2018年10月03日

これまでは酒田市の亀ケ崎城跡

北東北最大の戦国大名、三戸南部氏の居城だった「聖寿寺館跡」(青森県南部町)から、
犬の土人形が見つかった。「犬形土製品」と呼ばれ、
これまで各地の有力大名の屋敷跡などから見つかっているが、
今回の発見場所が最北端となる。近畿地方の有力者から贈られたものとみられ、
南部氏の権威や交流を物語る貴重な資料だという。

南部町によると、大きさは、高さ3.5センチ、全長6.6センチ。
16世紀前半に近畿地方の職人が手作りし、当主の妻などに向けた安産祈願のお守りと推測される。
文献で記述されることが少ない戦国時代の女性の暮らしを考える上でも、手掛かりになるとしている。
これまでの最北端の出土地は、山形県酒田市の亀ケ崎城跡だったという。


知らなかったのでビックリ。
源義経と武蔵坊弁慶は鼠ヶ関を通り奥州平泉に向かったとされており
時代こそ違えど、そういう流通ルートがあったのかと思うと、ロマンを感じます。face05


同じカテゴリー(その他18)の記事画像
大型の季節 モクズガニ
イガ栗
スギワケ
舞茸
クロミャクチャタテ
ヒメカマキリ 緑色型
同じカテゴリー(その他18)の記事
 大型の季節 モクズガニ (2018-10-12 14:48)
 イガ栗 (2018-10-02 00:01)
 スギワケ (2018-10-01 00:01)
 舞茸 (2018-09-26 16:00)
 クロミャクチャタテ (2018-09-23 16:00)
 ヒメカマキリ 緑色型 (2018-09-22 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。