2018年06月10日

シャクナゲ 剪定はできる?

数年前ジジババが貰って来たシャクナゲ。
貰ったと言えば聞こえは良いのですが要するに、
大きくなって邪魔になったので、体よく処分するために利用されたわけです。

持ち帰って来た時は枝が間延びして大きくて邪魔でした。
それを何とか小さく納めようと毎年頑張っているのですが、
シャクナゲは切り詰めて小さくまとめることが出来ないらしいのです。
でも、今年はなぜか枝のあちこちから芽がでてきてました。
シャクナゲのこのような小さい芽は枯れるのが大半だそうですが、
膨らんでいるのか白いのもあるので、このまま葉をつけてくれるのを願うばかりです。
葉を着けてくれたら、バッサリ剪定して切り詰めてやりますわ。


初挑戦した接ぎ木は失敗したみたいですが、芽が覗いています。



同じカテゴリー(その他18)の記事画像
大型の季節 モクズガニ
これまでは酒田市の亀ケ崎城跡
イガ栗
スギワケ
舞茸
クロミャクチャタテ
同じカテゴリー(その他18)の記事
 大型の季節 モクズガニ (2018-10-12 14:48)
 これまでは酒田市の亀ケ崎城跡 (2018-10-03 00:35)
 イガ栗 (2018-10-02 00:01)
 スギワケ (2018-10-01 00:01)
 舞茸 (2018-09-26 16:00)
 クロミャクチャタテ (2018-09-23 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。