2011年10月21日

地域と生態系への悪影響

山形新聞10月20日朝刊内陸版ニュース欄に掲載された
真室川町の灌漑用貯水池で行われたブラックバスの駆除作業。

釣り禁止 の看板があっても密放流を繰り返し
平気で釣りをするバサーと呼ばれるバス釣り愛好者たちは
地域住民に迷惑をかけ、生態系に悪影響を及ぼしている事に無関心。
一度失われた自然を取り戻すことは大変な労力を要し
地域社会に迷惑をかける行為は、社会人として止めるべきです。
豊かな生態系の自然を子供たちへ伝え残して行くためにも
んだ!ブログの中にもバス釣りをする家族や知人はがいたら、注意して止めさせましょう。


TG-610 書籍撮影モードで撮影。綺麗に撮れてます。face02


タグ :環境

同じカテゴリー(その他11)の記事画像
田沢川ダムまつりは禁漁区でイベント
ブラックバス2年魚
生態系崩壊の予兆.2
生態系崩壊の予兆.1
千曲川の軽石
新連載 環の道標
同じカテゴリー(その他11)の記事
 田沢川ダムまつりは禁漁区でイベント (2011-10-15 19:00)
 ブラックバス2年魚 (2011-10-04 19:00)
 生態系崩壊の予兆.2 (2011-10-03 19:00)
 生態系崩壊の予兆.1 (2011-10-02 19:00)
 千曲川の軽石 (2011-09-13 19:00)
 新連載 環の道標 (2011-05-16 13:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。