2017年09月05日

鮎は重さで語れ ナイロンで頑張った

昨日はお昼前から快晴。今日は朝から快晴。明日から3日間は雨/曇の予報。
一昨日の背掛かり未使用のオトリが1尾あるので出撃。
昨日からの好天で状況は良いはずなので、ナイロンのノーマル仕掛けの泳がせ釣りで、頑張ってみる。

水位が15〜20cm減水しており、水は澄んでて陽射しもあって、川底がよく見える。
オトリが元気な内に、流芯を攻めてみるが、やはり反応が無い。季節の移ろいだろうか。
平瀬、トロ瀬の水脈筋の、河床がフラットな処を攻めるが、反応が無い。小さな凹な場所で粘っていると掛かる。
上下の動きに反応する感じで、背針を使った方が良さそうだが、
今日はナイロンのノーマル仕掛けで、引かないよう、ラインを立てて頑張ってみる。
ナイロンの伸びを感じながらのテンションコントロールが上手く出来ず、
テンションを緩め過ぎるのか、オトリが川底の石と石の間に潜って根掛かることを数回体験する。反省。
とはいえ元々はチビ玉オモリでぶち込んでいた場所なんだから、
そこで「泳がせ」というのも無理があろうと思う・・・。
サイズは大きくなく、釣果は1.5時間で8尾と渋い。
エラ〜心臓付近への針掛かりが多く、場所移動前に1尾死んでしまう。

場所移動後も渋い状況が続いた。
泳がせ釣りは、引き釣りと違ってガガン! ギュギューン!と来ないので、
個人的に満足度が低く余り釣ってない印象だったのが、1.5時間で19尾も釣っていて驚いた。
今日いつも通り引き釣りをしていたら、こんなに釣果は伸びてなかったであろう。

最初の場所で8尾釣るも、移動前に1尾死んだので、キープ7尾。
場所移動して19尾釣るも、小さい40g級2尾をリリースし、キープ17尾。
合計24尾で計測。

6尾=550g(大きいのは108gと106g=214g+ 186g=93g/尾+ 150g=75g/尾)
6尾=420g=70g/尾
12尾=690g=57.5g(リリースを忘れたか一番右1尾だけ40g。残り11尾650g=59.1g/尾)

24尾合計1,660g=69.2g/尾(108gと106g、93g/尾×2尾、40gを抜いて19尾合計1,220g=64.2g/尾)
この程度の重さの鮎の泳がせ釣りだと、H2.5で良いですし
針は、8月以降7.5号を使ってきましたが、このサイズだと7号以下ですよね。






同じカテゴリー(その他17)の記事画像
今期終了 モクズガニ
ヤモリ
サントリー 京の贅沢
晩秋の味覚 シメジ
晩秋の味覚 シメジ
晩秋の味覚 シメジ
同じカテゴリー(その他17)の記事
 今期終了 モクズガニ (2017-11-19 15:41)
 ヤモリ (2017-11-12 12:00)
 サントリー 京の贅沢 (2017-11-11 00:00)
 晩秋の味覚 シメジ (2017-11-09 17:09)
 晩秋の味覚 シメジ (2017-11-07 16:44)
 晩秋の味覚 シメジ (2017-11-06 12:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。