2017年04月18日

山に蒔いた種 福寿草 二世

蒔いた種から芽吹くと、1年目は双葉のまま枯れて終わります。
今年は蒔くタイミングが少し遅れて、根が伸びた状態で蒔いたのですが、なんとか芽吹いてくれてました。
福寿草は増え難いと言われていますが、種を蒔けば、こんなにも高確率で発芽してくれます。
写真は4枚ですが、あと1〜2箇所撮り忘れました。

福寿草を種から育てるのは、歳月が掛かるだけで、栽培そのものは簡単で手間要らず。
種の数だけ増えていきますから、福寿草のお花畑も可能なので、みなさんにも栽培してほしいです。

↓種を蒔いてから1年芽。双葉のまま今年は終わります。





↓種を蒔いてから2年芽。密集しているので、秋口か来春植え替えするつもりです。



山形県内陸地方の方々が栽培している福寿草は園芸店に出回っている福寿草で、
関東方面の野生種なのか何なのか私は解りませんが、
種類が違うようで芽吹いたときの葉の色が赤紫色をしています。
下記画像は2017年03月05日に新聞に紹介された河北町溝延の農業石垣善三郎さん(83)方の福寿草で、
「妻のトシ子さん(82)が15年ほど前に苗を数多く購入して敷地内に植えた」そうです。
遊佐町大楯地区の高橋爺さん宅の福寿草も同じ種類で、出稼ぎ先から買ってきたと言ってました。




同じカテゴリー(福寿草)の記事画像
福寿草 種こぼれる 
福寿草 寿 散る
山に蒔いた種 福寿草
山に蒔いた種 福寿草 二世
山に蒔いた種 福寿草
福寿草 寿 満開
同じカテゴリー(福寿草)の記事
 福寿草 種こぼれる  (2017-04-25 12:00)
 福寿草 寿 散る (2017-04-23 12:00)
 山に蒔いた種 福寿草 (2017-04-18 04:00)
 山に蒔いた種 福寿草 二世 (2017-04-06 15:00)
 山に蒔いた種 福寿草 (2017-04-06 04:00)
 福寿草 寿 満開 (2017-04-02 04:02)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。