2007年12月10日

鶴岡公園の貝

今年9月に鶴岡公園のお堀で、コイヘルペスが発生。下記はその時のニュース記事です。
--------------------------------
生物の保護作業始まる KHV感染、鶴岡公園の内濠
http://yamagata-np.jp/newhp/kiji_2/200710/15/news20071015_0300.php

荘内日報
内濠の生物保護 KHV感染受けコイは処分 鶴岡公園
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/0/ad_vw.cgi?p=dy:2007:10:16:::
--------------------------------

上記ニュース記事の中に、『カラスガイもあった。』『カラスガイも見つかった。』とありますが、採取されたのはドブガイです。もし本当にカラスガイなら、1960年以来の大発見ですから。(^^;

鶴岡公園の貝


過去には赤川で巨大なドブガイが見つかっていました。
--------------------------------
釣魚不全 (2006年12月11日)
ドブガイBタイプ (2) ‥‥‥ こんなに大きくなるのです。
また、東北地方などではドブガイBタイプでもさらに大きく成長した個体が見られるらしいです。
http://www.geocities.jp/zzss8888/tanago/shellfishes/tanago-shellfishes.htm

巨大…ドブガイ発見 2004年03月12日
巨大ドブガイを見つけたのは、 赤川を中心に淡水魚の生息分布調査などを手掛けているNPO法人 「鶴岡淡水魚夢童 (ゆめわらべ) の会」 の岡部夏雄代表。 今月5日、 赤川中流域で調査中に水深約2メートル、 底が泥になっている場所で見つけた。大きいもので、 殻の長さ28センチ、 幅15センチ、 胴周り42センチ、 重さ1.7キロあった。
http://www.e-yamagata.com/newsflash/20040312/index.htm

鶴岡公園の貝


ドブガイは外見だけで判別できないのは理解していますが、鶴岡公園のお堀の二枚貝も、 赤川でみつかった巨大な二枚貝も、カラスガイの形状ではありませんもんね。

釣魚不全さんはドブガイB型の項目で『東北地方などではドブガイBタイプでもさらに大きく成長した個体』と書いてますが、私にはA型に見えます。鶴岡公園の貝もそうですが、大きなドブガイはドブガイA型=ヌマガイではないのかと・・・。


タグ :

同じカテゴリー(その他07)の記事画像
冬の読み物.1
コクチバス.2
コクチバス
大山の下池水路
十の沢池の用水路
用水路の貝たち.2
同じカテゴリー(その他07)の記事
 冬の読み物.1 (2007-12-14 07:08)
 コクチバス.2 (2007-12-13 07:31)
 コクチバス (2007-12-12 03:29)
 大山の下池水路 (2007-12-09 21:59)
 十の沢池の用水路 (2007-12-08 21:19)
 用水路の貝たち.2 (2007-12-07 07:00)

この記事へのコメント
でかw(゜□゜)w
貝がここまでデカくなると
ちと怖いかも・・・(゜_゜;)
Posted by at 2007年12月10日 10:27
裏の沼で小学生の頃、幅20cmくらいのドブガイ捕まえたことあります。
臭かったので、友達にあげました。
あれって食えたのかな?
Posted by 夜のジョニー at 2007年12月10日 22:45
優さんコメントありがとうございます。
赤川のドブガイは水深約2.0mに在ったそうですが、普通そこまで探れないですよね。月光川河口のカラスガイは浚渫工事で見つかってますし、最上川にも、きっとデカいのが眠っているはずです。ワクワク (^^)

夜のジョニーさんコメントありがとうございます。
ドブガイは「昔は食べていた、そうだよ。」「臭くて喰えなかった、そうだよ。」と聞きます。実際食べたことあるという人に出会っていないので、不味いんだと思います。(^^;
Posted by さくら at 2007年12月11日 07:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。