2017年07月20日

鮎は重さで語れ 阿仁川は90g

阿仁川の今のところの最大は20cm前後で90gくらいとのこと。
昔々のカツイチ社Z-1(7号線径0.41mm)の説明文に
『20cm 80gをこす中型鮎にもラクラク』という一文が載っています。
何処の画像か忘れましたけど、野鮎買い取り価格表でも、71〜85gは中型になっています。
でも私には80g前後は小型にしか思えません。
引き舟へ移す時に片手で扱う100g前後が中型で、両手を使うようになるサイズを大型と呼びたいです。

野鮎買い取りは重さなのに、鮎師は釣果を全長で語るから不思議です。
特に大物自慢の時に、エビ反らせて強引に計ったりするから滑稽で、見せられるこちらが恥ずかしくなります。
鮎師も釣果を重さで語ってほしいものです。






同じカテゴリー(その他17)の記事画像
サクラマス産卵場 田沢川ダム下
秋の味覚 モクズガニ
鮎の最初の産卵は9月最後の大潮周り
秋の実り 落花生
ワールドベストウイスキー Croun Royal RYE
天丼弁当
同じカテゴリー(その他17)の記事
 サクラマス産卵場 田沢川ダム下 (2017-10-22 00:00)
 秋の味覚 モクズガニ (2017-10-21 17:00)
 鮎の最初の産卵は9月最後の大潮周り (2017-10-21 00:00)
 秋の実り 落花生 (2017-10-20 15:00)
 ワールドベストウイスキー Croun Royal RYE (2017-10-20 00:00)
 山形県緑自然課はアホばかり (2017-10-19 18:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。