2019年06月03日

ワラビ 悪あがき

「今年は地面が乾燥していて、おがれないんだ」という事でしたが、
先日雨が降ったことから諦め悪く日曜日にワラビ採りへ行った両親。
少しだけ採ってきたけど固い部分も多く、これで本当に今年最終でしょう。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年06月02日

無双真鯛 廃盤と新作

ハヤブサ社の無双真鯛のタイラバヘッド、潮斬鯛玉は既に廃盤。店頭在庫のみ。
定番のVSは廃盤宣言こそ無いものの、次回生産は未定とのことで、現段階では店頭在庫のみ。
VSのみ新色を出しているので廃盤に備えた売り尽くし展開ではないかと。
SLも在庫があるみたいですが、恐らく生産はしておらず、社内在庫で終了するのではないでしょうか。


代わりに登場するのがSF(ストレートフォール)ヘッド、とWF(ウォブリングフォール)ヘッド。
ハヤブサ公式サイトに掲載されていないのでルアーニュースRサイトでご紹介。
発売開始は、釣り雑誌には5月下旬、6月上旬と載ってましたが、公式発表は6月中旬以降だそうです。
店頭に並ぶのは6月下旬になるのではないかという話しです。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)海釣り

2019年06月01日

イワヒバ 植え替え

イワヒバの栽培には鹿沼土を使っていましたが、
崩れ易かったことと水捌けの良さを求めて、日向土に換えてみました。
しかしウチの庭は風が強いせいか、乾燥して葉が巻くことが改善されませんでした。
根張りを良くして吸水性を高めてあげれば、葉が巻かなくなるのではないかと考え
今年は鹿沼土と赤玉を半々で混ぜた、保水性を高めた用土にしてみました。
(雨が降ると葉を広げるので、庭の風通しの良さ=風が強いのが要因ではないかと考えている次第です)

イワヒバの植え替えは、根の土を落とす事なく一回り大きな鉢に植え替えるそうですが、
毎回鉢号数を上げていては栽培スペースには限りがあるし、
実際今までそうやって栽培してきましたが余り生長しないので
今回は根を洗って用土を落としてみました。
そうしたところ、逆に一回り小さい鉢に納める事も出来て、スッキリしました。
根を洗っても大丈夫なのかは、今年の様子を見て判断するしかありません。




今までのように一鉢一鉢写真を撮っていては、作業効率が悪くて面倒なので、今回は止めました。(^^;

イワヒバは生長が遅いと言われていますが、私が葉挿しで増やした個体を譲渡したお宅のイワヒバは、
既に握りこぶし大ほどに育っており、我が家の生育の悪さを思い知らされました)

日本桜草と福寿草の最大では、鹿沼土主体が一般的ですが、
我が家の場合は鹿沼土では全然駄目で、赤玉主体が正解でした。
地域と場所により栽培環境は違うので、試していくしかありません。






  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)イワヒバ

2019年05月31日

福寿草 ミチノクフクジュソウ 枯れてきた

25度以上の気温が5日連続で続いた後に高い気温を観測。
5月25日最高気温 27.1 (12:30)
5月26日最高気温 28.9 (09:40)
5月27日最高気温 29.4 (10:20)
5月28日深夜から29日明け方に1時間に5.5mmや4.5mmの雨が降る。

↓日照時間が一番短い場所に置いていたせいか、繁殖力高いミチノクフクジュソウゆえなのか
茎も倒れず緑色に茂っていたのですが、此処にきて倒れて枯れ始めてきました。
日本桜草をこの場所に置くと徒長してしまうので、明るい日陰というべき場所のようです。


↓2019年04月06日「福寿草 佐藤さん宅より」もらってきたミチノクフクジュソウ。
遅れて芽吹いた個体も大きく生長してくれました。
元々根が短く本数も少なかったこともあり、枯れたことに納得しています。
この鉢だけは、根の生長を楽しみにしています。

  


Posted by さくら at 17:59Comments(0)福寿草 ミチノク

2019年05月31日

福寿草 吉野 寿 枯れてきた

5月25日最高気温 27.1 (12:30)
5月26日最高気温 28.9 (09:40)
5月27日最高気温 29.4 (10:20)
5月28日深夜から29日明け方に1時間に5.5mmや4.5mmの雨が降る。
25度以上の気温が5日連続で続いた後に高い気温を観測。

吉野の鉢を置いている場所は日照時間が少ないせいか
茎が倒れることもなく緑色でもっていたのですが、一気に茎が枯れてきました。↓


寿は遅咲きの品種でもあり緑色のままでしたが、葉が萎れて枯れてきました。↓


肥料焼けではないことを願いつつ、秋の鉢開けで検証したいと思います。  


Posted by さくら at 14:59Comments(0)福寿草 吉野 寿

2019年05月31日

福寿草 枯れる

5月25日最高気温 27.1 (12:30)
5月26日最高気温 28.9 (09:40)
5月27日最高気温 29.4 (10:20)
5月28日深夜から29日明け方に1時間に5.5mmや4.5mmの雨が降る。

25度以上の気温が5日連続で続いた後に高い気温を観測。それで一気に枯れました。
開花が早かったから枯れるにも早かったのか。
好天続きで気温が高かったら、早く枯れたか。
私の中では今までで一番濃い液肥を毎日潅水したから肥料焼けして枯れたのか。
秋の鉢開けで確認したいと思います。



  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)福寿草

2019年05月31日

福寿草 17 実生 2年芽 枯れる

5月25日最高気温 27.1 (12:30)
5月26日最高気温 28.9 (09:40)
5月27日最高気温 29.4 (10:20)
5月28日深夜から29日明け方に1時間に5.5mmや4.5mmの雨が降る。

25度以上の気温が5日連続で続いた後に高い気温を観測。
それで一気に茎が倒れて茂みが割れて、陽当たりが良いところから枯れてきました。


本当に播種4年目で開花する個体もあるのか検証中なので、秋に鉢開けして植え替えです。  


Posted by さくら at 09:00Comments(0)福寿草 実生

2019年05月31日

福寿草 18 実生 1年芽 倒れる

5月25日最高気温 27.1 (12:30)
5月26日最高気温 28.9 (09:40)
5月27日最高気温 29.4 (10:20)
5月28日深夜から29日明け方に1時間に5.5mmや4.5mmの雨が降る。

25度以上の気温が5日連続で続いた後に高い気温を観測。
それで一気に茎が倒れて本数が減りました。このまま今年は終わりです。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)福寿草 実生

2019年05月30日

オオホシオナガバチ

部屋に舞い込んできました。調べたらオオホシオナガバチが一番近い感じでしたが
紋様が微妙に違うので、同定を間違えているかもしれません。(^^;


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年05月29日

ワラビ 今年最後

両親が採ってきた、我が家で今年最後であろうワラビ。
採ってきた時で2kg。そこから下処理したので・・・計り忘れました。face03


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年05月28日

鳥海筍

鳥海山に詳しい知人からの鳥海筍のお裾分け。
さすがに太いのばかりです。私とは大違い。face03


これで1kgでした。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年05月27日

カモシカの糞 閲覧注意(^^;

急斜面を両手を使って登りながらの筍採り。
ふと見ると目の前に黒い粒が敷き詰められていました。カモシカの糞(ふん)です。

何年か前に、バキバキと音を発しながら下から登ってきた獣がいました。
筍を食った跡もあり、こんな場所にカモシカは居ないと考えて熊だと判断したのですが、
熊は猫のようにしなやかに移動するので、音を発てながら登ってきたことが疑問でした。
あの時の獣は、カモシカだったのかもしれません。

↓クリックしても300×225のサイズです。


  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)その他19

2019年05月27日

イカリソウ

イカリソウもあちこちで咲いていて、
やっぱり本来なら今が筍の時期なのかもしれないと思いました。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年05月26日

ウド 今年最後

ウドも今になって生え揃ってきたのか、あちこちに生えてました。



採ろうかなと思いましたが、筍採りながらにしては急斜面過ぎたので、止めときました。
おがっている場所は↓こんな感じで伸びており、また来年楽しみたいと思います。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年05月25日

なんちゃって鳥海筍 今年最後

夏日が5日以上続いた後、21日の夜明けから久し振りに雨が降りました。
激しい雨ではなく、シトシトと長く降り続く感じの雨でしたから、植物には優しい恵みの雨になったはず。
筍がおがる時間を空けてから、今年最後の筍採りに出掛けてみました。

山では春セミが鳴き、下の沢からはカエルの合唱が聞こえてきました。
林道脇の笹薮には細い笹筍が出ています。モミジの木の下には種が落ちていました。
山の賑わいから『本来なら今頃がシーズンなのかな?』と思ってしまいました。
途中、下山してきら地元のお婆さんと出会いましたが、
「伸びていて、(採りに入るのが)遅かった」と残念がっていました。
地元のベテランでさえタイミングを逃すのですから、山菜採りも難しくなったもんです。


斜面の土は良い感じに湿っていました。
早々に伸びた筍を見つけましたが、下草がおい茂り、筍を見つけるのは困難な状況。
竹が生えている場所を目指して登り、周辺を見回し下草をかき分け、伸びた筍を採っていきますが、
気づけばとんでもない急斜面を登っています。そういう処にしか生えてないし、見つけられませんでした。


最近まで残雪に覆われていた場所には、太い食べごろサイズの筍が顔を出していましたから
なんちゃってではなく、本気の標高高い場所では、これから良い感じで採れると思います。
私はそこまで熱心ではないので、今年の筍採りはこれで終了です。(^^)

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年05月24日

私のタラの木 現状

2019年04月24日「私のタラの木」から1ヶ月が経ちました。
その後も芽吹いた2番芽3番芽、更に脇芽ももぎ取られたようです。
もうね、怒りを通り越してタラの木が可哀想。山菜採りのマナーは崩壊しているのでしょう。


ふと、ご近所さんが3年前に移植したタラの木が見えないことに気づきました。
見に行くと、既に伐ってました。


私のは勝手に生えてきたのを大事に育てただけですが、ご近所さんのはわざわざ移植した木です。
それを伐るなんて、芽を摘まれたことが相当ショックだったんでしょうね。見切りが早いです。
私のタラの木も、今度ノコギリを持って行くので、伐り倒してきますわ。kao15  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)その他19

2019年05月24日

イワヒバ 緑の葉へ

2019年04月30日「イワヒバ 目覚め」から3週間が経ち、
気がつけばイワヒバの葉が緑色になりました。しかし潮害にやられた葉は元にも戻っていません。
陽は画面右側から射してくるので、日陰となるイワヒバで日陰になる場所に雑草が生えてきました。


↓2019年04月30日「イワヒバ 目覚め


我が家の庭はイワヒバ栽培に適していない事が判明したので、
栽培するモチベーションは下がりっぱなしです。icon15icon15icon15


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)イワヒバ

2019年05月23日

氷菓 サクレ メロン味

フタバ食品の銘氷菓サクレのメロン味を食べました。
あずきとレモン以外にも毎年色々が味が発売されていても
地元で味わえるのが毎年あずきとレモンばかりでしたから、
それ意外の商品を取り扱ってくれただけでも嬉しかったです。
https://www.futabafoods.co.jp/product/capice/

食べた感想として、最初の一口がメロンシロップそのものの濃厚さで、流石サクレ!
『この濃厚さは年寄りにはどうなんだろう?』と思いましたが、まあこれはこれで、たまにはありでしょう。
見かけたら食べてみてください。メロン風味が強烈です (^^)/




  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)その他19

2019年05月23日

メロン仔

今年最初のメロン仔いただきました。
漬け物にすると とっても美味しいんですよ face02icon28icon14


初物にしては玉が大きい気がしたのですが、
高温が続いた先週あたりに、一気におがったそうです。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年05月22日

限定商品 赤いたぬき天うどん

東洋水産ニュース 「赤いたぬき天うどん」 新発売のお知らせ
https://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2019/05/_40_1.html

スーパーで売っていたので買ってみました。
私はカップ麺にこだわりは無いのですが、天ぷらがサクサクという理由でどん兵衛が好みです。
或る日、赤いキツネを食べたら、糞不味くてビックリしたことがありました。
赤いキツネも緑のタヌキも以前から食べていたはずなのに、
この時の赤いキツネはどうしようもなく不味かったのです。
それ以来食べてきませんでしたが、どうして破棄したくなるほど不味いと思ったのか不思議だったので
今回「赤いたぬき天うどん」ですが、再度チャレンジしてみることにした次第です。


食べた感想として、不味くはないけど美味くもありません。
どん兵衛キツネのように卵を入れようとも思えない、美味しくはないです。
ヌルヌル脂っぽくて、『何なんだろうなあ・・・』『何でこの味付けなんだろう???』
『こんな味を好むのは、ご飯にマヨネーズを掛けて食べて、美味しいというような感じじゃないのか』
と思いながら食べ終えて、ようやく気づきました。
これは天ぷらうどんではなく、天かすうどんであると。

だから最初からヌルヌルするし、これを美味しいと思う人がいるのでしょう。
私はもう一度食べたいとは思いませんが、
ドロッと溶けている天ぷらだけでは食感が寂しいので、クルトンでも加えると良いかもしれません。
赤いたぬき天うどんは、カップ麺のうどんに天かすを加えた味と食感でした。  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)その他19