2018年04月17日

ヒトクチタケ=マツクイムシ被害でした

松林に小さい栗のようなキノコがたくさん生えてました。初めて見たのでパチリっと。face01 cameraicon12



帰宅後にネット検索したら、ヒトクチタケだと直ぐに知ることが出来ましたが
「立ち枯れした赤松の幹に謎のキノコを発見しました」
「枯れた直後のアカマツに生え、マツクイムシが胞子を媒介する」
などの書き込みもあり、納得。道理で伐採予定を示す蛍光ピンクのテープが巻かれていたわけです。


同じカテゴリー(その他18)の記事画像
大型の季節 モクズガニ
これまでは酒田市の亀ケ崎城跡
イガ栗
スギワケ
舞茸
クロミャクチャタテ
同じカテゴリー(その他18)の記事
 大型の季節 モクズガニ (2018-10-12 14:48)
 これまでは酒田市の亀ケ崎城跡 (2018-10-03 00:35)
 イガ栗 (2018-10-02 00:01)
 スギワケ (2018-10-01 00:01)
 舞茸 (2018-09-26 16:00)
 クロミャクチャタテ (2018-09-23 16:00)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。