2017年09月20日

スズメバチ 襲来!

台風一過、窓を開けて強めの秋風を楽しんでいると、
ヴヴヴヴヴォ〜!と大きな重低音を響かせ『蜂』が飛び込んできました。
そして窓際の壁の辺りでピタリ!と羽ばたく音が消えました。

クマンバチが飛び込んできて壁にぶつかって落ちたと感じた私は、窓際へ行き
置いてあった鮎タモを避けようと持ち上げたところ、タモ網にスズメバチがくっ付いていてビックリ!face08
一瞬焦ったけど、よく視ると網の中に入っていたので一安心。
大人しいクマンバチだと勝手に思い込んいましたし、網の外に止ってなくて本当に良かったです。

折角なのでBlogネタになってもらうことにして、凶暴な針を見せてもらうことに。
ピンセットで体を挟んで抑えようとしても暴れて写真を撮れそうにありません。
でも、なんか変。視ていて針が出てない気がします。
網を絞り、ウレタンマットを宛てがい刺激を与えても、ピンセットで挟んで抑えて視ても、残念ながら針は無いようです。


今回も逃がしてあげましたが、二日連続に家に入って来るとは、近くに巣があるんでしょうかねえ、恐い恐い。face07
  


Posted by さくら at 15:57Comments(0)その他17

2017年09月20日

半月網でGO ブラックバス駆除

農閑期となり川からの取水が終わり、水が流れなくなった灌漑用水路で、魚の生息調査。
魚の生息調査といっても、調査はNPO鶴岡淡水魚夢童の会の岡部夏雄氏によって完了しているところがあるので
私の場合ブラックバスとブルーギル、コクチバスなどを調べています。

しかし今年は最上川の右岸と左岸、両方で魚ッ気がありません。
いつもなら流水を好むウグイやオイカワの稚魚や若魚がそれなりに棲息しているはずなのに、極端に少ないのです。
今年は短時間で激しく降る大雨に因る被害が全国的に多かったので、
土地改良区もその都度取水を止めていたので、灌漑用水路の魚が酸欠で死んだりでも、してたのでしょうか。
モクズガニも見かけないので、水門の開閉と関係なるのかもしれませんが、理由は全く分りません。
とにかく魚ッ気がありませんでした。それでも採れてしまうのがブラックバス。駆除しておきました。




  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17