2016年07月22日

鮎釣り

今年の鮎は小さく、流れの強い場所には魚影が少ない気がしていましたが、此処ぞというポイントで掛かってくれました。
空中バレが何と6回。小さくてリリースしたのは3尾。最後は鼻カン周り糸が切れたので納竿。
釣行中、カタカタと引船の投入口に内側から鮎がぶつかる音が聞こえていたので
30尾は釣ったのかなと思ってましたが・・・帰宅したら酸欠で半数以上が死んでいたり瀕死の状態でビックリ。
数えてみたら3時間で39尾の釣果(時速13尾)。
(たらればの話しとして、空中バレ6回と小さいの3尾、切れた1尾までカウントすると49尾となり時速16.3尾)

鮎釣り

次回の釣行のためオトリ2尾を残しておき、37尾の重さを計測。
大きい方10尾で456g=45.6g/尾。
次が10尾で398g=39.8g/尾。
残り17尾合計550g=28.9g/尾(舟形町の小国川の鮎釣り大会の釣果サイズは31.9g/尾)。
37尾合計1,404g=37.9g/尾。

鮎釣り


同じカテゴリー(鮎釣り)の記事画像
鮎釣り 3尾/298g
鮎釣り 米代川鹿角地区
鮎釣り 今期最大158g
鮎釣り 死滅回遊個体
鮎釣り 5尾/356g
鮎釣り 終わりが近い?
同じカテゴリー(鮎釣り)の記事
 鮎釣り 3尾/298g (2019-09-14 00:01)
 鮎釣り 米代川鹿角地区 (2019-09-09 16:41)
 鮎釣り 今期最大158g (2019-09-07 00:01)
 鮎釣り 死滅回遊個体 (2019-09-06 00:01)
 鮎釣り 5尾/356g (2019-09-03 00:01)
 鮎釣り 終わりが近い? (2019-09-01 00:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。