2017年09月22日

梵字川まだいける 週末OK!

今日は快晴。本当は明日の方が水位が下がり条件は良さそうだけど、我慢出来なくて梵字川へ入りました。
前回瀬で100g越が掛かったし、サビてなかったし、
赤川頭首工が開いてないので、まだいける可能性が高いと読んでのこと。
そもそも良型が狙える庄内の鮎釣り場は梵字川しか残っていません。

コンビニみやざきでオトリを購入して入川。
前回より水位は若干高いけど、水は濁ってないし、陽射しの関係で川底がよく見えました。
『あの辺に居そう・・・』とオトリ1号を送り込んだらガリガリガリッと即1尾目が掛かりました。
釣れた野鮎は、針が側面に掛かっていたのでオトリAとして使用したところ、直ぐに2尾目が掛かりました。
2尾目は肩掛かりで傷も無いようなので、コンビニみやざき用に保管。オトリAにまた頑張ってもらう。

鉄板ポイントで反応無し。一度下げてもう一度探ろうかと思ったら、今日イチが背掛かりで掛かっていた。
その後一気に瀬を下り、最高の引きを堪能。3尾目ゲット。
オモリ2号を付けた急流の大石周りの狭い凹で掛かったので下らずに留まっていたみたい。
オトリAからオトリ2号に交換して、横から送り出したら今日一番小さいのが直ぐに掛かった。4尾目ゲット。
こいつもコンビニみやざき用に保管。

陽が上り、急流の気になる箇所を探る。オトリ2号にこの強い流れは無理なのでオトリAに再び登場してもらう。
オモリ2号を付けて丁寧に探って5尾目ゲット。こいつは腹掛かり気味だったので、オトリBとして使用する。
オトリBも100gを越えた個体なので、ノーマル仕掛けで瀬に入って行き、ちょっと刺激を与えると上ってくれる。
急流の中程で反応があり、ガリガリギューーーーーン!と一気に下流に走られる。
オトリBの元気の良さもあったけど、狙い通りの場所で掛かり、最高のアタリ♪
瀬の中で引きを楽しむぞ! と思ったら口掛かりだったので、意外とあっさり抜けて、スパッとナイスキャッチ。
6尾目をキャッチしたその瞬間『よし。今年はこいつで終了だ!』と思い立ってしまう。
粘ればあと2〜3尾はいけそうだったけど、気持良く終わりたい。
11〜12時半まで6尾は上出来。青空の下、瀬の中で100gを狙って釣って楽しめたのですから、最高の竿洗いですface02

今日の釣果は今年もお世話になったコンビニみやざきに全部置いてきました。
釣果6尾の内、オトリとして使用したのが2尾で、口掛かりが1尾。未使用で種鮎に使えるのが3尾です。
梵字川の鮎はサビてなく、まだ瀬で掛かります。しかも100g級が。今週末まだまだ楽しめそうですよ♪
今日の釣果はコンビニみやざきのBlogで紹介されていました。→ ナイトの今日の釣果 2017年09月22日(金)NEW !







同じカテゴリー(鮎釣り)の記事画像
鮎釣り 6尾=413g
鮎釣り 5尾=322g
鮎釣り 8尾=356g
鮎釣誰もいない 月光川 日向川 赤川
渇水鮎魚影無し 月光川
稚鮎の遡上数は平年の5分の1
同じカテゴリー(鮎釣り)の記事
 鮎釣り 6尾=413g (2018-07-16 00:01)
 鮎釣り 5尾=322g (2018-07-10 00:01)
 鮎釣り 8尾=356g (2018-07-03 04:00)
 鮎釣誰もいない 月光川 日向川 赤川 (2018-07-01 12:08)
 渇水鮎魚影無し 月光川 (2018-06-25 04:00)
 稚鮎の遡上数は平年の5分の1 (2018-06-17 14:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。