2009年04月29日

永幡さん

4月28日(火)の山形新聞朝刊7面掲載された『両羽博物図譜を読み解く』で、
永幡嘉之さんがサクラソウが紹介されており、嬉しかったです。
永幡さんの行動力は素晴らしく、少なくとも山形県内では間違いなくダントツのフィールドワークを誇ります。
その永幡さんが記事の中で『1990年代後半、山形県下では野外から絶滅した。』と書かれているのですが、
1990年代後半まで残っていたのは何処なのか?
蔵王に自生していないのか?
と、気になったので、今度会う時に訊ねてみようと思う。

永幡さん


ゼニタナゴもそうなんだけど、絶滅した証拠と確証はないのだから、絶滅したとは言えないと思う。
嫌らしい言い方になるけど、絶滅とは50年間見つかってない場合に絶滅となるので
2040年後半以降じゃないと「絶滅した。」と使えないと思います。
少なくとも私には、まだまだ調査していない地域があるので、今年のGWも調査ですよ。

永幡嘉之さんのブログ『世界のブナの森』
http://ameblo.jp/rosalia-coelestes/


同じカテゴリー(日本桜草09)の記事画像
永幡さん.2
山形市産3品種
故小林先生
新しく3品種
故斎藤教頭先生.4
新しく6品種
同じカテゴリー(日本桜草09)の記事
 永幡さん.2 (2009-06-03 19:21)
 山形市産3品種 (2009-05-18 19:20)
 故小林先生 (2009-05-17 19:08)
 新しく3品種 (2009-05-17 16:35)
 故斎藤教頭先生.4 (2009-05-16 22:34)
 新しく6品種 (2009-05-15 18:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。