2019年06月10日

シジュウカラ 巣箱 営巣

6月9日(日)、親鳥がピピピジュ!ピピピジュ!と巣箱に近寄ると巣箱が賑やかになるので
今までの経験から雛は居ると感じましたが、餌を与えるための往来が少ないのが気になります。

今までなら、雛が生まれると早朝から賑やかになるのですが、それがありません。
でも、親鳥が巣箱に現れると賑やかになるので、生まれているはずなんです。
本当にやきもきします。(^_^;)

6月10日、朝と昼に巣箱で親鳥がさえずりしてました。
雛が生まれているなら、もっと回数多いと思うのですが、
どうなんでしょう…。

同じカテゴリー(その他19)の記事画像
モクズガニ
庄内浜の草原
湯野浜温泉街を望む
モクズガニ
アミタケ 別称ムキタケ
宮野浦海岸へのルート
同じカテゴリー(その他19)の記事
 モクズガニ (2019-10-20 00:01)
 庄内浜の草原 (2019-10-19 11:59)
 湯野浜温泉街を望む (2019-10-19 00:01)
 モクズガニ (2019-10-17 11:59)
 アミタケ 別称ムキタケ (2019-10-17 00:01)
 宮野浦海岸へのルート (2019-10-16 13:00)

この記事へのコメント
良くわかります
毎年近くで子育てするムクドリやモズの巣にカラスやトンビが来たり、中々親が帰って来ないときなど皆で巣を離れるまで心配な日が続きますね
Posted by tan-tantan-tan at 2019年06月10日 07:46
tan-tanさん、コメントありがとうございます。
今までだと、雛が生まれると頻繁に巣箱を往復するのですが、今年は1日に1回程度なので、凄く気になります。
また今年は山菜採りに行っても庭の植木にも毛虫が少ない気がしているので、餌採りが大変なのかな?と要らぬ心配までしてしまいます。
巣箱の鳥なのに、全く気が気ではありません。(^_^;)
Posted by さくらさくら at 2019年06月10日 12:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。