2007年10月05日

河床低下

ダムが出来ると、ダムに堰き止められて、上流から砂礫や石が流れて来なくなります。それでも川の流れに因って砂礫や石は下流へと流され、ダム直下から河床低下が始まります。

河床=川の底が低くなると、当然水面の位置も下がります。此処は朝日村岩本の岩本川ですが、右岸のコンクリ護岸に付いた、以前の水位の跡と、現在の水位を見比べていただくと、河床低下の度合いが分かると思います。

昔の水位跡まで伸びた階段が、モノ悲しいですね。



赤川に月山ダムが出来る前は、雨が降れば赤川本流が増水して激しい流れとなり、岩本川のような細い川の水は本流の圧力に負けて流れ出れなくて、岩本川の合流は淀み、水位が上昇しました。

水位が上昇すると、床止め工(堰堤)の落差が少なくなり、または水没してしまうので、魚は楽に上流へ遡上していくそうです。徐々に水が捌けていったので、川底の石が流されることもなく、河床が急激に下がることもありませんでした。

でも今は、大雨洪水の予想になると、月山ダムが放水を控えるので赤川本流の水位は上がりません。ダムがない支流だけ増水する事になり、川の水は砂礫と石を持って、一気に本流へ流れてでて、河床低下を招いています。床止め工(堰堤)の落差も大きくなり、魚は遡上できなくなりました。

川を樹に例えると、本流は幹で支流は枝です。立派な樹は枝が活きています。川にも川のバランスがあり、そのバランスを補ってやるのが、川造りだと思います。  


Posted by さくら at 11:32Comments(2)その他07サクラマス

2007年10月05日

其処は産卵場

10月7日(日)に、『百年の森づくり 第6回田沢川ダムまつり』が開催されます。詳しくは山形県庁のHPをご覧下さい。
http://www.pref.yamagata.jp/regional/syonai_bo/news/event/7337074publicdocument200708306045567565.html

『田沢川ダムまつり』で一番人気のイベントは、『魚のつかみ取り』だそうです。でも、『魚のつかみ取り』のイベント会場は、田沢川ダム直下の田沢川。此処は田沢川ダムは田沢川に棲む魚の魚止めであり、サクラマスやヤマメの産卵場なので、異議あり!です。



田沢川ダムが完成してから、毎年10月上旬にサクラマスの産卵を観察してきました。当初は田沢川ダムが完成したばかりでもあり『いつか誰かが進言するだろう。』と思っていました。平成16年度の内水面漁業調整規則改正にともない、最上第八漁協は、簗場橋(阿部家の処の橋)から上流田沢川ダムまでの区間を禁漁区に設定しました。これで何とかなるだろう。そう思って見てきましたが、去年は1尾も見ることが出来ませんでした。このままでは‘百年の森づくり’の前に、魚が消えてしまいます。

【最上第八漁協】
そこで最上第八漁協の組合長さんに電話して「今後改善してもらえないだろうか」と話した処、とても個性が強い組合長さんで、「最上第八漁協は『田沢川ダムまつり』を認可している。地域の祭りに協力しているのを理解できないおまえは馬鹿野郎だ!」とお叱りを受けました。サクラマスの産卵場であることを理解しながら、まつりを優先する姿勢は、赤川漁協が早田川の橋脚工事を認めたのと同じものでした。漁協は魚の身方ではないようで、とても悲しくなりました。

山形県が最上町に建設を計画している最上小国川ダムの建設反対を訴えるために、先日も上京して、民主党の菅直人議員・脱ダム宣言した新党日本の田中康夫議員に面談し、訴えを伝えてきた小国川漁協さんはエライ。それでこそ魚の身方です。
http://www.yfn-net.jp/ogunigawa/dam/01.htm

【庄内総合支庁建設部河川砂防課】
田沢川に遡上したサクラマスに援護者がいないのは可哀想なので、山形県庁のHPで『この記事に対するお問い合わせ』として記載されていた庄内総合支庁建設部河川砂防課にも電話してみました。「今後改善してもらえないだろうか」と話してみたところ「ウチが主催ではないのですが・・・」と断りが入った後に、「サクラマスの産卵場であることと、禁漁区になっていることを知らなかった。」「今後検討してみます。」と言ってくれました。田沢川ダムまつり“協力”の庄内総合支庁建設部河川砂防課ですが、お力添えをお願いします。

【田沢川ダムまつり実行委員会事務局】
山形県庁のHPの『詳しくはこちら』をクリックして、主催事務局が平田総合支所建設課建設係であることを知り、電話を掛け、同様のお願いをしてみました。担当者は不在で、電話に出て下さった方にお願いして、電話を終えました。

サクラマスの産卵場の保全と保護のために、御一考いただきご配慮のほどヨロシクお願いします。


ダムは、丈夫な岩盤の上に建設されます。ダムが完成すると、上流から砂礫や石が流れ落ちて来なくなり、“河床低下”が始まります。河床低下を防ぐために田沢川ダム直下の河床も護岸されています。



軽い砂礫と小さな石は下流に流され、岩盤の河床が露出し、大きめの石も流されて堆積。このように砂礫が無い河床は、産卵に適しません。



『魚のつかみ取り』イベント会場の上流は砂礫が流失しており、石しかありません。その貴重な砂礫と石を使って“会場”を造っているのが、一番問題です。イベント会場の脇と下流は、まだ河床低下の影響が少なく、砂礫が残っています。小さなイベント会場の上流と下流で、河床の石が違うのが分かりますよね。



この砂礫がある場所こそズバリ産卵場であり、この砂礫が産卵床となるのです。既に禁漁区になっている場所ですから、田沢川ダムまつり実行委員会事務局と最上第八漁協さんにはコレを理解していただき、サクラマスの産卵場を保全しサクラマスを保護してほしいです。

秋になればサクラマスの産卵が観察できる河川は、これだけ条件よく観察できる河川は、恐らく山形県で此処だけです。それはそれで良い観光資源になるのですから、是非お願いします。

  


Posted by さくら at 11:30Comments(5)その他07サクラマス