2009年05月15日

新しく6品種

蒼樹会小品盆栽展より6品種入手。
・青葉の笛
・蛇の目傘
・明鳥
・鹿島
・漁火
・サービス品、品種不明。

ポットの用土はパーミキュライトに腐葉土とくん炭を混ぜたのを使っているようで、ふわふわ。
移植を終えた5ツのポットをバケツで洗ってみましたが、
濁りが出なかったので、赤玉土とか使ってないようです。

サービスで頂戴したプラスティック鉢の方は、
盆栽に多用されている小粒の硬質鹿沼と赤玉土でしょか。
ぱさぱさしており、日本桜草には乾燥しすぎているようです。
それに、地植えしていたのからプラ鉢へ移植したからでしょうか、根が余り伸びてません。
でも、根から3本細い細い芽が出ており、可愛いです。丈夫に育ってほしいものです。(^^)

新しく6品種

ポットには花茎が1本だけ。たぶん1ポット1根茎なんでしょうね。
根茎が大きいのを選びたくて、葉が大きいもの、表脈や花茎が太いものから選んできました。
ポットの土を落して、根を広げて移植しようか考えましたが、止めました。
温海へ移植して空いていた桐生砂#3のプランターに、6品種まとめて植えました。

新しく6品種

青葉の笛。松の雪と同じ緑斑がつきますが、花びらの形が違います。

新しく6品種

蛇の目傘。聞いた事あるような品種名で、濡燕に似ていたので選びました。

新しく6品種

明烏(アケガラス)。初めて知る品種名で、京鹿子に似て、良く見るような花に思えたので参考までに選びました。綺麗ですしね。

新しく6品種

鹿島。白トンボと赤トンボがあるので、本当は北斗星が欲しかったのです。
北斗星は三川町山野草会さんが所有していたので、在るはずですが、在りませんでした。
そしたら蒼樹会の方が、開演前に取ってしまっていたのでした。残念〜。(^^;

新しく6品種

漁火。良く聞く品種名で、似た花が多いので、参考までに選びました。

新しく6品種

↓品種不明(紅かがり? 金葉集(きんようしゅう)?)。

新しく6品種

自宅にある京鹿子と今回購入した明烏と、花を並べてみました。

新しく6品種

まったく判りません。(^^;

-----------------------------------------------------
Blog日本桜草2008年03月17日『桜草栽培史16 銘鑑訂補拾遺1』より抜粋。
近年「錦葉集」を「金葉集」と書く向きがあるようであるが、
何十年も使ってきた「錦葉」の名を変える必要はまったくない。

私はネット検索した結果、
『品種不明(紅かがり? 金葉集(きんようしゅう)?)。』と書いたのですが、
「錦葉集」と「金葉集」は同じ品種であり、
しかも「金葉集」が誤りであるようです。
-----------------------------------------------------


同じカテゴリー(日本桜草09)の記事画像
永幡さん.2
山形市産3品種
故小林先生
新しく3品種
故斎藤教頭先生.4
これでも育つ!
同じカテゴリー(日本桜草09)の記事
 永幡さん.2 (2009-06-03 19:21)
 山形市産3品種 (2009-05-18 19:20)
 故小林先生 (2009-05-17 19:08)
 新しく3品種 (2009-05-17 16:35)
 故斎藤教頭先生.4 (2009-05-16 22:34)
 栽培数41品種数 (2009-05-15 18:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。