2016年09月13日

鮎釣り 赤川にサクラマス跳ぶ

夕方から明日まで雨という予報に踊らされ、ウチで生かしてあるオトリ3尾全てを持って赤川へオトリ交換へ。
赤川の水位が下がり、濁りは薄まり透明度は70cmほど。水位が下がった事で、水温は上がっていた。

今まで濁って高水で、時期的にも瀬の中に鮎が居るわけはないと頭で判っていても、やってみないと判らない私。
オトリ1号にオモリ1.5〜2号を付けて瀬を探るも反応無し。慎重に操作したのだが、不意に力尽きてオトリ1号が昇天。
オトリ2号にオモリ1号を付けてザラ瀬を探る。ハミ跡がとても少なく、辛うじて1尾釣る。狙った場所で釣れたので吉。

ザラ瀬から移動して182gを釣ったポイントに入る。
引き釣りで瀞から瀬に引上げ、落ち込みの白泡の中に入れた時、目印が動き野鮎が掛かったようなので
竿を掲げると同時に白泡から婚姻色を帯びたオスのサクラマスが1mほど下流にジャンプした。!
砲弾のような魚体がドッボーン!と瀞に消えていく。「うわっ、スゲー♪」face03
次の瞬間、目の前をひらひらと何かが舞っている。見てみると、それは水中糸。・・・オトリ2号を失う。

一番大きいオトリ3号を投入。ま〜ったく反応無し。アカ腐れの川底にハミ跡無し。
川底を凝視して見て回ると幾つか石の頭をなめた跡を見つけることが出来ましたが、
その程度しか生息してないようでは友釣りは成立しないでしょう。

水位がようやく下がったばかりですが・・・。
今週末の直前に、農閑期となり青龍寺川への取水が終わるので、週末には再び水位が上がるでしょう。
波気ある瀬釣りで鮎を得るのは困難なので、平瀬や瀞が狙い目。
赤川ゴルフ場より上流に鮎の気配は非常に薄いので、
今後は鶴羽橋=伊勢横内床止め工より下流じゃないと鮎は釣れないと思います。

今回の釣果はオトリ2号で釣った1尾のみ。オトリ3号は意外と元気だったので生かしてあります。
画像はオトリ1号。59gでした。
オトリ確保も釣果を得るのも難しくなり、私の鮎釣りも終了がみえてきました。


同じカテゴリー(鮎釣り)の記事画像
鮎釣り 6尾=413g
鮎釣り 5尾=322g
鮎釣り 8尾=356g
鮎釣誰もいない 月光川 日向川 赤川
渇水鮎魚影無し 月光川
稚鮎の遡上数は平年の5分の1
同じカテゴリー(鮎釣り)の記事
 鮎釣り 6尾=413g (2018-07-16 00:01)
 鮎釣り 5尾=322g (2018-07-10 00:01)
 鮎釣り 8尾=356g (2018-07-03 04:00)
 鮎釣誰もいない 月光川 日向川 赤川 (2018-07-01 12:08)
 渇水鮎魚影無し 月光川 (2018-06-25 04:00)
 稚鮎の遡上数は平年の5分の1 (2018-06-17 14:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。