2017年08月11日

阿仁川遠征

大増水明けの阿仁川へ遠征してきました。
私たちが滞在した期間は上流部で良型が釣れていたのですが、それは天然鮎ではなく放流鮎。
しかも阿仁川で良型と呼ばれるサイズの鮎は庄内の鮎より小さく、全然もの足りませんでした。
水中糸はメタキング0.01号を使ってましたが、
オトリと野鮎が小さいので単線メタル0.02〜0.03号を準備していくべきした。
そんな感じでしたが、ビリ鮎(天然鮎)は多く居ましたし、
これからグングン大きく育つでしょうから、今後は楽しめると思います。


阿仁の道の駅の向かい側にある旅館。良い宿でした。菊池オトリ屋と30km離れた最上流部を攻めるに最適な宿♪



同じカテゴリー(その他17)の記事画像
落ち鮎
秋の実り 櫛引のリンゴ
サクラマスの産卵場 赤川右岸支線岩本川
サクラマスの産卵場 赤川右岸支線田沢川
エビチリとカキフライ
マジな詐欺だった 鳥海ボトルアクア
同じカテゴリー(その他17)の記事
 落ち鮎 (2017-10-18 00:00)
 秋の実り 櫛引のリンゴ (2017-10-17 15:00)
 サクラマスの産卵場 赤川右岸支線岩本川 (2017-10-17 00:00)
 サクラマスの産卵場 赤川右岸支線田沢川 (2017-10-16 00:00)
 エビチリとカキフライ (2017-10-15 17:00)
 マジな詐欺だった 鳥海ボトルアクア (2017-10-15 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。