2019年09月21日

スモールマウスバス 駆除

水路の水温が高く、スモールマウスバスは居ないのではないかと言われていたけど、やっぱり居た!
ブラックバスは鯉や鮒などと同じ温かい水温を好むので、池や沼、緩い流れの川にいます。
スモールマウスバスは鮎やウグイなどと同じ冷水性の魚で、バス釣り愛好者が最上川に密放流。
2001年に川西町で初確認され、「被害報告が無い」という理由から
川西町や山形県、漁協は何の対策を取らなかったこともあり最上川で繁殖して、今に至ります。
過去には赤川でも30cmを越すサイズのスモールマウスバスが採捕されたことがあり、
その個体は赤川漁協に保管されています。

スモールマウスバス 駆除

スモールマウスバスはは外来生物法に因り、生きたままの移動、飼育などが禁止されています。
加えて山形県の条例により、釣りや採捕後のリリースも禁止されていますから、全て駆除してください。
https://www.env.go.jp/nature/intro/1law/index.html
家族や親族、友人でバス釣りをやっているようなら、生態系のためになるので、止めるよう進言してほしい。

スモールマウスバス 駆除

私は毎年ガサガサを行っていますが、2009年以降ウケクチウグイを確認出来ずにおり
恐らくスモールマウスバスに因って消滅したのだと考えています。
また近年は最上川本流で鮎の友釣りが出来なくなりました。
友釣りのオトリ鮎が高い確率でスモールマウスバスに襲われてしまうからです。
山形県の魚はサクラマス。ということで春にサクラマスの稚魚を最上川に放流しますが、
スモールマウスバスに餌を与えているようなものです。鮭や鮎の稚魚放流も然り。
今後スモールマウスバスが増えることはあっても、減ることはないでしょう。
水路や貯水池での在来種の魚、水生昆虫、両生類のためにも、駆除あるのみです。


同じカテゴリー(その他19)の記事画像
苔 赤い花
海獲り 鮭
スギワケ
大和渋柿
ハイイロシメジ
スギワケ
同じカテゴリー(その他19)の記事
 苔 赤い花 (2019-11-10 00:01)
 海獲り 鮭 (2019-11-09 00:07)
 スギワケ (2019-11-08 00:01)
 大和渋柿 (2019-11-07 13:00)
 ハイイロシメジ (2019-11-07 00:01)
 スギワケ (2019-11-06 13:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。