪」と「青柳染」を、
「鳥居恒夫著『色分け花図鑑桜草』に書いているから」という理由だけで同一品種と断定していおきながら
作出者に無断で『違和感がある』という私的感情だけで勝手に改名して販売して、平気なのかしら。
東邦植物園の方とは面識がありませんが、厚顔無恥と化した老害行為ですね。古典園芸を愚弄してます。



東邦植物園HPには『鳥居恒夫著「桜草」を頼りに品種確定いたします。』と表記されてあり、
鳥居恒夫氏と、鳥居恒夫氏が世話人代表を務める東京のさくらそう会の影響を強く受けておられるようです。
品種名の勝手な改名や花の乗っ取り行為は、東邦植物園さんも平気なようですが、
これの行為を東京のさくらそう会の一般の会員さんたちは、どう受け止めて考えていらっしゃるのかしら。

後進である我々にははた迷惑な行為であり、一言でいえば邪道。
鳥居恒夫氏や東京のさくらそう会の会員の方々は、ご存命の内に是正され、
東邦植物園と鳥居恒夫氏が改ざんされた事実ではなく、
正しい真実の道を後進に残していただきたいものです。

同じカテゴリー(日本桜草12)の記事画像
古花 丹頂
桜草の自生地復活?
小石川植物園の鋸峰
桜草鉢.7 その他
前代未聞と木枯
新庄市の石川さん
同じカテゴリー(日本桜草12)の記事
 12年 開花一覧表 (2013-09-10 19:00)
 古花 丹頂 (2012-07-02 19:00)
 桜草の自生地復活?.2 (2012-06-21 19:00)
 桜草の自生地復活? (2012-06-06 19:00)
 小石川植物園の鋸峰 (2012-06-05 19:00)
 桜草鉢.7 その他 (2012-06-05 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。