2018年04月10日

イワヒバ 雨でようやく全開

葉を全開に広げても、紅葉が残っている内は、冬眠明けの寝ぼけた状態らしい。
温かくなってから冬眠明けさせると数日で緑色に戻るのだそうです。ウチはもう少し時間がかかりそう。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)イワヒバ

2018年04月09日

福寿草 ミチノクフクジュソウ 葉繁る

今回の雨に備えて軒先きへ避難させておいたミチノクフクジュソウが、気付かぬ間に葉を繁らせ、生長してましたわ。face02


↓2018年04月01日「福寿草 ミチノクフクジュソウ


↓ミチノクフクジュソウと福寿草、寿では葉の色が違う。


  


Posted by さくら at 15:00Comments(0)福寿草

2018年04月09日

福寿草 寿 花色変化の魅力

花が終わって茎が伸びている今の時期、強い雨や風に晒されて茎が倒れると今期はもう元に戻りませんから、
今回の風雨を避けて軒先きに鉢を移動しておきました(7日と昨夜のアラレ?には驚きました)。
4月8日の夕方に様子を観てみると、雨模様でも光りを求めるのですね。花が明るい方向へ向いていました。
昨年は5輪で今年は6輪開花です。


雨模様だし、夕方だし、花が閉じ加減ということもあり
2018年04月06日「福寿草 寿 花色変化の魅力」と比べて緑が濃く感じました。
今まで緑色になるまでの画像がアップされてない=今までは肥料不足だったということかしら。

↓上記画像左側の花


↓上記画像右側の今までアップしてきた花。隣りの茎が伸びてきて、隠れ気味になってました。


↓2018年04月06日


↓2018年04月02日「福寿草 寿 満開」掲載画像



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)福寿草 吉野 寿

2018年04月08日

イワヒバ 雨でようやく全開

2018年03月29日「イワヒバ 冬眠終了」から、なかなか葉を広げてくれませんでしたが、連日の雨でようやく全開へ。


潅水が足りないのか、イワヒバに対して風が強くて乾燥気味になるのか、
雨が降ると葉が全開で活き活きとなるのが我が家のパターン。・・・後者が要因だと思う。
  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)イワヒバ

2018年04月08日

福寿草 鉢開け 痛み苗

2018年03月30日「福寿草 鉢開け 痛み苗」で紹介した株が、傷んで枯れてしまいました。
花も咲いて種もついたので植え替えて良かったと思ったのに、残念。
元からヤバい感じがしていたとはいえ、
こんな感じで枯れてしまったのは初めてなので原因が気になります。



↓2018年03月30日「福寿草 鉢開け 痛み苗」の時の白く囲ったのが枯れた株。
画像を改めて見てみると当時既に葉が黄ばんでますね。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)福寿草

2018年04月07日

福寿草 山に蒔いて3年芽

移植するつもりでしたが鉢植えと違って3年芽なのに細く、移植しても周囲の草に負けるように思えて止めました。
2年芽の時と見比べると葉も大きく丈もあるように感じますが、鉢植えと違って如何せん茎径が細い・・・。



↓2017年04年18日「山に蒔いた種 二世より昨年=2年芽の画像。


  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)福寿草 山で種まき

2018年04月07日

山に蒔いた種 福寿草 二世

2017年04月18日「山に蒔いた種 福寿草 二世」で紹介した3箇所で、2年芽となった今年の様子。

----------------------------------


↓上の画像、石の左上の白く囲った箇所。


↓2017年1年芽。


----------------------------------
----------------------------------


↓2017年1年芽。


----------------------------------
----------------------------------


↓上の画像、左上の白く囲った箇所。


↓2017年1年芽。画像の左側が↑の白く囲った箇所。


----------------------------------

  


Posted by さくら at 15:00Comments(0)福寿草 山で種まき

2018年04月07日

福寿草 山に蒔いて7年芽

2018年03月27日「福寿草 山に蒔いて7年芽」で紹介した個体。
この場所は育つんだけど未だ開花しないから不思議。来年こそ開花を期待。




  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)福寿草 山で種まき

2018年04月07日

福寿草 山で種まき 発芽率高

4月5日の夜から雨が降り始め、6日はずっと雨が降ってましたが鶴岡城で桜の開花宣言。
今日7日も雨。明日8日は山沿いで雪。その後も雨模様なので、今期の福寿草は終わりですね。


2018年03月05日「福寿草 山で種まき」した場所でも高い発芽率。蒔いた分だけ帯状に芽吹いてますface02



山に蒔いても発芽率は高いのですが、2年3年と経っていくと残存率が激減して、場所によっては消滅しまいます。
鉢で栽培すると残存率も高いままなので、野山だと周囲の周囲の草に負けてしまうのでしょうね。
今までの場所と違って陽当たりが良い斜面なので、今後どうなるか楽しみです。  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)福寿草 山で種まき

2018年04月06日

福寿草 ミチノクフクジュソウ

道路脇で咲くミチノクフクジュソウ。内陸でパチリ。cameraicon12/icon02
ミチノクフクジュソウの葉は赤紫を帯びた濃い緑色。


↓2018年04月01日「福寿草 ミチノクフクジュソウ」に掲載した画像。
 後ろに見える、葉も茎も鮮やかな緑色なのがフクジュソウ。


2017年04月29日「福寿草 品種 種類 見分け方」:フクジュソウとミチノクフクジュソウは品種が違います。  


Posted by さくら at 15:00Comments(0)福寿草

2018年04月06日

福寿草 寿 花色変化の魅力

2018年04月02日「福寿草 寿 満開」から気温が高い日が続きましたが、昨晩から雨。
暫く雨模様が続く予報になっているので、此処から花の色が抜けて散っていくことでしょう。
寿は、他の福寿草が終わってから見頃を迎える、この花色の変化が魅力でもあります。


↓2018年04月02日「福寿草 寿 満開」掲載画像



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)福寿草 吉野 寿

2018年04月05日

福寿草 実生 発芽

繁っているように見えますが、しおれる双葉が散見されるようになりました。
明日4月6日から暫く雨模様が続くので、いっきに消滅するのではないかと思い、記録のために画像を掲載。


↓2018年04月01日「福寿草 実生 発芽


↓2018年03月28日「福寿草 実生 発芽


↓2018年03月25日「福寿草 実生 発芽


  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)福寿草 実生

2018年04月05日

コシノコバイモ

永幡嘉之さんが書いた2005年5月2日山形新聞『やまがた 春の花』によると
「コシノとは越後の意味で、山形県では温海や鶴岡、そして小国の一部でのみ見られる」そうです。
カタクリや葉わさび、マムシソウみたいに見慣れた野草なので、何処にでも在ると思っていました。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年04月04日

沈丁花 開花

4月4日観測史上2番目の早さで仙台市桜満開(1番早かったのは2002年4月3日)。


昨日の日中は風が強く、風が止んだ夜に好い香りが庭に漂い、開花に気付きました。
今日は霧雨で庭に香りが漂いませんが、近くに寄ると好い香りがします。


  


Posted by さくら at 17:00Comments(0)その他18

2018年04月04日

エンレイソウ

エンレイソウにも色々品種があるみたい。
普段みかけるエンレイソウより色が薄い感じがしたけど、良く分りません。


  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)その他18

2018年04月04日

ビロウドツリアブ

4月3日、国道の温度計が22度と表示されていた。
帰宅後にアメダスをチェックしたら最高気温が21.6℃ (11:50)。
風も強く、最大風速は南西の風8.5m/s (13:30)だった。

「山で種まき」した福寿草を見に行ったら、撮影している目の前に、小さくて丸い茶色いハチが蜜を吸いに現れた。
花に止った時に撮影しようと待ち構えてみるが、ハチトリのように空中に静止して蜜を吸っているし、口は常に伸びている。
逃げずに同じ場所に静止しているし、至近距離だったのでバッチリ撮影出来たと思っていたのですが、
帰宅後にPCでチェックしたら、明るい日陰だったため露出不足&羽ばたきが早過ぎてピンぼけばかりでガッカリな結果に。
目の形からハチではなくアブだろうと思い種類を調べたらビロウドツリアブというらしいです。
都市郊外で良く見られる普通種だそうですが、普段そんなに気にしてないから、初めて知りました。
『幼虫は、土中に巣を作るヒメハナバチの仲間の幼虫やサナギに寄生する』そうで、
狭い場所なのに数匹は飛んでましたから
ハチ好きな私としては、益虫のマルハナバチを餌にしているのかと考えると複雑な思いです。



  


Posted by さくら at 04:04Comments(0)福寿草の勉強

2018年04月03日

アマドコロ

ばっちり生えてました。face02


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他18

2018年04月02日

葉わさび

葉わさびを頂きました。
時期的に早い気もしますが、最近はずっと温かいからですからね。



  


Posted by さくら at 15:00Comments(0)その他18

2018年04月02日

福寿草 寿 満開

2018年03月28日「福寿草 寿 開花」から好天続きで、早くも満開。
この勢いだと気がついたら散っていたということになりかねないので、画像をアップ。


寿=小菊ですが、花の直径はアンプルと同じくらいあるので、言うほど小さいとは感じません。
逆に花びらの枚数が多くボリュームがあるので、見応えを感じるほどです。お薦めしたい品種です。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)福寿草 吉野 寿

2018年04月01日

福寿草 実生 発芽

福寿草の1年芽は双葉のままで、間もなくしおれて消滅して1年目を終わります。
しおれた姿を撮り忘れるかもしれないので、発芽から約1週間ということで画像掲載。
1年芽から液肥を与えて育てると、早いと4年芽には開花するらしいので、極薄い液肥を与えてました。


2018年03月28日「福寿草 実生 発芽


2018年03月25日「福寿草 実生 発芽


  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)福寿草 実生