2018年05月30日

イワヒバ 黄金鶴 植え替え

黄金鶴を植え替えました。
2012年06月19日「イワヒバ 黄金鶴」(削除)
2012年10月03日「イワヒバ 黄金鶴」:繁殖力が強く増え易い品種のようです。
2013年08月28日「イワヒバ 近況.3 玉手箱 雲井鶴 黄金鶴
2013年09月02日「2度目の植え替え 金牡丹 雲井鶴 玉手箱 黄金鶴
2015年11月18日「イワヒバ 黄金鶴 挿し葉」:今回植え替えした個体です。ほとんど生長してませんね。

用土はひゅうが土小粒ですが、鉢開けするとポロポロと崩れ落ちます。
最初は粒が粗いからだと思ってましたが、根張りが悪い=根の生長が悪い証拠だと気付きました。
潅水のやりすぎなのか、ひゅうが土単体の使用が悪いのか、肥料を与えてないのが悪いのか、
それ以前に我が家の庭が明るい日陰で、風通りが良過ぎて、海が近いから塩害を受けてるからか
原因が色々思い当たり過ぎていやはやなんとも。とどのつまり生息環境が合ってないんでしょうね。

株は1つずつに分け、増えていた小さい芽をひとまとめに、全部で2鉢+1鉢に分けることにしました。
用土はひゅうが土の細粒単体です。鹿沼土も混ぜようかと考えましたが今回は止めときました。
これでも生長が悪ければ、ひゅうが土単体での栽培が間違っていたとも言えるので、試してみます。



これも分けようとしましたが、分けてしまうと痛めてしまいそうだったので、止めました。



胞子なのか落ちた葉から勝手に生えたのか、小さいのが幾つかあったので、残しておきました。



苔の根が表土を覆っていますが、ひゅうが土小粒の最初を取り除くと、綺麗に取れてくれました。
本来なら根鉢になってないといけないのに、こんな感じで根張りが良く無いと気付かせてくれます。


ウチの庭は風通りが良くて、イワヒバには風が強いようなので、
鉢の縁が風除けになればと重い、浅く植えてみました。



同じカテゴリー(イワヒバ)の記事画像
イワヒバ 植え替え後
イワヒバ 金牡丹 葉を巻く
イワヒバ 栽培の風対策
イワヒバ 金牡丹 葉を巻く
イワヒバ 玉織姫 植え替え
イワヒバ 美薗の華 植え替え
同じカテゴリー(イワヒバ)の記事
 イワヒバ 植え替え後 (2018-06-09 15:00)
 イワヒバ 金牡丹 葉を巻く (2018-06-08 15:00)
 イワヒバ 栽培の風対策 (2018-06-06 15:00)
 イワヒバ 金牡丹 葉を巻く (2018-06-06 04:00)
 イワヒバ 玉織姫 植え替え (2018-06-04 15:00)
 イワヒバ 美薗の華 植え替え (2018-06-03 17:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。