2019年03月23日

福寿草 佐藤さん宅にて

福寿草 佐藤さん宅にて
↑佐藤さん宅のミチノクフクジュソウを頂いてきました。
植えて何年も経つというので、広く根を張っているもんだと推察して
広く掘り起こしてみたら、根が短くて本数も少なくてビックリ。
生息環境いうか栽培環境が悪かったんでしょうね。あと深く植え過ぎ。

福寿草 佐藤さん宅にて

砂地に植えてあったので、水で用土を落としたら4つに分かれました。
福寿草はこういうふうに分かれませんから、ミチノクフクジュソウの特徴の一つかもしれません。
こんなふうに1本1本分かれるから、お花畑のように咲くし、販売もしやすいのでしょう。
花を付けた茎の根の先端は古い根なので除去。もう1本は黒く痛んでいた箇所で折れてしまいました。

福寿草 佐藤さん宅にて

深植えされていたので、縦長のプラの蘭鉢に植えました。
今は小雨や曇天の日々が続きますから、乾燥の心配はなく、植え替えのダメージは少ないでしょう。
もう1つの小さい蕾みが開花するまで様子をみて、開花したら肥料を与える予定です。

福寿草 佐藤さん宅にて

佐藤さんは園芸店の店員さんに「福寿草の潅水は週に1度で大丈夫です」と言われたそうですが、
そんなことはありません。毎朝1回鉢底から流れ出るほどしっかりと潅水します。
下の画像のように、田んぼの畦や水路の際でも自生しています。
水が不足すると茎が垂れてきますから、気温は急激に上がった日などは2〜3回潅水します。
イメージしてみてください。福寿草は雪解けとともに意の一番に開花する植物です。
山の積雪量は多くて、雪解けした地面は水分が豊富。山の上にはまだまだ雪が残っています。
それなのに「福寿草の潅水は週に1度で大丈夫」なんてこと、ある分けないじゃないですか。

福寿草 佐藤さん宅にて
開花してからは、茎は伸びで葉をグングン広げてますから、
肥料は早い時期から与え、夏に休眠するまで与え続けます。
山には落ち葉が堆積してますから栄養が豊富。
そんな山肌を流れ落ちて来た水は肥料気が豊富。無味無臭の水道水とは違うのです。
福寿草は肥料気豊かな環境に自生しているのですから肥料大好き。水道水だけでは栄養不足です。


同じカテゴリー(福寿草 ミチノク)の記事画像
福寿草 ミチノクフクジュソウ 枯れる
福寿草 ミチノクフクジュソウ 枯れてきた
福寿草 佐藤さん宅より
福寿草 佐藤さん宅より
福寿草 茎伸びた
福寿草 酒田市のお宅にて
同じカテゴリー(福寿草 ミチノク)の記事
 福寿草 ミチノクフクジュソウ 枯れる (2019-06-05 18:00)
 福寿草 ミチノクフクジュソウ 枯れてきた (2019-05-31 17:59)
 福寿草 佐藤さん宅より (2019-04-06 00:01)
 福寿草 佐藤さん宅より (2019-04-05 00:01)
 福寿草 茎伸びた (2019-03-28 00:01)
 福寿草 酒田市のお宅にて (2019-03-22 00:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。