2007年07月31日

田麦荘の怪獣

朝日村田麦俣地区の国道112号線沿いの民宿『田麦荘』に怪しい獣の像がある。実はこれ、トナカイだそうです。

田麦荘の怪獣


或る日、某所で『東北のスイス村 しなくら荘』と書かれたウグイス色のマッチを見つけました。唱い文句の意味を朝日村の人に訊ねると・・・。

湯殿山スキー場は、国道112号線開通に伴い地域活性を願った田麦俣地区の地主さんたちが、手造りで開業したのが始まりですが、国道112号の工事が遅れたことで道路が確保できなくなり、交通手段が無いのですから客も来ず資金難に陥り、農協が運営を引き継ぐことになりました。

その際、夏場の集客対策として、当時はサンタクロースが流行っていたこともあり、湯殿山スキー場でトナカイ牧場を遣ろうとしたんだそうです。その時のキャッチコピーが『東北のスイス村』で、シンボルとして実物大のトナカイの像が造られ、しなくら荘前に置かれたそうです。スイスにトナカイはいませんが、涼しい夏の高原のイメージがスイスで、厳しい寒さの中で飼育できる生き物としてトナカイが候補に挙がったんでしょうね。

しかし、結局はトナカイを購入することもなく計画は中止。行き場を失ったトナカイの像を、田麦荘さんに引き取ってもらったんだそうです。

でも、田麦荘さんでは「あれは鹿だ。日本鹿だがの牧場を造るとかで、最大サイズで実物大の像を造ったんだけど、計画が中止になったんで、ウチさ置いだな。」ということでした。「あれは今まで何回も修繕してきたんだけど、あど駄目がもの。」とも言ってました。

そういえば以前は茶色に塗られていた気もしますが、造られてン十年が経ち、角は折れ鉄筋が覗き、寿命でしょうか。無くなるのは残念です。なんとか残してほしいものです。

だって、なんだか良く判らない怪しいモノって、おもしろいじゃないですか。(笑)


同じカテゴリー(その他07)の記事画像
冬の読み物.1
コクチバス.2
コクチバス
鶴岡公園の貝
大山の下池水路
十の沢池の用水路
同じカテゴリー(その他07)の記事
 冬の読み物.1 (2007-12-14 07:08)
 コクチバス.2 (2007-12-13 07:31)
 コクチバス (2007-12-12 03:29)
 鶴岡公園の貝 (2007-12-10 07:29)
 大山の下池水路 (2007-12-09 21:59)
 十の沢池の用水路 (2007-12-08 21:19)

この記事へのコメント
この鹿の前 何度も通ったことあります(^o^)/
かわいい顔してるんですね〜♪
Posted by 婆薔薇 at 2007年07月31日 10:43
トナカイだったのか てっきり 馬だと思ってました。
馬の前で9じのーとか。
Posted by わっしー at 2007年07月31日 15:17
婆薔薇さん、
結構みんなに知られた存在ですよね。

わっしーさん、
馬に角が生えたたら珍獣ですよ。(^^)
Posted by さくら at 2007年08月01日 06:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。