2017年04月20日

イワヒバ 目覚め

ここ数日雨模様になりそうなので、軒下で冬眠させていたイワヒバを取り出し、目覚めさせました。

イワヒバは、東北地方では高山植物のように谷深い山奥に自生しているイメージがありますが、
対馬や四国などの高温多湿を好むシダ科の植物なので、暖かくなるまで冬眠させておくのが良いそうです。
それに習い、田植えが終わる頃まで軒下に仕舞っておき、2015年は5月15日、2016年は5月14日に目覚めさせましたが
我が家の庭は風通しが良過ぎて、海からの潮も飛んできてたようで塩害も生じていたなど、
イワヒバを栽培する環境には適してなかったようで、効果の程を感じませんでした。
そこで、2014年04月01日「イワヒバ 目覚めました」ほどではありませんが、早く目覚めさせることにしました。


軒下に置いておいたのですが、暖かい日に窓を掃除した際に水が掛かったのか、冬眠してない鉢もありました。
水分もそうですが、日光などほとんど無かったでしょうに、よく耐えて葉を広げていたものだと驚きです。


2015年秋、我が家の庭は風通しが良過ぎて、海からの潮で塩害を生じていた事実を知り、
イワヒバ栽培へのモチベーションが下がり、2016年はBLOGネタとして扱うことが少なくなりました。
イワヒバの生育は遅いと聞いていますが、
私が苗を譲渡した鶴岡の方の庭では、とても好い感じに大きく生長しており、
ウチの環境の悪さを痛感させられました。ウチの苗は何年経っても大きくなれません。face06


同じカテゴリー(イワヒバ)の記事画像
イワヒバ 美薗ノ華 挿し葉
イワヒバ 玉手箱
イワヒバ 目覚めました
イヒワバに風は天敵!
イワヒバ 美薗ノ華 挿し葉
イワヒバ 目覚め.1
同じカテゴリー(イワヒバ)の記事
 イワヒバ 美薗ノ華 挿し葉 (2017-08-02 04:00)
 イワヒバ 玉手箱 (2017-08-01 04:00)
 イワヒバ 目覚めました (2017-04-27 11:59)
 イヒワバに風は天敵! (2016-09-23 04:00)
 イワヒバ 美薗ノ華 挿し葉 (2016-06-27 04:00)
 イワヒバ 目覚め.1 (2016-05-14 04:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。