2018年05月29日

鳥海山産イワヒバ 植え替え

私がイワヒバ栽培を行なうキッカケとなったイワヒバがコレ。
このイワヒバは爺の真室川の友人からいただいた株で、鳥海山産。
最上地方にはランの愛好者が多く、雪解けの時期になると雪崩た場所を見て周り、
雪と共に落ちて来たイワヒバを拾ってきて栽培すると、その中からランが芽生えてくることがあるとか。
ランが芽吹かなかったイワヒバに、ラン愛好者は関心が無く、
それをウチの爺が有り難がってもらってきたという分けです。

貰ってきた時はそこそこ大きかったものの、鉢の表面に苔が繁茂し始めました。
緑色の苔に覆われたイワヒバの鉢は、それはそれで綺麗でしたから、
そのまま栽培されていったのですが、年々小さくなっている気がしました。
爺は「イワヒバが生長が遅いから、このままで良いんだ」と主張しましたが、
いよいよヤバいと感じた私は植え替えを強行します。
2012年05月12日『イヒワバ 苔に沈む』(削除したので記事と画像無し)
2012年05月30日『イワヒバ 野生品種』(削除したので記事と画像無し)

2012年09月30日「イワヒバ 野生品種 大」が我が家で一番丈夫で生長しています。
本来イワヒバの生長は、これくらいは良いはずなんです。
元々鉢の中央からズレて植えられていたため、今でも中央からズレています。
小さい鉢から植え替える時に、幹が中央にくる大きさの鉢に植え替えておけば良かったと反省。
表土を覆っている苔は、苔同士根が込み合っているので、意外と簡単に綺麗に剥ぐことができました。



2012年09月30日「イワヒバ 野生品種 小」は瀕死の状態から良くぞ復活してくれました。
あとは此処からイワヒバ本来の速度で生長してくれると良いのですが・・・。
鉢の中に生えていた、胞子から育ったのか落ち穂から芽吹いたのか分かりませんが、
野生種は丈夫なので、小さいのを2号プラ鉢に集めて植えてみました。











同じカテゴリー(イワヒバ)の記事画像
イワヒバ 植え替え後
イワヒバ 金牡丹 葉を巻く
イワヒバ 栽培の風対策
イワヒバ 金牡丹 葉を巻く
イワヒバ 玉織姫 植え替え
イワヒバ 美薗の華 植え替え
同じカテゴリー(イワヒバ)の記事
 イワヒバ 植え替え後 (2018-06-09 15:00)
 イワヒバ 金牡丹 葉を巻く (2018-06-08 15:00)
 イワヒバ 栽培の風対策 (2018-06-06 15:00)
 イワヒバ 金牡丹 葉を巻く (2018-06-06 04:00)
 イワヒバ 玉織姫 植え替え (2018-06-04 15:00)
 イワヒバ 美薗の華 植え替え (2018-06-03 17:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。