2009年05月08日

三瀬、温海、谷定

山形県レッドデーターブックだったと思うが、三瀬に日本桜草が自生していたらしい。
確かに赤と白があり、栽培者の戸数は多いが、地元園芸業者は知らないという。
日本桜草は、増やせる人は簡単にたくさん増やせるが、
譲渡してあげても、増やせない人は全く増やせないどころか、消滅させてしまう。
栽培している方も、その方が亡くなってしまい面倒見が悪くなると、消滅してしまう。
栽培されている方も、それが日本桜草であることを知らずに栽培していることが多く
日本桜草は忘却されやすい植物なんだと思う。
三瀬は栽培戸数が多く、私的には自生地が存在したんだと思う。某沢沿いに。

温海町にも在来の赤の日本桜草を栽培される戸数が多い。

三瀬、温海、谷定

でも在来の白を栽培される家が無い。
そして下記園芸品種『駅路の鈴』を栽培されている家も数件ある。まだまだ調査不足。
また、私が在来の白の小プランターを持って見せているにも関わらず、
「それなら、隣りの人が持っている。」と言うので、お隣りさん宅へ行ってみたら、マラコイデスでした。

三瀬、温海、谷定

日本桜草が自生していた青龍寺川沿い。
山形県レッドデーターブックだたっと思うが、谷定地区から山谷地区を含め自生していたと記してあり
植物に詳しい方も「山谷地区の葦原で見た事がある(当然今は無い)。」と言う。
でもね、私的には谷定地区から金定地区、山谷地区と、山の斜面に日本桜草は存在しないと感じている。
全ての家を一軒一軒訊ねた分けではないが、誰も日本桜草を知らないし、栽培もされていない。
そして金定地区で見つけた日本桜草は園芸品種『駅路の鈴』だった。
谷定地区でも私が在来の白の小プランターを持って見せているにも関わらず、
「それの赤なら、近所で植えている人がいる。」と言うので、案内されて行ってみたら、クリンソウでした。
日本桜草って、つくづく認知されにくい植物なんですね。

三瀬、温海、谷定

小プランター#8-10と日光砂#3の半分を、温海町と谷定地区で譲渡。桐生砂#3を移植。


同じカテゴリー(日本桜草09)の記事画像
永幡さん.2
山形市産3品種
故小林先生
新しく3品種
故斎藤教頭先生.4
新しく6品種
同じカテゴリー(日本桜草09)の記事
 永幡さん.2 (2009-06-03 19:21)
 山形市産3品種 (2009-05-18 19:20)
 故小林先生 (2009-05-17 19:08)
 新しく3品種 (2009-05-17 16:35)
 故斎藤教頭先生.4 (2009-05-16 22:34)
 新しく6品種 (2009-05-15 18:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。