2016年01月20日

次紫 鉢開け

譲渡先での次紫の2015年度の鉢開け。

完璧な浅植え&増し土不足。
用土と潅水は良かったので、元気に生長した結果、地表に出てしまい枯れてしまったという感じ。
根茎の下から生えた本来破毀する4番芽の根がしっかり丈夫に伸びてます。

次紫 鉢開け

次紫 鉢開け

河川敷の葦原や落葉樹林に自生する桜草は、
覆い被さってくる枯れ草に埋もれないように根と芽が上へ上へと生長するので浅植えは要注意。
根や芽が地表に露出してきたら増し土で対応してあげます。
↓2015年譲渡先での次紫。

次紫 鉢開け

↓2014年秋鉢開けの次紫

次紫 鉢開け

↓2013年秋鉢開けの次紫

次紫 鉢開け


同じカテゴリー(鉢開け15年冬)の記事画像
庄内赤 狩川町東興野地区 鉢開け
庄内赤 遊佐町大楯地区 鉢開け
庄内白 遊佐町 鉢開け
庄内白 櫛引町中田地区 鉢開け
広島三次 鉢開け
大明錦 鉢開け
同じカテゴリー(鉢開け15年冬)の記事
 庄内赤 狩川町東興野地区 鉢開け (2016-02-22 04:00)
 庄内赤 遊佐町大楯地区 鉢開け (2016-02-21 04:00)
 庄内白 遊佐町 鉢開け (2016-02-20 04:00)
 庄内白 櫛引町中田地区 鉢開け (2016-02-18 04:00)
 広島三次 鉢開け (2016-02-17 04:00)
 大明錦 鉢開け (2016-02-11 04:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。